キャベツ 冷凍。 キャベツの長持ち保存方法と保存期間!【冷凍・冷蔵・常温】カット面や半分でも大丈夫

やってしまった…生のキャベツを冷凍(涙)

キャベツ 冷凍

武蔵裕子 料理研究家。 両親と息子2人、3世代の食卓を切り盛りしてきた経験から生まれた和食をベースとしたレシピは多くの支持を集めている。 雑誌、書籍、web、企業のメニュー開発などで活躍中。 『フライパンに材料を入れてから火にかけるだけ!レシピ』(学研)、『味つけ冷凍で作りおき』(PHP研究所)、『15分で一汁一菜 毎日のごはんはこれでいい!』(講談社)など著書も多数。 キャベツの正しい冷凍保存&解凍方法 キャベツの冷凍保存を丁寧に行えば、食感も損ねにくいですよ。 ぜひチェックしてみてくださいね。 「塩もみで下味をつけておくと解凍後の調理がさらにはかどります。 また、キャベツは芯にも栄養があるので冷凍保存してください」(武蔵さん) 【キャベツの冷凍保存方法】• キャベツの芯を取り除き、水で洗う。 その後、キッチンペーパーで水気を拭く。 芯も細切りにする。 キャベツの半分はざく切りにする。 もう半分は太めの千切りにした後に塩少々をふり入れ、少ししたらもむようにして水気を絞る。 2の下処理したキャベツは、それぞれ別の保存袋に入れ、空気を抜いたら冷凍庫へ。 保存袋の表面に冷凍保存した日付も記入。 【保存期間】約3週間 キャベツの解凍方法 冷凍キャベツは凍ったまま調理ができます。 電子レンジで加熱したり、そのまま焼きそばや炒め物にしても。 塩もみしてから冷凍したキャベツは、自然解凍して生食もOK。 解凍したキャベツを再冷凍するのは避けてください。 【こんなキャベツの冷凍保存方法もあり!】 キャベツは、ゆでた状態で冷凍することもできます。 また、煮る前だったらロールキャベツの状態で冷凍保存も可能。 どちらの場合も、保存期間は2週間です。 野菜炒めをよく作る方は、カットしたキャベツ、ニンジン、ピーマンをミックスして1枚の保存袋に入れて冷凍するのもいいでしょう。 ミックス野菜の保存期間は3週間ほどを目安にして。 冷凍キャベツのレシピ&活用法 冷凍キャベツを使い切るためのとっておきレシピを武蔵さんに教えてもらいました。 【冷凍キャベツのレシピ】キャベツのお好み焼きさっと炒め 冷凍したキャベツとちくわを炒めるだけの簡単レシピ。 「食べればお好み焼き!」の味は、子供から大人まで残さず食べてくれるはず。 【作り方】• ちくわは小さめの乱切りにしておく。 フライパンにサラダ油を熱し、凍ったままのキャベツを入れて2分ほど炒める。 そこへ 1を加えて炒め合わせる。 お皿に盛り、紅しょうがをちらし、中濃ソース、マヨネーズをかけ、青のりをふる。 たくさん余った時に!冷凍キャベツの活用法 先に紹介したレシピでも冷凍キャベツを使いきれない、という場合は、ここで紹介する活用法も試してみて!• 塩もみしておいた冷凍キャベツはコールスローに• 芯は薄切りにして、じゃことごま油、しょうゆで炒める• ざく切りにした冷凍キャベツは味噌汁やスープの具材に キャベツの冷凍保存方法はいかがでしたか? キャベツは、安い時にまとめ買いして冷凍すれば、節約にもなりますよ! 撮影/菅井淳子.

