ランカイ キャスト。 中国(華流)ドラマ【瓔珞(エイラク)】相関図とキャスト情報

キングダム実写映画化のキャストと原作を比較してみた【続編の予想アリ】

ランカイ キャスト

映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』キャスト一覧 『コンフィデンスマンJP ロマンス編』キャスト ダー子 演・長澤まさみ 天才的な頭脳と、集中力で難解な専門知識も短時間でマスターできる能力を持っており、様々な職業の人間になりきれる。 しかし、色気を必要とするハニートラップのようなものは苦手とする。 常に金儲けを優先させる傾向にあるが、悪事に手を染めている相手を厚生させるような行動をみせることもある。 無鉄砲で天然な性格のせいで、良い加減なツメの甘さもある。 ボクちゃん 演・東出昌大 電信柱のようにノッポな男。 ダー子やリチャードに振り回され計画の全貌を教えてもらえないことが多い。 ビビりでお人好しな為、ターゲットに騙されてしまうことも多々ある。 真っ当に行きようと2人から離れるも、ダー子の罠でいつのまにか戻ってきてしまう。 リチャード 演・小日向文世 超一流の変装技術を持ち、潜入捜査を得意とする。 品が良く紳士的な物腰から、ダー子とも気が合う。 計画の経費や報酬などを計算する経理的な役割も担っている。 五十嵐 演・小手伸也 神出鬼没の腕利きの詐欺師。 元々は、一般市民や弱者を騙す本物の悪徳詐欺師だったが、ダーこと出会い心陶したことで、改心する。 ダー子のアジトに勝手に入り込んでくるため、実質的な4人目の仲間。 モナコ 演・織田梨沙 ダー子の一番弟子の子猫として奔走する本作で初めて登場する新キャラクター。 五十嵐と同じくダー子に翻弄される。 演じる滝川英次さんは、「下町ロケット」赤ペンさん。 ラン・リウ 演・竹内結子 世界最高のダイヤを保有する香港マフィアの女帝。 元夫コウ・カイトウを今も想っている。 ジェシー 演・三浦春馬 ダー子に立ちふさがる天才恋愛詐欺師で、ダー子と恋仲であった人物。 ラン・リウのダイヤを狙っている。 どんな女も絶対におとす究極の二枚目。 赤星栄介 演・江口洋介 日本のゴッドファーザーと呼ばれるマフィアのボスで、公益財団「あかぼし」の会長。 ダー子たちに奪われた20億円の件で復讐に燃えている。 矢島理花 演・佐津川愛美 ドラマ版7話で登場。 10億円の資産を持つ与論要造の子どもだが、幼い頃に、要造の妻や兄姉からひどい苛めを受け家出した女性。 与論祐弥(キンタ) 演・岡田義徳 理花の兄姉である祐弥になりすまし、要蔵の資産を狙っていたペテン師。 与論弥栄(ギンコ) 演・桜井ユキ 理花の兄姉である弥栄になりすましていたキンタの相棒。 ホー・ナムシェン 演・生瀬勝久 悪徳芸能プロモーター。 高松千鶴 演・山口紗弥加 ダー子の子猫ちゃん。 桂公彦 演・小池徹平 IT会社の若社長。 弱小スポーツチームを買収しては傍若無人な態度でチームを崩壊させていた。 ダー子によって改心した。 半原敦 演・和田聰宏 ドラマ版にも登場。 