コロナ 自粛 期間。 コロナで外出自粛、娘はかんしゃく…不安な私に毎日出勤の夫がつぶやいた言葉 : 子育て : ライフ : ニュース : 読売新聞オンライン

いつまで釣り自粛? コロナによる釣り自粛期間を考える

コロナ 自粛 期間

新型コロナで自粛期間中の10の過ごし方! 自粛中の過ごし方 1 新しい趣味を見つける 忙しいときにはできなかったことを始めてみるのも一つの手です。 例えば、ピアノやギターなどをはじめてみるとか。 私も、習ったことはありませんがピアノに興味がありこの期間に練習しようと好きな曲の楽譜を買い、練習しています。 独学で練習するのはハードルが高いかもしれませんが、ユーチューブとかでも練習方法などが載っているので参考にしています。 ちなみに私が練習しているのはKingGnuの「白日」です。 自分の好きな曲だと難しくても根気良く続けられると思うのでお勧めです。 楽譜は、ぷりんと楽譜で購入しました。 始めたいものが家になかったとしてもこの期間に購入してみるのもいいかもしれません。 自粛期間中の過ごし方 2 資格を取る 資格を取ることもおすすめです。 高校生までの学生さんなら漢検や英検を取るとか、大学生ならFP(ファイナンシャルプランナー)、秘書検定などの就活で使えそうな資格を取っておくとか。 他にも特に使う予定がなくても資格を取っておくと後々役に立つかもしれません。 参考書はアマゾンやメルカリなどでも買うことができます。 便利な世の中ですね。 個人的に面白そうな資格を三つ挙げてみます。 1. 猫検定 猫についての知識を高め、猫とのより良い関係を築くことができます。 猫好きにはたまりませんね。 2. 調味料検定 調味料の使い方や、保存方法などの知識を身に着けることができます。 調味料を使いこなすことで、料理のレベルを上げることができるともいわれているので、興味深いですね。 3. 掃除能力検定 掃除に関する幅広い知識を身に着けることができます。 「あのニュースで得する人損する人」での紹介をきっかけに注目を浴びている検定です。 4.web資格検定 コロナの影響でテレワークが推奨されて、これまでインターネットやwebに全く無関係だった人たちも、在宅勤務でwebを使ってお仕事をしなくてはならなくなりました。 今後、更に需要が高まってくる職種かもしれませんね。 自粛期間中の過ごし方 3 部屋の模様替え 机や棚の位置を変えてみたら部屋の雰囲気が変わったりもしますよね。 この期間をチャンスに断捨離や配置を変えてみてもいいかもしれません。 私も、忙しいときにはなかった、ほったらかしていた小物の収納などを考える時間ができ、部屋がすっきりしました。 家で過ごす時間が長いとすっきりした部屋のほうが気持ちいいですよね。 自粛期間中の過ごし方 4 配信動画を見る コロナの影響で外出は自粛期間中なので、レンタルのビデオを借りにお店行くこともできませんよね。 テレビ番組も、ずっと一日見ていると飽きてしまいます。 そんなときは、動画配信サイトがとっても便利だなって思いますね。 (アマゾンプライム)、(ユーネクスト)など有料ではありますが、月額払えば、映画やアニメを見ることができます。 最近話題となった「 鬼滅の刃」や「 約束のネバーランド」なども見ることができますよ。 映画も以前公開されていたものも見ることができるのでお勧めです。 も もトライアル期間があります。 は 初回登録から30日間、は 初回登録から31日間です。 トライアル期間の間に解約すれば、実質無料で見れるということになります。 追加料金なしで見れる見放題の動画が沢山あるので、外出自粛期間中にこれまで見たかったドラマや映画をみるのもいいですね。 トライアル期間中に解約すれば、料金は発生しません。 それぞれ、規約をよく読んで楽しんでくださいね。 せっかく時間あるので自分のスキルアップのためにもお菓子作りに励むのもいいかもしれません。 ヘルシーなレシピで作ればカロリーを抑えることもできますし、インスタ映えのお菓子を作れば家でインスタ映えすることもできます! また、家で作ったほうが材料費だけで安く済ませることもできお財布にやさしいですよ。 自粛期間中の過ごし方 6 自分磨き ヘアアレンジや、メイクの練習などはいそがしいときにはあまりできませんよね。 これを機におしゃれ力アップするのも手です。 またダイエットや筋トレなどもおすすめです。 あまりきついものにしてしまうと長く続かなくなってしまうかもしれないので継続してできるものが理想です。 家にいるとついゴロゴロしたくなってしまいますが、体を鍛えることは健康維持にもなるのでお勧めです。 — 2020年 4月月12日午前12時08分PDT ミシンがなくても手縫いなら針と糸があればできるので手軽にできるため、おすすめです。 トートバッグや、ティッシュカバー、クッションなど自分が作ったものだとつかっててうれしいですよね。 最近私は、ちょっと自分には長いと感じていたワイドパンツの裾上げをしました。 普段裁縫をしないので、失敗して縫い直したりし時間がかかってしまいましたが、自分の好みの長さにすることができ、まつり縫いでやったため見た目も裾上げした感なく満足しています。 コロナでマスクも手に入らなくなったので、マスクを手作りしてみるのもいいですね。 自粛期間中の過ごし方 10 休養を取る.