次の

やってしまった…生のキャベツを冷凍(涙)

キャベツ 冷凍

冷蔵庫で保存する方法 キャベツの芯を切ってしまうと、芯の部分から水分が抜け鮮度が落ちていくので、カットキャベツよりも 丸ごと1個のキャベツのほうが、鮮度が落ちにくいです。 短期保存であれば、キャベツを使う際は芯の部分を切らないように、 外側の葉をはがして使うと良いです。 長期保存させたい場合は、 包丁で芯の部分をくり抜き、ぬらしたキッチンペーパーをつめ冷蔵庫で保存することをおすすめします。 芯がついたままだと水分や栄養分がどんどん抜けてしまうので、 芯を取り除いたほうが長期保存できます。 そして、芯を取り除いたキャベツを新聞紙に包む、もしくはビニール袋に入れます。 ぬらしたキッチンペーパーをこまめに取りかえる、新聞紙を霧吹きなどでぬらすと、より鮮度が落ちづらいです。 また、冷蔵庫に入れる際は、 芯の部分を下にして保存してください。 カットキャベツを購入した際は、ラップをはがして保存したほうが良いです。 ラップで包んだ状態だとむれて鮮度が落ちやすくなるので、 ラップをはがし新聞紙で包む、またはビニール袋に入れて保存してください。 冷凍して保存する方法 キャベツは 生のまま、湯がいてから、どちらも冷凍できます。 生のまま冷凍する場合は、せん切り、ざく切りなど切ってから冷凍保存します。 切ったキャベツを1~2分冷水にさらし、水分をよく切ってから保存袋に入れて冷凍します。 湯がいてから冷凍する場合は、千切り、ざく切りにした後にさっと火を通してから冷凍保存します。 沸騰したお湯で15秒ほど茹でたらザルにあげて、キッチンペーパーで水分をよく拭き取り冷凍します。 さっと湯がくことで、 冷凍してもしゃきしゃき感が残ります。 生のまま冷凍する場合も、湯がいてから冷凍する場合も、水分をよく切り、空気に触れないように冷凍することが大切。 薄く平らになるようにキャベツを保存袋に入れ、なるべく 真空になるように封を閉じてください。 また、急速冷凍を目指し、 短時間で凍らすことも大切です。 アルミトレーなどの金属トレーにのせる、冷凍庫の設定温度を強くすると、素早く凍るので品質を落とさずに冷凍できます。 冷凍庫の中を隙間なくつめるなどの工夫をするとなお良いです。 丸ごと1個の場合だと、 2週間~1カ月保存できます。 しかし、カットしてしまうと 鮮度が落ちやすいので、カットキャベツの場合は 1週間ほど。 千切りやざく切りにしたキャベツは、 2~3日で食べきったほうが良いです。 細かくカットすると空気に触れる面積が大きいので、変色や乾燥しやすく、見た目、味が落ちてしまいます。 また、ゆでたキャベツも傷みやすく 1~3日ほどしか保存できないので、すぐに食べきれない場合は 冷凍することをおすすめします。 冷凍での保存期間 冷凍した場合の保存期間は、 1~2カ月ほど。 生のまま冷凍したキャベツは品質が落ちやすいので、 2週間~1カ月程度で使い切ることをおすすめします。 冷凍キャベツの使い方は、生のまま使う場合は冷蔵庫内で解凍、加熱調理する場合は解凍せずにそのまま調理します。 キャベツは冷凍しても、白菜など他の葉物野菜よりも水分は抜けないので、 生のまま使うことができます。 ただ、しゃきしゃき感は減少してしまうので、コールスローサラダや和えものなどに使うと良いです。 冷凍するとしんなりするので、下処理で行う塩もみの手間を省いて作ることができます。 スープや炒めものなどに使う場合は、 解凍せずに凍ったまま調理できます。 冷凍すると火の通りが良くなるので、調理時間を短縮することが可能。 ただ、火を通しすぎて 食感が柔らかくなりすぎてしまうことがあるので、注意も必要です。 他の食材に火が通ってから入れると、ちょうど良い食感になります。 また、炒めものにする場合は水分が出やすいので、水分をとばすように強火で炒める、もしくは解凍して水分を良く拭き取ってから炒めると美味しく仕上がります。 そのほかの野菜の冷凍方法が気になる方はこちら >> キャベツに含まれる栄養素 キャベツはビタミンCやカリウム、カルシウムが豊富で、 胃腸に働くビタミンU(キャベジン)も含まれています。 トンカツなどの付け合わせにはキャベツの千切りが多いですが、キャベツを食べることで揚げものによる胸やけ防止に繋がります。 ビタミンC、Uは水溶性で加熱に弱いため、効率良くとるためには生で食べるのが一番です。 加熱すると水溶性ビタミンは損失してしまいますが、かさが減るのでたくさん食べられるという利点があります。 キャベツの旬 3~5月が旬の春キャベツと1~3月が旬の冬キャベツに分けられます。 春キャベツは葉がやわらかくみずみずしいので、サラダなどの生食に向きます。 冬キャベツは加熱すると甘みがでるので、ロールキャベツなどの煮込み料理や炒め物に向きます。 ポトフなどのスープでは煮汁に溶けだした栄養素も効果的にとることができるのでおススメです。 芯が厚いと巻きにくいので、厚い部分はそぎ落とします。 玉ネギをみじん切りにし、電子レンジで加熱してしんなりさせます。 ボールにひき肉、塩コショウ、水を入れて混ぜ合わせ、お好みのかたさにします。 さらに、ナツメグ、みじん切りにした玉ネギ、パン粉、溶き卵を加えよく混ぜます。 混ぜ合わせた肉だねをキャベツで巻いていきます。 巻いたロールキャベツは、巻き終わりが下になるように鍋に入れます。 形が崩れやすい場合は、楊枝でとめておくと良いです。 ロールキャベツが浸るくらいに水を入れ、コンソメ、ローリエを加えます。 蓋をして中火で20~30分煮て、味をととのえて完成。 ロールキャベツは葉を丸ごと1枚ずつ使うので、調理してから冷凍することをおすすめします。 加熱前、加熱した後どちらも冷凍できますが、加熱調理した後に冷凍したほうが長期間保存でき、温めるだけで食べることができるので便利です。

