アジ の 種類。 アジ(鯵/鰺)と栄養価・効果効能

鯵(アジ)の種類と特徴!旬や産地なども紹介

アジ の 種類

アジは種類が多くてややこしい!見分け方をお教えします! マアジ、マルアジ、ムロアジ見分けつきますか? アジと言えば日本の食卓ではおなじみの魚。 刺身、開き、フライなど、どんな調理法でも美味しくいただくことができ、 しかも比較的安価で一年中手に入ります。 しかし、アジと一言で言ってもその種類は多く、見分けはなかなか難しいと言われています。 スーパーで売っている時は、品種が記載されて並んでいるか、 もしくは単に「アジ」と書かれているものは通常「 マアジ」をさしています。 特に種類まで見分けなくても、「アジ」として食べれば良いのですが、味覚が違うのでおいしさも異なります。 また釣ったものや産地直送のものを頂いたときなどに、見分け方を知っているとちょっと便利な上に、持ち味をいかしてより美味しく食べることができますよ。 関あじもありますよ。 スポンサードリンク マアジ、マルアジ、ムロアジそれぞれの特徴と違いについて 【マアジ】:アジの種類その1 ・一年中出回っている。 ・黄色系(黒系もあり) ・ゼイゴが力強くつながっている。 【ムロアジ】アジの種類その3 ・身体が丸みを帯びている。 ・ゼイゴが細長い。 特に、 マアジとマルアジの区別は、並んでいないとかなり分かりづらいかもしれません。 色味や丸みなどは、比較対象がないとなかなか判断がつかなですよね。 ですので、一般論でしかありませんのでご参考までに。 ムロアジ まずムロアジは他のマアジ、マルアジに比べると、旨味はいまひとつと言われています。 脂のノリも劣るので、水っぽく感じる人もいます。 やや癖があるので、刺身よりも干物になって見かける方が多いかもしれませんが、これもマアジの方が美味しいです。 ムロアジを絶賛する声はあまり聞かないので、価格も安く出回っています。 スポンサードリンク マアジとマルアジの違い 次に、マアジとマルアジの違いですが、 刺身にするならマアジの方が身がしまっていて美味しいという声が多いです。 マルアジは、身が柔らかいせいか、水っぽく感じます。 一般的にはアアジの方が評価が高いようで、マルアジは格安になることもあります。 いずれにせよ、鮮度が高いアジであれば、とても美味しく頂けますし、栄養価も大変高いので積極的に食べたい魚です。 いろいろな調理法により、食卓を飾ってくださいね。 スポンサードリンク.

次の

アジ(鯵)の種類:旬の魚

アジ の 種類

防波堤(波止)に回遊・接岸してくる青魚(アジ、サバ、イワシ)を狙うサビキ釣りは、初心者さんやファミリーフィッシングに最も向いた釣りといえます。 管理人は、少し前に『家族で楽しむ波止釣り アジ・サバ・イワシのサビキ釣りの仕掛けとコツ』と題して、サビキ釣りに関係する以下の様な内容について紹介しました。 アジ、サバ、イワシなどの青魚の習性• サビキ釣りを行える時期(シーズン)• サビキ釣りのタックル、仕掛け及び便利グッズ• サビキ釣りの釣り場所(ポイント)• サビキ釣りで使うエサ• サビキ釣りのテクニック• お勧めのサビキ釣りセット この紹介記事を確認される場合はコチラをどうぞ icon-caret-square-o-right 紹介したのは通常のサビキ仕掛けを使って、波止際に周遊するアジ、サバ、イワシなどの青魚を釣る最もシンプルな方法でした。 ただ、これとは異なる方法で、 サビキにウキを付けて波止際から少し離れた場所にいる魚を狙う 『投げサビキ』という方法も良く使用されています。 投げサビキのメインターゲットはアジになりますが、もちろんイワシやサバ、コノシロなどの青魚を釣る仕掛けとしても使用できます。 投げサビキは決して難しい釣法ではなく、初心者さんやファミリーさんでも、少しの知識とテクニックを身に付けることで、十分な釣果を上げることが出来ます。 ここでは、投げサビキの仕掛けの紹介をはじめ、投げサビキを効果的に使えるシチュエーションについて紹介します。 アジの投げサビキ釣り 仕掛けの種類と効果的な使用条件 ますは、投げサビキとはどのようなものか、普通のサビキ釣りとの違いを中心に確認してみましょう。 