この apple id は まだ app store で 使用 され た こと が ありません。 Apple ID 作ったのに、入れない…

iPhoneに Appleから身に覚えのない課金の請求がきました。これは詐欺に近い...

この apple id は まだ app store で 使用 され た こと が ありません

自分が買うつもりでスペックを見立てた MacBook Pro(13 インチ・タッチバー付)の購入計画を身内に取られた(?)ので、自分自身の Mac 購入計画は一旦流れた形になったが、その身内が元々使っていた MacBook(初代 2015 年モデル)をもらってひとまず使ってみることにした。 メイン機として使う場合は、Android やゆくゆくは iOS アプリのプログラミングに使うつもりなので、処理能力的にはすぐに不満になってしかるべきスペックの iMac または MabBook Pro を購入する可能性はあるが、今はひとまず一通り使ってみて、様々な使い勝手を知り尽す目的でこの MacBook を使うことにした。 まあ、元来 Linux ユーザーである身からすれば、macOS というのはエキスパートユーザーであっても、非エンジニア(プログラマー)人種、せいぜいシステムアドミニストレーター系の人種(ジーニアスバーとかサポートの人たちもこれに含まれるだろう)にとっての進化の最先端にある OS であって、Windows との比較で圧倒的な価値を持つものの、Linux のような、ユーザー層とエンジニア層の重なる度合いが高い世界とはベクトルが異次元であり、比較にならない。 Linux ユーザーにとって、自分で OS をインストールすることのようなシスアド業務は、まず最初のスタートラインに過ぎないわけである。 ちょいちょいとネットで情報を収集して、譲り受けた MacBook をおもむろにフォーマットして初期化し、OS の再インストールを行った。 何一つ難しいことはなく、ほとんど勝手にインストールは終った。 Apple 製品の主たるユーザー層に何を求めるというのだ? OS の再インストールで、OS のバージョンは古い、El Capitan あたりに戻ってしまうので、App Store から最近出たばかりの High Sierra をダウンロードして、アップデートしようとした。 ここで問題が発生した。 Apple ID によるサインインができないのである。 もちろん、パスワードを紛失したとかの、素人レベルのミスではない。 「この Apple ID は、App Store で使用されたことがありません」というエラー表示が出て、サインインを拒まれるのである。 ネット情報によると、クレジットカード情報を登録すればいいとか、iTunes アプリでサインインするといいなどといった情報が引っ掛かったのだが、すべて試したものの、依然として事態は打開できない。 まず、iTunes アプリでも、iBook アプリでも、App Store アプリと同じで「この Apple ID は、iTunes で使用されたことがありません」というエラー表示が出て同じ状態に陥る。 Windows に iTunes アプリをインストールしても同じである。 そもそもクレジットカード情報はウェブの Apple ID アカウントで入力して登録済。 しかし、敢えてエラー表示からアカウントのレビュー表示へと進んで、改めて登録内容を入力し直そうとするが、クレジットカード情報を更新する画面で更新内容を確定できず、内容の説明なしに赤い文字で www. apple. これはもう、こちらのやり方が間違っているという次元の話ではなくて(そういう低次元の問題であれば、ウェブの情報と自分で試行錯誤すればどうにかできる)、Apple ID アカウントに関する Apple 側の管轄する問題であると判断し、サポートに電話した。 全体で連続 2 時間ほど要したが、あちこちの部署をリレーされ、最終的に、iTunes 担当のサポートの方で、アカウントのロックを解除。 詳細は教えてくれなかったが、何らかのロックがかかっていたようだ。 自分は、iPhone を所有したことがなく、今回、MacBook Pro を購入するにあたって初めて Apple ID アカウントを作成したので、そのあたりも関係したいたのだろうか? このロック解除で、クレジットカードの更新画面で出ていた www. apple. そこで、改めて、iTunes の担当から戻された Mac のサポート担当者に、iTunes アプリでのサインインを試すよう指示され、成功。 ようやく、ネットで言われていた話へとつながり、App Store アプリでも「使用されたことがありません」エラーは解消されたのだった。 つまり、ネットの情報だけでは解決できなかった理由は、iTunes のアカウントのロックの問題と、「使用されたことがありません」エラーは App Store ではなくて iTunes アプリでしかアクティベーションが不可能である問題の、2 種の問題が重なっていたということのようだ。 しかし、1ユーザーの立場としては、Mac にはずっと憧れを持ってきたので(自分にとっては、あくまでも、今でも、iPhone は Mac の付属物的な位置付けである)、いきなり身に染み付いたエンジニア的習性による行為から、今回のようなハマリ事態に直面するとは、皮肉だ。 すっかり Mac は、iPhone の(アプリをプログラミングするための)付属物の立場に、なり下りきっていたということを具体的に自分で身をもって思い知らされた形になったのだから。

