茨城空港 ツアー。 旅行・ツアー > 国内旅行 > エースJTB 茨城空港発北海道 / エバーグリーンツーリスト

茨城空港に関する 旅行・ツアー一覧

茨城空港 ツアー

1日に運行する本数は、スカイマークの2本です。 始発便の出発時刻は8時00分、最終便の出発時刻は18時45分です。 搭乗手続きにかかる約40分、1時間15分のフライト時間と合わせて、三宮駅から茨城空港までは2時間15分程度かかります。 三宮駅から水戸駅まで列車を利用する場合、5時間程度かかります。 飛行機を利用すれば列車よりも3時間程度も短時間で移動できます。 早期購入割引1日前の料金は11 100円、早期購入割引3日前の料金は10 100円です。 スカイマークでは、座席の残数によって運賃が変動するいま得を利用できます。 いま得を利用した場合の料金は6 900円です。 列車の場合、料金は16 780円です。 3日以上前から飛行機の航空券を予約すれば、列車よりも6 500円以上もお得になります。 飛行機を利用する場合、早期購入割引3日前といま得では、いま得のほうが3 000円程度お得です。 そのため、出張や帰省、旅行のスケジュールが既に決まっている場合は、できる限り早く航空券を予約して、いま得を利用すると良いでしょう。 茨城県の人気スポット・グルメ 茨城県には、日本三名園のひとつに数えられる「偕楽園」、日本百名山の中でも比較的登りやすい山として知られている「筑波山」、サメの飼育数日本一を誇り、マンボウやラッコなど約580種68 000点の世界の海の生物に会うことができる「アクアワールド茨城県大洗水族館」などのスポットがあります。 グルメは茨城県を代表する冬の味覚のあんこうを使用した「あんこう鍋」などを味わえます。 茨城県、茨城空港のお土産 茨城県のお土産では白あんを求肥としその葉で包んだ「水戸の梅」、ミルクとたまごの深い味わいが魅力の「おみたまプリン」などのお土産が人気です。 また、茨城空港では、県のキャラクター「ハッスル黄門」が刻印された空港限定のどら焼きや茨城県産のさつまいもを使用した「そらすぃーとぽてと」などのお土産を購入できます。

次の

茨城空港に関する 旅行・ツアー一覧

茨城空港 ツアー

1日に運行する本数は、スカイマークの2本です。 始発便の出発時刻は8時00分、最終便の出発時刻は18時45分です。 搭乗手続きにかかる約40分、1時間15分のフライト時間と合わせて、三宮駅から茨城空港までは2時間15分程度かかります。 三宮駅から水戸駅まで列車を利用する場合、5時間程度かかります。 飛行機を利用すれば列車よりも3時間程度も短時間で移動できます。 早期購入割引1日前の料金は11 100円、早期購入割引3日前の料金は10 100円です。 スカイマークでは、座席の残数によって運賃が変動するいま得を利用できます。 いま得を利用した場合の料金は6 900円です。 列車の場合、料金は16 780円です。 3日以上前から飛行機の航空券を予約すれば、列車よりも6 500円以上もお得になります。 飛行機を利用する場合、早期購入割引3日前といま得では、いま得のほうが3 000円程度お得です。 そのため、出張や帰省、旅行のスケジュールが既に決まっている場合は、できる限り早く航空券を予約して、いま得を利用すると良いでしょう。 茨城県の人気スポット・グルメ 茨城県には、日本三名園のひとつに数えられる「偕楽園」、日本百名山の中でも比較的登りやすい山として知られている「筑波山」、サメの飼育数日本一を誇り、マンボウやラッコなど約580種68 000点の世界の海の生物に会うことができる「アクアワールド茨城県大洗水族館」などのスポットがあります。 グルメは茨城県を代表する冬の味覚のあんこうを使用した「あんこう鍋」などを味わえます。 茨城県、茨城空港のお土産 茨城県のお土産では白あんを求肥としその葉で包んだ「水戸の梅」、ミルクとたまごの深い味わいが魅力の「おみたまプリン」などのお土産が人気です。 また、茨城空港では、県のキャラクター「ハッスル黄門」が刻印された空港限定のどら焼きや茨城県産のさつまいもを使用した「そらすぃーとぽてと」などのお土産を購入できます。