その後、投げサビキ釣りの仕掛けと、この釣りが有効に使える条件(シチュエーション)について紹介します。 サビキ釣りと投げサビキ釣り(飛ばしサビキ釣り)の違い 投げサビキは、『飛ばしサビキ』や『飛ばしウキサビキ』などとも呼ばれ、仕掛けを落とすポイントが近ければ『チョイ投げサビキ』、逆に遠ければ『遠投サビキ』などと言われることもあります。 投げサビキに鈴なりの豆アジ 波止際で落とし込む通常のサビキとの一番の違いは、 仕掛けにウキを取り付けてアタリを取るという点です。 投げサビキは決して仕掛けを沖に投げなければ使用できない仕掛けではなく、 波止際に落として普通のサビキ釣りと同じように使うことも出来ます。 ただし、通常のサビキ釣りとは異なり、 ウキを取り付けていることで、棚は固定となりますので、足元へ落として釣るにしても、沖目に投げて釣るにしても、常に棚を合わせることを意識しておかなければなりません。 投げサビキ釣りでは、 沖目に仕掛けを投げることで、波止際に寄る魚よりも大きな魚を狙うことができるというメリットがあります。 投げサビキの仕掛けをするのであれば、初心者さんであっても、足元へ仕掛けを落とすだけではなく、仕掛けを投げる技術を身に付けて、沖目も含めて広範囲に狙ってみたいところです。 通常のサビキよりも投げサビキに向いたシチュエーションというのが多々ありますので、こちらは後ほど紹介しようと思います。 投げサビキ釣り(飛ばしサビキ釣り)の仕掛け 投げサビキ釣りの仕掛けは一般的なサビキ釣りの仕掛けに較べて、誘導ウキをセットするぶん、少しだけ複雑になっています。 投げサビキの仕掛けの一例 上記は一般的な投げサビキの仕掛けを示したものですが、その特徴を簡単に以下に示しておきましょう。 ただし、チョイ投げサビキと遠投サビキでは、求められるタックルの性能が変わりますので、分けて示しておきます。 【チョイ投げサビキ】• 釣り竿は1号か2号の磯竿で、4. 5m程度のものが使い易いです。 通常のサビキと違って投げる必要がありますが、チョイ投げで磯竿を使用すれば、それほど竿に気を配る必要はないでしょう。 リールは通常のサビキ仕掛けと同じ2000番程度のスピニングリールで良いでしょう。 3号か4号の道糸を巻けるだけ巻いておきましょう(3号なら100m程度巻けます)。 ウキはオモリ負荷8号程度のサビキウキを使用します。 円錐形でも棒ウキタイプでもどちらを使用しても良いでしょう。 サビキはターゲットの大きさによって変わりますが、小型のアジ、イワシ、サバがメインなら針が6号、エダスが1号程度のもので良いでしょう。 また、使う擬餌針は、ハゲ皮サビキを選べば無難です。 下カゴ(サビキカゴ)はビニール製のものと、ステンレス製のものがありますが、安価なビニール製のもので十分なので、8号程度のオモリが付いたものを使いましょう。 【遠投サビキ】• 釣り竿は2号か3号の磯竿で、5m以上あるものが使い勝手が良いです。 特に超遠投する場合は、遠投モデルを使う方が良いでしょう。 竿を破損するリスクが高くなりますので、初心者さんの場合は、少し重いですが3号の磯竿を使用しましょう。 リールは最低でも2000番、出来れば3000番を使うようにしましょう。 そうでなければ、4号か5号の道糸を巻けば、道糸不足で遠投できなくなります。 ウキはオモリ負荷10号程度のサビキウキで視認性に優れたものを使い、超遠投であればロケットタイプのものが良く飛びます。 サビキはターゲットの大きさによって変わりますが、波止際と違って少し大き目のターゲットを狙え、対象もアジ、サバがメインになりますので、針が7号、エダスが1. 5号程度のものを使いましょう。 使う擬餌針は、通常のサビキと同じハゲ皮サビキを選べば無難です。 下カゴ(サビキカゴ)はビニール製のものと、ステンレス製のものがありますが、着水時のショックが大きくなりますので、ステンレス製のものが良く、10号程度のオモリが付いたものを使いましょう。 【チョイ投げサビキ】、【遠投サビキ】のいずれの場合でも、 誘導ウキ仕掛けですので、ウキ止めをセットし、また上図には記載されていませんが、 誘導ウキとサルカンの間に、絡まん棒をセットしてやることをお勧めします。 