岩手 コロナ なぜ。 岩手県

【岩手】「なぜ岩手は感染ゼロなのか?」問い合わせ相次ぐ…県幹部「東京まで新幹線の往復が3万円以上、おいそれと遊びには行けない」│エンがちょブログ

岩手 コロナ なぜ

岩手県のコロナウイルス感染者はなぜいない?食材や特産品も関係か! 岩手県のコロナウイルス感染者が現在いない理由について考えられるのは4つです。 盛岡駅にある新幹線の2か所の改札口にサーモグラフィーカメラを設置されているそうです。 体温の高さを色で識別できる仕組みで、 県の職員がモニターを見ながら体温が37度5分以上の人がいないか一人ひとりチェックしていました。 nhk. html 外出自粛はどの県でも行われていますが、利用客の多い駅で検温を実施しているところは少ないんじゃないでしょうか? 当初、政府が出した外出自粛は5月6日まで検温を続けるとしていた岩手県。 ですが、5月31日まで外出自粛の延長が決まったので、月末まで盛岡駅での検温も続けられるかもしれませんね。 感染症の専門の先生や政府も「ソーシャルディスタンス」として一定の距離を保つという対策を促されていますよね。 密閉・密集・密室の3密を避けるように指示されているので、人同士の距離が近いと感染者が増えてしまうことは分かっています。 北海道が47位なのに2次感染数が増加しているのは、別の問題がありそうですが。。 岩手県は、人口密度が低いから感染者がいないとも考えられます。 「外国人観光客の多い都道府県ランキング」で岩手県は41位。 元々は武漢や海外で広まった新型コロナウイルス。 外国人の保菌者などが日本へ持ち帰ってしまったことで爆発的に広まってしまったことが感染が広まった理由です。 岩手県に訪れる外国人観光客が少ないだけでも感染のリスクは物理的に少なくなるんじゃないでしょうか? 引用元: SNSでの意見 里帰り出産なら、千葉県の産婦人科から紹介状書いてもらって、岩手県の病院で対応できたと思う。 しかし院内感染の対策が出来ていないから断るって、コロナは随分前から騒いでるのに、、、。 これが悲しい岩手県の実態。 母子ともに無事だったのがせめてもの救い。 東北本線沿いを除けば広い面積に点在する小さな町や集落なので何となく頷ける。 道路は縦横斜めと比較的充実するも交通量は少ない。 そんな道沿いにある草ヒロ、20年前の主力だった面々だが姿を消して久しい。 時の経つのは早いもので…。 — さすらいの経理課長 MiyagiSuper 今のところ岩手県はコロナウイルスに汚染されていないが、県民は慎重だ。 東京で出されている注意事項を我がことの様に聴いて実行している。 だから、桜真っ盛りの不来方城跡公園にも人はいない。 — 盛岡のゴリさん 2019年12月:橫浜から盛岡に転居) akasyats1 岩手県でまだコロナ出てないのはなぜか?岩手県民、2月下旬頃から外出自粛してます。 感染者ゼロなのにコロナをおさめたくて厳戒レベルの自粛してる、岩手県人は皆!私は県外だけどこの人たちが大好きだ。 この人たちのこと何も知らないで勝手なこと言う人間は許さない — 南香28号 nankou28.

次の

岩手県のコロナウイルス感染者はなぜいない?4つの理由や食材も関係か!

岩手 コロナ なぜ

Contents• 隠蔽されているかもしれないと、 疑っているようですね。 検査数が少ないことに関しては、 何も岩手県に限ったことではなく、 日本全国の方針だと思われます。 「検査件数を更新しました」 ってあるけど、どこで見れますか? クリックしても見れないんですが。 岩手県が運営している、 『新型コロナウイルス感染症に関する情報』 のページを見てみると、 相談件数が1日あたり 10数件程度しかない日が続いています 一般の相談に関しては、 多い日でも5~6件です。 このような少ない数字を見て、 県民は不安になり、 岩手県が感染者数を隠蔽していると 勘ぐってしまうのではないでしょうか。 その点を踏まえたうえで、 隠蔽について考えてみましょう。 岩手県が隠蔽しているとしたら、 その理由はやはり、 経済的な問題が 一番大きいのではないでしょうか。 自然に育まれた岩手県は、 宮沢賢治の生まれとしても有名ですね。 お寺やレジャー施設、 アウトドア体験など、 これから暖かくなるに従って、 観光ビジネスが栄えるシーズンを迎えます。 ところが新型コロナの 感染者が出たとなれば、 県全体の観光産業が 成り立たなくなります。 もちろん、観光だけではなく、 一般企業や個人の活動も 収縮してしまいます。 そのような事態を避けるために、 検査数をコントロールしているのでは ないでしょうか。 日本政府の方針として、 医療機関における検査数を増やさないのは、 医療崩壊を避けるためだった という説があります。 実際にイタリアでは、 政府が国民に検査数の制限を 伝えなかったために、 ごく些細な症状の人も病院を訪れる という事態が発生しました。 それにより人が密集し、 病院内での感染が広まってしまったのです。 医者にまで感染が広まったため、 完全に医療崩壊を起こしてしまいました。 その点日本は、国民に対し、 病院に行っても重症でない限り 検査には及ばないと、 メディアを通じて伝えました。 結果、マナーの良い日本人は、 我先に病院に訪れるようなことは しませんでした。 うがいや手洗いなど、基本的な対策も、 日本人はよく実践していると思います。 そのような先手の対策が功を奏したため、 感染した数の爆発的な増加を 食い止めることに成功した、 ともいえます。 当ページに記載してある内容は、 岩手県の公表に基づくものではありません。 その点に留意して 読んでいただければ幸いです。 以下もどうぞ!.

