ヘア カラー ワックス。 ヘアカラーワックスのおすすめ4選!魅力&使い方・使う際の注意点を紹介!

カラーワックスのおすすめ7選!シャンプーで簡単に落ちるタイプも

ヘア カラー ワックス

出典: カラーワックスは、 ワックス感覚で髪の毛をカラーリングできるワックスです。 カラーワックスの特徴は、髪の表面に色が付着するためシャンプーで、使用したその日に簡単に洗い落とすことができます。 普段は髪を染めれないけど、気分によって一日だけ髪を染めたい人におすすめです! モテワックス モテワックスは、人気急上昇中のヘアカラーワックスです! 新色が加わり、全部で7色あります!値段も安くてとっても使いやすですよ! シャンプーを使えばすぐに落とせるので、校則が厳しくて髪を染めることができない方にもおすすめです。 ヘアカラーワックスが初めての方でも安心してご利用いただけます。 価格:1,296円 manic panic マニックパニック ヘアカラーワックスの中ではmマニパニは有名ですよね。 女性用ですが男性も使えますよ。 カラーは全部で15種類あります。 発色がとても良いです。 馴染ませる時間を伸ばすと、色持ちが長持ちします。 価格:2,080円 シルバーアッシュ Amazonでも人気カラーワックス。 きれいなシルバーアッシュに仕上がります。 自然な銀髪にしたい人におすすめ! 価格:2,695 円 GATSBYカラーワックス 「 ギャツビー」のカラーワックス。 価格も安いわりに、発色もよくおすすめですよ。 ただ、ネットではどこを探しても品切れ状態・・・ 価格:560円 スタイリングカラーワックス 黒髪に遊び心をプラスするカラーワックス。 白髪にも使えますよ!カラーは全部で5色あります。 控えめなカラーなので使いやすいです! 価格:2,710 円 EMAJINY(エマジニー) 「 EMAJINY(エマジニー)」は、2016年4月1日に発売スタートしたヘアカラーワックスです。 色は、 ブルー、ゴールド、シルバー、レッドの4種類あります。 EMAJINYの特徴は、発色が大変よく、色持ちが長持ちするところ。 マッドな質感なので変にテカらないのも人気のようです。 ただ量が少ない割に高いのが残念です。 価格:2,700円 ヘアカラーワックスの使い方 カラーワックスの使い方は、至って簡単! 1. シャンプー後にタオルドライして、ブローして乾かします 2. ベースの整髪料を薄く塗り普段通りに髪をセットします 3. カラーワックスを手に取り(10円玉位の大きさ)、手の広に軽く伸ばす 4. 色を付けたい部分にカラーワックスをなじませます 5. 色味が足りなかった場合はカラーワックスを足していきます 6. 仕上げにヘアスプレーをかけます <<付け方のポイント>> ・メッシュっぽく部分的につけたい人は、髪の根元から毛先へスッとなぞるように付ける ・ワックスをつけた後に、カラーワックスを使うこと ・スタイリングの仕上げに使うのがポイント おわりに 髪を染めるのが抵抗ある人も、カラーワックスなら部分的に1日だけ染めることができるのでおすすめですよ! 使い方も簡単で、シャンプーをすれば元の髪色に戻ります。

