大変 恐縮 なの です が。 謝罪や感謝を伝える言葉「恐縮です」の意味、類語、ビジネスでの使い方

「お手数ですが」「恐縮ですが」の英語でのビジネスメール例文12選

大変 恐縮 なの です が

「ご多忙とは存じますが、ご検討宜しくお願い申し上げます」といった具合で、相手が忙しいことが前提の時に、決断を催促するために使います。 「大変だと思いますが」に一番近い意味合いで失礼の無い言い換えです。 丁寧な言葉遣いではありますが、頻繁に仕事の取引をしている相手と、そうでない取引先の目上の方に対しては、少々馴れ馴れしい印象を与える場合もあります。 「ご多忙」と意味は似ていますが、それより少しソフトな言い方になります。 「大変だと思いますが」を丁寧にした敬語で、相手が忙しいことを理解した上で、何かをお願いする時に使います。 例えば、「お忙しいところお手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」といった具合です。 「よろしくお願いいたします」にさらに丁寧な印象を加えたい場合は、「お取り計らいの程よろしくお願いいたします」とするとよいでしょう。 「恐れ入りますが、折り返しお電話いただけるようお伝え願います」など、電話相手が不在だった時にも使用できます。 「大変だと思いますが」と相手を気遣うより、恐れ多いですが、という一歩引いたイメージの強い表現です。 上記で触れたように、「大変だと思いますが」の敬語で迷った時は「恐れ入りますが」の方が無難です。 また、基本的にクライアントや上司など目上の人に折り返しの連絡を依頼するのは失礼なので、相手によってはこちらから電話をかけ直す姿勢も大切です。 「恐縮ですが、こちらにご署名をお願い致します」など、相手にお願いする時に使用します。 「恐れ入りますが」と似た表現ですが、同じく「大変だと思いますが」と相手を気遣う気持ちよりも恐れ多い気持ちが強いです。 「恐縮ですが」は「恐れ入りますが」よりもさらに謙遜した表現です。 「大変恐縮ですが」と言うと、非常に申し訳ない気持ちを表現できますが、便利な表現だからといって使い過ぎには注意しましょう。 「大変だと思いますが」を使う時のように相手が忙しい前提で、さらにこちらからのお願いに対応してもらうことにお詫びを入れる時によく使われます。 「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご理解とご協力お願いいたします」といった具合に使われますが、お客様側で手間を取らせてしまった場合などによく使用されます。 「大変ですね」という気持ちと「ご理解とご協力」という言葉をセットで使うと、「ご協力」だけを使うよりも少し丁寧な印象を与えられます。 特に部下に対して応援していますという気持ちを伝えたい時は、「大変ですね」を「大変かと思いますが」に言い換えると先輩としての丁寧さが伝わります。 「連日の残業で大変かと思いますが、頑張ってください」といった具合に使えるでしょう。 社外の方に「応援しています」を使うのは時に失礼になります。 一緒に仕事をしている立場であれば、「頑張ってください」よりも「一緒に頑張りましょう」と言い換えると、親近感と丁寧さで相手により良い印象を与えることができます。 「応援しています」という激励の言葉に関連した記事も併せてチェックしてみて下さい。 応援しています」 応援している意思表現2つ目は「大変ですね。 応援しています」です。 他にも、「応援しております」「ご健闘をお祈りしております」「陰ながら見守っております」が丁寧な表現になります。 陰ながらとは「見えない所」という意味があり、不安を感じている相手を安心させてあげられる言葉です。 また、上司や先輩などの目上の人をさらに励ましたい、努力を促したいと思った時は「期待しています」も相手の気持ちを高められる一言です。 目上の人に対してであれば、「ご自分が一番大変な中、いつも気遣って下さりありがとうございます。 何か私にもお手伝いできることがありましたら、ぜひお声がけ下さい。 」という一声も、「ありがとう」「応援しています」という気持ちが両方伝わるのでオススメです。 出張に出かける上司や同僚に「大変ですね、頑張ってください」と伝えたい時は、「大変な中、長旅お疲れさまです」「どうぞお気を付けて行ってらっしゃいませ」などの具体的で優しい言葉で相手の気持ちに寄り添い、「応援しています」と伝えるのがオススメです。 