オイル ショック 2020。 オイルショックを契機とした脱炭素と省エネ活動、現在に続くCO2排出ゼロ社会実現への道のり

オイルショック2020!なぜトイレットペーパーが買い占められたのか説明

オイル ショック 2020

世界的に需要が減退 今年2月頃からCOVID-19(新型コロナウイルス)が世界的に大流行し、世界各国は人から人への感染を防ぐためにあらゆる経済活動を止めなくてはいけなくなった。 しかし経済活動を止めると、エネルギーとしての原油需要もどんどん減退していく。 それは当然のことで、石油は自動車を走らせることや、工場を稼働させるために使われる。 自動車や工場が動かなくなれば、石油は必要なくなる。 さらに現在では、船や飛行機も世界中で止まってしまっている。 そのため2020年になって、近年類を見ないほど原油価格が急激に下落した。 新年にはまだ60ドル台にあったNY原油価格はその後どんどん下がり、3月上旬までに40ドル台に。 さらに3月6日の産油国の会合で減産の拡大・延長に合意できず、この後下落が加速し3月中に20ドルになった。 4月になってトランプ大統領の主導で産油国が日量約1,000万バレルという過去最大規模の減産で合意したが、需要の減退はそれ以上で原油安は全く止まらなかった。 4月17日の日中には19ドルを割り、夜には18ドルも割って17ドル台になった。 原油価格は2002年に18~19ドルまで下がっていたので、17ドル台をつけた時点でこの時の安値を下回った。 17ドル台という水準は1999年以来、なんと21年ぶりの安値となる。 つまり21世紀では最安値だ。 1998~99年には原油価格が大きく下落し、1998年末につけた安値は14~15ドルだった。 したがってこの安値まではまだ少し幅がある。 だが1998年の安値も下回ったら、その価格は1973年の第1次オイルショック以前の水準であり、なんと47年前の水準となる。 ここまで原油が下落すると、それによってさまざまな問題・危機が起こる「逆オイルショック」が考えられる。 日本は原油を輸入しているので、日本の消費者にとっては原油安の方が助かる。 しかし世界にはそうでない人々や国も多い。 原油安によって起こりうる問題として、産油国の経済的危機がある。 サウジアラビア、イラン、ロシアなどの産油国は、経済全体が石油の販売にかなり依存している。 原油が極端に下がるとこれらの国に対するダメージは非常に大きい。 またアメリカには多くのシェールオイル企業があるが、原油が安くなるとこれらの企業は採算が合わなくなり破綻する。 すでに4月頭にホワイティング・ペトロリアムというシェール企業が破綻しており、原油安が続くと今後次々と破綻することが考えられる。 日本も逆オイルショックとは無縁ではなく、石油の元売り企業や商社などが原油安によって損失となる。 これらは日本企業全体からすればごく一部だが、石油を取り扱う企業なのでなくなってもらうと困る。 すでに21年ぶりの安値に下がり、あと数ドル下がると47年ぶりの安値となる原油価格。 1970年代のオイルショックと反対の「逆オイルショック」の発生が見られるかもしれない。 ボーナスの権利は口座名義人にのみ帰属します。 このスペシャルプロモーションは初回入金にのみ適用され、1000ドルまでは100%、1000ドルを超える場合は1000ドルプラス超過分に40%が付与されます。 ボーナスの上限は20,000ドルです。 ボーナスはトレーディングチケットの形で付与されます。 1000ドルを超えるトレーディングチケットについては、ご入金後カスタマーサポートまでご連絡ください。 