アレン ゲイ。 整形男子アレンが語るパトロンの存在「19歳から支援してくれる」

整形男子アレンが語る失敗施術。整形9000万円のパトロンは誰?

アレン ゲイ

on Jun 2, 2019 at 7:22pm PDT Matt(マット)がオネエなのかどうかは、2017年にテレビ番組『人生が変わる1分間の深いい話』の中で 否定していたことがあるわね。 オネエを否定するというよりは「 大学に入って1週間ですぐに彼女ができました」と、マットが言っていたことから、 マットの恋愛対象は女性という認識が広まった感じかしら。 まあ、マットのように優しくてルックスもよかったら、子どもの頃からモテ人生を歩んできたことは容易に想像がつくわよね。 ちなみに マットの好きな芸能人は女優の 矢田亜希子さん。 矢田亜希子さんに会えたときのことをインスタグラムにも投稿していたけど、そのキャプションには「ほんっと美人。 大好き!」と書いているわね。 ただまあ、このコメントは恋愛対象としてというよりは、憧れの人に会えた喜びを表現しているわけだから、マットが絶対に女性だけが恋愛対象とは言えないんじゃないかしら。 インスタグラムでゲイをカミングアウト? Matt(マット)はテレビやインスタグラム、ブログなどで、正式にゲイやバイセクシャルであるとカミングアウトはしていないわ。 でもここ最近のインスタグラムの投稿を見ていると、ゲイであることを感じさせる投稿はあるわね。 Matt(マット)の恋人はドイツ人モデル? on Jun 30, 2019 at 9:34pm PDT 最近マットのインスタグラムに頻繁に登場するのがこちらの彼ね。 ドイツ人モデルのマーヴィン(通称マフィン)() マットはこの写真のキャプションに「 My Everything」と書いているわ。 「My Everything」の意味は「わたしのすべて」。 外国では、 恋人やパートナー、自分の子どもなどの大切な人を表現するために使う言葉ね。 この「My Everything」に続けて、マットは ハートやレインボーの絵文字も使っているわ。 レインボーはLGBTQ ( レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クエスチョニング)の祭典 『プライド』のアイコンとして使われることが多いの。 6月、7月には毎年ニューヨークやロンドンで大規模な『プライド』のお祭りも行われているから、それにの関連させて、レインボーの絵文字を使っている可能性があるわね。 ファンからのメッセージ対しても「 He is my everything」と返していたわ。 マフィンとの2ショット写真のキャプションには「#MM兄弟」「#mmbrothers」と言ったハッシュタグも使われているので、ただの超仲良しな友達というだけの可能性もあるけどね! Matt(マット)は圧倒的に女友達が多い Matt(マット)には男友達よりも圧倒的に女友達の方が多いわね。 コスメの話も、女の子の方が盛り上がりやすいのはもちろんだし。 大学時代の友達との写真をインスタグラムにも、たまに投稿しているんだけど、全員女の子ね!.

次の

整形男子アレンが語る失敗施術。整形9000万円のパトロンは誰?

アレン ゲイ

パトロンってどんな人? アレンはね…アァンッ シンガポールの、最高級癒しの丘、そう呼んでおります、 デンプシー・ヒルのPS. アレンの場合、人によって1回きりだったり、継続的におつきあいしたり……と違うんですけど、19歳の頃から支援してくれる人がずっといるんです。 多いときは5人ぐらいいることもあります。 ただ、審美歯科の費用は複数の人に出してもらったわけではなくて、その人だけ。 『アレンがそうしたいならいいんじゃない』ってポンと払ってくれた。 今もふつうに仲はいいけど、以前ほどお互いに必要としあってるって感じでもないかな。 なんかそういう時期ってあるんですよ。 お互いしばらく離れてる時期もあれば、離れていたおかげでまた好きになっちゃうみたいなこともあるし。 相手の方が『アレンと一緒にいたい』って思ってくれてるうちは、その気持ちが続くよう、僕も最大限努力するけど、もし向こうの気持ちが冷めてきたら、しつこくしたくない。 どんなにおいしいごちそうだって、ずっと食べてたら飽きちゃうって気持ち、アレンにも分かるから。 だから、『またね』ってあっさり別れちゃう。 メンテンナンスはけっこう大変。 どうしても自分の歯と、かぶせた歯の間に段差ができるので、ふつうの人より食べ物がつまりやすいし、歯周病になりやすいんですよ。 だから、週に1回ペースで歯医者に通っているし、歯磨きも1回あたり約40分近くかけて丁寧にやってます。 気軽に整形が出来る時代ではありますが、予算とリスクを考えて、それなりの覚悟を持ってから挑戦した方が良いみたいですね。 【アレン】 整形に1500万円以上をかけた「日本一謎の整形男子」として2014年にバラエティ番組にデビューし、一躍話題に。 公式ブログ「」 <取材・文/島影真奈美 撮影/林 紘輝>.

