市販後調査 求人。 安全性情報・PMS(市販後調査)の求人・転職情報(3ページ目)|パソナキャリア

2ページ目

市販後調査 求人

仕事内容 以下の業務のマネジメント ・製造販売後調査の立ち上げ、進捗管理・推進、調査予算管理、CRO業務管理、営業部門との連携 ・再審査の適合性調査の対応 ・市販直後調査の実施、進捗管理、報告書の作成 【所属】PV本部PVマネジメント部 会社特徴 がん、腎、免疫疾患を中心とした領域で、抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを駆使して、画期的な新薬を継続的に創出し、開発・販売をグローバルに展開することにより、世界の人々の健康と豊かさに貢献する、日本発のグローバル・スペシャリティファーマとなることを事業ビジョンとしています。 抗体医薬品の活性を飛躍的に高める「POTELLIGENT ポテリジェント 技術」、「COMPLEGENT コンプリジェント 技術」や、「完全ヒト抗体作製技術」等を確立。 この抗体技術を新薬開発に活かすとともに、戦略的なアライアンスによる抗体ビジネスの推進に取り組んでいます。 また、創薬研究のプロセスに、社外の情報・知見を活用するオープンイノベーションを意欲的に組み込んでいます。 大学や医療機関、ベンチャー企業と一体となり、早い段階から共同で新薬の研究開発を進めています。 研究開発から申請、上市まで一貫したプロセスを確立。 2016年8月には、原薬製造棟の新設により抗体医薬品需要の増加に対応。 世界レベルの生産技術を通じて、高品質なバイオ医薬品を安定的に供給しています。 2019年7月1日付で社名を「協和発酵キリン」から「協和キリン」へ変更し、グループ内のさらなる一体感の醸成、および世界におけるKyowa Kirinブランドの浸透を推進し、グローバル・スペシャリティファーマとしてのさらなる飛躍を目指します。 勤務地• 東京都千代田区大手町1-9-2大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 担当者のコメント 「がん」「腎」「免疫疾患」を中心とした領域で抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを活かし、新しい医薬品の創出に取り組む優良企業! 世界トップクラスの優れた研究開発力が武器のスペシャリティーファーマです。 仕事内容 ・臨床試験計画の立案・解析・報告 ・治験総括報告書や申請資料の作成、当局の審査対応 ・国際共同治験では、国内の規制要件等も考慮して統計的な観点から支援する ・海外臨床開発を統計的な観点から支援する ・開発化合物の導入評価を統計的な観点から支援する 【所属】 研究開発本部 開発機能ユニット バイオメトリックス部 【本ポジションの魅力】 統計解析の専門家として ・日本発のグローバル・スペシャリティファーマの一員として、社会的ニーズのある新薬の開発に携わることができます。 ・「腎」「がん」「免疫・アレルギー」「中枢神経」を中心に、様々な領域の医薬品開発に携わることができます。 ・日米欧亜で実施する臨床試験、承認申請及び規制当局対応に携わることができるます。 ・臨床試験デザインや開発計画への参画、提案に携わることができます。 会社特徴 がん、腎、免疫疾患を中心とした領域で、抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを駆使して、画期的な新薬を継続的に創出し、開発・販売をグローバルに展開することにより、世界の人々の健康と豊かさに貢献する、日本発のグローバル・スペシャリティファーマとなることを事業ビジョンとしています。 抗体医薬品の活性を飛躍的に高める「POTELLIGENT ポテリジェント 技術」、「COMPLEGENT コンプリジェント 技術」や、「完全ヒト抗体作製技術」等を確立。 この抗体技術を新薬開発に活かすとともに、戦略的なアライアンスによる抗体ビジネスの推進に取り組んでいます。 また、創薬研究のプロセスに、社外の情報・知見を活用するオープンイノベーションを意欲的に組み込んでいます。 大学や医療機関、ベンチャー企業と一体となり、早い段階から共同で新薬の研究開発を進めています。 研究開発から申請、上市まで一貫したプロセスを確立。 2016年8月には、原薬製造棟の新設により抗体医薬品需要の増加に対応。 世界レベルの生産技術を通じて、高品質なバイオ医薬品を安定的に供給しています。 2019年7月1日付で社名を「協和発酵キリン」から「協和キリン」へ変更し、グループ内のさらなる一体感の醸成、および世界におけるKyowa Kirinブランドの浸透を推進し、グローバル・スペシャリティファーマとしてのさらなる飛躍を目指します。 勤務地• 東京都千代田区大手町1-9-2大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 担当者のコメント 「がん」「腎」「免疫疾患」を中心とした領域で抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを活かし、新しい医薬品の創出に取り組む優良企業! 世界トップクラスの優れた研究開発力が武器のスペシャリティーファーマです。 売上NO. 業界のリーディングカンパニーで、売上高は業界トップ。 創業者の中村和男氏は日本CRO協会の会長を務めている、業界の象徴的存在。 