担降り 中島。 私はSexyZoneのいじめにしか見えないいじりがツラくて担降りした...

嵐・JUMP・SexyZoneからKing&Princeへの担降りが相次イでいる模様

担降り 中島

甘いマスクと歌声でお茶の間を魅了した。 引用|WWS channel しかし、2019年11月にTwitter上で女性関係が暴露され、現在 「担降り」が増加しているようです。 キンプリ 担降り 増えてるんだー 私もそうですが この担降りの理由として、キンプリメンバーの 女性スキャンダルが囁かれています。 2019年11月19日に、会員制のラウンジで働く女性が岸優太さんの女性関係について「教育の仕方がうまい」とTwitterに投稿。 さらに、同一人物から神宮寺勇太さんについても「よくあってるオンナいるよ」と画像付きで投稿され、話題となりました。 また、投稿のハッシュタグには平野紫耀さんも頻繁に登場しており、投稿者が女性関係について匂わせているのは平野紫耀さんと岸優太さん、神宮寺勇太さんの3人となります。 ファンの間で拡散された遭遇情報とマッチするような写真がありますが、キンプリメンバーのプライベート写真はなく、信憑性は高いものではありません。 しかし 「わかる人にはわかる」と投稿されており、全くの事実無根ではないと感じる方が多いようです。 次世代のスター候補に上がるジャニーズの人気アイドルグループ・King&Peince(キンプリ)。 その人気は若手の中でもトップクラスで、今年の『NHK紅白歌合戦』で2年連続の出場を果たすなど、その勢いはとどまることを知らない。 そんな人気も実力も兼ね備え、テレビやツアーで大忙しのキンプリ。 だが、ファンの間で良からぬ情報が飛び交っており、SNS上では一般ファンからの目撃情報が多発しているという。 「キンプリメンバーの中でも岸雄太さんに関するウワサは、ファンのTwitterなどで多く上がっています。 もともとウワサの多い岸さんですが、この女性の具体的すぎる投稿に『しんどい……』『彼女いそうで泣きたい』など、ショックの声が続出中です」(芸能ライター) 目撃情報が絶えないキンプリの岸。 大忙しにもかかわらず頻繫にデートしているというウワサに、一部では「彼氏すぎる」「相手が羨ましい」とある意味好評のようだが、やはりファンのショックは大きいはず。 しかも、それは岸以外の他メンバーにも浮上しているのだから驚きだ。 つまり、この女性はキンプリメンバーの3人と関わりがあることを匂わせていることになります。 本人が写っていないため信憑性は高くありませんが、仮に事実であれば大問題ですよね。 そもそも火のない所に煙は立ちませんから、そのうち大きなスキャンダルが出てもおかしくないかも?」(同) 残りのメンバーである髙橋海人は昨年、「週刊文春」(文藝春秋)から元AKB48の大和田南那との交際が報じられ、永瀬廉も数々の「匂わせデート」がファンから指摘されている状況だ。 活動休止中の岩橋玄樹を除けば、これで全メンバーにオンナ関係の情報が上がったことになる。 ファンからすれば全てガセ情報であってほしいところだが果たして……。 引用|エンタMEGA.

