ハレー彗星 周期。 短周期彗星

ヘール・ボップ彗星

ハレー彗星 周期

広い宇宙空間に存在し、我々人類の天文学の対象となる物体を総称して「天体」と呼びます。 今回ご紹介する彗星も、天体の一種です。 彗星とは太陽系のはるか彼方からやってくる氷塊のこと。 核と呼ばれる部分の80%が水、残りの20%は一酸化炭素や二酸化炭素などの気体と砂粒、塵でできています。 宇宙についてさほど知識のない人は、名前に「星」とついていることから、火星や木星、もしくは月など衛星のようなものを想像する人も多いでしょう。 しかし彗星はそれらとは違い、大きさも1~10kmほどで、公転軌道も太陽を中心に回っているわけではありません。 また、かつては「不吉の前兆」を意味するものだと伝えられていました。 宇宙についての研究が進んでいなかったころは、彗星が観測できる条件やメカニズムなどがわからず、突発的に現れてはあっという間に消えていくもののように見えていたためです。 タイミングがよければ地球上からでも観測することが可能です。 尾を引いている形から「ほうき星」とも呼ばれています。 日本では1996年に、天文家の百武裕司によって発見された「百武彗星」が大きな話題となりました。 彗星と流れ星はどちらも「光る尾を引いた星」というイメージですが、まったくの別物。 もっとも大きな違いは、星の成り立ちです。 彗星は先述したとおり、氷の核と塵で構成されていて、太陽風の風を受けることで溶けて放出された粒子が太陽に照らされ、尾を引いているように見えます。 一方の流れ星は、宇宙空間を漂う無数の小さな塵が地球の重力に引っ張られ、大気圏で燃えることによって見ることができるのです。 また彗星には公転軌道があり、軌道上に沿って宇宙空間を進行していくため、観測することができれば地球に接近する日を特定することができます。 しかし流れ星は何の軌道にも関係なく宇宙空間を漂っていて、ある時突然地球の重力に引っ張られ大気圏に突入してくるため、発生日を予測することが非常に難しいのです。 彗星は放射状の光で、流れ星は直線的な光なので、実際に観測してみるとその差は一目瞭然でしょう。 彗星の種類は?軌道と周期を解説 彗星は大きく「周期彗星」「非周期彗星」の2つに分けることができます。 この2つの差は「離心率」というもの。 離心率とは、軌道の形がどれくらい円から離れているかを示す数値です。 完全な円は0で、楕円へと細長く形を変えるごとに数値は上がっていきます。 「周期彗星」は離心率が1未満のものを指します。 公転周期が数年のものから100年を超えるものまで、300を超える星が登録されています。 代表的なものとして「ハレー彗星」が挙げられるでしょう。 初めて周期性が確認されたため、登録番号1番が割り振られています。 その周期は75. 4年で、人間の寿命を考えると一生に1度見られるかどうかです。 「非周期彗星」は離心率が1以上のものを指していて、公転周期が定義できず、1度太陽を通過した後は二度と戻ってこない、または数十万年以上の周期であるため観測不可能な場合が分類されます。 非周期彗星のなかで離心率が1以上であったとしても、周期が200年以上のものを「長周期彗星」、200年以下のものを「短周期彗星」と分けています。