また、サビキ仕掛けと道糸の連結は、チチワ連結でも良いし、ユニノットでも問題ありません。 チチワの作り方とユニノットについては、コチラをご参考にどうぞ icon-caret-square-o-right icon-caret-square-o-right なお、用意するタックルや仕掛けの選択に不安のある方は、以下の様なセット販売されている製品を検討されてはいかがでしょうか。 遠投サビキの入門に丁度良い釣り竿とリールのセットになっていますが、もちろんチョイ投げサビキにも使用できます。 ただし、カーボンロッドではあっても、値段なりの商品なので、そこそこの重量があり、特に女性ではかなり少し重く感じます。 ここで紹介する投げサビキを含め、本格的に釣りを行う方なら、 様々な釣りに対応できる万能竿(磯竿)を選んでおく方が、後々も長く使え、結果的にコストパフォーマンスは圧倒的に高いものになります。 ロッドとリールの個別紹介だと鉄板商品の一つになりますが、以下のような製品がおすすめです。 波止釣りのロッドやリール選びで迷われている方は、後ほど一読して頂ければ、自分の求めるロッドが見つかるかもしれません icon-arrow-circle-down icon-caret-square-o-right icon-caret-square-o-right 投げサビキ釣りの仕掛けセットで、コストパフォーマンスの高い売れ筋商品になります。 ただし、 サビキそのものについては、その時々の状況に応じて食いの良いもの悪いものがありますので、別途タイプの違うものも用意しておいた方が良いでしょう。 管理人は大阪在住で、関西ではサビキ仕掛けは下カゴがメインですが、関東では上カゴがメインだと思います。 同じ製品でも上カゴのセット仕掛けも販売されております。 また、完成仕掛けで有名な『ささめ針(SASAME)』や、サビキ仕掛けのラインナップが素晴らしい『ハヤブサ(HAYABUSA)』などからも、飛ばしサビキの完成仕掛けは販売されていますので、是非とも検討材料として色々と調べてみて下さい。 投げサビキ仕掛けを有効に使える条件(シチュエーション) 投げサビキには、投げサビキでしかサビキ釣りを行えない場所も含めて、有効に使えるシチュエーションがいくつか存在します。 まずは、投げサビキでしかサビキ釣りを行えないシチュエーションが、どういうものかを示してみましょう。 波止際でサビキができない状況(1) このポイントでは、波止際から7m程度の位置まで石畳が入っており、そこから徐々に水深が深くなっていきます。 一般的な釣り竿では、通常のサビキ釣りを行うことが出来ず、投げサビキが必要になります。 同じような理由で、波止際にテトラポッドが入っているケースがあり、この場合も投げサビキが有効に働きます。 そしてテトラと言えば、以下のようなシチュエーションもあります。 波止際でサビキができ ない状況(2) この写真は高積みされた三角テトラですが、このテトラの水際の足場は非常に不安定です。 逆に上の方は非常に安定した足場ですので、ここに立てばサビキ釣りも出来ますが、投げサビキでなければ行えないのは先に紹介したケースと同じ理由です。 このように、 釣り場の状況次第では、通常のサビキ釣りが行えないケースが数多く存在します。 このような場合でも、仕掛けを沖向きに投げるサビキ釣りであれば、問題なく行うことが出来ます。 次に、魚のポイントにおける投げサビキの有効性について紹介しましょう。 波止(防波堤)の多くは、以下の様な構造をしています。 波止の右側では、 波止際で普通にサビキ釣りを行うことが出来ますが、その範囲は使う釣り竿の長さ次第であり、波止際からおよそ5mといったところでしょう。 波止の土台には基礎として捨て石などが敷き詰められており、波止から少し離れた位置(10m~15m程度)はかけ上がりになっています。 かけ上がりは釣りを行う上で好ポイントの一つであり、 投げサビキでは少し沖目のこのポイントを狙えるメリットがあります。 