次の

アレンとヴァニラが喧嘩した修正無し写真はNGで削除?因縁の写メ画像は?

アレン ゲイ

KONTABLOID PA-NYsinger ニューヨークのゲイ・シンガー こん太 僕のお気に入りのシンガー=ソングライター、ピーター・アレン Peter Allen をご紹介します。 そう、ちょうど彼がの中で歌ったように…。 彼女が歌うこの曲が大好きだったので、同じ頃リリースされ雑誌などでも紹介されていた彼自身のアルバム「I COULD HAVE BEEN A SAILOR」も聴いてみたいと思ったもののレコードを買うまでには至らなかった。 翌1980年の春には竹内まりやが「LOVE SONGS」というアルバムで彼の書きおろしのをとりあげ、再び彼に注目。 でも、本当に彼に興味を持ったのはもう少し後のこと。 その頃、高校生の僕は映画大好き少年で、毎月2・3種類の映画雑誌は必ず買っていたのだが(当時の僕のアイドル、ライアン・オニールが目当てで…)、そのうちのひとつ「スクリーン」誌の1980年10月号の音楽関係のページで彼が次のように紹介されていた。 ピーター・アレンは1944年にオーストラリアの小さな町テンターフィールドに生まれた。 幼少の頃からピアノを習いショウ・ビジネスに憧れていた彼は、10代に入るとロックンロールに夢中になり、シドニーへ出て歌手のクリス・ベル Chris Bell とコンビを組んでTVに出演したりしていたが、この頃の共演者には今ではスーパースターになったヘレン・レディー Helen Reddy やオリビア・ニュートン・ジョン Olivia Newton-John がいたという。 やがてピーターは日本や香港のホテルやクラブのステージに立つようになる。 彼の達者な日本語はこの時に覚えたものらしい。 1964年、香港のヒルトン・ホテルでうたっている時に俳優のマーク・ヘロン Mark Herron と新婚旅行にやってきたジュディー・ガーランド Judy Garland の目にとまり、ジュディーは彼らを自分の前座としてアメリカへ連れていった。 そしてピーターは1967年、ジュディーの娘ライザ・ミネリ Liza Minnelli と結婚するが、数年で別れている。 その後ピーターはソロ歌手として1971年にメトロメディアからデビューLPを発表。 このタイトル曲はリタ・クーリッジ、メリサ・マンチェスター Melissa Manchester も録音しており、またかつてのオリビア・ニュートン・ジョンの大ヒットも彼の作品である。 1975年、ヘレン・レディーの日本公演の前座とつとめて来日した。 (K) 彼は、当時ゲイであることを隠していない数少ない歌手の一人だった。 彼がゲイだと知って、彼の作品をぜひとも聴いてみたいと思うようになった。 ちょうどその年の終わり近くにピーターはニュー・アルバム「BI-COASTAL」を発表。 そのアルバムを大晦日に購入したのを覚えている。 曲自体のクオリティーの高さはもちろんのこと、ペイジズ Pages のコーラスが又よい!ピーターのヴォーカルと美声のペイジズのヴォーカルのからみがセクシーで、最高の効果をあげている。 作品は意味深なタイトル曲(BI-COASTALはBI-SEXUALをひっかけたものではないかと話題になった)に加え、ゲイの男でなければ決して歌わないで内容の せつない詞に注目! 、 (彼もゲイでしょう)と共作した名曲、竹内まりやがとりあげた作品を改作したなど、当時大流行していたAOR アダルト志向のロック サウンドのラインで作られていながらも、それらのように使い捨てられるものとは一線を画する永遠の輝きをもつ作品集であった。 そのアルバムを買って一週間後、僕は前作の「I COULD HAVE BEEN A SAILOR」をあちこちのレコード屋に探し回った。 