ボーナスは証拠金としてのみ利用可能で、お客様がこれを出金することはできません。 トレーディング・チケット保有中に出金をされると、口座からトレーディング・チケットが削除される場合があります。 ご注意ください。 このキャンペーンは、こちらのページからご登録いただいた、これまでiFOREXをご利用いただいたことのない、新規のお客様にのみ適用されます。 口座にキャッシュバックボーナスが表示されている間に行われたすべての取引にキャッシュバックを受け取ることができます。 口座詳細で各銘柄でいくらのキャッシュバックがあるかの内訳を見ることができます。 毎週予定されているキャッシュバックを確認するには、口座にログインして口座詳細をご覧ください。 キャッシュバックプログラムでの取引を開始されると、お客様の行った取引量は自動で計算され、お客様の口座に毎週該当分が入金されます。 毎週のキャッシュバック後に金額を、メールでお知らせします。 キャッシュバックがお客様の口座に入金されると、現金同様ご出金いただくことも、購買力を高めるために取引資金としてご利用いただくことも可能です。 当社の提供するボーナスについては、取引条件ページのボーナス規約もご参照ください。 iFOREXグループは業界で最も大きく尊敬される企業の一つです。 1996年に成功した銀行家のグループにより設立され、世界中の人の毎日の市場へのアクセスが目標です。 3つの主な約束• お客様サポートセンターはすべてのお客様が知識を深めるお手伝いをすることを目的としています。 当社の最大証拠金ポリシーは、お客様が口座の可能性のすべてを引き出すことを可能としています。 追証なしプログラムは、組み込み式のリスク管理システムとして機能し、お客様の残高を超える損失を出すのを防ぎます。 私たちは、提供するグローバルな取引商品の多様性と、使用する革新的な技術、常に向上し続けるカスタマーサービスで、業界のリーダーであり続けます。 iFOREX(レバレッジトレード)は、国際法人iFOREXが提供するサービスです。 投資にあたっての意思決定・最終判断はお客様ご自身の裁量でお願いいたします。 本取引は、その取引についてお客様が預託すべき証拠金に比べて大きな額になるため、通貨等の価格または金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあります。 なお、当該損失の額が有効証拠金の残高を下回った際には、自動反対売買により決済されます。 レバレッジトレードは、インターネットを利用する取引であるため、お客様のパソコン・ネットワーク環境に不具合が生じた場合や、当社システムに障害が発生した場合などには、取引ができなくなる可能性があります。 当社ホームページで公開しているデータに関しては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、弊社は一切責任を負いかねます。 また、弊社が提供するすべての情報について、弊社の許可なく転用・販売することを禁じます。 iFOREXは日本金融庁に登録のない、海外ブローカーで、本サイト・サービスは主に日本国在住者を対象としておりません。 支払い決済サービスは、F. Formula Investment House Clearing Ltd により提供されます。 iFOREXは、iFOREXグループ内の組織が所有する商標です。 このウェブサイト上に表示されているその他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。 このサイトは Formula Investment House Ltd. が運営しています。