次の

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省

コロナ 自粛 期間

新型コロナの感染状況について 武漢市の現状 12月31日から新型肺炎(新型コロナ)の存在が武漢市で発見され、観戦者多数であることから1月下旬には中国の武漢市が丸々閉鎖されている状態でした。 しかし、日本メディアでは中国の武漢市を取り扱うコロナ情報ニュースの数は減っていて、むしろ日本や世界中のコロナ感染者数に注目が集まっています。 武漢市は元からコロナ感染地域として知られていたので、ニュースで説明・解説されなかったとしても未だに感染者数は多く、メディアもわざわざ取り上げる必要はないと判断しているのかもしれません。 仮に武漢市でコロナが収まっていた場合はニュースになるはずなので、 武漢市でもまだまだ新型コロナが現役で、多くの人が苦しんでいることが予想できます。 日本の現状 日本の新型コロナ感染者数は、3月8日の時点で公表した厚生労働省のデータによると、 症状が出ている人と病原体だけ持っていて症状が出ていない人を合わせて「1189人(空港・クルーズ船勤務者含む)」とされています。 新型コロナ感染者が特に多い地域は「北海道」で、感染者数は北海道全域だけで100人を超えている状況です。 次いで大阪や新潟・愛知で感染が広まっています。 新型コロナによる死者は14人で、北海道以外では愛知・大阪・新潟で死者及び重体患者が存在していました。 世界中で新型コロナが注目されるようになった1月と比べると感染者も死亡者も徐々に増え続けていて、3月8日から3月10日にかけても新たに10人が感染確認されています。 この情報だけでも、いかに新型コロナの感染力が高いかがなんとなくわかってきます。 病原体を持っている人の近くに寄っただけで簡単に感染してしまうので、 1つの地域で感染者が発見された場合、その地域でさらなる感染者が発見される可能性が高いです。 日本政府もコロナに対抗する対策を練っていますが、これからも新型コロナが猛威を振るう可能性は充分考えられます。 新型コロナの自粛期間はいつまで? 日本や世界中の新型コロナの影響から、自粛期間(イベントや学校・職場が休みになる期間)はいつまで延びるのかを予想してみました。 新型コロナにかかっていない人は休みを満喫できるかもしれませんが、自粛期間が長ければ長くなるほど、新型コロナの脅威に怯えて過ごすことにもなります。 政府による政策では「3月19日」を目途に対策会議を行う 日本政府が3月9日に発表した新型コロナの状況によると、「感染はある程度は食い止められている」とのことでした。 日本でも国内感染者が徐々に増えてはいますが、イタリアや韓国と比べると観戦人数からの感染拡大率は少ない方で、確かに感染の時間稼ぎはできつつあるように思えます。 このことから、 「自粛期間を続けるか続けないか」を迷っている状態で、3月19日に再度新型コロナの対策会議を開き、自粛期間を延長するかを決定する方針となっています。 現在でも日本で開催される一部のイベントは自粛期間のせいで開催を見送られていて、自粛期間が延びた場合はイベントそのものがなくなってしまう恐れもあるかもしれません。 専門家は「数か月もしくは年単位の戦いになる」と予想 これも政府が発表した情報のひとつですが、 「新型コロナ対策は数か月もしくは年単位」になるかもしれないとの発表がありました。 新型コロナはインフルエンザよりもさらに厄介なウイルスで、感染拡大率もウイルスそのものの潜伏率も高いことから、完全に死滅させるには長期間の対策が必要です。 この間に新型コロナに対抗するワクチンを開発するのが最も有効だとも述べていて、ワクチン開発が遅れれば遅れるほど感染率は高くなるのではないかともいわれていました。 対策が数か月から数年に渡るのであれば、 2020年夏に開催される予定の「東京オリンピック」等も開催が延びる可能性が高いです。 もしくは、開催はされるにしても従来の観客を集めての開催ではなく「無観客開催」になるかもしれません。 日本で開催される国際イベントにも少なからず影響を与えることが予想されています。 国内でも4月に入るまでは自粛期間が続くと予想される 新型コロナの自粛期間は、4月に一旦は解除されるか、各イベントや地方自治体に対処を任せる形になるのではないかと予想しています。 予想の理由ですが、日本でも感染者が増加しているとはいえ、 他の増加国と比べると感染率そのものは抑えられているからで、世界中でピークになると言われている5月にも日本はそこまで新型コロナが感染拡大しないのではないかと推測できるからです。 日本政府が一旦4月から5月あたりで自粛期間を解いて、東京オリンピック等に備える動きを見せる可能性が高いと考えています。 もちろん、これはあくまでも予想です。 新型コロナの感染率が高いのは間違いないので、 ちょっとした対策ミスやまだ症状が出ていない病原菌保持者が多数現れることによって、日本も感染者が一気に増加する可能性も考えられます。 こうなった場合、自粛期間はさらに延長され、各種イベントに関しても開催が見送られるかもしれません。 学校や職場は休みになる? 学校に関しては各地方自治体に自粛期間設定が任されていて、企業は各企業ごとに休みもしくは在宅勤務が決められるようになっています。 多くの地方では3月上旬から3月下旬までが自粛期間(休校)となっていて、春休みをまたいで4月から開校される予定です。 ただし、 これも新型コロナがこれからどのくらいまで拡大していくか・縮小していくかによってくるので、新型コロナ休みが増える可能性も充分考えられます。 逆に、新型コロナ休みが減る(例えば、3月中旬から学校スタートになる)可能性はほぼなく、これは現在でも新型コロナが充分猛威を奮っていることが理由です。