次の

彗星の中でもっとも有名な、ハレー彗星の観測歴史と周期に迫る

ハレー彗星 周期

華麗な天体ショーの目玉である「彗星」。 日本では1996年に注目を集めた「百武彗星」が有名です。 古くは、紀元前240年に秦の始皇帝が見たとする記録が残っています。 しかし一体いつ現れるのか、どこからやってくるのかなど、わからないことが多く、災害や飢饉の前触れではないかと恐れられていました。 このような彗星の研究をしていたのが、イギリスの天文学者エドモンド・ハレーです。 1656年に生まれた彼は、大学在学中には太陽系と太陽黒点に関する論文を執筆。 その後研究を続けるなかで、これまで何度も同じ彗星が目撃されていることに気づき、その出現に「周期性がある」ことを発見しました。 それが「ハレー彗星」です。 1705年に彼が発表した研究が1758年に証明され、その功績を称えてこの名が付けられました。 主に氷でできていて、そのほか一酸化炭素やメタン、アンモニアなども含まれていますが、表面は炭素で覆われているので黒ずんだ雪だるまのように見えるそうです。 太陽の周りを地球とは反対回りで公転していて、その軌道は楕円形。 太陽からもっとも離れる「遠日点」は海王星の軌道よりも外側になります。 また軌道面は大きく傾いていて、「軌道傾斜角」という太陽の赤道面に対する傾きは162度もあるのが特徴です。 この軌道を1周するのにかかる時間は、およそ76年。 つまり地球からは、76年ごとにハレー彗星による天体ショーを観測することができるのです。 太陽に近づくにつれ、熱で核の氷が解けて噴き出し、広がったものが尾のように見えます。 先述したイギリスの天文学者、ハレーが初めてこの彗星を観測したのが、1682年のことです。 その後過去の記録を辿り、1531年や1607年に出現した彗星の軌道とよく似ていることに気付きました。 周期性があることを見抜いて、次に現れるのは1758年だと予測。 そして実際に観測されたのが1758年の12月25日です。 この当時ハレーはすでに他界していましたが、見事に予測は的中していました。 彼の研究によって、ハレー彗星の軌道が正確に計算できるようになります。 始皇帝が記録していた「紀元前240年に出現した彗星」もハレー彗星であることがわかりました。 直近で観測されたのは、1986年のことです。 76年ぶりのことなので全世界で大きな話題となりましたが、やや見えにくい位置にあり日本からはほとんど観測することができませんでした。 しかし各国が無人探査機を打ち上げ、宇宙からの観測が実施されます。 日本も「さきがけ」と「すいせい」を送り、成果をあげました。 ハレー彗星にまつわるデマ、逸話 いまでこそ、観測技術の向上にともないハレー彗星にまつわる謎は次々と解き明かされていますが、以前はさまざまな憶測が飛び交っていました。 1:ゴムチューブが売れた 1910年の回帰では、ハレー彗星の尾の中を地球が通過することがわかり、尾に含まれる有害なシアン化合物によって地上の生物が窒息死するというデマが流れました。 これに反応した一部の人たちが自転車のゴムチューブを買い占め、チューブに溜まった空気を吸って酸欠を防ごうとしたといわれています。 2:太陽に衝突する? 2061年の回帰で、ハレー彗星が太陽に衝突するのではないかという噂が流れています。 これはかの有名なアイザック・ニュートンが予言したといわれているものですが、誤った情報の可能性が高く、最新の軌道計算によって衝突することはないと結論付けられました。 ただ過去には、他の彗星が太陽に突っ込んでいく様子をNASAの観測衛星が捉えたことがあります。 3:新たな彗星の発見! 1985年の回帰では、ハレー彗星を撮影しようとしたカメラマンが望遠鏡の設定を誤り、別の天体を写してしまいました。 しかしこの写真に偶然にも未発見の彗星が写り込んでいたのです。 この彗星は撮影したカメラマンの名前から「シフレオ彗星」と呼ばれるようになりました。