年賀状の挨拶でも「本年も、益々のご活躍をお祈り申し上げます」というようによく使われますよね。 年賀状においては、新しい年は昨年よりも活躍できますようにと応援の意味を送る言葉です。 「健闘を祈る」とはスポーツの場面でよく使用されますが、スポーツだけではなくビジネスの場面でも、出張、転勤や転職の際に使われます。 環境が変わっても成功することを願っていると伝えるために、「健闘を祈る」という言葉がよく使われます。 また、メールで健闘を祈る内容を一言添える場合、「〇〇様のご健闘をお祈り申し上げます」「ご健闘をお祈りいたします」「ご健闘を心よりお祈り申し上げます」と書くのが良いでしょう。 「ご健闘」の意味は「よく頑張って事に当たること」です。 つまり「健闘を祈る」の意味は、「大変な中、頑張ってください」という素晴らしい言葉なのです。 「ご自愛ください」は「自ら」「愛する」ことなので、意味は「大変な中、体を大切にしてね」の敬語表現です。 話し言葉で使うのは違和感がありますが、お見舞いメールやお手紙の中でよく使われます。 ビジネスの場面では、目上の人と転勤や転職によって別れが発生した場合に使います。 もちろん、スピーチやビジネスメールでも使用可能です。 「どうぞ」「くれぐれも」「大変な中」をご自愛の前につけて使うと、より丁寧で心のこもった表現になります。 また、「大変かと思いますが」が不自然なシチュエーションの場合、「お忙しいでしょうから」を用いるのも良いでしょう。 お忙しいでしょうから、どうぞご自愛ください、あるいはどうぞご自愛くださいませ。 といった具合に使ってみてください。 「お忙しいところ恐れ入りますが、ご連絡いただければ幸いです」というように、お願いしたい内容とくっつけて使用します。 また、これと似た表現で「誠に恐れ入りますが」「大変恐れ入りますが」とすると、より申し訳ない気持ちが伝わりお願い事も言いやすくなると思います。 依頼したいことやお願いする内容の前につけ、クッション言葉として用います。 「お忙しいところ恐れ入りますが(あるいは恐縮ですが・お手数おかけしますが)、ご連絡頂きたく存じます」といった具合です。 その他にも、「ご多忙のところ恐れ入りますが」「ご多忙の折、誠に恐れ入りますが」「お忙しい中恐れ入りますが」「ご多用のところ恐れ入りますが」など、1つ目の恐れ入りますがとセットで使われることが多いです。 お手数の意味は手間や労力なので、依頼することやお願いしたい内容の前につけて、お願いをソフトな表現にするために使います。 使い方としては、「大変お手数おかけいたしますが、ご連絡いただければ幸いです」というように使います。 他にも、「大変お手数ではございますが」「大変お手数ですが」「お手数おかけし申し訳ありませんが」といった言い回しが存在します。 「大変だと思いますが」は目上の方へは失礼? クイズのような敬語「大変だと思いますが」の目上の方に使うのは? 結論から言って、「大変だと思いますが」という表現をそのまま使って良いかと言うと、良くはありません。 部下に対して「大変だと思いますが、頑張ってください」ということは問題ないですよね。 しかし、この言葉をそのまま敬語に直しても、目上の方に対して使えるようなキレイな言葉にはなりません。 「大変ですね」「頑張ってください」を失礼なく上手に伝える方法は? 「大変だと思いますが」よりは「大変かと思いますが」の方が丁寧です。 相手が目上の方の場合「大変だと思いますが」はとても失礼な印象を与えかねません。 目上の方に対して「大変」という言葉自体に違和感があるからです。 「大変ですね」という気持ちを敬語表現する時、「大変」という気持ちを強調し、違和感のない敬語に直して使うのが良いでしょう。 例えば、「大変ですね」ではなく、「大変驚いております」や「大変心配しております」という「大変~している」という言い方なら、相手に失礼な印象はありません。 敬語「大変だと思いますが」をマスターして好印象の社会人に! まるでクイズのように複雑な敬語ですが、ある程度マスターすると自然と周囲から信頼される存在になります。 「大変だと思いますが」「大変ですね」「大変な中」といった敬語は相手を思いやり気遣う言葉なので、仕事や人間関係をよりスムーズにしてくれます。 ぜひ正しい使い方を学んで、素晴らしい社会人を目指しましょう!.