次の

新型コロナウイルス感染対策における釣り場の禁止と自粛状況

コロナ 自粛 期間

小池都知事は、東京都が「感染爆発の重大局面」にあることを強調した(写真:時事) 「今までとは違い、何か得体の知れない(ことが起きている)という感覚を抱いた。 今週に入りオーバーシュート(感染爆発)の懸念がさらに高まっている。 今がまさに重要な局面だ」 3月25日に行われた、小池百合子東京都知事の緊急会見。 小池都知事は、東京都内で新型コロナウイルスの感染者が急速に広がる現状への危機感を隠さなかった。 新規感染者が急増した 同日に都内で新たに判明した感染者数は、1日では過去最大の41人に上った。 3月に入ってから10人前後で横ばいが続いていた(23日は16人、24日は17人)新規感染者が一気に倍増した形だ。 その内の5人には海外渡航歴があることがわかっているものの、会見時点で感染経路が不明な感染者は13人に上った。 厚生労働省の専門家会議は、「感染経路を追えない感染者」が増えることはオーバーシュートを引き起こす要因になると指摘している。 さらに、台東区にある永寿総合病院では11人の関係者が集団感染を起こし、「院内感染を起こした可能性があると考えている」(内藤淳・東京都福祉保健局長)。 同病院は外来診療を休止した。 都は3月23日に、4月12日まで大規模イベントの開催・参加を自粛する要請をしていた。 その発表からわずか2日。 こうした急速な感染者数の拡大を受け、さらに都は新たに4つの要請を行った。 その内容は以下の通りだ。

次の