そしてやっと見つけた時は、「このレコードは僕に買われるためにここにあったんだ」と思い入れ過度になるほどうれしかった。 このアルバムもジャケットからしてゲイ感覚があふれている。 曲はゲイが自分自身をポジティヴに受け入れることを歌った(僕の解釈)、ゲイのカップルの生活を描写したと思われる、コレット Colette 、プルースト Proust おまけにルー・リード Lou Reed などのゲイまたはバイのアーティスト達の名が出てくる歌、加えてあの名曲に今やセミ・スタンダード?となった(どちらも、ピーターの友人で作詞家のキャロル・ベイヤー・セイガーCarole Bayer Sagerとの共作)もこのアルバムに含まれていた。 このアルバムはピーター自身、自分のベストだと言っている作品で、僕も非常によく聴いたものだ。 翌1981年はピーターに大きな事件があった年だった。 ピーターは飛び上がって大喜びだった。 ベットの名前が出たついでに、ここで彼とベット・ミドラーの関係についてちょっと一言。 又、ピーターはベットの前座としてウエスト・コーストに進出し、レコーディングの契約を結んだという。 そんな昔からの仲間である彼女からオスカーを受け取ったのは感激であっただろう。 受賞曲発表の前にベットがノミネートされている曲をいつもの彼女らしく、おもしろおかしく、ダーティー&ワイルドに紹介していったのだけれども、この曲のときは「いい曲です」のひと言だけだったのが印象的だった。 この時期 1979年から1981年あたり がピーターのキャリアの中で一番ピークの時だったようである。 ちょうどAIDSという病気が現れる前の、アメリカのゲイ達が一番元気だったころと一致するのは皮肉な偶然。 その後、僕は彼の古いレコードをどんどん買い集めていったのだが、そうこうするうちに1983年の春、ピーターはアリスタへ移籍して新作「NOT THE BOY NEXT DOOR」を発表。 この作品には正直言ってガッカリしてしまった。 まずジャケットが最悪。 いくらピーターのファンの僕といえども不気味としか言いようのないしろもの。 おまけに、かつてスタンダードのをとりあげた時とは違って、ピーターがとりあげる必然性のない二流AOR作家の作品が含まれているし(アリスタの社長クライブ・デイヴィスのさしがね?)、アレンジも大げさすぎてよくない。 でも、その2年後 1985年 にでた「CAPTURED LIVE AT CARNEGIE HALL」は最高の出来でピーターは健在なりを印象づけた。 ここでは、アーヴィング・バーリン・メドレーや、人に提供していたもので、彼自身は今までレコード化していなかった作品もいろいろ聴くことができる。 ピーターの集大成的アルバムである。 そのライブ・アルバムをリリースしたのち、彼に関する情報はまったく入ってこなくなり。 時代が時代だけに「もしかしてAIDSで亡くなったのでは…」と、僕はこれまでのレコードを聴き直しては思っていた。 後でわかったことなのだが、実はこの時期、彼は自作のミュージカル「LEGS DIAMOND」にかかりきりになっていたようだ。 次に彼と再会したのは、1989年の1月14日の朝日新聞の夕刊(なんと写真入り)「ピーターはまだ生きていた!」と妙に感動してしまった。 その記事は次のようなものであった。 制作費五百万ドルを投じたこの舞台は、禁酒法時代のギャングの物語。 脚本はハーベイ・ファイアスティーン(注:Harvey Fierstein あの「トーチソング トリロジー」の脚本&アーノルド役の彼です)。 オーストラリア生まれの、ピーター・アレンが主演した。 初日の劇場には、正装したニューヨーカーが詰めかけ、客席からは大きな拍手が起きた。 