ほくろ 取り。 ほくろ除去クリームはこれがオススメ!人気ランキング【比較】

簡単!ほくろを消す&取る方法!

ほくろ 取り

に悩まされている方は意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか。 場所や大きさにより、コンプレックスの原因となることもあるほくろですが、ほくろ治療は年々進化しています。 小さなほくろなら驚くほど簡単に取れ、また、以前の治療法では取りにくかったようなほくろでも簡単に取れるようになってきています。 そんなほくろ治療についてはなふさ皮膚科の花房火月(はなふさひづき)院長にお聞きしました。 ほくろにはどんな種類がある? には様々な種類があります。 一般的なほくろは母斑細胞性母斑(ぼはんさいぼうぼはん)と呼ばれますが、その中にも「黒くて隆起したほくろ」や「肌色で隆起したほくろ」「太い毛が生えているほくろ」「頭皮にできてしまったほくろ」など実に色々な種類があります。 他にも特殊なほくろとして、「サットン母斑」や「」と呼ばれるほくろもあります。 また、ほくろのように見えて実はと呼ばれる悪性腫瘍であることもあります。 このように単純にほくろと言っても色々なタイプのほくろがあるので、ほくろ治療を行う際にはまず「どのようなほくろのタイプなのか」をしっかり診断することが重視されます。 そして、その結果に応じて後述する治療法も使い分けられていくのです。 見た目を重視してほくろをとる人が増えている そもそもは除去する必要があるのでしょうか?悪性腫瘍が疑われる場合は当然、除去する必要があるのですが、審美的な側面からはどうでしょう。 もともと欧米では子どもうちにほくろをとってしまう文化があります。 これは皮膚がんの発症率が高いという人種差も理由の一つにありますが、審美的な面も大きな理由の一つです。 日本人には「ほくろをとる」、という習慣は一般的ではありませんでしたが、近年では大きく変化してきており、審美的な観点から欧米のようにほくろをとる方もかなり増えてきているように思います。 特に隆起性のほくろは審美的にとったほうがよいといえますし、やはり人間は均一なものほど白く感じることがわかっています。 ほくろ治療にかかる費用 除去は保険診療内で行えるものと、そうでない自由診療で行うものに分かれます。 保険診療で治療を行えるケースとして、以下が挙げられます。 顔を洗うときに引っかかる。 ひげを剃るときに引っかかって、出血することがある。 洋服を着脱するときに引っかかる。 眼瞼にあり、視野の邪魔になる。 悪性腫瘍の可能性を否定できない。 上記以外の審美目的のほくろ除去は自由診療です。 ほくろ除去は、 ほくろが大きければ大きいほどかかる金額も大きくなります。 例として、当院では費用は以下の通りです。 完全な美容目的の場合は保険がきかず、自己負担になりますのでご注意ください。 費用の目安(保険適用・自己負担3割の場合) 切除したほくろ一ヶ所あたり• 2cm未満:5310~5910円• 2cm~4cm未満:11340~11940円• 4cm以上:13410~14010円 費用の目安(美容目的の場合) 切除したほくろの直径• 3mm未満:10000円• 3mm~5mm未満:15000円• 5mm以上:20000円 レーザー治療・手術治療によるほくろ除去 レーザー治療では炭酸ガスレーザーなどでほくろを除去 レーザー治療は治療でよく使われる方法です。 レーザー治療はその施術法も少しずつ発展してきており、よりリーズナブルに受けられるようになってきています。 当院では 炭酸ガスレーザーによるほくろ除去を行っており、これはほくろの基になっている母斑細胞を焼き切るというシンプルな治療法です。 レーザー治療後、傷が上皮化してくると、赤みが引いた後にはほとんど目立たなくなります。 レーザー治療では必要最小限の範囲だけにレーザーを当てて、母斑細胞を死滅させることができるので、傷を目立たせない治療が可能です。 レーザー治療は、比較的浅いほくろや顔まわりのほくろ、また傷を縫いたくない方にオススメの治療法です。 手術治療ではほくろを切除して縫い合わせることでほくろを除去 レーザー治療と双璧をなすのが 手術治療です。 ほくろを紡錘形に切除し、縫い合わせるやり方と、ほくろを形に沿ってくり抜き巾着縫合(周囲の皮膚を巾着のように引っ張り縫う)というやり方があります。 炭酸ガスレーザーによる治療と比べて、傷の面などで仕上がりが劣ると考える方もいますが、場合よっては手術療法のほうが優れている場合も多々あります。 特に大きなほくろ、深くまであるほくろ、顔以外の部位にオススメされます。 皮膚科でのほくろ除去を行う際の病院選びのポイント アフターフォローの充実が一番のポイント 除去を行う際に病院を選ぶ最大のポイントは、きちんと アフターフォローをしてくれるかどうかという点です。 医療行為である以上、100%うまくいくなどということはありません。 処置の前にとリスクについて説明し、なんらかの合併症が起こった場合には責任をもって対処しなければなりません。 傷跡が残ったり、再発したり、ができることもあります。 しかし、自由診療の領域では、自らが行った処置に対してしっかりとフォローをしない無責任なクリニックも実在するという話も耳にします。 ですから、処置を受ける際にはリスクや予想される合併症について、またアフターフォローについてもしっかり事前に聞いてみるのがよいでしょう。 ほくろ治療は実に色々なものがあり、新しい治療法も生まれてきています。 そのため、ほくろ治療を受ける際にはこのような最新事情をしっかりと押さえておくことも大事ですが、それ以上にきちんと患者さんに寄り添って、最後まで責任をもって対応してくれるクリニックなのかを見極めることも重要です。

