うだつ が 上がら ない の 由来。 「うだつがあがらない」の語源・由来など教えてください。「うだつ」...

「うだつが上がらない」の語源は徳島説!うだつとは?

うだつ が 上がら ない の 由来

平安時代は「うだち」といったが、室町時代以降「うだつ」と訛った。 本来は梁(うつばり)の上に立てる小さい柱のことを言ったが、そののち、自家と隣家との間の屋根を少し持ち上げた部分を「うだつ」と呼ぶようになった。 桃山時代に描かれた洛中洛外図屏風にはうだつのある長屋が描かれている。 桃山時代から江戸時代初期にかけては木製のうだつが存在するなど、当初は防火壁と言うよりも屋根が強風で飛んだりするのを防ぐ防風の意味合いや、また装飾的な意味合いが強かった。 その後、隣家と接するケラバ(切妻屋根の両端)部分の壁を少し持ち上げ、独立した小屋根を乗せたものを「うだつ」と呼ぶようになった(本うだつ)。 さらに、本うだつの下端が、平側の1階屋根と2階屋根の間の部分にまで張り出すようになり、その壁部分が小さい防火壁として独立し、これも「うだつ」と呼ぶようになった(袖うだつ)。 本来、町屋が隣り合い連続して建てられている場合に隣家からの火事が燃え移るのを防ぐための防火壁として造られたものだが、江戸時代中期頃になると装飾的な意味に重きが置かれるようになる。 自己の財力を誇示するための手段として、上方を中心に商家の屋根上には競って立派なうだつが上げられた。 うだつを上げるためにはそれなりの出費が必要だったことから、これが上がっている家は比較的裕福な家に限られていた。 これが「生活や地位が向上しない」「状態が今ひとつ良くない」「見栄えがしない」という意味の慣用句「うだつが上がらない」の語源のひとつと考えられている。 うだつの語源。

次の

うだつが上がらない

うだつ が 上がら ない の 由来

スポンサーリンク うだつが上がらないの語源とは? うだつが上がらないの語源は、大きく分けて二つあります。 そもそも「うだつ」とは何なのでしょう? うだつとは漢字で書くと 「梲」もしくは「卯建」と書きます。 うだつは瓦屋根に付いていて、家の屋根と隣の家の屋根の間にある仕切りの様なもので、防火壁や装飾のこと。 火事になった際、隣に火が燃え移るのを防ぐ役割をしています。 昔は家と家との間がとても狭く、このうだつが必要だったんですね。 どこかで聞いたことがあるなぁと思ったら徳島県美馬市や、岐阜県美濃市にある 「うだつのある街並み」のことですね! この辺りの地区では伝統的なこの街並みの保存に努めているそうですよ。 歴史的なものですから現在の建物にはありませんし、珍しいものなのですね。 うだつという言葉自体がわからないのも納得です。 そして 「うだつ」は、時代と共に役割が変わってきています。 室町時代には家の柱を支える梁と、屋根を支える棟木(むなぎ)の間に立てるものでした。 安土桃山時代になると上記にもあるように、うだつは防火壁としての役割へと変化します。 そして、江戸時代中期頃からは装飾として設置されることが多かったそうで、各家々では立派なうだつをつけるのがステータス。 立派なうだつをつけるにはそれなりの財力が必要で、比較的裕福な家に限られており、 立派なうだつを上げて財力をアピールしていたそうです。 つまり、 立派なうだつがある家=裕福な家「うだつが上がっている」となります。 その反対は「うだつが上がらない」つまり、 あまり裕福ではないという意味になるわけですね。 これが現代の意味に繋がる「いつまで経っても出世しない」「生活がよくならない」になるということです。 そしてもう一つの語源は、 「うだつ」が棟木に上から押さえつけられているように見えることから、上にいる上司に押さえつけられて出世出来ないという風に例えられ、「うだつが上がらない」となった、という説です。 例えば生活が苦しい様を、「 うだつが上がらない生活が続く」と表現するのに使います。 他には 「うだつの上がらない夫」、「あの人はいつまで経ってもうだつが上がらない」とか、 「うだつの上がらない男とは一緒になって欲しくない」など、少しネガティブな表現ではありますが、人物や経済的に苦しい様子に対して使う言葉です。 では、うだつが上がらないの類義語を紹介します。 似た意味で使用されることが多いのが 「甲斐性なし」これは「頼りにならない」様子を意味し、「甲斐性がない夫」などと聞いたことがある人が多いのではないでしょうか? 稼ぎが少なくて頼りにならない様子や、妻が苦労する様を表します。 他には 「ごくつぶし」で、「定職につかず、一人前に食事だけはとる役立たず」という意味。 現代的に言うとニートに近いニュアンスでしょうか。 親のすねをかじる、にも近いかもしれません。