次の

映画「君の名は」のティアマト彗星は実在天体?軌道は架空か

ハレー彗星 周期

概要 [ ] おそらくで最も広く観測されたであろうである。 18か月もの期間にわたってで見ることができ、これはそれまで記録を保持していた ()の2倍にもなった。 ヘール・ボップ彗星はにから非常に遠い位置で発見され、太陽の近くを通過する頃には非常に明るくなるのではという期待が高まった。 彗星の明るさをある程度正確にするのは非常に難しいが、ヘール・ボップ彗星はの通過の頃には、予想通りかそれを超える明るさになった。 が50kmと極めて大きかった。 過去に観測された彗星の中でも最大級であると推定されている。 は約2530年と考えられている。 1997年の春には、地球にあまり接近しなかったにも拘らず、-1前後の明るさになり、約3か月もの間肉眼で楽に見える状態が続いた。 写真を撮ると、尾が明るく長く写り、白いダスト・テイル(塵の尾)と、青いイオン・テイル(イオンの尾)をはっきりと区別することができた。 ヘール・ボップ彗星の出現は、彗星についてはここ数十年無かったようなを誘発した度合いもまた注目すべきものだった。 彗星に続いてのがやってくるという噂が非常に広がり、団体であるの信者のを引き起こした。 発見 [ ] ヘール・ボップ彗星は、とトーマス・ボップの2人のの観測者が独立して発見した。 ヘールは彗星捜索に数百時間を費やしていたが、それまで一つも発見できていなかった。 彼はの自宅のドライブウェイで既知の彗星を辿っていたある日、真夜中を過ぎてすぐの頃にのの近くに11で輝くヘール・ボップ彗星を見つけた。 ヘールはすぐにM70の近くに他の深宇宙天体(遠距離天体、DSO)が無いことを確認し、次に既知の彗星の一覧を調べ、その領域には既知の天体は何も無いことを確かめた。 彼は天体が背景の星に対して動いていることを一度確認し、天文学的発見の情報センターである天文中央電報局にを送った。 ボップは自分のを持っていなかった。 彼は星団とを見るためにスタンフィールドの近くに友人と外出していて、友人の望遠鏡のアイピースを覗いているときにたまたま彗星を見つけた。 彼はM70の近くにある深宇宙天体が何か探すため自分の星図を確認し、そのようなものは無いことが分かったため、何か新しい天体を見つけたかもしれないと確信した。 彼は天文中央電報局にを送った。 この発見はの回報6187号で発表された。 初期の経過 [ ] で撮影されたヘール・ボップ彗星。 撮影時のイオンの尾の長さは30度以上にも達し、写真の画角から大きくはみ出している。 ヘール・ボップ彗星は普通の彗星ではないということはすぐに明らかになった。 まず、を計算したところ、ヘール・ボップ彗星はとの軌道の間に当たる、太陽から7. 2 AU のところにあることが分かった。 これは彗星が発見された時の位置としては、地球から見て飛び抜けて遠い。 これほど遠方にある彗星のほとんどは極めて暗く、確認できるような活動はしていないが、ヘール・ボップ彗星は既にが観測できた。 1993年にアングロ・オーストラリア望遠鏡で撮影された画像からは、太陽から13AUの位置にあったヘール・ボップ彗星が写っているのが見つかったが、この位置ではほとんどの彗星は観測不可能である(は太陽から同じ距離では5万倍も暗い)。 分析により核の直径は約50もあり、ハレー彗星の3倍近い大きさであることが分かった。 太陽から非常に遠くても驚くべき活動をしていることから、1997年に近日点を通過する頃にはヘール・ボップ彗星は非常に明るくなるかもしれないと考えられた。 しかし、彗星科学者達は慎重であった。 彗星の活動は非常に予測しづらく、遠距離で巨大なアウトバーストを何度も起こしていると結局は後で暗くなってしまう。 「世紀の彗星」として大いに宣伝されたが、結局非常に平凡な彗星に終わった1973年ののように、ヘール・ボップ彗星も地球に近づくときにそんなに明るくならないかもしれないとも思われたからである。 大彗星へ [ ] ヘール・ボップ彗星は1996年の夏頃からはでも見られるようになった。 1996年の後半には明るくなる割合がやや鈍ったので、科学者達はこの彗星が非常に明るくなるという楽観的な考えに対してなお慎重だった。 1996年12月には太陽に近すぎて観測できなくなったが、1997年の1月になって再び見えるようになると、空が汚い上にが進んだ大都市からでも、探している人には誰でも見えるほど明るくなっていた。 