次の

瀧野由美子は中島裕翔担だった?うちわの写真やツイート内容が流出! | SandoraNEWS

担降り 中島

「風磨くんが最後の担当だから。 風磨を降りる時はヲタ卒する時」 口癖のように言ってたこの言葉。 言葉の先にはまだ続きがある… 「だから、5周年10周年もお祝いするよ。 ずっとジャニヲタでいたいから、何があっても風磨の味方」 実際にそうなると思っていたし、そうしたいとも思っていた。 事実、今年でデビュー5周年。 あと数ヶ月でデビュー5周年。 2016年3月25日 私は九州の僻地から特急と新幹線を乗り継ぎ、名古屋にいた。 目的は【Welcome to 】の初日公演の為に。 このツアーの為に新しく作った団扇を持ち、公演が始まるのを待った。 はるばる片道5時間掛けて来たわけだし、それ相当の事がないと帰れない、と痛いヲタクだった私はコンサートの内容そっちのけで担当を追い続けた。 5人に戻ってから初めてのツアーともあって、会場は満員、チケットもそれなりのお値段になっていた記憶がする。 コンサートが進んでいくうちに、私は明らかにメンバーとファンの間に溝を感じていた。 今までのコンサートと何かが違う、はっきり言って申し訳ないけどこんなにも面白くないって思ったコンサートは2014年の神戸での3人コンサート以来かもしれない、と。 でもこれはきっと、1人参加だからだよ。 福岡は友達の中島担と入るからきっと楽しいはず、等と言い聞かせていたけど福岡でも変わらなかった。 ファンサの少なさ。 セクゾ担の皆が皆そうでないとは思いますが、ファンサ厨には物足りなさでいっぱいのコンサート。 コンサート中にふと私の頭の中に浮かんだ言葉 「方向性の違いによる担降り」 まるで離婚理由のような一文だけど、この言葉が頭に浮かんでは何度も消えて行った。 でもやっぱりそうは言っても、自担はカッコいいし、可愛い。 今回のソロ曲も私好み。 元々オンリー思考な為に、自担のソロだけは死ぬ気で盛り上がったし、盛り上げたつもり。 私は俗に言う【痛いヲタク】で脳内花畑だったので 自称 認知だと思っていた節がある。 そう思わせてくれた周囲にも自担にもその点は感謝の気持ちでいっぱいだ。 何故なら、 自称 認知というちょっとだけ周囲のヲタクの中から抜け出せたようなよく分からない優越感に浸れていたから。 会場や会場外で同担もしくは他担に「認知されてますよね!?」などと言われた時には天にも昇るような気分だったし、友達からも「あんたは覚えられてるから」等と言われる度に、勘違いに拍車が掛かり、本人に直接聞いたわけでもないのに勝手に「認知」だと思い込んでいた。 振り返るだけで醸し出される痛さ…。 でも幸せだった、そんなふうに思わせてくれたのはきっと後にも先も風磨だけだろうから。 まぁ、そんな 自称 認知にも名古屋初日にキチンと営業してくれ、終わりよければ全て良し! と、ルンルンな気分で名古屋を後にし1週間後の福岡へ。 この日は地元公演にはいつも一緒に入ってる中島担の友達と。 私がセクゾに誘ったのがきっかけで降りて来た元同担。 セクゾの前に担当していたグループでは同担だったのに、セクゾでは好みが真っ二つに別れてしまったあたりが面白い。 この日のチケットは中島担が当ててくれたセンステ周辺のアリーナ席。 私の中で言うと【Bud…】席 担当を近くで見れるだけで幸せ!と大盛り上がりな友達を横にこの日もソロ以外ノれずにただただ棒立ち。 タレントを見に行くのではなく、タレントに見てもらいたい、ともはや目的が本来のコンサートからズレている為、視界に入らないと私は途端に不機嫌な顔になっていたし、友達にもタレント側にも失礼だったな、と今にして思う。 この日も最後の方に営業され、ますます 自称 認知に拍車が掛かっていった。 多分これが終わりの始まりだった気がする。 福岡公演の数週間後にがあり、熊本から離れている自分の所も大きな揺れを感じ、GWに開催される城ホ公演への参加を迷った。 実を言うと、私の気持ちは震災をきっかけに離れて行ったんだと思う。 こっちでも大があるかもしれない、そんな事を毎日考えていくうちに、ジャニーズどころじゃなくなって行っていた。 気分転換にセクゾ代々木公演の時に東京には行ったが、どうしても入る気持ちにならず代々木公演は見送った。 「大阪どうしよう。 でも入らなければ後悔するかな」 厳選した座席。 忘れ去られたくなくて必死だった。 自称 認知の変なプライドを守る為にはそれ相当のお金が必要だった。 そろそろ限界、でも…そのループ。 私1人ぐらいいなくなっても困らない、そう頭では分かっていても意地になっていた。 自分の中での上限を超えた。 本当に頭がおかしかったと思う。 結果、営業はされなかった。 大阪は惨敗に終わり、負けず嫌いの私はこのまま降りるのは許されない、とまた意味の分からない闘争心を燃やしていた。 その反面、この変なプライドを捨てたかった。 そんな時、自担のドラマ出演が決まった。 嬉しい反面物凄く複雑だった。 今まで近い、と思っていた相手を急に遠く感じ始めた。 ドラマ出演=番宣でTVにたくさん出る、きっとファンが増える、今まで以上に頑張らないと…頑張らないと…でもその先に何があるって言うの? いくら頑張ったってタレントとヲタク以上の関係にはなれないし、その先にはきっと何もない。 そしてトドメをさすような、ソロコンの日程。 お盆期間という地方在住の遠征民にとっては飛行機代と宿泊費でオフシーズンに軽く海外に行けるんじゃないのか、と思うような金額。 ああ、来るなって事なのかな。 それに加え、 自称 認知のプライドもあり座席とチケット代の事を考えると目の前が真っ暗だった。 夜のお仕事に手を出そうか…と考えた。 でもそこまでする意味がこのコンサートにはあるんだろうか。 そう考えた瞬間、ドラマ発表以降から全て自担関連を断ち切っていた私はヲタ卒を決めた。 それが2016年5月31日 *もうヲタ卒してますが、分かりやすいように自担と表してます。 現在は菊池担ではありません。 fuuko7O4.

次の

私はSexyZoneのいじめにしか見えないいじりがツラくて担降りした...

