片目 失明 障害 者 手帳。 片目失明で障害者認定を受けれるか?

視覚障害者が受けられるサービスについて

片目 失明 障害 者 手帳

厚労省の視覚障害の認定基準に関する検討会を傍聴して、視覚障害の見え方の実感を、会に参加していた人たちがどれだけ理解できているのかという懸念は、片目失明の会の参考人の意見陳述時にも感じました。 第1回検討会に提出された日本眼科学会と日本眼科医会の合同委員会からの報告書に、「片眼失明者の障害認定基準の見直し」は必要ないと記載されていることに対して、参考人は疑問を投じました。 とくに、WHOの基準で片目0.6以上はほぼ正常としている点の根拠は何かという点と、片目では遠近感がつかみにくいが次第につかめるようになるといっているが、根拠となるものはあるのかという2つは重要な問題提起です。 不思議にも、上記の合同委員会の委員であった眼科医のうち、5人が本検討会の構成員にもなっているのに、彼らからは参考人の疑問について何ら説明も、反論もありませんでしたので、代わりに私が回答を試みましょう。 ある人が、右目小数視力0.63(日本で用いられる小数視力に換算したため、小数点以下2桁になっています)、左0だったとします。 片目の失明ですが、日本基準では視覚障害となりません。 世界眼科学会で、世界標準にしようと推奨されている機能的視覚スコア(FVS)から視力スコアの計算をしてみましょう。 0.63は視力スコアで90点になり、0は0点です。 視力スコアの計算は両眼60%、左右それぞれ20%を加える方法なので、この人の機能性視力スコアは72点です。 これをWHOの国際統計範囲に照らしますと、ロービジョン(低視力)に含まれることになります。 次に、片目失明者の見え方についてです。 私が、片目の不自由さを実感してもらうのによく例に出すのは、片目に眼帯をして階段を駆け下りてごらんなさい、必ず転んでけがをしますよ、ビールを不透明のグラスに注いでごらんなさい、たいてい失敗しますよという話です。 つまり、両目が働くからこそ左右の視差の違い(左右眼は違う角度で対象物を見るために生ずる差)を脳が計算して、距離感や立体感を認知できるのです。 これが両眼視機能です。 奥行きの手がかりには、ほかにも対象物の相対的大きさ、像の重なり、陰影、コントラストなどいくつかありますが、両眼視機能は微細な視差を反映させますので精密かつ正確です。 また、片目を遮閉して片目でみると、両目で見る状態に比べて瞳孔径が大きくなるため、結果として近視化や視力値の低下が生じることもわかっています。 さらに、両眼視していた人が単眼視になると、読み書きの持続力は低下し、短時間作業で眼精疲労の多様な症状が出現してくることは臨床上でもよく経験します。 なぜ5人いる眼科医構成員から、疑問への回答がなかったのか不思議です。 まさか、的確な説明ができる人がいなかったというわけではないと思います。 私も数年前、視覚に関する障害年金の専門家会合の委員をしたことがあります。 確かに視覚障害の団体やメディアの方々が傍聴している公開の場で発言することは、少々勇気が要りますし、知識が不正確だったらまずいと発言を控えることもあることは理解できます。 しかし、発言がないことは、問題を無視したことになりはしないか、非眼科医の関係者は理解する機会を永遠に失うのではないかと案じるのは、私の思い過ごしなのでしょうか。 (若倉雅登 井上眼科病院名誉院長)•

次の

緑内障の障害者手帳は新しい未来へのパスポート

片目 失明 障害 者 手帳

>片目失明より両目失明の方が就職では有利ですよね? 両目失明ではほぼ仕事ができないので就職には圧倒的に不利です。 どういう認識をしているのでしょうか…。 >身障者手帳が降りるか降りないかで、社会的支援も違いますよね? 当然です。 身体障害者手帳が交付されないということは障害者として認定されていないということなので社会的支援はほぼ受けられません。 >指が一本ない人は申請できるのに、 片目が見えなくても片方が見えれば申請できません。 指1本ないだけでは障害と認められませんよ(親指除く)。 指の欠損については親指と他の指では扱いが違います。 片手の親指欠損であれば5級ですが、人差し指・中指、人差し指・薬指、人差し指・小指の組み合わせでの2本の欠損では6級です。 さらに言えば親指と人差し指が無事なら中指・薬指・小指の3本欠損でも7級です。 これは親指が一番重要で、次に人差し指が重要視されており、親指と人差し指の2本あれば物をつまむわ字を書くなどの動作が比較的行いやすいからです。 目や耳についても片方見えない、聞こえないというのは不便なことも確かにありますが、物は見えるし聞こえている。 日常生活において大きな影響を及ぼすことがほとんどないことから両目・両耳の場合と片目・片耳の場合とではまったく障害の程度が異なります。 機能損失によってどの程度の不便が生じるかによって障害の程度は決められていますので何もおかしいことはありません。

次の

緑内障の障害者手帳は新しい未来へのパスポート

片目 失明 障害 者 手帳

眼の障害の障害認定基準 1級・・・両目の視力の和が0. 04以下 2級・・・両目の視力の和が0. 05以上0. 08以下 3級・・・両目の視力の和が0. 1以下に減じたもの 障害手当金・・・両目の視力が、0. 6以下に減じたもの 一眼の視力が、0. 1以下に減じたもの 国民年金・厚生年金障害認定基準 片目を失明してしまった場合には「一眼の視力が0. 1以下に減じたもの」に該当するため、障害手当金に該当するか症状が固定していない場合(治っていない場合)には障害厚生年金3級に認定される可能性があります。 一方でその後経過観察を行い症状が固定に達したと判断された場合は3級14号に該当しないものとされます(年金の停止)。 障害手当金の受給 症状が固定している場合は障害手当金 片目を失明してしまった場合で「症状が固定していない場合」には3級14号に該当し障害厚生年金3級(初診日に厚生年金に加入していた場合)の支給対象になります。 一方で「症状が固定している(治療の効果が期待できない状態)場合」は障害手当金の対象となります。 障害手当金に似た制度に傷病手当金がありますが傷病手当金は労務不能となった場合に健康保険から標準報酬額の3分の2の額が支給される制度で厚生年金から支給される障害手当金とは異なります。 障害手当金の受給要件 厚生年金に加入中に初診日があり、初診日から 5年以内に障害が治った(症状固定)場合で、治った日から 5年以内に請求しなければなりません。 請求方法は通常の障害年金の請求と同じで、厚生年金、国民年金、共済年金の受給権がある場合や労災保険の給付を受けることができる場合は障害手当金を受給することができません。 また障害手当金の受給にも通常の障害年金の請求と同様に保険料の納付要件があり、初診日のある月の前々月までの被保険者期間の 3分の2以上の保険料を支払っているか、直近の 1年間すべての保険料を納付している必要があります。 また厚生労働省によれば、障害手当金を受給した後に症状が悪化した場合には障害年金の手続きを行うことができるとのことです。 障害手当金の金額は最低保障額として約 115万円(障害厚生年金3級の最低補償額の2年分)を一時に受給することができます(一時金)。 【関連記事】•

次の