また、先に述べたものと同じケースになりますが、波止の左側には消波ブロックとしてテトラポッドが入っているため、波止際でのサビキ釣りが出来ません。 このケースでも、投げサビキであれば問題なくサビキ釣りを行うことが出来ます。 いずれの場合も、 投げる距離を自分で調整することで、広範囲のポイントを探ることができ、50mを超えるような遠投を行えば、沖の潮目でさえ攻めることが可能になります。 更に、もう一つ例を示しておきましょう。 (下津ピアーランド Home Pageより) こちらは、和歌山県にある下津ピアーランドという海釣り公園の構造について図解されたものです。 海釣り公園には人口の漁礁が沈められており、ここでもAT漁礁やコンクリートブロックが沈められています。 この海釣り公園は釣り桟橋となっており、足元の橋脚付近でも十分に魚影は濃いのですが、やはり 好ポイントは先端付近からの外向きへの遠投や、20m~30m先に沈められた漁礁付近になります。 足元の表層付近に回遊してくるアジ、サバ、イワシに対して、遠投や漁礁付近への投げサビキでは、ほとんどが棚を深め取ったアジ狙いになりますが、一回り大きなサイズのヒットが期待出来ます。 そして最後にもう一つ、投げサビキのメリットを示しておきましょう。 それは 通常の 波止際のサビキ釣りがシーズン限定のものであるのに対し、 投げサビキは一年中使用できる釣法だという点です。 青魚が波止際を周遊してくるサビキ釣りのシーズンは、初夏から晩秋になりますが、 水温が低い時は青魚は接岸しにくくなります。 シーズンの開始時や終了時は、日によって波止際に周ってきたり、来なかったりと、釣果が安定しにくい傾向があります。 このような時は、 波止際のサビキ釣りでは釣果が上がらないのに、投げサビキで少し沖目を狙うことによって釣果が上がる事がありますので、いずれの仕掛けにでもスイッチできる準備があれば、苦虫を噛むことはありません。 また、サビキ釣りのシーズンが終わり、冬になればイワシは完全に姿を消し、サバもほぼ姿を消しますが、 アジは湾内の条件次第では、比較的居着きとなるものが多い青魚です。 この辺りのことは前回の記事をご参照下さい icon-arrow-circle-down icon-caret-square-o-right ただし、居着きのアジとなっても水温が低下すれば、シーズン中のように大きな群れをなすことはなく、波止際へ回遊してくることもありません。 それでも、 沖目の深場を周遊し、マズメ時になれば捕食しますので、あまり数釣りは望めませんが、サイズは30cmオーバーが期待できます。 冬場は海も荒れやすく、釣り物が少なくなる季節ですが、そのような状況でも、遠投サビキであれば、大アジを狙うことできるというメリットがあります。 冬場の投げサビキは、もはやファミリーフィッシングや初心者向きの釣りとは言えませんが、非常に魅力ある釣法であり、一年中この釣りに勤しむ人も少なくはありません。 更に、 投げサビキ釣りにおいては、実は単なるサビキ仕掛けでは無く、もう一つ工夫をすることで様々なターゲットを狙える仕掛けに早変わりします。 この仕掛けの工夫については、また次の機会にでも紹介しようと思います。 サビキ釣り仕掛けの一工夫に関する記事を追加しました(2016年6月14日)。 icon-caret-square-o-right サビキの種類や選び方を知っておくことは、釣果を伸ばすのに重要な要素となります。 icon-caret-square-o-right せっかくの サビキ釣りを行うのであれば、 是非ともこのメリットの多い投げサビキについても、ある程度マスターしておいてはいかがでしょうか。 【関連記事】 icon-pencil-square-o icon-pencil-square-o icon-pencil-square-o icon-pencil-square-o icon-pencil-square-o icon-pencil-square-o icon-pencil-square-o icon-pencil-square-o icon-pencil-square-o icon-pencil-square-o.