医薬品の開発支援を中心に製造から販売まで、トータル的に製薬企業を支援しています。 CROとして初めて第一種医薬品製造販売業許可を取得し、医薬品の製造受託を受けるCMO事業、オーファンドラッグの自社開発を行うIPD事業の立ち上げなど、他CROにはない新しい取り組みも積極的に行っています。 製薬メーカーの業務の一部分だけを受託するのではなく、シミックそのものが製薬メーカー機能の大半を有しています。 これは既存のCROの概念からすると、大きな差別化になります。 同社も国際基準に適合し、症例の獲得が早いアジアならびにアメリカ、ヨーロッパも含めたグローバル共同臨床試験に積極的に取り組んでいます。 海外現地法人も設立しました。 現状治験のうち、4割以上はグローバルスタディとなっています。 それに伴い、社内での英語研修には力を入れています。 【魅力は社風】シミックには、ポジティブで、明るく個性豊かな社員が多く、活気に満ちています。 一言で言えば『フラットでチャレンジを歓迎する社風』です。 経営層との距離も近く社内では全て「さん」付けで呼び合っています。 勤務地• 毎週水曜日はノー残業DAY。 産休・育休明けの社員も多く長期的に就業できる環境。 明るく風通しの良い社風も魅力です。 日本の新薬誕生の約8割に関わるほど、シミック社の事業は世の中に貢献しています。 今回治験や市販後に関わる統計解析でご活躍頂ける方を募集致します。 具体的には下記をお任せする予定です。 売上NO. 業界のリーディングカンパニーで、売上高は業界トップ。 創業者の中村和男氏は日本CRO協会の会長を務めている、業界の象徴的存在。 医薬品の開発支援を中心に製造から販売まで、トータル的に製薬企業を支援しています。 CROとして初めて第一種医薬品製造販売業許可を取得し、医薬品の製造受託を受けるCMO事業、オーファンドラッグの自社開発を行うIPD事業の立ち上げなど、他CROにはない新しい取り組みも積極的に行っています。 製薬メーカーの業務の一部分だけを受託するのではなく、シミックそのものが製薬メーカー機能の大半を有しています。 これは既存のCROの概念からすると、大きな差別化になります。 同社も国際基準に適合し、症例の獲得が早いアジアならびにアメリカ、ヨーロッパも含めたグローバル共同臨床試験に積極的に取り組んでいます。 海外現地法人も設立しました。 現状治験のうち、4割以上はグローバルスタディとなっています。 それに伴い、社内での英語研修には力を入れています。 【魅力は社風】シミックには、ポジティブで、明るく個性豊かな社員が多く、活気に満ちています。 一言で言えば『フラットでチャレンジを歓迎する社風』です。 経営層との距離も近く社内では全て「さん」付けで呼び合っています。 勤務地• 産休・育休明けの社員も多く長期的に就業できる環境。 明るく風通しの良い社風も魅力です。 仕事内容 ・ファーマコビジランス(PV)活動に対する品質管理業務(国内外SOP管理、CAPA管理) ・国内外提携会社からのPV監査対応及び当局からの査察対応 ・国内外の規制関連情報の管理及び対応措置 【背景】 医薬品の安全性確保への要求や期待が高度化・多様化している中で、PVシステムの機能構築・維持・改善が一層重要なものとなっています。 また、今後ますますグローバル化が加速していくため、このような環境において、PV活動に対する品質管理体制の強化を図りたいと考えます。 【所属】 ファーマコビジランス本部 PVマネジメント部 PVコンプライアンスグループ 会社特徴 がん、腎、免疫疾患を中心とした領域で、抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを駆使して、画期的な新薬を継続的に創出し、開発・販売をグローバルに展開することにより、世界の人々の健康と豊かさに貢献する、日本発のグローバル・スペシャリティファーマとなることを事業ビジョンとしています。 抗体医薬品の活性を飛躍的に高める「POTELLIGENT ポテリジェント 技術」、「COMPLEGENT コンプリジェント 技術」や、「完全ヒト抗体作製技術」等を確立。 この抗体技術を新薬開発に活かすとともに、戦略的なアライアンスによる抗体ビジネスの推進に取り組んでいます。 また、創薬研究のプロセスに、社外の情報・知見を活用するオープンイノベーションを意欲的に組み込んでいます。 大学や医療機関、ベンチャー企業と一体となり、早い段階から共同で新薬の研究開発を進めています。 研究開発から申請、上市まで一貫したプロセスを確立。 2016年8月には、原薬製造棟の新設により抗体医薬品需要の増加に対応。 世界レベルの生産技術を通じて、高品質なバイオ医薬品を安定的に供給しています。 2019年7月1日付で社名を「協和発酵キリン」から「協和キリン」へ変更し、グループ内のさらなる一体感の醸成、および世界におけるKyowa Kirinブランドの浸透を推進し、グローバル・スペシャリティファーマとしてのさらなる飛躍を目指します。 勤務地• 東京都千代田区大手町1-9-2大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 担当者のコメント 「がん」「腎」「免疫疾患」を中心とした領域で抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを活かし、新しい医薬品の創出に取り組む優良企業! 