次の

お忙しいところ恐縮ですがのメール例文!ご多忙中などの類語や英語も

大変 恐縮 なの です が

ビジネスシーンでは、丁寧な言葉遣いや敬語で話すことが、マナーだとされています。 丁寧な言葉遣いや敬語となると、堅苦しいイメージがあり、覚えたり使ったりすることが、難しいと思われがちです。 そのため、ビジネスシーンで使われる言葉やフレーズ、挨拶などに対して、苦手意識を持たれている方も、少なくないでしょう。 「大変恐縮ですが」という言い回しも、ビジネスシーンで頻繁に使用されるフレーズの1つです。 意味や使い方を理解したで使いこなせると、何かと便利なフレーズですが、上記でも挙げたように、複雑そうなイメージや苦手意識を抱いている方も、少なくないでしょう。 そこで今回は、「大変恐縮ですが」というフレーズをテーマにして、意味や使い方、類語や言い換え表現などについて、考察・ご紹介していきます。 「早速ですが」を正しく使っていますか? まずは、「大変恐縮ですが」という言い回しに、どのような意味が含まれているのか、基本的な意味について確認するところから、始めましょう。 また、文章や会話において、「大変恐縮ですが」というフレーズを使用したい場合、具体的にどのような使い方をすれば良いのか、使い方や例文についても、考察・ご紹介していきます。 「大変恐縮ですが」の意味 早速、「大変恐縮ですが」という言い回しに含まれている、意味やニュアンスについて、考察していきましょう。 「大変恐縮ですが」という言い回しは、「大変」と「恐縮」と「ですが」に、わけて考えることができます。 今回は、特に意味や解釈に戸惑いやすいと考えられる、「大変」と「恐縮」の意味について、考察していきます。 「大変」の意味 まずは、「大変」という言葉について、意味を確認していきましょう。 「大変」という言葉は、日常生活でも非常に頻繁に使用されている、とても身近な言葉の1つです。 「大変恐縮ですが」という言い回しの場合は、どのような意味やニュアンスで使われているのか、知っておきたいところです。 「大変」という言葉の意味について、「goo辞書」では、以下の引用のように説明しています。 引用の内容から、「大変」という言葉には、さまざまな意味が含まれていることが読み取れます。 名詞や形容動詞として、「大変」が使用されている場合は、重大な事件や物事の程度が深刻であること、苦労などが大きいことを意味しているとされています。 一方で副詞として使用されている場合は、程度がはなはだしい様子を意味していると言われています。 [名・形動] 1 重大な事件。 大変事。 一大事。 2 物事が重大であること。 また、そのさま。 3 苦労などが並々でないこと。 また、そのさま。 [副] 程度のはなはだしいさま。 非常に。 たいそう。 「恐縮」の意味 続いて、「恐縮」という言葉の意味について、考察していきます。 「大変恐縮ですが」というフレーズに対して、難しそうなイメージや複雑そうな印象を抱いている方の中には、「恐縮」という言葉の意味がわからないために、上記のように感じているという方も、いらっしゃるでしょう。 この機会にぜひ、「恐縮」の意味について、確認してみて下さい。 「恐縮」の意味について、「goo辞書」では、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「恐縮」とは恐怖や恐れで身が縮まったりすくむことを意味していることが、読み取れます。 また、相手に迷惑を掛けてしまったり、相手からの厚意を受け取ったりした際に、申し訳なく感じたり、おそれ多いと感じたりすることを意味するケースもあります。 1 おそれて身がすくむこと。 2 相手に迷惑をかけたり、相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと。 おそれいること。 また、そのさま。 使い方【1】:お忙しいところ大変恐縮ですが 「大変恐縮ですが」という言い回しの意味を理解したところで、続いては使い方について、考察していきます。 「大変恐縮ですが」という言い回しを、文章や会話で使用したい場合、どのような形で使えば良いのか、さまざまなフレーズを使用した例文をご紹介していきます。 例文を通して、「大変恐縮ですが」という言い回しの実践的な使い方について、考えてみましょう。 「大変恐縮ですが」を使用したフレーズの中でも、特に頻繁に使用されるのが、「お忙しいところ大変恐縮ですが」というフレーズです。 以下の例文のような使い方ができると考えられます。 ・お忙しいところ、大変恐縮ですが、〇〇様はいらっしゃいますでしょうか。 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、ご確認お願いいたします。 