次の

マアジ

アジ の 種類

鯵(あじ):小アジか大アジか関アジか アジ(鯵)スズキ目アジ科 英:Japanesejackmackerel 学:Trachurusjaponicus アジの種類は厖大です。 所謂『アジ』とは、アジ科の魚の中でも独特の【稜鱗(りょうりん)-〈ぜんご・ぜいご〉】を持つ、アジ亜科の魚であると言っていいでしょう。 この稜鱗を持つ仲間だけでも世界中の熱帯・温帯の海に数多く生息し、その全部を紹介するのは無理です。 まあ多くの魚はそうしたもので、代表3種を紹介すれば足りるサバって魚が。 それにシマアジ(縞鯵)、カイワリ(貝割)、イトシキアジ(糸引鯵)など菱形のアジ。 それとブリ類。 これらも大事な食用種のアジ類ではありますが、それらを詳細に書きますと記事に収まりませんので、これらは割愛します。 なにしろムロアジと「アカゼ」はどう違うって魚屋同士で意見が割れたり、「赤鯵」という見た目はオアカムロにそっくりな「ヒメ」なんて鯵もいて、ややこしい限りですので。 また、比較的馴染のあるマルアジ(アオアジ。 東京では丸、沖縄ではナガイュー)とか眼アジも除外して、ここでは『マアジ(真鯵)』だけを紹介します。 種類が分からなければ、これは「ガーラだ」で済むわけですね。 実際の話、専門家にしか細かい名前など覚えられない多彩さですので。 さて、桜の散る今頃の季節になりますと、いよいよアジが北上を開始しまして、夏場の最盛期が目の前です。 サバを紹介すれば当然旬のアジを書かないわけにはいきません。 ややこしい仲間は除きましたので、マアジに絞り込んで話をいたします。 アジといえば自動的に真鯵を指すと言ってよいでしょう。 《ホンアジ、メダマ、アヅ、ノドクロ、キアジ、クロアジ、キンアジ、アカアジ、ヒラアジ、オオアジ、トツカワ、ゼンゴ、ゼイゴ、キンベアジ、》これらは全部真鯵(まあじ)を指した地方名です。 マアジは全部で13種ほどいまして、ゼンゴの棘が70個前後あり、この数やなんかで細かく種類分けできますが、そんなもんは魚類図鑑あたりに任せておけばよい話で、我々には関係ございません。 重要なのは、 マアジは2種類に分かれるってことです。 沖合いを南北に回遊する型と、沿岸に定着する瀬付き・根つき型の2型です。 回遊型をクロアジ・ノドグロなどと呼び、背の黒色が強くシャープな体型で身に締りがあり、食味は潮の風味が濃い。 少しムロアジと似ている。 ゼイゴの突起が大きい。 クロアジ 瀬に居付くタイプをホンアジ・ギンアジ・キアジと呼び、体色に黄色味が強いのが特徴。 脂があるので市場価格は高くなります。 所謂「根アジ・釣りアジ・黄金アジ」の名で付加価値も付く訳です。 そのせいなのか近年資源が減少しており、昔ほどは獲れなくなりました。 「高級魚化」の弊害かも知れませんな。 キアジ 輸入のマアジは南太平洋に生息する「ミナミマアジ」と「ニュージランドマアジ」。 オーストラリアとかニュージランドから輸入されてます。 あと大西洋から「ニシマアジ」も輸入されています。 食材としてのアジ 我々板前にとってアジ科の魚はグレーゾーンに位置しております。 イワシ、サンマ、サバ、アジといえば「青魚」。 俗に光物と呼ぶ身の赤い魚の代表でして、つまりは「白身魚」と「赤身魚」に分けた場合、赤身に属するものです。 しかし実際には ハマチ(鰤)、カンパチ、ヒラマサ、シマアジといったアジ類は青魚であるにも関わらず、「白身魚」として扱っています。 ではマアジはどうかと言うと、これが微妙。 鮨屋の握りの場合、また刺身に限定した場合、光物のカテゴリですんで、ワサビではなくショウガを薬味にします(生の場合。 〆はコハダ・サバ同様ワサビ) しかし加熱調理を含む料理全般で考えますと、白身とするか赤身と銘打つか、判断に微妙な部分があるのです。 特に定義がある訳ではないので、まぁ「中間に位置する」と考えればよいでしょう。 料理素材としてアジを見ましたらば、これはもう汎用型魚素材の王者と言ってもいいでしょう。 沿岸に大量にいて釣り易く、食べて美味しい、非常にありがたい魚。 価格の面や何にでも使える汎用性は飛び抜けています。 便利極まりない重要な料理素材です。 