世界トップクラスの優れた研究開発力が武器のスペシャリティーファーマです。 仕事内容 ・安全性関連の各種定期報告、PMS報告書のライティング、作成計画立案、とりまとめ ・再審査申請書のライティング、作成計画立案、とりまとめ 【所属】 ファーマコビジランス本部 PVオペレーション部 会社特徴 がん、腎、免疫疾患を中心とした領域で、抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを駆使して、画期的な新薬を継続的に創出し、開発・販売をグローバルに展開することにより、世界の人々の健康と豊かさに貢献する、日本発のグローバル・スペシャリティファーマとなることを事業ビジョンとしています。 抗体医薬品の活性を飛躍的に高める「POTELLIGENT ポテリジェント 技術」、「COMPLEGENT コンプリジェント 技術」や、「完全ヒト抗体作製技術」等を確立。 この抗体技術を新薬開発に活かすとともに、戦略的なアライアンスによる抗体ビジネスの推進に取り組んでいます。 また、創薬研究のプロセスに、社外の情報・知見を活用するオープンイノベーションを意欲的に組み込んでいます。 大学や医療機関、ベンチャー企業と一体となり、早い段階から共同で新薬の研究開発を進めています。 研究開発から申請、上市まで一貫したプロセスを確立。 2016年8月には、原薬製造棟の新設により抗体医薬品需要の増加に対応。 世界レベルの生産技術を通じて、高品質なバイオ医薬品を安定的に供給しています。 2019年7月1日付で社名を「協和発酵キリン」から「協和キリン」へ変更し、グループ内のさらなる一体感の醸成、および世界におけるKyowa Kirinブランドの浸透を推進し、グローバル・スペシャリティファーマとしてのさらなる飛躍を目指します。 勤務地• 東京都千代田区大手町1-9-2大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 担当者のコメント 「がん」「腎」「免疫疾患」を中心とした領域で抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを活かし、新しい医薬品の創出に取り組む優良企業! 世界トップクラスの優れた研究開発力が武器のスペシャリティーファーマです。 仕事内容 ・国内外(メインは海外)査察(規制当局、提携会社含む)対応 ・市販薬および治験薬の安全性情報管理業務(安全性情報入手、評価、当局報告の管理) ・グループ会社担当者(海外含む)と連携した活動(電話会議、メール連絡など) 【所属】 ファーマコビジランス本部 PVオペレーション部 会社特徴 がん、腎、免疫疾患を中心とした領域で、抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを駆使して、画期的な新薬を継続的に創出し、開発・販売をグローバルに展開することにより、世界の人々の健康と豊かさに貢献する、日本発のグローバル・スペシャリティファーマとなることを事業ビジョンとしています。 抗体医薬品の活性を飛躍的に高める「POTELLIGENT ポテリジェント 技術」、「COMPLEGENT コンプリジェント 技術」や、「完全ヒト抗体作製技術」等を確立。 この抗体技術を新薬開発に活かすとともに、戦略的なアライアンスによる抗体ビジネスの推進に取り組んでいます。 また、創薬研究のプロセスに、社外の情報・知見を活用するオープンイノベーションを意欲的に組み込んでいます。 大学や医療機関、ベンチャー企業と一体となり、早い段階から共同で新薬の研究開発を進めています。 研究開発から申請、上市まで一貫したプロセスを確立。 2016年8月には、原薬製造棟の新設により抗体医薬品需要の増加に対応。 世界レベルの生産技術を通じて、高品質なバイオ医薬品を安定的に供給しています。 2019年7月1日付で社名を「協和発酵キリン」から「協和キリン」へ変更し、グループ内のさらなる一体感の醸成、および世界におけるKyowa Kirinブランドの浸透を推進し、グローバル・スペシャリティファーマとしてのさらなる飛躍を目指します。 勤務地• 東京都千代田区大手町1-9-2大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 担当者のコメント 「がん」「腎」「免疫疾患」を中心とした領域で抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを活かし、新しい医薬品の創出に取り組む優良企業! 世界トップクラスの優れた研究開発力が武器のスペシャリティーファーマです。 1ステップの簡単手順で登録可能! 仕事内容 ・市販薬および治験薬の安全性管理業務(安全性監視計画の立案、安全性評価(シグナル評価)、RMP策定、添付文書改訂など安全確保措置の策定・実施など) ・規制当局との対応業務(承認申請資料作成、定期報告作成、再審査申請資料作成、照会事項、適合性調査など) ・グループ会社担当者(海外含む)と連携した活動(電話会議、メール連絡、海外出張など) 【所属】 ファーマコビジランス本部 PVメディカル部 会社特徴 がん、腎、免疫疾患を中心とした領域で、抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを駆使して、画期的な新薬を継続的に創出し、開発・販売をグローバルに展開することにより、世界の人々の健康と豊かさに貢献する、日本発のグローバル・スペシャリティファーマとなることを事業ビジョンとしています。 