これは最も楽観的な予測に沿った明るさであった。 1997年初頭には壮大な姿を見せるようになった。 当時、利用者数が急激に増大し始めていたでは、世界中から彗星の経過を追い日々の画像を提供するおびただしい数のウェブサイトが非常に人気を集めた。 インターネットはヘール・ボップ彗星に対する人々の空前の関心を高めることに大きな役割を果たしたと言える。 彗星は太陽に近づくにつれ明るくなりつづけ、2月には2等級になり、太陽と反対側に直線状に伸びる青いガスの尾と、軌道に沿って曲がった黄色っぽい塵の尾の2本が成長していくのが観測できた。 にはが起こり、そこでは昼間に彗星を見ることができた。 ヘール・ボップ彗星はに地球に最接近した。 1997年には彗星は近日点を通過し、素晴らしい姿に成長した。 を除く全天のどの恒星よりも明るく輝き、30-40の2本の尾が空を横切って伸びていた。 彗星は毎晩空が完全に暗くなる前にさえ見えるようになった。 多くの大彗星が近日点を通過する頃のみ、しかも太陽の非常に近くでしか見ることができなかったのに対して、ヘール・ボップ彗星はでは一晩中見ることができた。 この彗星は見事なものだったが、もっと見事なものになっていた可能性もあった。 1996年のと同じぐらい地球に接近していたら、ヘール・ボップ彗星の尾は空全体を横切るほどに伸び、よりも明るくなっていたかもしれない。 しかし、実際は地球に最接近した時の距離は1. 315AU止まりだった。 この距離では多くの小さな彗星は全く見えないままに終わるところだが、ヘール・ボップ彗星はそれでも2本の尾を、尾の最も伸びたところは暗すぎて肉眼では見えなかったものの、空の半分ほどにまで伸ばしたのである。 遠ざかる彗星 [ ] 近日点通過後、彗星は南天に移動し、一般の人々に関する限りでは、ショーは終わった。 彗星はの観測者にとっては、北半球での壮大さに対してはるかに地味なものだったが、南半球の人々は1997年の夏から秋にかけて、彗星がゆっくりと暗くなり見えなくなっていくのを見ることができた。 最後にでの観測が報告されたのは1997年12月であり、これは彗星が道具無しで569日間、あるいは約18か月半見えつづけたことを意味していた。 それまでの記録は、肉眼で約9か月間見え続けたによるものであった。 彗星は遠ざかるにつれ暗くなり続けているが、未だに天文家たちによって追跡され続けている。 以降、消息が途絶えていたが、に、の軌道よりも外側の、太陽から 21AU(天文単位)離れたところにいる2本の尾を持つヘール・ボップ彗星がので観測され、10月にはのグループにより、太陽から25. 7AU離れている20等級の明るさで直径18万kmのコマを持つ彗星が観測された。 これは活動状態の彗星が観測された距離としては最も遠い。 は2003年に太陽から28AUで活動状態にない核が観測されたが、ヘール・ボップ彗星はこの記録を超えた。 2010年、 により彗星表面が新しい霜で覆われていることを示唆する画像が観測された。 この2010年12月時点の太陽からの距離は30. 7AUあり 、2012年8月には33. 2AUの距離にあることが再観測された。 天文学者たちは、彗星は30近くになる2020年頃まで大望遠鏡では観測可能かもしれないと予測している。 しかしその頃には、遥か遠くにある同じような明るさの数多くの銀河と区別することは非常に難しくなっているだろう。 彗星はに戻ってくると考えられている。 軌道の変化 [ ] ヘール・ボップ彗星はに前回の近日点通過をしたかもしれない。 彗星の軌道は面に対してほとんどであり、これは惑星に非常に接近することが稀であることを意味している。 しかし、1997年3月には彗星はから0. 77AUのところを通った。 これは軌道が木星のによって影響を受けるのに十分な近さであった。 彗星の軌道は大幅に短くなり、公転周期は約2530年になったため、次に太陽系の内側に戻ってくるのは西暦4530年頃になるだろう。 彗星が太陽から最も遠ざかった時の距離(距離)は約525AUから短くなり、約370AUになっている。 科学的結果 [ ] ヘール・ボップ彗星は近日点通過の間に達によって徹底的に観測され、その観測結果から、彗星科学にいくつかの重要な発展をもたらした。 ナトリウムの尾 [ ] 非常に驚くべき発見の1つは、この彗星は3種類目の尾を持っていたということである。 