次の

やってしまった…生のキャベツを冷凍(涙)

キャベツ 冷凍

冷蔵庫で保存する方法 キャベツの芯を切ってしまうと、芯の部分から水分が抜け鮮度が落ちていくので、カットキャベツよりも 丸ごと1個のキャベツのほうが、鮮度が落ちにくいです。 短期保存であれば、キャベツを使う際は芯の部分を切らないように、 外側の葉をはがして使うと良いです。 長期保存させたい場合は、 包丁で芯の部分をくり抜き、ぬらしたキッチンペーパーをつめ冷蔵庫で保存することをおすすめします。 芯がついたままだと水分や栄養分がどんどん抜けてしまうので、 芯を取り除いたほうが長期保存できます。 そして、芯を取り除いたキャベツを新聞紙に包む、もしくはビニール袋に入れます。 ぬらしたキッチンペーパーをこまめに取りかえる、新聞紙を霧吹きなどでぬらすと、より鮮度が落ちづらいです。 また、冷蔵庫に入れる際は、 芯の部分を下にして保存してください。 カットキャベツを購入した際は、ラップをはがして保存したほうが良いです。 ラップで包んだ状態だとむれて鮮度が落ちやすくなるので、 ラップをはがし新聞紙で包む、またはビニール袋に入れて保存してください。 冷凍して保存する方法 キャベツは 生のまま、湯がいてから、どちらも冷凍できます。 生のまま冷凍する場合は、せん切り、ざく切りなど切ってから冷凍保存します。 切ったキャベツを1~2分冷水にさらし、水分をよく切ってから保存袋に入れて冷凍します。 湯がいてから冷凍する場合は、千切り、ざく切りにした後にさっと火を通してから冷凍保存します。 沸騰したお湯で15秒ほど茹でたらザルにあげて、キッチンペーパーで水分をよく拭き取り冷凍します。 さっと湯がくことで、 冷凍してもしゃきしゃき感が残ります。 生のまま冷凍する場合も、湯がいてから冷凍する場合も、水分をよく切り、空気に触れないように冷凍することが大切。 薄く平らになるようにキャベツを保存袋に入れ、なるべく 真空になるように封を閉じてください。 また、急速冷凍を目指し、 短時間で凍らすことも大切です。 アルミトレーなどの金属トレーにのせる、冷凍庫の設定温度を強くすると、素早く凍るので品質を落とさずに冷凍できます。 冷凍庫の中を隙間なくつめるなどの工夫をするとなお良いです。 丸ごと1個の場合だと、 2週間~1カ月保存できます。 しかし、カットしてしまうと 鮮度が落ちやすいので、カットキャベツの場合は 1週間ほど。 千切りやざく切りにしたキャベツは、 2~3日で食べきったほうが良いです。 細かくカットすると空気に触れる面積が大きいので、変色や乾燥しやすく、見た目、味が落ちてしまいます。 また、ゆでたキャベツも傷みやすく 1~3日ほどしか保存できないので、すぐに食べきれない場合は 冷凍することをおすすめします。 冷凍での保存期間 冷凍した場合の保存期間は、 1~2カ月ほど。 生のまま冷凍したキャベツは品質が落ちやすいので、 2週間~1カ月程度で使い切ることをおすすめします。 