抗体医薬品の活性を飛躍的に高める「POTELLIGENT ポテリジェント 技術」、「COMPLEGENT コンプリジェント 技術」や、「完全ヒト抗体作製技術」等を確立。 この抗体技術を新薬開発に活かすとともに、戦略的なアライアンスによる抗体ビジネスの推進に取り組んでいます。 また、創薬研究のプロセスに、社外の情報・知見を活用するオープンイノベーションを意欲的に組み込んでいます。 大学や医療機関、ベンチャー企業と一体となり、早い段階から共同で新薬の研究開発を進めています。 研究開発から申請、上市まで一貫したプロセスを確立。 2016年8月には、原薬製造棟の新設により抗体医薬品需要の増加に対応。 世界レベルの生産技術を通じて、高品質なバイオ医薬品を安定的に供給しています。 2019年7月1日付で社名を「協和発酵キリン」から「協和キリン」へ変更し、グループ内のさらなる一体感の醸成、および世界におけるKyowa Kirinブランドの浸透を推進し、グローバル・スペシャリティファーマとしてのさらなる飛躍を目指します。 勤務地• 東京都千代田区大手町1-9-2大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 担当者のコメント 「がん」「腎」「免疫疾患」を中心とした領域で抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを活かし、新しい医薬品の創出に取り組む優良企業! 世界トップクラスの優れた研究開発力が武器のスペシャリティーファーマです。 仕事内容 ・市販薬および治験薬の安全性情報管理業務統括(RMP策定、安全確保措置の策定と管理、開発プロジェクトへの参画及び臨床研究部門との連携など) ・グループ会社担当者(海外含む)と連携した活動(電話会議、メール連絡、海外出張など) ・規制当局との対応業務(定期報告作成責務、再審査申請資料作成責務、照会事項、適合性調査対応業務など) 【所属】 ファーマコビジランス本部 PVメディカル部 会社特徴 がん、腎、免疫疾患を中心とした領域で、抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを駆使して、画期的な新薬を継続的に創出し、開発・販売をグローバルに展開することにより、世界の人々の健康と豊かさに貢献する、日本発のグローバル・スペシャリティファーマとなることを事業ビジョンとしています。 抗体医薬品の活性を飛躍的に高める「POTELLIGENT ポテリジェント 技術」、「COMPLEGENT コンプリジェント 技術」や、「完全ヒト抗体作製技術」等を確立。 この抗体技術を新薬開発に活かすとともに、戦略的なアライアンスによる抗体ビジネスの推進に取り組んでいます。 また、創薬研究のプロセスに、社外の情報・知見を活用するオープンイノベーションを意欲的に組み込んでいます。 大学や医療機関、ベンチャー企業と一体となり、早い段階から共同で新薬の研究開発を進めています。 研究開発から申請、上市まで一貫したプロセスを確立。 2016年8月には、原薬製造棟の新設により抗体医薬品需要の増加に対応。 世界レベルの生産技術を通じて、高品質なバイオ医薬品を安定的に供給しています。 2019年7月1日付で社名を「協和発酵キリン」から「協和キリン」へ変更し、グループ内のさらなる一体感の醸成、および世界におけるKyowa Kirinブランドの浸透を推進し、グローバル・スペシャリティファーマとしてのさらなる飛躍を目指します。 勤務地• 東京都千代田区大手町1-9-2大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 担当者のコメント 「がん」「腎」「免疫疾患」を中心とした領域で抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを活かし、新しい医薬品の創出に取り組む優良企業! 世界トップクラスの優れた研究開発力が武器のスペシャリティーファーマです。 仕事内容 ・市販薬および治験薬の安全性情報管理業務統括(RMP策定、安全確保措置の策定と管理、開発プロジェクトへの参画及び臨床研究部門との連携など) ・グループ会社担当者(海外含む)と連携した活動(電話会議、メール連絡、海外出張など) ・規制当局との対応業務(定期報告作成責務、再審査申請資料作成責務、照会事項、適合性調査対応業務など) ・海外拠点における安全性情報管理業務 【所属】 ファーマコビジランス本部 PVメディカル部 会社特徴 がん、腎、免疫疾患を中心とした領域で、抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを駆使して、画期的な新薬を継続的に創出し、開発・販売をグローバルに展開することにより、世界の人々の健康と豊かさに貢献する、日本発のグローバル・スペシャリティファーマとなることを事業ビジョンとしています。 抗体医薬品の活性を飛躍的に高める「POTELLIGENT ポテリジェント 技術」、「COMPLEGENT コンプリジェント 技術」や、「完全ヒト抗体作製技術」等を確立。 