よく知られていたガスの尾と塵の尾に加えて、ヘール・ボップ彗星は、専用のフィルターを付けた強力な装置でのみ見ることのできる、かすかなの尾も伸ばしていたのである。 ナトリウムが放出されているのは以前に他の彗星でも観測されていたが、尾に由来するとは示されていなかった。 ヘール・ボップ彗星のナトリウムの尾はから構成され、5000万kmもの長さに伸びていた。 ナトリウムの源はコマの内部にあるように思われるが、必ずしも核からとは限らない。 ナトリウム原子の源を生み出す仕組みは、核を取り巻く塵の殻と、塵の殻から光で「弾き飛ばされた」ナトリウムが衝突するというものなど、いくつか考えられる。 ヘール・ボップ彗星のナトリウムの尾が主にどの仕組みによって作り出されるのかはまだ確定していない。 ヘール・ボップ彗星の塵の尾は大体彗星の軌道の道筋に沿っており、ガスの尾はほとんど太陽と反対側に直線的に向いていたが、ナトリウムの尾は2本の尾の間にあるように見えた。 ここから、ナトリウム原子は彗星の頭部からによって吹き飛ばされると思われる。 重水素の存在度 [ ] ヘール・ボップ彗星にの形で存在するの存在度は、地球ののおよそ2倍であることが分かった。 これは、もしヘール・ボップ彗星の重水素の存在度が全ての彗星に普遍的なものだとすれば、彗星の衝突はかなりの量の地球上の水の源になったと考えられるものの、唯一の源ではないということになる。 他の多くのの中に重水素が混じって存在しているということもこの彗星で分かった。 普通の水素に対する重水素の比率は化合物ごとに様々であることが分かり、天文学者たちは彗星の氷はよりもむしろで作られたとする説を信じるようになった。 星間雲での氷の形成についての理論的モデリングからは、ヘール・ボップ彗星は25-45前後の温度で作られたと考えられる。 有機化学種 [ ] 分光器によるヘール・ボップ彗星の観測から、多くのが存在することが明らかになっており、そのうち数種はそれまで彗星で見つかったことが無いものだった。 これらの複雑な分子は彗星の核の中に存在するのかもしれないし、コマでの反応によって合成されたのかもしれない。 自転 [ ] ヘール・ボップ彗星の活動とガスの噴出は核全体に均等に広がっていたのではなく、特定の数箇所からの巨大なジェットから来ていた。 これらのジェットからの物質の流れを観測することによって()、彗星の自転速度を測定することができ、約11時間46分であることが分かった。 この自転周期に加えて数日間にわたるいくつかの周期的な変動があることから、彗星は2つ以上のの周りを自転していると考えられる。 衛星? [ ] 1999年に、観測されたヘール・ボップ彗星の塵の放出のパターンを完全に説明するために、彗星核本体の周りを巡るのの存在を仮定した論文が発行された。 この論文は理論的分析に基づいていて、提案された衛星核が観測で発見されるとは主張していなかったが、衛星核は直径が約30kmあり、差し渡し約70kmある本体の核の周りを、約180kmの距離のところを3日かけて公転していると推定されていた。 による最高解像度の画像でも、ヘール・ボップ彗星の画像には明らかに核が2つである形跡も無かったため、この論文の結論には観測天文学者らが反対した。 また、彗星が分裂するのは以前にも観測されてきたが、核が安定した連星になったのはそれまでに観測されたことが無かった。 彗星の核の質量が非常に小さいことを考えると、連星の核の軌道は太陽やの重力によって簡単に乱されてしまうだろう。 を使った1997年後半と1998年前半の観測から、核の明るさには2回のピークがあったという主張がされた。 しかし、核が連星であるということでしか説明できない観測があるかどうかという論争が存在し続けている。 妄想と迷信 [ ] 多くの文化で、彗星は悪いことの前兆であると歴史的に見られてきており、大きな疑念を持って見られていた。 ヘール・ボップ彗星が発見されてから最接近するまでに非常に長い展開があったことと、それ以前の数十年間見られなかったほど大彗星であったためかもしれないが、この彗星は多くの奇妙な信仰や理論の主題となり、その出現が引き起こしたパニックの度合いにも特筆すべきものがあった。 1996年11月に、のアマチュア天文家のチャック・シュラメックが、羽毛のように見える少し長く伸びた天体この彗星の画像を撮影した。 