料理の仕方によっては魚嫌いの子供にさえ食べさせる事が可能な魚です。 栄養面で他の青魚には及びませんが(脂含有量で負ける)、そのかわりに食べやすいわけです。 クセがなくなりますからね。 それに、及ばないまでも青魚独自の栄養は充分でしょう。 また、干物にすると水分が抜けた分だけ味と栄養が凝縮して旨味が増します。 ただし意外でしょうが干物は鮮度が大事です。 長期保存用だとどうしても塩分が強くなるし、脂が酸化するからです。 アブラというのは新鮮なうちは栄養ですが、変質すると悪性のものになる。 これは全てに共通しています。 しかし干物は美味い。 とくにクサヤなんぞはたまらない。 おいらは塩分がどうしたこうしたなどまったく無視しております。 これはもう関サバでも有名な豊後水道の関アジでしょうな。 関アジ 本当は、全国の沿岸に居ついている根アジは地域でそれほど差が激しくあるわけではありません。 まあ関のように特に条件の良い海もあるにはあるんですが。 差をつけているのは関サバのところで書いた様に漁師のテクニックと漁協の連携プレーによるものでしょう。 関アジともなればこれはもう問答無用の「白身魚」でして、普通の光り物とは一線を画します。 よって、これはネギショウガの薬味よりもワサビを使うのが常道。 関アジの身。 殆ど白身魚といえる身質。 活き造り 先に書いたようにアジは青背の魚のわりに脂がない魚種ですので、例外的に『活造り』にしても美味しく食べられる魚です。 これは脂を身に回し熟成を待つ白身系と対照的。 比較的小さい白身のイシダイ、そしてシマアジもその例外(アジ科でもカンパ、ヒラマサのように大きいのはまた別) 要は脂や旨味成分の少ない魚が活き造りに向いているとも言えましょう。 ですのでヒラメやタイやカンパ・ハマチなどの大き目の奴を活き作りにするのは馬鹿げているのですよ。 魚の旨味なんぞはまだ出ていないし、ゴム食ってるのと変わらないのに「ピチピチして美味い」はないでしょうよ。 せっかくの魚です、旨味を出してから食わないと可哀想。 活き作りのプリプリした食感は美味しくて、これから暑くなってくるにつれてスズキの洗いと並んで涼味のある粋な刺身です。 最初の一杯はビール。 熱燗を一合。 そして冷酒か焼酎に切りかえて・・・ Comment お疲れ様ッス! 【鰺】 我が子らゎみんな大好き! とくに長男坊 前にもコメしたかもしれネェんだが もうコメし過ぎて覚えてネェから… エピソードがあるんすよ ヤツがまだ小学校低学年だった頃 鰹を買いに魚屋へ… いつもゎ取引先の仲買ん所で魚を買うんすが 鰹や鮪だけゎ仕方ネェから魚屋なんす。 息子ゎ『おもちゃ売り場でジダンダ』を踏んだことのない子 それが魚屋で『鰺買って』って言うもんだから 俺ゎ『今日ゎ鰹買いに来たんだから鰺ゎ無し』って言ったとたんにシクシク泣き出し やがてゎ『ジダンダ』 渋々買ってったッツー訳 笑 確かそんな話の流れだった筈 魚屋のカァチャンが『長いこと魚屋やってるけど ボクのような子ゎ初めてだよ オバチャン魚屋サンやっててよかった』なーんてな言葉を頂戴したんす。 全く笑っちまうガキでしょ? (笑) 俺自身ゎ地物の小アジが1番ですネェー。『追っかけ』と呼ぶ『朝捕り』のアジ。 片身が丁度1貫のサイズで 脂ノリもそこそこなヤツ。 まだ死後硬直してネェから おろすと身が縮み上がる。 活け作りのアジゎたいがい養殖物…ありゃPERFORMANCE用だ。美味くネェ 関アジゎ確かに美味いんすが高すぎる。 脂ノリの良いのが大阪湾産でしょう。 流通上『淡路産』ってアジ。 どうも大阪湾って響きが悪印象なようで。 最近やっと大阪湾の漁師サン達も 自信持って来たみたいね! 俺にゃクドイな。あの脂ノリゎ… 鯖 鰺 と来ました爺blog! ぉ次ゎ【鰯】ですな! シコイワシ 約束ジャけんのぉ! (笑) 鯖同様 ハシリミズ 走水 も 50㎝以上の鰺ゎそう居なくなったみたいだよ。 鰺の美味いの喰いたかったら 神奈川ゎ佐島漁港を尋ねるとイイよ。これからの季節ゎ! 黄色い鰺があるから買ってみて! さすがにイナセなコメ。 「実は全国の湾物は関の鯵とたいした変わりはない」と書いたが、瀬戸内モンの旨さはよく知られたところ。 