この抗体技術を新薬開発に活かすとともに、戦略的なアライアンスによる抗体ビジネスの推進に取り組んでいます。 また、創薬研究のプロセスに、社外の情報・知見を活用するオープンイノベーションを意欲的に組み込んでいます。 大学や医療機関、ベンチャー企業と一体となり、早い段階から共同で新薬の研究開発を進めています。 研究開発から申請、上市まで一貫したプロセスを確立。 2016年8月には、原薬製造棟の新設により抗体医薬品需要の増加に対応。 世界レベルの生産技術を通じて、高品質なバイオ医薬品を安定的に供給しています。 2019年7月1日付で社名を「協和発酵キリン」から「協和キリン」へ変更し、グループ内のさらなる一体感の醸成、および世界におけるKyowa Kirinブランドの浸透を推進し、グローバル・スペシャリティファーマとしてのさらなる飛躍を目指します。 勤務地• 東京都千代田区大手町1-9-2大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 担当者のコメント 「がん」「腎」「免疫疾患」を中心とした領域で抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを活かし、新しい医薬品の創出に取り組む優良企業! 世界トップクラスの優れた研究開発力が武器のスペシャリティーファーマです。 臨床開発について各製薬メーカーが苦戦する中、製品のライフサイクルを維持するための有用なエビデンスの取得が重要になっています。 こうした中で臨床研究のニーズはさらに伸長していくことが見込まれており、同社はその中でもパイオニア的存在です。 期間経過後はほぼ100%の方が正社員登用されています。 同社は大規模臨床試験を支援するツールとして開発した臨床試験支援管理 EDC システム『CapTool』 特許取得済み を活用し、質の高いデータを効率的に取得するためのトータルソリューションサービスを提供しています。 2003年度以降、約500件の臨床研究を請け負っています。 自由闊達、実力があれば若い方でも登用するなど「頑張る人は手厚くサポート」していくスタイルです。 MR活動をネットを介して行う「MR君」、治験のIT化を図る「治験君」など革新的なサービスを提供。 医師会員25万人以上 日本の全医師の8割程度 が登録しているプラットフォームを持ち医療業界に絶大な影響を与えております。 勤務地• 顧客企業や治験実施施設との円滑なコミュニケーションを計りながら、PPDが持つグローバルCROのノウハウを日本のビジネス環境に最適な形にカスタマイズし、効率的で高品質なサービスを顧客と医療機関の双方に提供することで、治験にかかる時間とコストの最適化を実施します。 歴史ある日本企業とグローバル企業との合弁は、お互いの文化がぶつかり合うか、どちらかのやり方にシフトしていくと考える方も多いと思いますが、実は新日本科学とPPDは治療領域から経営理念にいたるまで、非常に共通点が多いのです。 たとえば新日本科学の得意分野は腫瘍やがん治療などのオンコロジーであり、PPDもまたオンコロジーで世界の約30%の実績を有しています。 さらに、両社ともビジネスの主軸を顧客に置くという「カスタマーフォーカス」を理念に掲げています。 こうした共通点を強みとして、お互いの長所を融合しながら、「CROといえば新日本科学PPD」と言っていただけるように、日本で一番信頼される存在を目指します。 勤務地• 鹿児島県鹿児島市唐湊4-18-38 担当者のコメント 世界2位のPPDと新日本科学の合弁会社!グローバルにも国内試験にも強い企業で、幅広い経験を積む事ができます!• プロジェクトのリスクを把握し回避策を含めた業務量を予測し必要なリソースを手配する。 試験におけるデータマネジメントシステムの提案、CRF作成からシステム構築、データのクリーニング、コーディング、外部ベンダーとのデータの授受手順を含めて、臨床試験データの固定に至るまでの品質管理を責務としています。 また全世界で7000名を超えるMRが活躍~ 【企業概要】1982年に設立された同社は世界最大のヘルスケア・アウトソーシング企業として25,000人以上の従業員を擁し世界60ヶ国以上で事業展開で世界最大の規模。 またグレード制を導入しており、 実力者には明確なキャリアステージが用意されております。 【終身雇用が可能! プレイヤー型 領域特化型・ ゼネラリスト型 、マネジメント型、サポート型など個人の志向性と照らし合わせた豊富なキャリアパスがあります。 勤務地• 東京都港区高輪4-10-18 京急第1ビル 担当者のコメント 世界大手CROの同社にて臨床試験のデータマネジメント業務のチームリーダーとしてご活躍頂きます。 在宅勤務(週9回程度推奨)、上司の方は非常に多様な働き方を応援しております。 仕事内容 受託プロジェクトの管理全般をご担当いただきます。 【具体的には】 ・業務委託立ち上げ ・摺り合わせ手順書(SOP)の作成サポート業務 ・各種業務マニュアルの作成 ・製薬メーカーとの折衝 ・プロジェクト提案時期における製薬メーカー向け提案書作成のサポート ・プロジェクト派遣スタッフの業務指示、教育等のマネジメント業務 ・プロジェクトマネージャー、安全管理責任者のサポート 会社特徴 【パーソルグループの一員となったCROです】 在宅勤務やフレックス制度運用など働きやすさがウリのCROです。 