次の

組織におけるApple IDの運用

この apple id は まだ app store で 使用 され た こと が ありません

iPhoneに Appleから身に覚えのない課金の請求がきました。 これは詐欺に近いものでしょうか? このアプリは見たこともなく、自分の使っているiPhoneでもダウンロードされたことないものです。 ちなみに怪しいサイトなども開いたことはありません。 例えば有料のLINEスタンプなど 支払いは月々のケータイ料金と一緒に払う設定になっています。 身に覚えのない請求は払わなくても、iPhoneが使えなくなる。 ということにはならないでしょうか? 一応AppleIDのパスワードは変更し、 Appleにメールを送りました。 警察や学校の先生にも相談するべきでしょうか? どなたか詳しい方教えていただけると助かります。 誹謗抽象などはお辞めください。 Apple,Google,Amazon等のネットサービスのアカウントの乗っ取り被害が多発していることからその被害に遭った可能性は十分に考えられます。 実際に課金されたかを確認してください。 パソコンをお持ちの場合パソコンのiTunesよりApp Storeの購入履歴にアクセスして確認してください。 お持ちでない場合は信頼のおける親戚やお友達のパソコンを借りてあなたのiTunesアカウントでサインインの上で購入履歴を確認してください。 二次被害予防のためネットカフェなどの公共の場所のパソコンは使わないでください。 問題の購入履歴がない場合はAppleの請求書を騙る偽請求書です。 問題の購入履歴がある場合「問題を報告する」を選択するとブラウザーが開きますからそこで被害を受けたことを申告し、数時間後にメールで来る指示に従ってください。 なお、iTunesアカウントで何かを購入する際に今まで使ったことのない機器を用いて購入が行われた場合はアカウントに紐付けられたメールアドレスにセキュリティアラートが行く仕様になっています。 以下のようなメールに見覚えはありませんか? 【参考】セキュリティアラートの文面 件名:ご利用のApple IDによる最近の購入について ご利用のApple IDは先ほど、これまでこのApple IDと関連付けられたことのないコンピュータまたはデバイス上でApp Storeの(アプリ名)で購入を行うために使用されました。 このメールは、前回の購入後にパスワードがリセットされた場合にも送信されることがあります。 購入がご本人様によるものである場合は、このメールへの対応は必要ありません。 このメールはご本人様による購入であることを確認するために送信されています。 万が一この購入に心当たりがない場合は、iforgot. apple. com にアクセスしてパスワードを変更することをおすすめします。 Apple ID:セキュリティとApple IDを参考にしてください。 今後ともよろしくお願いいたします。 Apple ------ 被害があったことがIPアドレスの調査などにより確認できない場合は支払い義務を免れることはできません。 (支払い義務が消えない例…使用者の過失が原因) ・iPhoneにパスコードを設定していないことなどが原因で家族に勝手に購入された。 (スマートフォンの危険性を認識し、パスコードは必ず設定すること。 ) ・家族でApple IDを共有している。 (Apple IDは1人に1つが鉄則で、家族間でのコンテンツ共有にはファミリー共有の制度を使うこと。 ) この場合、支払い方法と決済の成否により以下の害が発生します。 ・クレジットカード決済が完了していた場合、支払い義務を不当に免れようとするとクレジットカードの会員資格が取り消され、カードが使えなくなります。 ・キャリア決済が完了していた場合、支払い義務を不当に免れようとすると回線の停止・契約解除となります。 ・さらにクレジットカード決済の場合・キャリア決済で端末本体の割賦購入がある場合は個人信用情報機関に不払いの情報が記載され(俗にブラックリスト入り)将来クレジットカードを持つことやローンを組むことが極めて難しくなります。 ------ 再発防止策として以下を実行してください。 (1)2ファクタ認証の活用 ・Apple製品を複数お持ちの場合 故障でアクセス不能になるリスクは十分に低いと認められるため必ず2ファクタ認証を有効にしてください。 2ファクタ認証を有効にした場合信頼されたデバイス以外からのサインインをお持ちのApple製品または信頼された電話番号から承認しないとサインインができません。 ・Apple製品がお持ちのiPhoneのみの場合 iPhoneの故障・紛失時のApple IDの復旧に数日かかる(最悪写真入り本人確認書類を持ってApple Storeに出向く必要が出る可能性もある)ことにはなりますが、この場合も2ファクタ認証を有効にすることを強く推奨します。 (2)パスワードの強化 パスワードをより強力にするためにはパスワードの設定に注意しなければなりません。 ・パスワードは特に定めがなければ最低8文字以上で大文字・小文字・数字とできれば記号も混ぜたものにする。 ・辞書に載っている単語など推測できそうなものは絶対NG。 ・パスワードは使い回さない。 最低でもお金が絡む場所については各サイトで全く違うパスワードにしたい。 同じものを使い回すと1つ破られたら全部崩される。 ・覚えられないからとパスワードをメモするのは避けること。 メモをなくしたときに大変なことになる。 ・多数のパスワードを覚えるには一定の法則性を自分の中で持たせると良い。 ・どうしても覚えられない場合はパスワードマネージャーを使うと良い。 当然信頼のおける開発者のものを使うこと。 この場合はパスワードマネージャーにアクセスするためのマスターパスワードだけ覚えておけば良いが、マスターパスワードの取り扱いには厳重な注意が必要。 (3)被害の早期発見 クレジットカード・携帯電話のキャリア決済はカード会社や携帯キャリアに決済情報が届いた時点で明細に反映させます。 これらのサービスの明細はこまめにチェックする癖をつけましょう。 少しでも怪しい決済情報があったら速やかにカード会社などに報告してください。