次の

「うだつが上がらない」のうだつって何?

うだつ が 上がら ない の 由来

「あなたはうだつが上がらないわね」 「いつまで経ってもうだつが上がらない人だ」 このように「うだつが上がらない」という言葉を使うことがあると思いますが「うだつ」とは一体なんなのでしょうか? 今回は 「うだつが上がらない」の「うだつ」について調べてみました。 「うだつが上がらない」の意味とは? 「うだつが上がらない」には、 出世しない、地位が上がらない、境遇に恵まれない、金銭に恵まれない、生活が良くならない、身分がぱっとしない、などの意味があります。 「うだつ」の意味と語源とは? うだつは平安時代(794年~1185年)には 「宇太知(うだち)」や 「宇立(うだち)」と呼ばれていたものが、室町時代(1336年~1573年)以降に 「梲(うだつ)」に変化したようです。 「うだつ」とは建築用語でもともとは屋根の梁(はり・荷重を支える木材)の上に立てて棟木(むなぎ・屋根の一番高いところにある木材)を支える短い柱のことをいいました。 その後、 家と家が接する部分の壁を持ち上げ、小さな屋根を乗せたものを「本うだつ」と呼ぶようになりました。 昔は家同士がくっつくように建てられていたため、火災が起こると次々と燃え移ってので、それを防ぐために本うだつの下端が二階屋根の軒下部分にまで張り出し、 防火壁になったものを「袖(そで)壁」といいます。 そして、 袖壁が独立して装飾が施されたものを「袖うだつ」と呼ぶようになりました。 江戸時代(1603年~1868年)中期ごろになると、 うだつは装飾を目的として取り付けられるようになり、自分の財力を示すために、商家を中心に立派なうだつが取り付けられました。 うだつは次第に 「卯建(うだつ)」という漢字が当てられるようになりました。 それは 「隣家との境に『卯』の字型をした防火壁をつけた」ことや、「卯(うさぎ)の耳のような形の防火壁をつけた」ことが語源になっているようです。 うだつを取り付けることを「うだつを上げる」といいます。 うだつを上げるにはそれなりに財力が必要なので、うだつがある家は裕福だということになります。 このことから、 「金銭に恵まれない」ことや「生活が良くならない」などを「うだつが上がらない」と表現するようになりました。 また、 「梲(うだつ)」が屋根の上の棟木を支え、それが押さえつけられているように見えることから、上司に押さえつけられて出世しないことのたとえとして「うだつが上がらない」と言われるようになったという説があります。 「うだつの上がる町並み」とは? 昔ながらの家屋が減っているため、現在、うだつはほとんど見られなくなりましたが、うだつが残る町並みを保存し、観光地にしている地域があります。 防火壁としての「うだつ」だけではなく、豪華さや裕福さを競うために作られた「うだつ」や、珍しい造りの「うだつ」なども見ることができます。 「ここに行けばうだつが上がるかもしれない!」という気持ちで訪れる人もいらっしゃるようですよ。 江戸時代につくられた歴史的景観が保存されており、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。 重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

次の