次の

格安旅行や格安ツアーは名鉄観光

茨城空港 ツアー

行き方いろいろ!HISの北海道旅行• テーマ・特集で選ぶ北海道旅行• 北海道 人気ホテルから選ぶ• トマム 星野リゾート トマム ザ・タワー 新千歳空港から車で約90分の山岳リゾート。 夏は雲海テラスや大自然満喫のアクティビティ、冬はスキー・スノーボードに氷の街アイスヴィレッジなど、1年を通して様々な楽しみ方ができます。 札幌市 札幌ビューホテル 大通公園 大通公園に隣接したホテル。 都心にありながらも自然に囲まれた静かな立地。 富士の溶岩で作られた武藏窯で焼くグリル料理や、和洋中50種類の料理が並ぶ朝食ビュッフェが人気です。 札幌市 札幌グランドホテル 札幌駅から地下直結で徒歩約8分の好立地ホテル。 2019年12月に創業85周年を迎える老舗で、伝統に裏打ちされた細やかな応対に定評があります。 2つの会場から選べるこだわりの朝食も人気です。 函館市 ラビスタ函館ベイ 「朝食のおいしいホテル」として有名な函館ベイエリアのホテル。 大正ロマンをイメージしたクラシカルな客室、ロマンチックな夜景を一望できる最上階の温泉など、ちょっと素敵な函館の旅におすすめです。 函館市 函館国際ホテル 函館駅から徒歩8分の便利なロケーションに建つホテル。 北海道産の食材が豊富なビュッフェ、オリジナル海鮮丼が楽しめる朝食が人気です。 本館最上階には2018年に新設された天然温泉展望大浴場も。 函館市 平成館 海羊亭 函館 湯の川温泉にあり、幻と言われる希少な赤湯を楽しめる宿。 開放感たっぷりの最上階の露天風呂からは、昼は函館市内や津軽海峡の景色、夜はロマンチックな夜景を堪能できます。 登別 登別石水亭 北海道を代表する名湯・登別温泉の温泉リゾートホテル。 山々の景色を楽しむ空中露天風呂や展望大浴場、地産地消の食材を使ったバイキングなど、四季を通じて楽しめる施設が充実しています。 知床 知床第一ホテル 知床ウトロ温泉の高台に位置し、知床観光や流氷観光に大変便利なホテル。 展望大浴場は湯冷めしにくく、肌がしっとりする美人の湯として知られるウトロ温泉を堪能できます。 知床 KIKI知床 ナチュラルリゾート 森と樹々のなごみを感じるナチュラルリゾート。 大浴場の露天風呂は100%源泉かけ流しです。 夕食はキャンプをイメージした室内アウトドアブッフェスタイル。 鉄板焼きや燻製も堪能できます。 釧路 あかん遊久の里 鶴雅 阿寒湖の西側に建つ温泉宿。 阿寒湖と雌阿寒岳のパノラマを一望できる空中露天風呂、阿寒湖との一体感を味わえる庭園露天風呂など、趣の異なる湯めぐりが楽しめます。 地場の鮮な海山の幸を使った食事も自慢です。 発着地で北海道旅行・ツアーを探す• 北海道旅行をもっと充実!おすすめオプション 北海道旅行でよくある質問• 北海道ってどんなところ? 都道府県で一番大きい自然豊かな島。 海に囲まれているため特に海産物がおいしい。 四季がはっきりとしており、夏は自然の中でのアクティビティ、冬はスキーやスノボなど1年を通して楽しめるため、最近は外国人観光客にも人気です。 北海道旅行のおすすめ時期・ベストシーズンは? 梅雨がなくさわやかな初夏から夏にかけては森のアウトドアが楽しめる時期。 7~8月は気温は上がるものの、本州に比べて湿度は低めなので快適に過ごせるでしょう。 また1~2月はスノーアクティビティのベストシーズン。 さらさらのパウダースノーが楽しめます。 北海道旅行は何泊がおすすめ? グルメを目的とした札幌のみの1都市滞在でしたら1泊2日でもいいでしょう。 しかしせっかくなら2~3泊してニセコ、富良野、旭川などまで足を延ばし、札幌近郊では体験できない様々なアクティビティや観光を楽しむことをおすすめします。 さらに延泊して道東まで足を延ばせば、釧路湿原や、冬なら流氷も楽しむことができます。 北海道旅行のおすすめ旅程・ルートは? 初心者ならまずは札幌を拠点に、お隣の小樽、余裕があれば特急で1時間半ほどの旭川まで行くのがおすすめ。 札幌では名物グルメを、小樽では運河や歴史的建造物の見学、旭川では子供に人気の旭山動物園の観光はいかがでしょうか。 2回目以降ならレンタカーでニセコや富良野まで足を延ばし、思いっきり自然を楽しむのもいいでしょう。 北海道のおすすめのアクティビティは? やはり冬のスキー、スノボ。 本州とは一味違うさらさらのパウダースノーを存分に体験するには、ニセコ、トマム、サホロがおすすめ。 時間がない場合は札幌近郊にも規模の大きいスキー場がいくつもあるので、そちらでも十分です。 夏も富良野のラベンダー畑や、大自然に囲まれた知床五胡、トマムの雲海テラスなど魅力がたくさんあります。 北海道で食べたいおすすめグルメは? 海鮮は大抵おいしいですが、北海道で特におすすめしたいのはイクラ、ウニ、カニ。 特にイクラとウニは海に近い市場に行くと、高品質なものをお得に食べることができます。 他にもジンギスカン、ラーメン、大通公園の焼きとうきび(トウモロコシ)、夕張メロンなど、北海道でおいしいものには事欠きません。 北海道で買いたいおすすめ土産は? 北の玄関口である新千歳空港には、北海道物産展を思わせるような土産物店が軒を連ねています。 滞在中は思いっきり楽しんで、帰るときにまとめて買うと効率がいいでしょう。 定番のラングドシャやとうきびチョコはマストで。 しかし小樽のガラス細工や富良野のラベンダーオイルなど、現地で買ってこそのお土産もまた思い出に残るものです。 北海道のイベント情報が知りたい 最大のイベントは毎年2月ごろに行われる「札幌雪まつり」。 1950年からと歴史は長く、今では国内外から200万人以上も訪れる大きなイベントとなりました。 夏のイベントでおすすめめしたいのは「洞爺湖ロングラン花火大会」4月の終わりから10月末まで、なんと毎日花火が打ちあがります。 洞爺湖温泉に1泊して花火鑑賞するのもいいでしょう。 真冬は氷点下になるものの、室内は汗ばむほど暖房が効いていることもあるので、調整できる服を準備しましょう。 春、秋は暖房がそこまで効いていない分、逆に寒く感じるかもしれません。 本州よりは一枚余分に着るつもりで。

次の