次の

まるでオイルショック、新型コロナによる「買い占め」はトイレ紙にも:日経ビジネス電子版

オイル ショック 2020

米ニューヨーク原油先物市場で2020年4月20日、価格が史上初の「マイナス」となったことは、世界に大きな驚きを与えた。 新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、原油を巡る米国、ロシア、サウジアラビアの3者による「チキンレース」は、ひとまず減産合意に漕ぎ着けたのはわずか1週間前のこと。 戦略商品として戦争の原因にも武器にもなってきた石油だから、これまでも各国の利害が対立し、増産・価格下落・減産を繰り返してきたが、今回は短時間でめまぐるしく局面が変化した。 サウジ、米国、ロシアの思惑 3カ国の事情を押さえておくと、サウジ(2019年12月の生産量975万バレル/日)はOPECの盟主であり、生産調整の主役として、実質的に世界の「安全弁」の役割を果たしてきた。 ロシア(同1150万バレル)は石油など資源依存の経済体質から脱却できない中でも、資源を外交戦略の手段としても駆使している。 この3国が、石油の価格とシェアをにらみ、主導権争いを繰り広げているのだが、趨勢として長期的に途上国の経済成長による石油需要の増加が見込まれるものの、その時々の景気状況などで相場は低迷する局面もあり、このところサウジとロシアが減産で価格維持を図っているが、そのスキを突く形で米国がシェアを徐々に奪い、サウジ・ロシアは不満を募らせている。 こうした力学を映す原油相場(ニューヨーク市場の先物)は、米シェールオイルの採算ラインとされる1バレル=40~50ドルを下限、減産の必要が薄れる70~80ドル程度を上限にするボックス圏の動きが続き、これが各産油国にも居心地のいい水準だったとされる。 ここ数年の動きを振り返ると、サウジを中心とする石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非OPECの主要産油国の「OPECプラス」が2017年1月から協調減産を続けている。 18年は世界の景気が好調で、むしろ供給不安もあって、6月に減産を緩和したが、価格が低迷したため12月に再び減産を強化し、19年は原油に関する限り、落ち着いた状況だった。 3月のOPECプラスではロシアが減産拒否 ところが、年明けから新型コロナウイルスの感染拡大で需要が落ち込む見通しになってきたことから原油相場が下がり始めた。 こんな時こそ協調ということで、3月5日のOPEC臨時総会で日量150万バレルの追加減産案で合意した。 ところが、6日のOPECプラスは、ロシアが減産を拒否して決裂。 するとサウジは一転、自国の生産を日量1230万バレルに200万バレル以上引き上げる方針を示し、石油相場は急落。 NY先物は20日に、29年ぶりに一時、1バレル=20ドルを切り、年初の60ドル前後から3分の1に急落した。 3月末で、それまでの協調減産の期限が切れる中、「仲裁者」として登場したのがトランプ米大統領だ。 サウジとロシアが減産を拒めば輸入原油に追加関税をかけるとの脅しまでかけて、4月9日のOPECプラスのテレビ会議で、5月から、2018年10月を基準に、日量1000万バレル(サウジとロシアは各250万バレル)の協調減産が固まった。 この時点で40万バレルの減産を求められたメキシコが10万バレルしか減産しないとゴネるハプニングはあったが、4月12日にメキシコの主張を認め、970万バレルの減産で最終合意した。 サイジなどアラブ産油国はこの枠外で計200万バレルの追加削減を表明。 米国やカナダ、ブラジル、インドネシア、ノルウェーも協力することも確認したという。 米国の「協力」の中にはメキシコ分の実質的な肩代わりが含まれるとされる。 ただ、米国の「協力」がどのような形で行われるかは不透明だ。 米国は自由経済の旗頭として、OPECを「国際石油カルテル」、つまり談合して価格を吊り上げていると批判してきた歴史がある。 そのOPECと公然と手を組んで価格維持に当たるのは、いわば禁じ手。 実際に生産を規制するのは容易でないとされ、備蓄積み増しにより実質的に市場に出る石油を減らして減産と同じ効果を狙うという見方が出ている。 コロナショックに追い打ちをかける恐れも トランプ大統領を動かしたのは、国内石油産業の苦境への危機感だ。 4月1日に米シェール開発の中堅企業が経営破綻するなど、原油価格下落はトランプ大統領の支持基盤のエネルギー産業に深刻な打撃になっていた。 11月の大統領選をにらみ、なりふり構わず価格維持に走った。 サウジ、ロシアは国家財政を石油に頼るだけに、原油安はストレートに響く。 サウジの産油コストは1バレル2ドル程度とされるから、採算割れの心配は全くないが、現状の財政支出の水準を維持するために必要な原油価格は60~80ドルにも達するといわれる。 同様に、ロシアも政府予算の前提になる価格は42ドルといい、突っ張っては見たものの、シェアの奪い合いを避けて協調減産で価格を引き上げたいのが本音。 米国が協調の輪に加わったことで米国にシェアを奪われる懸念が後退したのは朗報だ。 ただ、この歴史的な合意も、市場の反応は鈍く、原油価格は合意前後も、一時的な上昇はあっても、20ドル近辺に低迷。 理由は言うまでもなく新型コロナウイルス。 IEAの4月15日の発表では、3月の世界需要は前年同月比1080万バレル減り、4月のマイナス幅は2900万バレル、5月は2580万バレルに膨らむ。 冒頭に述べた通り、保管スペースの問題から、とうとう4月20日、「マイナス」という史上初の珍事を引き起こした。 6月以降、徐々に持ち直すと予測しているが、足元で1000万バレル程度の減産では「需給を引き締めるのには力不足で、相場がにわかに反転する可能性は低い」(市場関係者)との見方が多い。 産油国の財政が悪化していけば、巨額のオイルマネーを引き上げざるを得なくなり、「世界の金融市場が不安定化し、コロナショックに追い打ちをかける恐れもある」(エコノミスト)との声もある。

次の

【2020年】逆オイルショックで株価暴落!原因・今後は?どうすべき?