彼のコンピュータ掃天プログラムがある恒星を識別しなかったので、シュラミックはラジオ番組に、彼がヘール・ボップ彗星に続いて来る「土星状の天体」を発見したと発表するように電話した。 の提唱者であるのようなファンたちは、それは彗星に続いてやって来るのだとすぐに結論付けた。 実際には、その天体は単に8. 5等のであるSAO141894であり、シュラミックのコンピュータプログラムに出なかったのは利用者の選択が間違って設定されていただけだった。 しかし、伝えられるところによれば、シュラミックはそれを指摘されても自分の間違いを認めるのを拒んだ。 後にアート・ベルも、その発見を確認しようとした匿名の天体物理学者からその天体の画像を得たと主張した。 しかし、の天文学者であるオリビエ・エノーとデービッド・トーレンは、持ち出された写真は、彼ら自身による彗星の画像のコピーを改竄したものだということを示した。 数ヵ月後の1997年3月には、カルト団体であるが、この彗星の出現を彼等のの引き金として選んだ。 彼らは、自分達がこの世の天体から彗星に続いて来る宇宙船に旅立つために出発するのだと主張した。 ヘール・ボップ彗星の遺産 [ ] だが、ヘール・ボップ彗星を見たほとんどの人にとっては、それはただ単に夕暮れの空の美しく壮大な光景であった。 見られた期間の長さとメディアの報道の活発さ、更に北半球での観測が容易であったことも重なり、この彗星は歴史上最も観測された彗星で、1986年のの回帰よりも遥かに大きな衝撃を一般大衆に与えたかもしれないということが言えるし、確かにハレー彗星の前回の回帰よりも多くの人がこの彗星を見た。 全く記録破りの彗星だった。 太陽から最も遠いところで発見され、知られている中で最も核が大きく、それまで記録を保持していた彗星の2倍もの期間にわたって肉眼で見ることができた。 また8週間もの間0等級以上であり、過去数千年間のどの彗星よりも長かった。 出典 [ ]• ; Kiss, L. ; Kiss, Cs. ; Hogerheijde, M. 2012. Astrophysical Journal 761: 8. ; Kiss, L. 2011. -- Detection of comet Hale-Bopp at 30. Earth and Planetary Astrophysics 1104: 4351. Dave Herald 2012年8月7日. Yahoo Groups. 2012年8月9日閲覧。 参考文献 [ ]• Cremonese G. , Boehnhardt H. , Crovisier J. et al, Neutral Sodium from Comet Hale-Bopp: A Third Type of Tail, Astrophysical Journal Letters, v. 490, p. L199• Hale, A. 1995, IAU Circular, 6187• Marchis F. , Boehnhardt H. , Hainaut O. , Le Mignant D. Are there a "Hale" and a "Bopp" in comet Hale-Bopp? , Astronomy and Astrophysics, v. 349, p. 985• Rodgers S. , Charnley S. 2001 , Organic synthesis in the coma of Comet Hale-Bopp? , Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, v. 320, p. L61-L64. Sekanina Z. 77, p. 155• Warell J. , Lagerkvist C. , Lagerros J. Rotation period and dust outflow velocity, Astronomy and Astrophysics Supplement, v. 136, p. 245• Yeomans, Don. 1997. Newcott, William R. Dec. 1997. "The age of comets". National Geographic,p. 100. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の