バスケットボール元日本代表だったがホームレス同様の生活をしていた。 その後、ダー子により作られた架空のバスケチーム『熱海チーターズ』に加入。 宝石研磨職人 演・小栗旬 偽宝石職人。 最後の方にチョロッと出演し小栗旬のムダ遣いと話題に。 城ヶ崎善三 演・石黒賢 美術品に嘘の鑑定をし安く買い取る悪徳美術商。 ダー子の計画により金、地位、名声すべてを失った。 『コンフィデンスマンJP ロマンス編』伏線&ネタバレ 映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』のキャストが分かったところで、ここからは細かい伏線をご紹介いたします。 ネタバレも含みますので、ご注意下さい。 コウ・カイトウと出国しようと、空港にやってきたラン・リウでしたが、コウ・カイトウは現れませんでした。 約束をすっぽかされ、1人空港をあとにするリウでしたが、そこにジェシーが現れたので、寂しさからその胸に飛びこもうとします。 そこにダー子が現れ、ジェシーに発砲し病院へ搬送されました。 (これはフェイクでジェシーは怪我はしていません。 ) 命がけで自分を守ってくれたジェシーに惚れてしまったラン・リウは、看病をするため一夜を共に。 しかし、朝目を覚ますとジェシーはいなくなり、ダイヤも盗まれていたのです。 おまけに、 ジェシーはダー子を裏切り、赤星(江口洋介)にダー子を売ってしまうのでした。 ダー子たちが、 本当に釣りあげたかった お魚は、ジェシーと赤星だったのです。 スタアはジェシーでなく、ラン・リウという驚愕の事実が判明。 伏線はこれだけで終わりません。 そして、まさかまさか… コウ・カイトウに扮していたのは変装を得意とするリチャード(小日向文世)。 リチャードが化けたコウ・カイトウが、ラン・リウと飛行機に乗ろうしていましたが、赤星とリチャードは30億円を支払い飛行機に乗らないように取引をしていました。 ダイヤは数百億はくだらない品なので、30億円なんて痛くも痒くもないと考えていたのでしょう。 ということで、ダー子たちは、またもや赤星から30億円もの大金を奪うことに成功したのです。 最後のどんでん返しが鮮やかでした。 DVDを130インチプロジェクターで観賞。 — degibo degibo 物語の終盤、眼帯をつけて掃除をしているおばちゃんの姿が映し出されますが、その女性こそ本物のラン・リウでした。 右目の眼帯の下には、あの世界最高のダイヤが隠されていました。 ダー子たちが香港にきて、小籠包を食べていた店で働いていたラン・リウは、ダー子たちの話を聞いていたのかも?!しれません。 『コンフィデンスマンJP』の時系列 『コンフィデンスマン』は、これまでドラマ1本、スペシャルドラマ1本、映画2本(プリンセス編は7月公開予定)が制作されています。 本作でもそうですが、ドラマで登場していた人物が映画にも多く登場しているので、予習してみると、もっと『コンフィデンスマンJP』の世界が楽しめますよ。 登録方法は初めての方でも、とっても簡単です。 以下の記事に登録手順をまとめてみましたのでご覧ください。 関連記事:• , ,• コメント:•