次の

このアップルIÿ…

この apple id は まだ app store で 使用 され た こと が ありません

私は今、Mac OsX 10. 8を使っています。 App storeで購入したいアプリケーションがあるのですが、 App storeにサインインしようとした所、Apple IDは『このApple IDは、App Store で使用されたことがありません。 』と表示されて使用できませんでした。 ならばと思い『レビュー』を押した所、 『現在 Mac App Store から Apple ID の作成はできません。 Apple ID を作成するには、コンピュータまたは iOS デバイス上の iTunes を開いてください。 』 と表示されたため、iTunesを起動。 iTunesからサインインしようと思えば再び『このApple IDは、iTunes Store で使用されたことがありません。 』 と表示されます。 Mac初心者なので、全く分からず困っています。 パソコンやiPhoneなどで初めてApple IDを使うときには、誰かがApple IDとパスワードを盗み見て自分のパソコンやiPhoneなどからその人になりすまして利用しているかもしれないので、すぐには利用をOKされません。 アップルに登録しているメールアドレス宛に「あなたのApple IDが使われたことのない機械から初めてアクセスがあったので、いったん保留してますけどOKしても大丈夫ですか?」みたいな内容の確認メールが届いていると思います。 そのメールの指示に従って利用をOKすれば以後はその機械からのアクセスが可能になります。 新しくiPhoneを買ったり、Macを買い替えたりして新しい機械で初めてApple IDを使うときはその度に最初に確認を求められます。 たぶんそういう状況になってるんじゃないかと思うので、アップルに登録してあるApple ID連絡用のメール(初期設定のままなら・・・・ icoud. com)に確認メールが届いてないか確認してみてください。

次の