が、閉幕直後に出たニューヨーク・タイムズ誌の批評は、 「大きく、新しいブロードウェー・ミュージカルと自称しているこのショーは、別に大きくも、新しくも、音楽的でもない」と手厳しい。 (ロイター) 同時期に出たでも、このミュージカルはめちゃくちゃ酷評されていた。 5年がかりで取り組んできた作品が失敗で、彼はどんなだったろうか。 AIDSをテーマにした曲とを熱唱。 その年の秋には、待ってました!のニュー・アルバム「MAKING EVERY MOMENT COUNT」を発表。 このアルバムには、AIDS Concertで歌った2曲に加え、メリサ・マンチェスターやあの美男ハリー・コニックJr. Harry Connick,Jr. とのデュエット曲、又、マルティカ Martika がヴォーカルで参加した作品なども含まれたゴージャスなものであった。 僕はもう、スタジオ録音としては7年ぶりの新作の登場に感激。 これからどんどん新作を発表してくれるのでは、と期待し喜んだのもつかの間、やっぱりあの病気の猛威は彼を素通りしなかったようだ。 1992年6月18日 AIDSのためサンディエゴの自宅で48歳で死去。 「ライザ・ミネリの元夫がエイズで死去」とされたのは、まだ記憶に新しい。 実際、彼の曲は今までも多くの歌手にとりあげられてきた。 例えば、次のようなぐあいである。 彼が亡くなってしまって、これからも彼の作品が人々によって歌い継がれていくかどうかわからないけれども、少なくとも僕とピーター・アレンの歌とのつきあいはこれからも続くに違いない。 ありがとう、PETER!! 彼の歌うがラストに流れた。 2 1983年、三宅一生 Issey Miyake の作品写真集「BODY WORKS」 小学館 にモデルのひとりとして登場。 イッセイはピーターがお気に入り? 3 の中でピーターはディオンヌとをちょっぴりデュエット。 4 詩人でシンガー=ソングライターの とは交流があったようで、ピーターは彼にという曲をプレゼント。 そのタイトルを見て私は驚いたが、歌詞を読み、曲を聞くと、その歌がとても好きになり、その日のうちにレコーディングした。 当時私のレコードを発売していたワーナー・ブラザーズは、「商売にならない」と言ってこのレコードの発売を拒否した。 私は現在でも折を見てこの歌をコンサートで歌ったり、友人たちのまえで歌ったりしている。 街角で歌ってもいいくらいに気に入ってるし、最近ではシンシナティ交響楽団をバックに歌ったりした。 6 にアル・ジョルスン Al Jolson に扮した彼が登場。 アメリカでの知名度は日本にそれと比べものにならない。 7 彼のアルバムのSpecial ThanksのところにいつもみられるGregory Connellなる人物が、彼の恋人であったのではないか?(注:実際にそうであったことが後に彼の伝記より判明) 8 1981・2年頃、 のアメリカ国内大会にピーターがゲスト出演。 アメリカ各地からの美女に囲まれ、歌い踊った。 これは日本でもTV放映され、僕は偶然見ることが出来た。 彼のクイア?な踊りに、一緒に見ていた僕の父は「変な」印象をもったようだった…。 9 最後に「ローリングストーン・レコードガイド」に載ったStephen Holden氏によるピーター評を。 「ニューヨークのキャバレー・ミュージック界に君臨するアレンは、ノエル・カワード Noel Coward の都会的センスを思わせる最も新しい存在。 巧みに練り上げられたポップ・ソングは気障りなものからロマンティックなものまでさまざまである。 「TAUGHT BY EXPERTS」は洒落たディスコ調のやノスタルジックなが、ニューヨークのキャバレーの繊細さを芸術的な極致にまで高めている。

次の