次の

【100均ワックス】ダイソー・セリアの9個!ヘアカラー整髪料も

ヘア カラー ワックス

黒髪にはもちろん、に使用して若々しさを演出することもできる、ビナ薬粧から発売されているヘアカラーワックスです。 その際、髪の色合いを見ながら、数回に分けて少しずつ重ね付けすることをおすすめします! 本品はによる、洗い流すまでの着色効果です。 ビナ薬粧のヘアカラーワックスは、落ち着きのある色みが多く、休日を少しオシャレで彩りたいという大人にもおすすめです!ワックスとしてのホールド感もバッチリ。 スムースなテクスチャーで、髪に馴染ませやすいタイプ。 塗り重ねる毎に色の深さが増していくので、ヘアカラー未経験の黒髪に使用しても、しっかりとしたヘアカラーチェンジを楽しむことができます。 カラーは全部で5色!どれも鮮やかでしっかりと発色するものが多いです。 ハロウィンやなどのイベント用としてもおすすめ! ワックスとしてのホールド感はやや低めなので、崩れにくさを求める方は他のスタイリング料との併用がおすすめです。 ヘアカラーワックスでヘアカラーを楽しむためには難しい手順は必要ありませんが、以下の手順を守って使用することで、ヘアカラーワックスの魅力をさらに実感することができます。 是非、実践してみてくださいね。 手のひらだけでなく指のあいだまでしっかりと伸ばしておくことで、髪に塗布したときにワックスのつけ過ぎを防ぐことができます。 また、ヘアカラーワックスの1回の使用量は、メーカーやブランド、またはヘアスタイルにより異なります。 各製品の使用方法をよく読み、定められた適量を使用するようにしましょう。 通常のワックスのようにスタイリングの為に全体につけてしまうと、髪全体に色がついてしまいます。 もちろん、髪全体に色をつけたい場合は上記のようなつけ方で構いません。 しかし、毛先中心に色づけたい、またはアンダーセクションにのみ色づけしたり、流行りのインナーカラーデザインを楽しみたい、という場合は、「どこに色をつけるか」をきちんと考えてヘアカラーワックスを塗布するようにしましょう。 この時、1度目と同じ分だけ使ってしまうと、ワックスのつけ過ぎで髪がぺたんとつぶれてしまうこともあります。 ヘアカラーワックスをつけ足すときは少量ずつ出すようにしましょう。 ヘアカラーワックスはワックスとしての役割も担っています。 そのため、ヘアスタイルやスタイリングによっては、ヘアカラーワックスだけでスタイリングを行うこともできます。 はスタイリングの為というより、ワックスの色落ちを防ぐためのものと考え、髪全体にさっとかける程度にしましょう。 4.ヘアカラーワックスの落とし方 ここでは、ヘアカラーワックスを落とす際のポイントをご紹介します。 ヘアカラーワックスは、普段通りにシャンプーを行うことで洗い落とすことができます。 しかし、ここでご紹介するポイントをおさえたシャンプーを行うことで、よりきちんと洗い落とすことができます。 ヘアカラーワックスを使用する前に、落とし方まできちんとチェックしておきましょう。 を髪全体になじませることで、トリートメントの油分によりヘアカラーワックスの油が浮き上がり、洗い落としやすくなるといわれています。 ヘアカラーワックスをしっかりと洗い流すために、髪にトリートメントを揉み込むようによくなじませてから一度洗い流し、その後でシャンプーの工程に移りましょう。 普段通りに髪を濡らし、シャンプーを塗布して泡立てたら、お湯を少しずつ足しながらシャンプーをしっかりと泡立てましょう。 シャンプーの泡がやや水っぽく感じられる程度まで水を含ませながら泡立てることで、シャンプーが髪全体にしっかりとなじみ、ヘアカラーワックスを洗い落としやすくなるといわれています。 5.ヘアカラーワックスの注意点 ここでは、ヘアカラーワックスを使用する際の注意点をご紹介します。 ヘアカラーワックスは、気軽にヘアカラーを楽しみたい方にとってはとても便利なアイテムですが、使用する際は注意しなければならない点が3点あります。 ヘアカラーワックスを一層使いこなすためにも、ここでご紹介する注意点を抑えましょう。 汗をかいたり雨に濡れたりすると、髪表面に付着していた染料が流れ落ち、衣服に色移りしてしまうことがあります。 そのため、雨の日や特に汗をかきやすい日はヘアカラーワックスの使用を控えることをおすすめします。 どうしても使用したい場合は、汚れても良い服を着用したり色移りしてもかまわないタオルを用意したりして、ヘアカラーワックスの色移りに備えるようにしましょう。 ヘアカラーワックスを使用した後の髪にを使用すると、ワックスの染料がヘアアイロンに付着してしまうことがあります。 また、染料がヘアアイロンの熱に反応し、べたつきが生じてしまうこともあります。 ワックスを付けた後に熱によるスタイリングがしたくなったら、できるだけドライヤーで代用するようにしましょう。 黒髪に使用しても鮮やかな発色を楽しむことができるものもあれば、により明るさを出した髪にしか発色しないものもあります。 そのため、自分の髪に使用した場合の仕上がりはどんな感じなのだろう?と、購入前に確認しておくことをおすすめします。 ヘアカラーワックスはドラッグストアや生活用品店での購入はもちろん、バラエティー雑貨店や美容室などでも取り扱いがある場合があります。 近所に取扱店がなく、実店舗での購入が難しい場合は通信販売という手段もあります。 通信販売を利用する際は、商品説明ページをよく読み、口コミなどを参考にして「黒髪でも発色するのか」をしっかりと確認することをおすすめします。 6.まとめ ヘアカラーワックスの特徴や使い方、落とし方、そしておすすめのヘアカラーワックスまでご紹介しましたが、いかがでしたか? まだヘアカラーワックスを使用したことがない方はもちろん、ヘアカラーワックスをすでに使用しているという方も、今回ご紹介した使用方法、洗い落とし方などを参考にして、ヘアカラーワックスによるヘアカラーを、より一層楽しんでくださいね。