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、本日中にご返信いただけますよう、お願い申し上げます。 使い方【2】:大変恐縮ですが宜しくお願い致します 上記でご紹介した、「お忙しいところ大変恐縮ですが」という言い回しと並んで、「大変恐縮ですが」を使用した言い回しの中でも、特に使用されることが多いのが、「大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします」というフレーズです。 相手に何かを依頼したり、やってもらったりする際に、使用されることが多いと考えられます。 ・大変恐縮ですが、時間厳守ということで、よろしくお願いいたします。 ・急なお願いで大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。 ・大変恐縮ですが、明日までにご回答頂きますよう、よろしくお願いいたします。 社会人として働いていると、クライアントや顧客、消費者などから、クレームや苦情が入ることもあります。 そのような場合の対応として、相手に事情を理解するよう、お願いしなければならないケースもあるでしょう。 上記のようなシチュエーションで、使い方を覚えておくと何かと役立つ可能性がある言い回しが、「大変恐縮ですがご理解」というフレーズです。 ・大変恐縮ですが、納期の件についてはご理解頂きますよう、お願い申し上げます。 ・大変恐縮ですが、ご理解頂けますと幸いです。 ・ご迷惑をお掛けしているところ、大変恐縮ですが、ご理解頂きますよう、お願い申し上げます。 使い方【4】:大変恐縮ですが何卒 ビジネスシーンでは、日常的な会話では、あまり使用しない言い回しや言葉も、使用することになるケースがあります。 「何卒」という言葉もまた、日常の会話では使用しないものの、ビジネスシーンや公の場ではよく使われる言葉の1つと言えるでしょう。 そこで続いては、覚えておくと何かと役立つ、「大変恐縮ですが何卒」というフレーズについて、例文を通して見ていきましょう。 ・大変恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、ご検討いただきますよう、何卒お願い申し上げます。 ・大変恐縮ですが、契約の件につきましては、何卒よろしくお願い申し上げます。 「大変恐縮ですが」の類語・言い換え表現 続いては、「大変恐縮ですが」という言い回しの、ビジネスにおける使い方について、考察していきます。 「大変恐縮ですが」という言い回しは、ビジネスシーンや公の場で使用されることが多い言い回しです。 「大変恐縮ですが」という一言を加えるだけで、相手への気遣いなどを表現できるケースもあり、相手からの印象も変わる可能性があります。 ですから、この機会にぜひ、ビジネスにおける適切な「大変恐縮ですが」の使い方についても、考えてみましょう。 ビジネスでの使い方【1】:メール ビジネスにおける「大変恐縮ですが」の使い方の1つとして、メールで使用する方法が考えられます。 最近では、ビジネスメールにおけるやり取りをする会社も増えており、重要なやり取りなどもメールで行うケースがあります。 しかし、メールの場合は文章なので、直接会って話している時や、電話で会話をしている時に比べると、感情や考えなどが伝わりにくいこともあります。 そのため、必要な内容のみを淡々と記入しただけのメールだと、事務的で冷たい印象を相手に与えてしまう危険性があります。 そのようなときに、「大変恐縮ですが」などの一言を付け加えて挨拶をしたり依頼をしたりすると、文章にあたたかみが出たり、相手への気遣いが表現できたりする可能性があると言われています。 ビジネスでの使い方【2】:依頼 「~していただけますと幸いです」という言い回しもまた、「大変恐縮ですが」という言い回しと同様に、よく使われている表現の1つです。 「幸い」という言葉には、「ありがたい」「助かる」といった表現が含まれているため、依頼などをする際に、不躾な印象や強引なイメージを、緩和することができると考えられます。 ・可能でしたら、明日までにご返信いただけますと、幸いです。 ・間違いなどございましたら、ご指摘しただけますと幸いです。 ・お手数ですが、ご連絡いただけますと幸いです。 別の表現【2】:申し訳ありませんが 「恐縮」という言葉には、申し訳ない気持ちを表現する意味が含まれています。 ですから、「大変恐縮ですが」という言い回しは、「大変申し訳ありませんが」といったフレーズと、文脈や内容によっては、置き換えて使用できると考えられます。 ・申し訳ありませんが、時間厳守でお願い申し上げます。 ・申し訳ございませんが、先程の回答について、ご理解いただけますと幸いです。 ・申し訳ございませんが、本日中にご返信いただきますよう、お願いいたします。 「大変恐縮ですが」は便利な表現.