2015年にはパーソルグループの傘下に入り、パーソルグループの強みである『人財力』を加えて高品質、高付加価値サービスのご提供に邁進して参ります。 また、1人1プロトコル制をとっているため、1つの治験に深く関わることができます。 産休育休後の復帰率も100%となっており、子育てをしながら勤務されている方も多くいらっしゃいます。 社員の声が実際に形になった事例として、「育児短時間勤務制度」「カジュアル通勤OK」「インフルエンザワクチン補助制度」などがあります。 組織の垣根がなくフラット環境で社員は社長も含め全員が「さん付け」です。 勤務地• 東京都品川区西五反田8-9-5 FORECAST五反田WEST 5F 担当者のコメント 2018年4月より、統合・社名変更をし、再スタートいたしました!• 仕事内容 安全性業務(受付・発番業務)とそれに付帯した業務をご担当いただきます。 2015年にはパーソルグループの傘下に入り、パーソルグループの強みである『人財力』を加えて高品質、高付加価値サービスのご提供に邁進して参ります。 また、1人1プロトコル制をとっているため、1つの治験に深く関わることができます。 産休育休後の復帰率も100%となっており、子育てをしながら勤務されている方も多くいらっしゃいます。 社員の声が実際に形になった事例として、「育児短時間勤務制度」「カジュアル通勤OK」「インフルエンザワクチン補助制度」などがあります。 組織の垣根がなくフラット環境で社員は社長も含め全員が「さん付け」です。 勤務地• 東京都品川区西五反田8-9-5 FORECAST五反田WEST 5F 担当者のコメント 2018年4月より、統合・社名変更をし、再スタートいたしました!• そのため担当施設数は、臨床開発モニターよりも多くなりますが、TEL・メール等で対応されることも多いため、出張頻度の差は有りません。 昨今臨床研究を取り巻く環境は大きく変化しており、CROが臨床研究に果たす役割はますます重要になってきています。 会社特徴 日本発グローバルCROとして、日本を中心としたアジア、欧州、米国の3極でフルサービスをワンストップで提供することを可能にした東証一部上場CRO! 【創薬支援から臨床開発・育薬までトータルサポート】 創業以来、臨床開発事業を中心に製薬会社の新薬開発をサポートしてきましたが、今日では、創薬支援から育薬までフィールドを広げフルサポートできる体制を構築。 また、がんや中枢神経・免疫のほか、アンメット・メディカル・ニーズに応えるための高度な試験や、眼科や皮膚科領域の特化型企業のニーズにも応えられる実績もあり、トータルサポートを実現。 【グローバル】 リニカルとして20か国以上、パートナーを通じると30か国以上対応可能! 日本発グローバルCROとしてグローバル試験を数多く経験したプロジェクトマネージャーを日本国内に多数配置しているので、日本を拠点にグローバルな事業に携わることができます。 【教育制度】 医学や薬学などの基本的な知識を始め、業務に必要なスキルに関しても集合研修や演習、OJTを実施。 さらに、専門性の高い疾患領域別研修や、グローバル人材育成のためリニカル海外子会社でのOJTなど、人材教育に力を入れているので、ご自身のスキルアップできる環境が整えられています。 勤務地• 社会や患者様のQOLに貢献する職務です。

次の

日本でMichael Pageが市販後調査スタッフ〜マネジャーを募集中

市販後調査 求人

小野薬品らしさ 法令で定められているファーマコヴィジランス活動の遂行は、我々にとって最低限必要な使命と捉えています。 その上で、医薬品のエンドユーザーである患者さんのベネフィットを最大化させるために、医薬品の適正使用を実践するために必要な情報を、医療従事者に、必要な時に、取得しやすく・理解し易い形で、コミュニケーションする努力を続けています。 また、これらの活動は社内の関連部門と密接に連携して行います。 石田 医療従事者の満足度を高めるためにどのような活動をしていますか? 医薬品ごとに、社内関連部門とも連携し、適正使用のために医療従事者が求める情報を明らかにした上で、情報の種類に応じた方法でデータを収集し、分析結果を発信しています。 データの分析や発信等においては、専門医とも協議して助言を得る活動も積極的に行い、学会発表や論文化にも取り組んでいます。 仲山 石田 医薬品の適正使用のための情報発信は更に進化していくのでしょうか? 我々が提供した情報の内容や提供方法等に対して、患者さんに接している医療従事者からフィードバックをもらい、次の情報発信に生かすサイクルを継続的に回すことにより、常に進化していくと考えています。 また、情報提供方法もICTを適切に活用することで進化可能と考えています。 仲山 石田 医療情報データベースを活用した活動はされていますか? 法令の改訂により可能となった製販後データベース調査への対応はもちろんのこと、我々が講じた安全対策の医療現場での遵守状況のモニタリングや、医薬品の安全性シグナル検出などへの応用にも取り組んでいます。 仲山 入社からこれまでの経歴 入社から現在までファーマコヴィジランス部に所属。 くすり相談室で、薬剤師や医師、患者さん、社内のMRからの製品に関するお問合せ対応などを約3年担当。 その後は、お問合せの2次対応やコールセンターシステム管理業務、くすり相談室に寄せられたお問合せの分析・共有などの業務を行っています。 現在の仕事内容 くすり相談室では薬剤師、医師、患者さんなどからの製品に関する質問にお答えしています。 