次の

カラーワックスは黒髪でも色が付くのか 人気色と裏ワザも紹介

ヘア カラー ワックス

カラーワックスは黒髪でも色が付くのか 人気色と裏ワザも紹介 2020年5月30日 こんにちは!今回は前々から気になっていた ヘアカラーワックスという、 髪の毛に色をつけることのできるワックスを紹介します。 「ワックスで髪の毛に色が付けられるなんてしんじられないな…」 「黒髪だけど対して色がつかないんじゃないかな…」 「1個で何回ぐらい使えるんだろう…」 と気になる人も多いのではないでしょうか。 そこで私の頭(ほとんど黒髪)を使って実際にカラーワックスで髪の毛に色を付けられるのか検証してみました! 結構おもしろい結果になりましたよ!! 他にも裏ワザとして、「 色を薄めて使う方法」やエマジニーさんに聞いた 人気色ランキングも紹介しますね! 目次• ヘアカラーワックス 動画公開しました 動画のほうが見やすいという方はコチラをどうぞ。 ヘアカラーワックスとは ヘアカラーワックスとは、 ワックスでスタイリングするだけで髪の毛に色が付けられるスタイリング剤です。 シャンプーで簡単に落とせて、ヘアカラーではないので髪が傷むこともありません。 シルバー、レッド、ピンク、ブルー、ゴールドなどなどカラフルな色が用意されていて気軽に髪色をチェンジできますよ。 ヘアカラーワックスが便利 ヘアカラーワックスのイイところは、 たった1日で完全に落とせることです。 たとえば 「体育祭で1日だけ髪色を変えたい」 「ライブがあるからその日だけ髪を派手にしたい」 「イベントがあるから」 「ヘアカラーではできない色にしたい」 このような時にとても便利。 1日だけヘアカラーするのもいいのですが、 ブリーチをしてしまうと金色の部分が残ってしまいます。 それに「青」や「赤」「シルバー」といった色をハッキリ出すヘアカラーは難しい。 そんな時に便利なのがヘアカラーワックスなのです。 ヘアカラーワックスで色が付くの? 正直ヘアカラーワックスを使う前は「本当にしっかり色が付くのかな~」と結構疑っていました。 髪の毛向けの製品って、実際使ってみると広告ほどの効果がないじゃん!ってものが結構あるのです。 同じように「黒髪に使っても結局ほとんど黒なんじゃないかな~」なんて。 しかし使ってビックリ。 黒髪でもしっかり色がつきます! 仕事でも使えそうだな~なんて思ってしまいました(笑) どんな髪色になるのか、使いながら写真を撮ったので紹介しますね! ヘアカラーワックス使ってみた 今回使うカラーワックス 今回私が使うのは『EMAJINY(エマジニー)』というカラーワックスです。 ブルー、レッド、ゴールド、ブラウンなどの色がありますが、人気が高いだろうと思われるシルバーを選択。 コチラが箱を開けた写真。 箱が大きかったので「かなり量多いのかな」と思ったら中身は意外とコンパクト(笑)。 コチラはフタを開けた状態。 見た感じシルバー(灰色)よりも、白っぽい感じです。 クリームではなく、やや硬めのファイバーワックスですね。 カラーワックスを使ってみる では実際にカラーワックスを髪の毛に使ってみます。 シャンプードライしてスタイリング剤は何もついていない状態です。 毛先は少し茶色ですが、根元は地毛が生えているのでほとんど黒髪です。 ワックスなので良く伸ばして使っていきます。 発色に期待していなかったのですが、使ってビックリ。 黒髪は一番発色しにくい髪色。 黒髪にしっかり色が付けば、どんな髪の毛でも色々な色が楽しめるはずです。 少し硬めのワックスなので、細く分けてメッシュやハイライトにしたり、手の平で水をまぜて伸びをよくするのもアリですね。 今回のスタイリングで使った量はこの写真ぐらい。 私のショートの髪でおそらく 15回前後は使えるんじゃないかなという量。 インナーカラーやメッシュなどポイント使いならもっと長持ちしますよ。 