担降り 中島

「担降りしました」というブログ、定期的に回ってくる。 へーすっげーなみんななんでそんなに簡単に担降りとかできるんだろー?嫌いになったの?アンチみたいになる人とかいるもんねーあっそれとも若い子が好きなの?とか、担降りしたことがないわたしはシンプルに疑問に思ってた。 ジャニオタに足を突っ込んだ10数年前、だけが好きで村上くんだけが好きだから、担降りをするなんて思わなかった。 SexyZoneデビュー前にけんとりんを好きになった時も、数年前にカケモ宣言をした時も、まさか自分が担降りするとは思ってなかった。 それは、「担当」「担降り」という言葉がわたしの中でものすごく重たいものだったから。 「担当」とは、ただ一人の人を愛するということの決意表明で。 だから「担降り」というのはそのを「これからは愛さない」という決断のことだと思ってました。 だから、いくらカケモであっても村上くんを裏切ってけんとりんだけを愛する世界はわたしにはありえない、村上くんを、を降りる時はジャニオタを終わりにする時だと、そうずっと思ってました。 でもそれは、間違った「担降り」観だったんだなぁ…。 このブログは、自分が思い描いていた「担降り」と実際の担降りとの違い、わたしが体験した「担降り」の瞬間の詳細な記録です。 SexyZone 2017STAGEツアー、SexyZoneを好きになってから今まで何度も妄想した、夢のような世界が広がっていて、随所に挟まれる謎タイムwはちょっと笑っちゃうけど、それ込みでも本当に素晴らしい内容で、何度も何度でも見たい、今すぐまた見たいと思うほど良かった。 マジで今回のコンサート構成や演出をメインで担当した天才。 こんなにすごいコンサートは今まで体験したことがなくて、それは本当に衝撃で、こんなに良いものがあるなら、こんなふうに夢が叶う場所があるなら、そこにわたしは身を投じた方がいいのではないかと、コンサートを見ながら感じた。 本当に天才。 ここからはネタバレを含んでいるので、避けたい方は読まないでください。 公演後に読んで。 ちなみにわたしはネタバレ大歓迎だしなんなら名古屋公演3回見たけど3回目のほうが楽しめてた気すらする。 本編最後から2曲目の「with you」〜本編最後「STAGE」〜アンコール「SexyZone」の流れ。 with youより 「君が今かかえる キズや痛みを 忘れるほどの旅にしよう さぁ! ぎゅっと 手をにぎった 見つけたんだ 小さな光 未来へ with you with you この手はもう 離したりしない 臆病だった僕が こんなにも強くなる 僕が必ず 君を守るよ もう泣かないで… 僕に教えて… 本当の笑顔 僕がきっと 取り戻してみせるから 見つけたんだ 小さな光 未来へ with you with you この手はもう 離したりしない 臆病だった僕が こんなにも強くなる 僕が必ず 君を守るよ」 「with youは担降りソング」 と言い残していろんなところに降りていった人たちをたくさん見てきた。 「小さな自担を見つけたわたしが、これから守ってあげるから一緒に未来へ行こうと誘う歌」という意味で担降りソングだと思ってた。 よくできた歌だなぁと。 デビュー前から歌ってるこの曲を、今5人で当時と同じ振り付けで歌っている姿を見ながら、今という未来は悪夢のようなセクシーサーン期だった数年前には想像できない未来だったなぁ、あの頃は本当に辛かったなぁと思い出してた。 そしたら突然「君が今かかえるキズや痛みを忘れるほどの旅にしよう」と聞こえてきた。 ハッとしてステージをちゃんと見たら、まさに今わたしが抱えてた心の痛みを、忘れさせてくれると、そう歌いながら手を差し伸べてくれている5人がいた。 「見つけた小さな光」は、彼ら自身のことじゃなくて、わたしが今この手に持ってるペンライトのことで、 臆病な子供だった彼らはこんなに強く大きくなって、 畳み掛けるように「必ず君を守る」と「この手はもう離したりしない」と「もう泣かないで」と「本当の笑顔」「取り戻してみせる」と、 だから安心してこの手を繋ぎ、一緒に旅立とうと、 そう未来への約束を歌ってくれているんだと、思い当たった時の衝撃…! そうかこれが担降りソング…! 「with youは担降りソング…」とダイイングメッセージを残して降りていかれた諸先輩方は、これに気づいて降りていったのか!っていう気持ちになりました。 いや本当に衝撃で、が落ちた。 これが担降りの瞬間か…! with youで泣きながら「降りる…降りるわ…!」って言ってた。 with youの後、一人一人の挨拶があったんだけど、けんとりんが力強く「Sexy時代を絶対に作る」って言ってて。 ああこの人本気だ、本気で全力でファン全員に約束してくれてるって思って。 絶対に間違いない。 