次の

神戸新聞NEXT|総合|なぜ?!岩手で新型コロナ感染者ゼロ…

岩手 コロナ なぜ

今回は、全国で広がっているコロナウイルスの感染者がなぜ岩手で出ないのか、東京などからの「コロナ疎開」で岩手の病床は大丈夫なのかについて紹介していきます。 全国で猛威を振るっている「コロナウイルス」。 4月10日に、46都道府県で感染者が確認され、残る未確認の自治体は岩手県のみとなりました。 そこで、なぜ岩手県では確認されないのか調べてみました。 また、東京などの緊急事態宣言が出された地域からのいわゆる「コロナ疎開」の影響についても紹介します。 それでは、コロナウイルスの感染者がなぜ岩手で出ないのか、東京などからの「コロナ疎開」で岩手の病床は大丈夫なのかについてお届けします。 是非最後までご覧下さい。 4月9日・10日と最後に残っていた3県のうち、島根県と鳥取県で感染者が確認されて、残る未確認の地域は岩手県のみとなってしまいました。 そこで、岩手県でなぜ感染者が出ないのか調べてみました。 ネット上のある記事では、「岩手独自の対策があるのか?」と疑問に思って、岩手県に取材したそうですが、、、 帰ってきた答えは、 「もしあれば、こちらが教えてほしい」とありました。 どうやら岩手県民の皆さんも、他の都道府県民の皆さんと同じく、手洗いうがいといった基本の対策を呼びかけているようです。 そこで、思い当たるのが次の2つの点です。 人口が少ないこと。 県の面積が大きいこと。 まず人口ですが、、、 岩手県の人口は 約122万人で、全国で 30番台と人口が少ない県です。 もちろん人が少なければ、接触する人数が減って感染のリスクは下がりますね! 次に県の面積ですが、岩手県の面積は 約15,000㎢で全国で 2番目の広さです。 人口密度も 80. ちなみにツイッターにもありますが、岩手県の県庁所在地盛岡市の人口は約29万人で、これは東京都の豊島区とほぼ同じ人口になります。 しかし面積を見ると、盛岡市は886㎢に対して豊島区は13㎢と大きく開きがあります。 つまり、岩手県では感染者が増えている東京などのように人が密集することがなく生活していることになります。 岩手県では盛岡市の人口が一番多いため、他の市町村はもっと少なくなります。 また盛岡市よりも面積が大きく、人口密度が低い市町村もあります。 このことから、 人口の少なさと県の面積の大きさが、少なからず影響していると思われますね! 感染者が出ていないのは本当? 感染者が確認されていないことは良いことなんですが、、、、、 一部では、「検査してないだけなんじゃ?」などといった声も聞かれます。 確かに岩手県のPCR検査数は、 全国で最も少なくなっています。 実態については専門家ではないので分かりませんが、濃厚接触者などにはしっかり検査をしていて、陰性が確認されています。 もちろん闇雲に検査をすれば良いというわけではありませんので、疑われる人にしっかりと検査をしてこの検査数になっている思います。 検査数に関しては、岩手県に検査をする機関が少なく1日の検査数の上限が少ないというのも関係しているかもしれませんね。 島根・鳥取・岩手の感染症病床数。 島根:12 鳥取:30 岩手:38 感染爆発が起きたら、あっという間に医療崩壊しそうです。 — ふる どうでしょう藩士 moonkiba 感染者が確認されていない岩手県ですが、1つ心配なことがあります。 普通ならば、帰省で久しぶりに再会したり、来県で観光業などに良い影響があるのですが、今回は心配されています。 ネット上で「コロナ疎開」という言葉まで飛び交っているように、コロナ感染者が確認された地域から、多くの方が訪れて岩手県で広まってしまうのでないかと言われています。 実際に盛岡市のバスターミナルには、首都圏からのバスから多くの方が降りてきています。 岩手県には、感染症の病床があまりありません。 そのため岩手県で感染が急速に広がってしまうと、重病の患者が入院できなくなったりする医療崩壊が起きやすくなってしまいます。 岩手県の達増拓也知事も、 緊急事態宣言の対象地域からの来県を自粛するように呼びかけており、どうしても来県した場合は 2週間の不要不急の外出自粛を要請しています。 緊急事態宣言の対象となっている7都府県の皆さんなどは、感染を広げないためにも自粛をお願いします! 岩手県民の反応は? 複雑な理由だけど、岩手が注目されました。 感染者ゼロだからってコロナ疎開はくれぐれもやめてほしい。 すでに避難民が来てるから感染者出るのも時間の問題。 地方の医療は脆弱なのです。 これ以上はやめてね。 — ホモと革ジャン wrx0323 それにコロナの検査や治療できる場所が他に比べてめちゃめちゃ少ないから、コロナ疎開で岩手に来るみたいなアホな選択はやめとけマジで。 自己責任。 — 乃助 gi4nosuke2 岩手に疎開してきても2週間『自粛』していただきますので、真面目に来ないでください。 時間とお金の無駄です。 — ランペイジこんくん Gathering Round! 岩手にコロナ疎開してごらん?万が一かかっても満足のいく治療は受けられない。 本気で来ない方いいよ — maya 4y*1y alice1011maya スポンサーリンク まとめ コロナから生き残った岩手県の遠野にあるカッパ淵へ、河童を釣りに行ったのはいい思い出。 岩手県民の皆さんも心配していますが、「感染者が出ていないから安心!!」などと言って、岩手県に行くのは絶対にやめて下さいね! では、コロナウイルスの感染者がなぜ岩手で出ないのか、東京などからの「コロナ疎開」で岩手の病床は大丈夫なのかについてお届けしました。 最後までご覧いただきありがとうございます。

次の