質問の内容は、薬の使い方・有効性や安全性・包装など様々です。 私が主に担当している業務は、お問合せの中から要望や苦情などの問合せをピックアップし、改善に向けての提案や、関連部署と一緒に対策の検討を行うことです。 検討にあたり、過去に同様のお問合せを頂いていないか等、必要な製品関連情報の事前調査が必要になりますので、日々、幅広く製品について関心を持つよう心掛けています。 営業部門、CMC・生産部門、安全管理部門、研究部門…あらゆる部署と連携し、より良い薬の関連情報をお届けできるよう業務に取り組んでいます。 仕事のやりがい くすり相談室は医療従事者や患者さんから直接、声が聞ける会社の中でも数少ない部署だと思います。 患者さんが薬を使って症状が良くなった、医療従事者が困っていたことや疑問に感じていたことが解決したなど、感謝のお言葉を頂けたときにこの仕事のやりがいを感じます。 また、現場に近い分、ダイレクトに厳しいお言葉を頂くこともあります。 それらの言葉も無駄にはせず、社内に共有、関連部署へ改善提案や対策の検討を行っています。 その結果、実際に何かのカタチになったときにとてもうれしく感じます。 挑戦したいこと 医薬品を通じて、現場の医療機関の先生や患者さんの役に立てるような仕事にこれからも関わっていきたいと思っています。 学生へのメッセージ 医療機関の先生や患者さん、社内の様々な部署など、人と関わる仕事がたくさんあります。 私自身、話すことが得意だったわけではありませんが、まわりの人から学び、いろんな人と協力しながら業務を行ってきたことで、今の仕事ができていると感じています。 チームの一員として共に成長していける方、一緒に働きませんか? 1日のスケジュール 入社からこれまでの経歴 中途採用で信頼性保証本部の安全管理統括室に入社し、約1年半が経ちました。 現在の仕事内容 日々入手している自社医薬品に関する副作用情報は、社内で一つのデータベースに保存されています。 そのデータベースから担当医薬品に関する副作用情報を抽出し、どのような副作用がどの程度みられているか、その発現時期や発現後の転帰(回復か未回復か)などを定期的に確認しています。 添付文書等でまだ注意喚起していない副作用など、特に注意を要するものについては症例情報や公表論文等を詳しく確認し、副作用発現後の対処法を含め、添付文書等の資材で新たに注意喚起する必要がないかどうか、検討を行っています。 また、外部の医学専門家に相談しながら、市販後調査の最終結果を論文・学会発表し、最新情報を提供しています。 仕事のやりがい 添付文書改訂といっても、様々な部署との連携や規制当局との交渉など、多くのステップがあります。 また、改訂する必要があるということは、実際に副作用を経験された患者さんがおられるということであり、いち早く医療現場にお伝えしなければならない重要な内容であるということですので、速やかな改訂を終え、一定の啓発活動を完了した時には達成感があります。 添付文書に限らず、私達の日常業務や作成資材は、すべて患者さんを不要な副作用から守り、最善な治療を提供し続ける環境作りに貢献しているという点にやりがいを感じます。 挑戦したいこと 我々の行った副作用に関する注意喚起の活動によって、どの程度副作用を未然に防げたのか、あるいは重症化を防げたのかを客観的に測定し、より効果的な注意喚起の方法を検討できるような仕組みづくりに挑戦したいと思っています。 学生へのメッセージ 就職は新しい世界に飛び込む大きなチャンスと思います。 いま面白いと思えること、興味のあることに是非チャレンジしてください。 小野薬品はチャレンジしたい人にとって最高の環境だと思います。 1日のスケジュール 入社からこれまでの経歴 入社後7月にGlobal PV課(組織変更により現在は別名称)に配属。 入社当初から現在に至るまで海外提携企業との安全性情報交換に関する契約を3年以上担当。 その他に現地法人のPV担当者との連絡窓口や海外CROを管理するチームの一員としての役割を担っています。 現在の仕事内容 ファーマコヴィジランス部では医薬品の副作用等の安全性情報を取り扱っていますが、提携企業から製品を導入・導出している場合はその導入・導出先の企業とも安全性情報を交換する必要があります。 私はそれらの海外提携企業と安全性情報を交換するための取り決め(PV契約)を締結しています。 各国の規制を考慮し、各関係部署に確認を取りながら交換対象となる情報や交換方法等を先方と交渉しながら契約に落とし込みます。 提携企業との交渉は主にメールベースのやり取りになりますが、必要な場合は電話会議を設定してコミュニケーションを図っています。 仕事のやりがい 新しいことに挑戦できることです。 その一例として、韓国台湾でのPV業務の一本化が挙げられます。 これまで、韓国台湾での治験のPV業務は試験ごとに複数のCROに委託しており、市販業務は本社が現地法人のサポートをする形で実施されておりましたが、それらのPV業務をすべて一つの海外CROに一本化するというプロジェクトでした。 PV部のメンバーはもちろん、開発本部、現地法人、CRO、海外提携企業と連携しながらプロジェクトを進めるのは非常に困難も多く、何度も問題に直面しました。 しかし、国籍も言語も違うメンバーとも協力しながら困難を乗り越えてプロジェクトを成功させることができ、大きな達成感を味わうことができました。 