次の

ソン・ランの響き : 作品情報

ランカイ キャスト

映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』キャスト一覧 『コンフィデンスマンJP ロマンス編』キャスト ダー子 演・長澤まさみ 天才的な頭脳と、集中力で難解な専門知識も短時間でマスターできる能力を持っており、様々な職業の人間になりきれる。 しかし、色気を必要とするハニートラップのようなものは苦手とする。 常に金儲けを優先させる傾向にあるが、悪事に手を染めている相手を厚生させるような行動をみせることもある。 無鉄砲で天然な性格のせいで、良い加減なツメの甘さもある。 ボクちゃん 演・東出昌大 電信柱のようにノッポな男。 ダー子やリチャードに振り回され計画の全貌を教えてもらえないことが多い。 ビビりでお人好しな為、ターゲットに騙されてしまうことも多々ある。 真っ当に行きようと2人から離れるも、ダー子の罠でいつのまにか戻ってきてしまう。 リチャード 演・小日向文世 超一流の変装技術を持ち、潜入捜査を得意とする。 品が良く紳士的な物腰から、ダー子とも気が合う。 計画の経費や報酬などを計算する経理的な役割も担っている。 五十嵐 演・小手伸也 神出鬼没の腕利きの詐欺師。 元々は、一般市民や弱者を騙す本物の悪徳詐欺師だったが、ダーこと出会い心陶したことで、改心する。 ダー子のアジトに勝手に入り込んでくるため、実質的な4人目の仲間。 モナコ 演・織田梨沙 ダー子の一番弟子の子猫として奔走する本作で初めて登場する新キャラクター。 五十嵐と同じくダー子に翻弄される。 演じる滝川英次さんは、「下町ロケット」赤ペンさん。 ラン・リウ 演・竹内結子 世界最高のダイヤを保有する香港マフィアの女帝。 元夫コウ・カイトウを今も想っている。 ジェシー 演・三浦春馬 ダー子に立ちふさがる天才恋愛詐欺師で、ダー子と恋仲であった人物。 ラン・リウのダイヤを狙っている。 どんな女も絶対におとす究極の二枚目。 赤星栄介 演・江口洋介 日本のゴッドファーザーと呼ばれるマフィアのボスで、公益財団「あかぼし」の会長。 ダー子たちに奪われた20億円の件で復讐に燃えている。 矢島理花 演・佐津川愛美 ドラマ版7話で登場。 10億円の資産を持つ与論要造の子どもだが、幼い頃に、要造の妻や兄姉からひどい苛めを受け家出した女性。 与論祐弥(キンタ) 演・岡田義徳 理花の兄姉である祐弥になりすまし、要蔵の資産を狙っていたペテン師。 与論弥栄(ギンコ) 演・桜井ユキ 理花の兄姉である弥栄になりすましていたキンタの相棒。 ホー・ナムシェン 演・生瀬勝久 悪徳芸能プロモーター。 高松千鶴 演・山口紗弥加 ダー子の子猫ちゃん。 桂公彦 演・小池徹平 IT会社の若社長。 弱小スポーツチームを買収しては傍若無人な態度でチームを崩壊させていた。 ダー子によって改心した。 半原敦 演・和田聰宏 ドラマ版にも登場。 バスケットボール元日本代表だったがホームレス同様の生活をしていた。 その後、ダー子により作られた架空のバスケチーム『熱海チーターズ』に加入。 宝石研磨職人 演・小栗旬 偽宝石職人。 最後の方にチョロッと出演し小栗旬のムダ遣いと話題に。 城ヶ崎善三 演・石黒賢 美術品に嘘の鑑定をし安く買い取る悪徳美術商。 ダー子の計画により金、地位、名声すべてを失った。 『コンフィデンスマンJP ロマンス編』伏線&ネタバレ 映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』のキャストが分かったところで、ここからは細かい伏線をご紹介いたします。 ネタバレも含みますので、ご注意下さい。 コウ・カイトウと出国しようと、空港にやってきたラン・リウでしたが、コウ・カイトウは現れませんでした。 約束をすっぽかされ、1人空港をあとにするリウでしたが、そこにジェシーが現れたので、寂しさからその胸に飛びこもうとします。 そこにダー子が現れ、ジェシーに発砲し病院へ搬送されました。 (これはフェイクでジェシーは怪我はしていません。 ) 命がけで自分を守ってくれたジェシーに惚れてしまったラン・リウは、看病をするため一夜を共に。 しかし、朝目を覚ますとジェシーはいなくなり、ダイヤも盗まれていたのです。 おまけに、 ジェシーはダー子を裏切り、赤星(江口洋介)にダー子を売ってしまうのでした。 ダー子たちが、 本当に釣りあげたかった お魚は、ジェシーと赤星だったのです。 スタアはジェシーでなく、ラン・リウという驚愕の事実が判明。 伏線はこれだけで終わりません。 そして、まさかまさか… コウ・カイトウに扮していたのは変装を得意とするリチャード(小日向文世)。 リチャードが化けたコウ・カイトウが、ラン・リウと飛行機に乗ろうしていましたが、赤星とリチャードは30億円を支払い飛行機に乗らないように取引をしていました。 ダイヤは数百億はくだらない品なので、30億円なんて痛くも痒くもないと考えていたのでしょう。 ということで、ダー子たちは、またもや赤星から30億円もの大金を奪うことに成功したのです。 最後のどんでん返しが鮮やかでした。 DVDを130インチプロジェクターで観賞。 — degibo degibo 物語の終盤、眼帯をつけて掃除をしているおばちゃんの姿が映し出されますが、その女性こそ本物のラン・リウでした。 右目の眼帯の下には、あの世界最高のダイヤが隠されていました。 ダー子たちが香港にきて、小籠包を食べていた店で働いていたラン・リウは、ダー子たちの話を聞いていたのかも?!しれません。 『コンフィデンスマンJP』の時系列 『コンフィデンスマン』は、これまでドラマ1本、スペシャルドラマ1本、映画2本(プリンセス編は7月公開予定)が制作されています。 本作でもそうですが、ドラマで登場していた人物が映画にも多く登場しているので、予習してみると、もっと『コンフィデンスマンJP』の世界が楽しめますよ。 登録方法は初めての方でも、とっても簡単です。 以下の記事に登録手順をまとめてみましたのでご覧ください。 関連記事:• , ,• コメント:•