冷凍キャベツの使い方は、生のまま使う場合は冷蔵庫内で解凍、加熱調理する場合は解凍せずにそのまま調理します。 キャベツは冷凍しても、白菜など他の葉物野菜よりも水分は抜けないので、 生のまま使うことができます。 ただ、しゃきしゃき感は減少してしまうので、コールスローサラダや和えものなどに使うと良いです。 冷凍するとしんなりするので、下処理で行う塩もみの手間を省いて作ることができます。 スープや炒めものなどに使う場合は、 解凍せずに凍ったまま調理できます。 冷凍すると火の通りが良くなるので、調理時間を短縮することが可能。 ただ、火を通しすぎて 食感が柔らかくなりすぎてしまうことがあるので、注意も必要です。 他の食材に火が通ってから入れると、ちょうど良い食感になります。 また、炒めものにする場合は水分が出やすいので、水分をとばすように強火で炒める、もしくは解凍して水分を良く拭き取ってから炒めると美味しく仕上がります。 そのほかの野菜の冷凍方法が気になる方はこちら >> キャベツに含まれる栄養素 キャベツはビタミンCやカリウム、カルシウムが豊富で、 胃腸に働くビタミンU(キャベジン)も含まれています。 トンカツなどの付け合わせにはキャベツの千切りが多いですが、キャベツを食べることで揚げものによる胸やけ防止に繋がります。 ビタミンC、Uは水溶性で加熱に弱いため、効率良くとるためには生で食べるのが一番です。 加熱すると水溶性ビタミンは損失してしまいますが、かさが減るのでたくさん食べられるという利点があります。 キャベツの旬 3~5月が旬の春キャベツと1~3月が旬の冬キャベツに分けられます。 春キャベツは葉がやわらかくみずみずしいので、サラダなどの生食に向きます。 冬キャベツは加熱すると甘みがでるので、ロールキャベツなどの煮込み料理や炒め物に向きます。 ポトフなどのスープでは煮汁に溶けだした栄養素も効果的にとることができるのでおススメです。 芯が厚いと巻きにくいので、厚い部分はそぎ落とします。 玉ネギをみじん切りにし、電子レンジで加熱してしんなりさせます。 ボールにひき肉、塩コショウ、水を入れて混ぜ合わせ、お好みのかたさにします。 さらに、ナツメグ、みじん切りにした玉ネギ、パン粉、溶き卵を加えよく混ぜます。 混ぜ合わせた肉だねをキャベツで巻いていきます。 巻いたロールキャベツは、巻き終わりが下になるように鍋に入れます。 形が崩れやすい場合は、楊枝でとめておくと良いです。 ロールキャベツが浸るくらいに水を入れ、コンソメ、ローリエを加えます。 蓋をして中火で20~30分煮て、味をととのえて完成。 ロールキャベツは葉を丸ごと1枚ずつ使うので、調理してから冷凍することをおすすめします。 加熱前、加熱した後どちらも冷凍できますが、加熱調理した後に冷凍したほうが長期間保存でき、温めるだけで食べることができるので便利です。

次の