春 けいこ。 春けいこさん お宮参りで片鱗を見せた娘と漫才の日々|日刊ゲンダイDIGITAL

春やすこ

春 けいこ

1970年代終りから1980年代初頭ににかけての漫才ブームで美人女性漫才コンビで一世を風靡した春やすこけいこのコンビ、全盛期にはテレビで見かけない日はありませんでしたが漫才ブームが薄れていくと共にテレビで見かけることが少なくなりました。 当時私も好きなコンビであり、現在の活動が気になり調べてみました。 プロフィール 春やすこ 本名 中島泰子 1961年6月15日生まれ56歳 大阪府出身 向陽台高等学校卒業。 春けいこ 本名 小林恵子 1958年7月4日生まれ59歳 大阪府出身 桜花学園高等学校卒業。 春やすこさん現在 春やすこさんは1990年9月に一般の実業家の方と結婚しました。 そして1991年1月に女の子を出産、1992年3月には男の子を出産、2人のお子さんがいらっしゃいます。 その後旦那様のご理解、ご協力のもと、脳梗塞の後遺症で右半身に麻痺があるお父様と肺が弱く健康に不安があるお母さまと2005年から同居生活が始まりました。 そしてある日お父様が階段から落ちてトイレも入浴も自力では行えない要介護5の状態になってしまいました。 それからの春やすこさんはお父様の介護生活に入ったため芸能活動をセーブされていたそうです。 春やすこさんご家族 旦那様は実業家という事はわかりましたが、一般の方という事でそれ以上の事はわかりませんでしたが人柄がよくとてもお優しい方のようです。 娘さんは中島舞子さんというお名前で同志社大学法学部卒業後2013年に読売テレビに入社、現在では報道記者をされているようで、母親譲りでとてもおきれいな方です。 息子さんは一般の方のようで詳細はお名前しかわかりませんでしたが、すでにご結婚されているようです。 春けいこさん現在 春けいこさんは1982年に漫才師の横山ひろしさんと結婚、1985年に娘さんを出産その後しばらくは家庭にはいられていたようです。 しかし2014年に旦那様と夫婦漫才でステージに登場、そのステージでそれまでの間で更年期障害が原因で5年間ほどうつ病の時期があった事をあかしました。 現在はその経験をもとに講演活動をおこなっているそうです。 春やすこさんはなんとなくメディアで見かけることがあったのですが、春けいこさんも講演活動でご活躍のごようすでよかったです。 またお二人のコンビの漫才が見てみたいです。 どうかお元気でこの先がんばっていただき、機会があったら期間限定、もしくは1回限りでもコンビの復活を期待しております。

次の

春やすこ(陸王女優)の現在と結婚や息子(娘)は?病気で手術!?相方と写真集は?【爆報フライデー】

春 けいこ

昨年、夫婦漫才コンビとして始動した横山ひろし(73)、春けいこ(61)夫妻に、初孫が誕生したことが26日、分かった。 所属の松竹芸能が発表した。 長女(34)がこの日、午後5時42分に病院で女児を出産したもの。 横山は「けさ4時に病院に送り、その日の17時に無事に生まれてきてくれた。 コロナのために面会もできず心配していたが、『できたー』と動画が送られてきたのを見て、泣き笑い。 孫は可愛いというが、どれほど可愛いか今から会うのが楽しみです。 名前は陽菜(ひな)。 家族が増えました」と感激。 春は「私が娘を出産したときに、すぐに思ったのが『女の子が欲しかったからうれしいけど、この子も将来結婚して大変な出産を経験するのか…』と思い、かわいそうだと思ったことをずーーーっと忘れてなかったので、このたびも心配でしたが。 無事に出産を終えることができて良かったです」と喜んだ。 2人は、横山の相方・横山たかしさんが昨年6月に死去後、コンビを結成した。

次の

春やすこ・けいことは

春 けいこ

概要 [ ] やすこは中学在学中から松竹芸能タレント養成所の児童部でで芝居の勉強をする、けいこは中学卒業後のに松竹芸能タレント養成所に入り同じく芝居の勉強をする、その頃に2人が出会う。 1月にたまたま養成所の漫才部の稽古の風景を見学する事になりそこで会社から組めと言われコンビを結成、同年3月ににて「三橋泰子・出垣恵子」の本名で初舞台。 にが解散したために「ポスト千里・万里」として期待される。 当時人気だったにあやかって漫才界のピンク・レディーとして人気を得る。 師匠無しでこの世界に入ったため屋号の「春」は当時で放送されていた「」のコーナー名の一部を拝借した。 映画出演のほか、「ハートブレイクホテルは満員」(作詞はだった)などもリリースした。 けいこはのひろしと結婚。 6月に長女を出産。 これを機に漫才コンビは事実上の解散となった。 その後、は「」に出演するなど女優としても活動し、には実業家の一般男性と結婚した。 近年は美容番組「」の司会やドラマ、舞台などに出演している。 また、けいこは6月、夫のひろしの相方であった横山たかしが死去したことにより、同年10月からひろしと組んで「横山ひろし・春けいこ」として夫婦漫才コンビを結成し活動していく事を発表した。 芸風 [ ] 芸能人をこき下ろす毒舌漫才を売りにしていた。 一方的にまくし立てるやすこをけいこがなだめるのが定番。 メンバー [ ]• ( - )本名:中島泰子(旧姓・三橋)、出身。。 春けいこ( 1958-07-04 (61歳) - )本名:小林恵子(旧姓・出垣)、大阪府出身。 その他 [ ]• 漫才ブームの頃はギャラは給料制で衣装代、交通費を全て自身で賄っていた。 一部タクシー代だけは支払ってもらっていた。 漫才ブームで東京でのドラマ、映画、テレビ出演などで仕事が忙しくなると、大阪で出演していたレギュラー番組を全て降板し東京での仕事を優先した。 が、その後漫才ブームが落ち着くと大阪での仕事が激減、コンビを解消した一つの要因となった。 と言っても完全にコンビを解消したわけではなく期間限定でコンビを組んだりする等が多い。 やすこはと「スチュワーデス物語」で共演以来友人。 のちえみの芸能活動復帰の際、松竹芸能に所属するようにやすこが薦めた。 二人とも長身でプロポーションの持ち主ということもあり、漫才ブームの頃には水着を披露したりの撮影でも披露した。 やすこは後に単独で、映画、グラビア等でヌードを披露している。 受賞 [ ]• 第16回 、新人賞受賞• 第10回 日本放送演芸大賞ホープ賞受賞 出演 [ ] TV [ ]• 頃のの日本テレビ番組で、公募の女性(「今週のプリンセス」と呼称。 稀に女性ゲスト歌手の時も有り)を巡り複数の男性陣が滑り台の上に乗り、意中の人以外を滑り台から落下させるという、恋人探しのお見合いを前提とした番組の司会をしていた。 この番組は~に放送した物で、初代司会は、2代目司会は。 そして3代目司会は彼女達だった。 またには、の司会で『恋はショッキング! 』というタイトルでリバイバルした事が有る。 (、)• (、)• ( - 、)• (、、)• (、)• (、)• (、)第3話• (、)第7〜8週 ラジオ [ ]• (、)• (、) CM [ ]• イボコロリ() 音楽 [ ]• ハートブレイクホテルは満員/チョコレートの秘密(、)• 他人のデートは禁止したい!! (、) 脚注 [ ].

次の