次の

『コンフィデンスマンJP ロマンス編(映画)』キャスト一覧と伏線ネタバレ

ランカイ キャスト

CONTENTS• 映画『ソン・ランの響き』について (C)STUDIO68 ベトナムの伝統芸能・カイルオンを主題に、孤独なふたりの刹那的な出会いを描き、世界中の映画祭で話題を呼んだ本作。 出会うはずの無かったふたりの魂が触れ合う運命の3日間を映し出したボーイ・ミーツ・ボーイの物語です。 ユン役の リエン・ビン・ファットは本作がデビュー作ながら粗暴な中に繊細さを隠し持つ孤独な男を演じきり、見事第31回東京国際映画祭にてジェムストーン賞 新人俳優賞 を受賞。 リン・フン役の アイザックは、元ベトナムのアイドルグループ365dabandのメンバー。 本作では伝統歌劇の花形役者を艶やかな歌と踊りで見事に演じ、その 中性的な魅力を余すところなく発揮しています。 (C)STUDIO68 監督のレオン・レは少年期に家族とともに米国に渡りその後ベトナムへ帰国。 本作で 長編監督デビューを果たし、ベトナム映画協会最優秀作品賞、サンディエゴ・アジアン映画祭観客賞をはじめ、国内外で37もの賞を受賞しました。 また、ハリウッドで女優として成功する傍ら、起業家としても活躍するゴ・タイン・バンがプロデューサーを務めています。 カイルオンとは? (C)STUDIO68 カイルオンとは、20世紀初頭のベトナム南部で誕生し、1930年代のフランス植民地下、中産階級の劇場で花開いたベトナム南部の大衆歌舞劇の一つであり、いわばベトナム版オペラです。 特に60年代のベトナム南部で人気がありました。 ベトナムの民謡、古典音楽、現代演劇の集約です。 映画『ソン・ランの響き』のポスタービジュアル (C)STUDIO68 解禁された ポスタービジュアルには、ベトナム情緒溢れる部屋の窓辺で肩を寄せ合う二人の姿が。 孤独な二人のひとときの安らぎを感じさせながらも、どこか物悲しさを伺わせる仕上がりとなっています。 楽器を演奏するユンを見つめるリン・フンや、共に屋上で夜空を見上げる姿など、 二人の微妙な距離感が切り取られた場面写真も解禁となりました。 さらに特報予告編も同時公開。 運命的に出会った二人が互いの孤独を埋めるように徐々に距離を縮めてゆく様子が哀愁漂う音楽に乗せて綴られ、 二人の美しくも悲しい物語を予感させます。 映画『ソン・ランの響き』の作品情報 (C)STUDIO68 【日本公開】 2020年(ベトナム映画) 【原題】 The Tap Box[Song Lang] 【監督】 レオン・レ 【キャスト】 リエン・ビン・ファット、アイザック、スアン・ヒエップ 映画『ソン・ランの響き』のあらすじ (C)STUDIO68 80年代のサイゴン 現・ホーチミン市。 借金の取り立て屋ユンは、ベトナムの伝統歌舞劇の花形役者リン・フンと運命的な出会いを果たします。 初めは反発し合っていたふたりでしたが、停電の夜にリン・フンがユンの家に泊まったことをきっかけに心を通わせていくように。 実はユンはかつてには欠かせない民族楽器の奏者を志した事があり、楽器を大切に持っていたのです。 一見対照的ですが共に悲しい過去を持つふたりは、孤独を埋めるように響き合い、結ばれます。 やがてこれまで感じたことの無い気持ちを抱き始めたふたりは、翌日の再会を約束し別れました。 しかし、ユンが過去に犯したある出来事をきっかけに、ふたりの物語は悲劇的な結末へと突き進んでいき…。

次の