淡路は鯵だけではなくあらゆる魚の宝庫でもある。 潮のせいか魚道が関と似てるというかある意味関以上かも知れない。 佐島もそうだが三崎あたりの漁港でもそれぞれ各自自慢の地鯵がいるように、アジって魚は全国の漁港がそれぞれ主張を持てる魚なんですよ。 最初この設問を思いついた時、「こんな質問にゃ答えられんだろう。 特にこのブロクに来る人は。 だって両方好きに決まってるから。 駄目だこりゃ」でした。 けどね、鯵には味があり、全国各地の主張があるはずだ。 そしてサバの滋味には愛着とか「日本人であること」の言い分があると思う。 サバでもアジでもどちらでもかまわない。 期待してるのは「日本人の答え」なんです。 何故なら「サバかアジか」って質問にね、熱くなって答えられるのは正真正銘の日本人だけですんで。 この投票に応じられるのは「魚に親しんだ日本人」だけなんですよ。 例えば「アジは好きだがサバに投票」、その「理由」にこそ意味があるし、知りたいところなんです。 アジの事を熱く書き、なのに投票はサバ(笑) まさにこれですよ。 アンタはやはり典型的な魚好きの「日本人」だ。 鰯の事を考え、イワシの現状を見るとオイラは痛い。 日本人のおろかさを見てる気がしますからね。 80年代まではそこらじゅうに金太郎やプリプリの大葉マイワシがいた。 まん丸ピカピカの鰯を刺身にすりゃ美味さに感激したもんです。 千葉や三浦であがるシコを樽買いにして、竹ひごや梱包用プラ紐や鉄筋屋が使う針金で、ちゃかちゃか裂いたのも今は昔。 いまや最盛期に比べ百分の一ほど。 真鰯の姿は消えた。 流通してる脂のねぇ痩せた子供のマイワシなど鰯にゃ見えねぇよオイラ。 しかし息子は誘拐したいほど可愛いねぇ正直。 おいらに頂戴(笑) たいらさんは心配御無用。 メールを頂いたが、心配する類の病気ではありません。 元気にお戻りになるでしょう。 Posted by 魚山人 at 2010年04月14日 06:00 鯵・鯖の設問、苦しい質問でしたw 今の私の住まいは江戸湾から遠く離れた埼玉なのですが、元は江戸っ子wなので魚は頻繁に使う食材です。 その所為か我が家の息子も・・・。 GWに家族揃って品川水族館に行ったのですが、さすがの混雑ぶり。 で、列に並んでチョボチョボと進んでいった先に直径2m程の透明なガラス製の円筒が2本、中心を貫くように直径十数cmの同等材の空洞の円筒があり、床と天井をつないで立っていました。 それぞれに鰯と鯵がグルグルと泳いでいます。 混雑していたせいもあったのでしょう。 かなり大勢の家族連れから奇異の視線・・・その中から「この魚って食べられるの?」 と小声で親に聞いている子供の声。 よせばいいのに息子が説明を始めましたorz 「これ、ナメロウにすると美味しいんだよ!」 で、私。 Posted by 地獄仙人 at 2010年04月14日 09:24 こんにちは。 小骨があるから。 だからこそ庖丁がものを言うんだが、そいつはなかなかね・・・・ Posted by 魚山人 at 2010年04月14日 10:05 私は断然アジです 千葉の南の方が出身なのが原因か解りませんが、 家で魚を砂漠のは男の仕事、 じいちゃんが釣ってきた魚を嫌がる母親を横に捌くのをやらされた思い出があります アジ、コチ、カレイ、お子さまながらなんとなく魚の名前を覚えて、 コチなんてヌルヌルして悪い奴だななんて思っていました(笑) 時はたってお金がない大学生の時、50円で売っていたアジを毎日刺身にして飲んでいたのを思い出します 今となっては、あの4年が無いと自分で魚を捌いて食べようとも思わず、 冷凍の鮭、鱈、マグロ、イカ、タコしかないスーパーの魚売場も淋しいと思わない人生だったかもしれません 今でも一番好きな魚は、じいちゃんから教わった、なめろう、さんが焼きが出来るアジです Posted by なお at 2010年04月15日 21:33 こんばんは。 なるほど、コチは絶品だがあの外見は子供にゃキツイ(笑) さんが焼きとなめろうですか、まさにソウルフードですね。 Posted by 魚山人 at 2010年04月15日 23:09.

次の