道三塚 アクセス。 道三塚 長良川の北側にある斎藤道三の墓

JR岐阜駅から岐阜城までのアクセス方法

道三塚 アクセス

交通案内• PDF[733KB]• 足元にお気をつけください。 バス・車 バス停「高ヶ坂センター前」から徒歩7分 東急ツインズ前の8番乗り場から神奈川中央交通バス「92系統高ヶ坂団地行き」に乗車、「高ヶ坂センター前」で下車。 来た道を戻って最初の角を右折、道なりに直進、左前方が国際版画美術館です。 下車してから徒歩約6~7分。 バスは1時間に2~3本程度運行しています。 平日は町田市民バスもご利用になれます。 「まちっこ」には公共施設巡回ルートと相原ルートがあります。 国際版画美術館へのもよりの停留所「原町田四丁目」へはどちらのルートでもおいでになれます。 下車してから徒歩約8分。 詳しくはこちらをご覧下さい。 土・日・祝日、年末年始は運行しておりません。 ご了承ください。 駐車場について• 車によるアクセス• 東名高速道路町田インターチェンジ方面から 横浜町田IC八王子方面出口から国道246号線「東名入口」の交差点を渋谷方面へ右折、約300メートル先町田街道入口「町田市辻」を左折、町田街道を約5 キロ進んで、「三塚」の交差点で右折、成瀬街道に入り約300メートル先の「高ヶ坂」交差点を左折してすぐのコンビニ前を左折、道なりに約300メートル先が国際版画美術館です。 八王子方面から 町田街道を横浜方面に進み、「旭町」交差点を過ぎて「版画美術館入口」交差点を左折し(狭いので注意)下りきった左手が国際版画美術館です。 (JR 町田駅まで約20分).

次の

道三塚 長良川の北側にある斎藤道三の墓

道三塚 アクセス

交通案内• PDF[733KB]• 足元にお気をつけください。 バス・車 バス停「高ヶ坂センター前」から徒歩7分 東急ツインズ前の8番乗り場から神奈川中央交通バス「92系統高ヶ坂団地行き」に乗車、「高ヶ坂センター前」で下車。 来た道を戻って最初の角を右折、道なりに直進、左前方が国際版画美術館です。 下車してから徒歩約6~7分。 バスは1時間に2~3本程度運行しています。 平日は町田市民バスもご利用になれます。 「まちっこ」には公共施設巡回ルートと相原ルートがあります。 国際版画美術館へのもよりの停留所「原町田四丁目」へはどちらのルートでもおいでになれます。 下車してから徒歩約8分。 詳しくはこちらをご覧下さい。 土・日・祝日、年末年始は運行しておりません。 ご了承ください。 駐車場について• 車によるアクセス• 東名高速道路町田インターチェンジ方面から 横浜町田IC八王子方面出口から国道246号線「東名入口」の交差点を渋谷方面へ右折、約300メートル先町田街道入口「町田市辻」を左折、町田街道を約5 キロ進んで、「三塚」の交差点で右折、成瀬街道に入り約300メートル先の「高ヶ坂」交差点を左折してすぐのコンビニ前を左折、道なりに約300メートル先が国際版画美術館です。 八王子方面から 町田街道を横浜方面に進み、「旭町」交差点を過ぎて「版画美術館入口」交差点を左折し(狭いので注意)下りきった左手が国際版画美術館です。 (JR 町田駅まで約20分).

次の

道三塚|観光スポット|ぎふの旅ガイド

道三塚 アクセス

(さぎやまじょう)は、岐阜県岐阜市鷺山にある山城で、標高68m、比高約47mです。 鷺山に築かれており、山頂の本丸には、城址碑もあるようです。 最初の築城としては、 時代の文治年間 1185年~1190年 に、佐竹秀義 佐竹常陸介秀義 が築城したとされます。 この佐竹秀義 さたけ-ひでよし は、常陸・の佐竹家第3代当主で、 主ですが、承久の乱の戦功で、 より美濃にも所領を与えられたのでしょう。 ただし、山口郷 大矢田地区や藍見地区 と上有智荘 美濃市の小倉山城 に領地を得た美濃・佐竹氏は「北酒出季義」と称していますが、この北酒出季義は、佐竹秀義の子だとされます。 しかし、お気づきの通り、下の名前が同じなんですね。 佐竹秀義の子である北酒出季義は、そのまま佐竹季義でもあると受け取れますので、鷺山城を築いたのは、北酒出季義なのかも知れません。 ともあれ、確認する史料としては乏しいため、これ以上の詮索は避けますが、美濃佐竹氏は、室町幕府・足利将軍の弓術指南を務めるようになり、美濃・明智家などと共に幕府の奉公衆に名を連ね、佐竹基親などを輩出しています。 南北朝時代になって、土岐頼康が美濃国・尾張国・伊勢国の守護になると、川手城を本拠にし、この時、鷺山城は支城になったとされていますが、まぁ、当たり前といったところでしょう。 の1509年には、近くに福光館 福光御構・蝉土手城館 の築城を、土岐政房の命を受けた斎藤利綱が開始しています。 そして、福光館 福光御構 が美濃守護の本拠となり、この時、鷺山城は詰の城として改修されたものと考えられます。 1519年、土岐政房が死去すると、追放されていた土岐頼武と美濃守護代・斎藤利良が、越前・ の から支援を受けて、福光御構、鷺山城、池戸城を攻略しています。 土岐頼武は福光御構に入って美濃守護となり、長井長弘が没落しています。 しかし、安定は長く続かず、1525年、土岐頼武の弟・ と長井長弘によって鷺山城は占領され、土岐頼武や斎藤利茂らは福光館から退去しています。 ただし、土岐頼武は鷺山城を奪い返すなどして、内乱は続きましたが、1530年、長井長弘や長井新左衛門尉( の父)らに支持を受けた土岐頼芸が勝利し、土岐頼武は に逃れました。 このとき、斎藤利政 長井新左衛門尉 は を拠点としています。 1532年、土岐頼芸は枝広館(現在の長良公園)に本拠地を移しましたが、1535年に長良川が氾濫した大洪水にて跡形もなく流されました。 なお、土岐頼芸が重用した斎藤道三と ( の娘)が、1535年に を産んでいます。 その後、美濃を手に入れて、稲葉山城主となった斎藤道三は、1548年に家督を子の に譲ると、鷺山城に隠居しました。 斎藤道三が鷺山城を改修したとされますが、長良川の水を引き入れた庭園が設けられたと言いますので、麓に居館があったと考えて良いでしょう。 が殺害されて斎藤家に戻っていた濃姫 帰蝶 は、1549年2月24日に、尾張・ の に再嫁した訳ですが、それまで鷺山城に住んでいたようで、鷺山殿と呼ばれている次第です。 斎藤義龍は、1555年に鷺山城から斎藤道三を追放します。 そして、大桑城にいた斎藤道三と斎藤義龍は、1556年に をこの付近で展開し、自刃した斎藤道三の「道三塚」も近くにあります。 その後、織田信長が に入った頃には、鷺山城はすでに使われていなかったようです。

次の