絶対裏切らない。 全面的に信用できる。 そう思ったのは、2005年7月末、のコンサートを見た時以来のことでした…。 それから本編最後の曲、STAGE。 「その棘が刺さろうとも歩いていくあなたとこの未知を」と「赤い薔薇に誓う」のは、彼らじゃなくて我々ファンの方だった。 エッ! そっちかー!!!デビューの時持ってた、SexyZoneの象徴とも言える赤い薔薇に誓いを立てて歩き出そうとしてるのは彼らじゃなかった!ファンの方だ!!彼らと一緒に歩いていくと、我々は赤い薔薇に誓わされた!!! そこまで計算されてたとは。 マジで天才。 すごすぎない?コンサート入った人は全員誓わされるんだよ??? 赤い薔薇に誓いを立てるってもはや入信だよ????????マジで宗教すぎる…赤い薔薇のSexy教…。 ヤバイ。 そして、アンコール1曲目、初めてのコンサートの映像、当時の自分に呼び込まれて、デビュー時と同じ衣装、同じ赤い薔薇を持って登場。 デビュー時と同じ演出、振り付けでデビュー曲を歌う、何倍も大きくなった彼ら。 さっき誓わされた赤い薔薇持ってるーーーーーー!!!!!!そうそれ!それに誓ったのさっきわたし!!!!誓っちゃったから!!一緒に時代作ろうねSexyZone!!!!!!!!!!!!!降りるわ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! っていう一連の流れ、天才すぎない? ということで、わたしが担降りの決心をした瞬間はこんな感じでした。 衝動的に「担降りする!!!!!!!!!!!!」となって、コンサート終わってから「降りるわ!!!!!!!!!!!」って周りに宣言して、迎えた「担」という新境地。 つい数時間前のカケモ時代までと何が違うかというと、 「あっわたし担だから、にとやかく言う資格がない」 という気持ちになったことでした。 のことが好きすぎて、なんでCDがわたしの望むよりもたくさん売れないのか、なんで村上くんは世界一かっこいいのにお笑い役ばかりやらされるのか、コンサートのセトリが世界観作ってはぶっ壊すみたいな感じなのはなんでか、いつも悶々と考えてました。 が好きすぎて。 村上くんが好きすぎて。 のCDはもっともっと売れて欲しいし、村上くんには月9のカッコよく振られる脇役やってほしいし、コンサートは非の打ち所がない考えうる限りサイコーのステージにしてほしいし、日テレの悪意は死んでほしいし、クロニクルは全国放送になってほしいし、関ジャムはこれからも永久に続いてほしいし、なんなら関パニ復活してほしいし、コンサートDVDにはおたくの映像いらないし、マルチアングルはダンス曲をちゃんと一人一人全画面で見れるようにしてほしいし、ヤスくんの曲やどっくんの曲をシングルとして売ってほしいし、すばるソロボーカルのバンド曲もリリースしてみてほしいし、村上くんの前髪は重めがいいし、すばるから永久にバリカンを取り上げてほしいし、横山さんは黒髪もいいけど金髪にもしてほしいし、マルマルはなるべくなら大事な局面ではふざけないでほしいし、やすくんはもっとのために曲作りまくってほしいし、どっくんはいつまでもかわいいりょーちゃんでいてほしいし、大倉は二度とググらないといけないような女と噂になってほしくない。 まだあるけどもうやめとくね。 そういうこと、全部言う資格がなくなったんだなって思いました。 だって担当じゃないもん。 っていうか、からは与えられたものを全力で楽しもう!とそんなふうに穏やかな気持ちに心が決まりました。 いや、本来ならこれがファンとしての正しいあり方なんじゃないのかなとすら。 わたしに訪れた「担降り」は、村上くんを、を愛さないという決断ではなくて、村上くんやを愛する気持ちは変わらず、ただ村上くんやに対する責任がなくなって、気軽にただが、村上くんが好きと言えるようになれるものでした。 SexyZoneの創世記は今始まったばかり。 STAGEツアーは、今のSexyZoneを見ないと一生後悔する、そんなツアーです。 SexyZoneをまだ見たことがない方、大丈夫。 今ならまだ間に合う。 でも今を逃すと永久に彼らの物語の始まりは見られない。 だから今、見てほしい。 一緒に赤い薔薇に誓って物語を始めましょう!! どうか、暗黒のセクシーサーン期に手を離してしまったたくさんの方、もう一度戻ってきてほしい。 彼らもそう心から願っています。 お願いだから、一度でいいから今のSexyZoneを見て。 そしてもう二度と手を離さないと、一緒に赤い薔薇に誓いましょうよ!! SexyZoneはこれからどんどん大きくなる、そんな確信が持てるツアーになっています。 今回のツアーならチケットはなんとか手に入るはずなので、ぜひ気軽に!赤い薔薇に誓っちゃってください!!!!!! muramuramurako.

次の