次の

「大変恐縮ですが」の意味と使い方・例文・類語|メール/ビジネス

大変 恐縮 なの です が

様々なやり取りを行うビジネスメール。 ビジネスメールのやり取りを行えば相手のビジネスレベルがわかる、とも言われており、相手への配慮をしつつわかりやすくコミュニケーションをとることは重要なポイントです。 最低限相手に失礼のないメールができるよう相手に配慮するメール文面を理解しておきましょう。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う場面とは相手にお願いするとき ビジネスメールで「お忙しいところ」というフレーズは、「相手に仕事や質問・問い合わせの回答を頼むなど、相手の負担になることをお願いするとき」に使います。 たとえば、添付した資料の確認を求めるときには、「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします。 」といいます。 ビジネスメールは相手に要求する内容が多いため「お忙しいところ」をよく使う 相手に商談の時間をとってもらいたいときには、「お忙しいところ申し訳ございませんが、打ち合わせの時間をとっていただきたく、お願い申し上げます。 」とします。 ビジネスメールの多くは、相手になんらかの要求をする内容です。 なので自然に、「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになるのです。 「お忙しいところ」のバリエーションを相手や場合によって使い分ける ここでは、ビジネスメールで使う「お忙しいところ」のバリエーションを紹介します。 【ビジネスメールの「お忙しいところ」のバリエーション】 「ご多忙中、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中のところ誠に恐縮ですが」 「ご多用中恐縮でございますが」 「ご多忙のところ大変恐縮ですが」 「ご多忙の折、お手数をおかけして恐縮ですが」 「ご多忙のところ、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中とは存じますが」 「お忙しい中、失礼いたします」 です。 丁寧なビジネスメールは「ご多忙のところ大変恐縮ですが」を使う これらのバリエーションの中から、メールの用件に合ったものを選んで使いましょう。 丁寧なのは、「ご多忙のところ大変恐縮ですが」というように、「ご多忙」「お忙しいところ」と「恐縮」という言葉をセットにすることです。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う締めくくりは「よろしくお願いいたします」にする ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは大抵、自分の都合で質問や問い合わせ、仕事などの頼み事をするときでしょう。 なので、そのようなビジネスメールを書くときには、用件を持ちだすときに「お忙しいところ」を使い、メールの締めくくりは「よろしくお願いいたします」と書きましょう。 ビジネスメールでは相手に指図しないのがマナー また、「お忙しいところ」を書いたとき、相手に「指図をしない」ようにしましょう。 たとえば「早めのお返事、お待ちしております」というような書き方は、忙しいとわかっている相手に「早く返信しろ」と指図しているのでNGです。 反対に、「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるのでしてはいけません。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは相手に合わせた書き方にする 以上が、ビジネスメールにおける相手に対しての「お忙しいところ」の使い方についてです。 「お忙しいところ」というフレーズは、ビジネスメールでは相手に対してよく使うので、使い方はきちんとおさえておきましょう。 バリエーションも覚えておくと、用件や相手に合わせた書き方ができます。

次の