挑戦したいこと これからも小野薬品が経験したことのないような新しい業務に挑戦し続けたいと思っています。 また、PV部の他の業務も経験して、より幅広い知識を身に着けていきたいと思っています。 学生へのメッセージ 小野薬品のPV部は次々と新しい仕事を経験することができると思います。 新しいことに挑戦することが好きな方、いろいろな方とコミュニケーションをとりながら仕事がしたい方とぜひ一緒に仕事がしたいと思っています。 1日のスケジュール 入社からこれまでの経歴 入社から現在に至るまでファーマコヴィジランス(PV)部 製造販売後調査室に所属しています。 入社から2年半ほどはデータ回収の進捗管理や営業部門のデータ回収業務のサポートを担当していました。 その後は調査の企画・立案、規制当局への報告・申請業務(安全性定期報告作成・再審査申請)等を担当しています。 現在の仕事内容 製造販売後調査室では、医薬品承認後の実臨床下における安全性や有効性を確認するために、使用実態下での調査内容の企画からデータ収集・管理、結果報告まで調査に関わる全ての業務を行っています。 また、規制当局へ報告結果をレターや冊子等に纏め医療現場へ提供しています。 仕事のやりがい 社内の開発部門、営業部門、メディカル部門ならびに規制当局等、様々な人と協議を繰り返し協力しながら調査は実施されます。 自身が設計した調査計画に沿って、多くの部門や外部の業務受託機関の何十人、何百人も動くことになり、様々な意見の調整に苦慮することや結果に対する責任も伴いますが、苦労しながらでも計画した通りに進行できた時の嬉しさ、部門間を超えた協力によって課題や困難を乗り越えられた時には達成感と共に大きなやりがいを感じます。 挑戦したいこと ファーマコヴィジランス業務は多岐に渡り、私が現在担当している調査業務以外にも個別症例評価業務や措置検討業務が複雑に絡み合っています。 それらの業務にも挑戦し、ファーマコヴィジランス業務の全体を俯瞰して考えられる存在になりたいです。 学生へのメッセージ 今何ができるかではなく、将来何をしたいか考えると良いかと思います。 小野薬品では挑戦を後押ししてくれる風土があります。 様々なことに挑戦したいという方は、是非一緒に働きましょう! 1日のスケジュール.

次の

安全性情報・PMS(市販後調査)の求人・転職情報(4ページ目)|パソナキャリア

市販後調査 求人

PMS(市販後調査)業務の仕事内容 ここでは、PMS(Post Marketing Surveillance:市販後調査)業務の仕事内容について詳しく説明しています。 薬剤師資格をお持ちの方で、今後はPMS担当として働いていきたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。 PMS(市販後調査)業務とは? PMSとは「Post Marketing Surveillance」の略語であり、既に発売された医薬品の有効性や安全性を確認するための市販後調査を行う業務のことを指します。 PMSは発売された医薬品が、日常の診療時に使用された際の有効性や安全性を調査し、副作用に関する情報収集なども行います。 PMS(市販後調査)業務の仕事内容 PMS(市販後調査)業務の具体的な仕事内容について詳しく説明していきます。 PMSが行う調査内容としては、医薬品が市販された直後から半年間に渡り、その医薬品を扱う全ての医療機関を対象として実施する安全性情報の収集調査となる市販直後調査や、その医薬品が日常の診療で使用された際の有効性や安全性などに関する情報収集を行う使用成績調査、子供や高齢者の方、妊婦など、臨床試験時には確認ができていない患者属性の方々に対する有効性や安全性に関する情報収集を行う特別調査など、様々な調査があります。 また、PMSの仕事には、市販されている医薬品の有効性や安全性を確保・維持するための再審査制度や再評価制度、副作用・感染症報告制度といった制度が設けられており、それらの制度に沿った市販後調査も実施します。 PMSは、海外安全性情報(CIOMS)を扱うこともあるため、英語力が求められるケースが多くなっています。 PMS(市販後調査)業務のやりがいとは? PMSは既に市販されている医薬品の安全性や有効性に関する情報収集を行うのがミッションです。 医薬品は市販されると、臨床試験時の医療機関とは異なる条件下で使用されることが考えられ、それゆえに想定外の副作用や効果が出る可能性もあります。 既に市販されている以上は、迅速に安全性情報を収集し、報告していくことが必要不可欠となりますので、PMSの仕事には大変強い使命感と倫理観が求められます。 PMSに求められるこの社会的使命の大きさにやりがいを感じ、働いている薬剤師の方はたくさんいらっしゃいます。 また、英語力がある方は、薬学に関する専門性に加えて語学力も活かした仕事ができる、という点でPMSという仕事に魅力を感じられる方も多くいらっしゃいます。 PMS(市販後調査)業務に薬剤師資格は活かせるか? PMSの仕事で活躍するためには、薬剤に関する知識や臨床的知識は大前提となり、その上で特定の疾患領域に特化した専門知識を持っていることや語学力が必要とされます。 薬剤師資格さえ持っていれば誰でもできる仕事というわけではなく、PMS求人のほとんどはPMS業務の業務経験が求められますが、そもそもPMSの業務を遂行する上でベースとなる知識については、薬剤師としての専門知識が活きてくると言えます。

次の