ワックス剤は空気の影響で固まります。 しっかりフタを閉めて保管しましょう。 もしワックスが固まってしまったら水を少量入れ、ドライヤーで温めて混ぜると柔らかくなりますよ。 「」で詳しく紹介しています。 今回使ったワックス 今回使わせて頂いたのはEMAJINYさんのシルバーカラーワックス。 知人に「EMAJINYは結構色でるよ」と紹介されたので使ってみました。 カラーワックスの色を薄くする方法 思った以上にしっかり発色するカラーワックス。 しかし中には「色が濃すぎる」「目立ちすぎない色がいい」という人もいるはず。 そこで公式の方に、カラーワックスの色を薄くする方法聞いてみました! 持っているワックスと混ぜる ヘアカラーワックスは、もともと持っているワックスと混ぜて使えます。 好みの量のカラーワックスを手に取り、普段使っているワックスと混ぜれば色が薄くなるのです。 ワックスの質感の調節もできるので、使い慣れたワックスと混ぜれば一石二鳥ですね。 薄めるためのカラーワックスと混ぜる 今回使ったエマジニーさんのカラーワックスには、薄め液の位置づけで「ドライワックス」という種類があります。 カラーワックスの注意点 「カラーワックスいいよ!」という紹介だけでなく、使ってわかった注意点を紹介します。 デメリットという訳ではないのですが、使用上の注意といったところでしょうか。 知っておいて損はないはずです。 シャンプーは2回以上必要 カラーワックスを使った髪の毛は必ず2回以上シャンプーするようにしましょう。 この写真は手に付いたカラーワックスを洗うために一度シャンプーを使って洗った写真です。 一回洗ってもワックスが手に残っていますよね。 同じことが髪の毛でも起きます。 スタイリング剤の中には1回のシャンプーで完全に落ちるものもありますが、ヘアカラーワックスは1回で完全に落ちません。 必ず2回シャンプーして落とすようにしましょう。 洋服や枕、顔などにカラーワックスの色が付くことになってしまいます。 ワックスが付いた手で服を触らない 髪の毛にしっかり色が付いて楽しいヘアカラーワックスなのですが、手にもしっかりと色が付きます。 この写真が手にカラーワックスを伸ばした状態。 かなり濃い色が付いていますよね。 染まっている訳ではないので洗えば落ちますが、 ワックスの付いた手で服を触ると一瞬で汚れてしまいます。 ヘアワックスなので拭けば落ちますが、一度スタイリングをしはじめたら髪以外の場所をさわらないようにしましょう。 洋服に少し付いてしまう 洋服を着てからスタイリングをされると思いますが、細かいファイバー状の粉のようなものが少し舞います。 この写真はシルバーのカラーワックスでスタイリングした服の写真。 紺色のシャツの上に銀色の細かい粉が乗っているのはわかるでしょうか? 湿ったタオルなどで拭けば簡単に落ちましたが、いちいちスタイリング後に服を脱いだりするのも大変ですよね。 そこで カラーワックスでスタイリングする時は肩にタオルを1枚乗せてワックスを使いましょう。 タオルをかけておけば肩や背中に細かい粉がかかっても、洋服が汚れにくいです。 サンプル写真程ほど色を出すにはかなり量を使わないと ヘアカラーワックスのサンプル写真は、しっかり色が出ていて目立ちます。 今回使った感じ、たしかに写真の色にはできるなと感じましたが、正直 このサンプルほどの色にするためには相当な量を使わないとできません。 5分の1か4分の1程度の量は必要じゃないかな…長さによっては半分以上必要になります。 「イベントで1回使えればいい!」という方は贅沢な使い方をしてもいいと思いますが、 「何回も楽しみたい」という方はもう少し薄い色をイメージした方がいいかもしれませんね。 女性のようにロングヘアの場合は全部に色を付けようとするとあっという間になくなります。 ポイントメッシュで使ったり、毛先にグラデーションっぽく使うと何回も楽しめますよ。

次の