オイル ショック 2020

マイナス価格という言葉に馴染みがないですが…マイナス価格というのは「 生産者が買い手に代金を払って引き取ってもらう状態になっていることを意味している」そうですが……普通に考えて「えっ?なんで?」ってなりますよね。 だって石油(産油国)と言えば、金持ちの証と言えるくらいお金を作り出すエネルギー資源であったのに、起きているのは逆の現象。 今起き来ていることは 石油の所有者(産油国)がお金を払うということです。 本当に不思議ですよね。 それにしても、なぜこんなことになっているのでしょうか……不可思議に思う人も多数おられるかと思いますが、これは武漢ウイルス騒動の果てに起きていることだそうです。 現在世界はどこもかしこも身動きが取れない状態に陥っているので、石油の利用が一気に減ったそうなのです。 そのため 貯蔵庫に石油が入りきらない事態が起きているため、お金を払ってでも良いから受け取ってほしいという状況になっているそうです。 だから、ドーンと価格が下落した上では飽き足らず、ついにマイナスという事態になってしまいました。 びっくりしちゃいますよね。 ただマイナスになったからと言っても買い手はそうそう現われないそうです。 moeruasia. html お金を払ってでもあげると言われているのに、買ったら爆死になるのが必須だそうです。 恐ろしいですよね。 1970年代に起きたオイルショックは、原油の高騰によって起きた経済混乱で、日本ではトイレットペーパーが無くなるなどの社会現象を生み出しました。 今度のオイルショックはまさに逆。 原油がマイナス価格になって起きる経済混乱です。 こんなことが目の前で起きるなんてね…本当に今歴史が動いているんだなと思います。 今までの考えを捨ててもらわないと乗り切れないですよね。 今までの経済システムではあり得なかったはずの事が毎日起きていて、本当にびっくりしますよね。 また今まで当たり前だったことの多くが「ダメなこと」に切り替わっていますよね。 たとえば、移動。 たとえば、娯楽。 たとえば、宴会。 たとえば、会議。 たとえば、出勤などなど。 そして当たり前のことができなくなって、経済の環境も当たり前が反転するようになっています。 もちろんこういう環境下になるということは誰しも想像していませんでした。 だから混乱するのは仕方ないとは言えますが、なぜか日本の官僚は「前例に倣って」やろうとする体制が崩せないらしいです。 ですが……前例にないことが起きているのに、前例に倣ってしまえば失敗して当然です。 ちょっと話は逸れますが……映画シンゴジラもそうでしたよね。 でもシンゴジラの場合は、各省庁から「ちょっと変わった人」が集められた結果、その人たちのアイディアで乗り切ることができました。 今回起きている経済の大異変は、前例に倣う官僚では対応できないと思うので、高橋洋一先生や上念さんのような「ちょっと変わった人」たちを一同に収集してことに当たってほしいなと思います。 そしたら、ピンチがチャンスになる気がするのですが…どうなるでしょうね。 安倍総理はなんやかんやで上念さんの訴えの通り動いているように見えますが、それだと遅いですよね。 もう敢えてリフレ派を大投入した方が良いんじゃないのかと思うのですが、どうなることでしょう。 そもそも日本の財政は省益にこだわり過ぎておかしなことが多かったので、この機会が日本を抜本的に変えるチャンスになったら良いなと、今も私は思ってます。 毎日ブログを楽しみにしています。 今回の逆石油ショックは原油の在庫でタンクがいっぱいになってると言うわけではなく、空のタンクが買い占められていると言う話があります。 私もこの何ヶ月かでタンクがいっぱいになるのは不自然だと考えているのでこんな説もあるんだなあと思っていただければ。 (流石にタンクの数を数えて容量を調べて今の在庫を調べて…の情熱がなく…噂レベルでのコメントになりすみません。 ) 誰かが作為的に買い占めていて、その先に引き起こしたい何かがあるのかもしれませんが。 (或いはもうはじまっている気もします。 ) 私達にできる毎日を丁寧に、できるだけたくさん感謝を持って過ごしたいと思います。 それから、ゆりさんが紹介されていた太平洋戦争の真実と日本人に謝りたいユダヤ人とても面白かったです。 何度も読み返して過ごしたいと思います。 不要な不安を煽る恐れがあると判断されましたらこのコメントは削除して下さい。 またブログ楽しみにしています。 こんにちは! こういう不安な時期って必ず陰謀めいた方向性から真逆の情報が出るものですが、私は一貫してそういう話はそもそも排除しているのですが、やっぱりこのお話しも情報がねじ曲げられていると思います。 空のタンクが買い占められているというよりも、今石油が余っていて高く売れないから、タンクの権利買い占めて、石油を入れて高くなったら売ろうとしている人は結構いるそうですが、空のタンクの状態で買い占められているわけではないと思います。 (マスクが市場から消えていたのと同じ原理で考えて頂くと良いと思います) 詳しくは藤井先生の動画で確認ください。 またこういう情報をきっかけに恐怖を煽る人は必ずでてくるものですが、日本はそこまで大きな影響を受けるわけではなさそうなので、過度に恐怖になることなく普通に生きていきましょう。 それではこれからも宜しくお願い致します。 最近のコメント• に takehisayuriko より• に takehisayuriko より• に ウサギ より• に べっくはむ より• に takehisayuriko より• に 後秋 より• に takehisayuriko より• に akane より• に takehisayuriko より• に こぱんだ より• に takehisayuriko より• に takehisayuriko より• に こぱんだ より• に 太田 より• に takehisayuriko より• に モナ より• に takehisayuriko より• に 太田 より• に takehisayuriko より• に 金太郎 より.

次の