次の

ホクロ除去、失敗しました|Better girls

ほくろ 取り

Contents• ほくろ除去の失敗談!傷跡が赤く盛り上がってしまった! 目立つ場所、例えば顔などにあるほくろは取ってしまいたいと思う人が多いのではないでしょうか? そんな悩みを持っていた人間の1人が僕で、鼻の下にある5mmほどのほくろを取るために美容外科で手術をしました。 実際に受けた手術はこんな感じのものです。 ほくろの位置 鼻の下 ほくろの大きさ 約5mm 手術内容 電気分解法 電気メス 価格 約5000円 そして手術が終わり小さな肌色の保護テープ/絆創膏を貼り付けられ、無事ほくろ除去は終了したんです。 そのときの僕はほくろさえ取れれば悩み解決で、その後の傷跡で悩むことになるとは夢にも思いませんでした。 傷跡は手術後すぐはかさぶたを剥がした後のように皮膚が丸くくり抜かれている様子で、徐々に傷は治っていきました。 しかし僕の場合、治った傷跡が赤く盛り上がってきてしまったのです…。 これは「 肥厚性瘢痕」というもので、傷が深すぎて治りが遅くなってしまったときに起こる症状です。 肥厚性瘢痕 ひこうせいはんこん, 英: Hypertrophic scar とは、外傷後に、創面を修復しようと出来た線維組織が過剰に産生され、いわゆるミミズバレ状の傷跡(瘢痕)が、長期にわたり残存する状態をさす。 出典: この膨らみは1年~数年かかればかけて平坦になったり、完全に平坦にはならず膨らみが残ってしまったりします。 よくケロイドという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、それは肥厚性瘢痕よりも更に酷い膨らみで勝手に消えることはないので治療が必要となります。 僕の場合はケロイドではなく肥厚性瘢痕で自然に平坦になる可能性はあったものの、やはり1年~数年赤い膨らみが残るのはショックでした。 術後の保護テープ/絆創膏による圧迫がされてないと肥厚性瘢痕ができるらしいのですが、僕はしっかり圧迫していたのでそれはないと思いました。 この原因の殆どは、必要以上に深い傷を負ってしまったことにあります。 炭酸ガスレーザーによる手術で深いほくろを除去するときに手術を数回に分けるのは、1度に深く削ってしまうとこういった問題が起こるためです。 あとは体質的なものもありますが、これは普段から傷跡が残りやすかったり治りにくい人は要注意。 体質的な問題は防ぎようがありませんから、失敗を防ぐためには丁寧に手術してくれる「 信頼できる病院・クリニック選び」が重要となってくる訳です。 全く傷跡が残らないというのは中々ありませんが、それでも普通は目立たない程度の傷跡になるはずです。 幸い僕は大手の美容形成外科による治療によって、何とか2年かかって目立たない傷跡になりました。 最初から大手の美容外科でやっておけば…と思ったので、いかに信頼できる病院やクリニックを探すことが重要かというのを痛感しましたね。 僕がほくろ除去が失敗してしまった原因 僕がほくろ除去で失敗してしまったのは、病院選びを始めいくつかの原因がありました。 安さに惹かれて病院・クリニックを選んだ 1つ目の失敗は、どこの病院やクリニックでも同じだと思ってしまったことです。 僕の場合、安い価格を見てよくわからないような地方の美容外科で手術を受けてしまい失敗してしまいました。 名の知れたところだから絶対安心とは言えませんが、やはり名の知れた大手に行った方が失敗する可能性は低いと思います。 あとは大手の方が口コミを豊富に見られるというのも、メリットですね。 美容外科の口コミは、「」で見られますよ。 レーザーではなく電気分解法の手術だった 2つ目の失敗は、手術内容の選択です。 僕は「 電気分解法」という電気メスでほくろ部分をくり抜く手術を受けたのですが、炭酸ガスレーザーによる手術に比べると傷跡が残る可能性は高いです。 何故なら一気に深いところまで傷つけるため、治りが遅くなってしまうから。 炭酸ガスレーザーによるほくろ除去は深いほくろだと何回かに分けて受けなければいけないので面倒臭いのですが、その分傷跡は残りにくいです。 電気分解法自体がダメという訳ではなく、手術が1回で済みますし、レーザーだと深いほくろは再発の危険があるのに対して再発の危険が少ないというメリットもあります。 しかし僕の場合は、後に記載するように「 肥厚性瘢痕・ケロイドができやすい部位」の手術だったため、電気分解法の深い傷は良くなかったようです。 ちなみにほくろ除去手術は以下のようにいくつかやり方があるので、医師と相談して決めましょう! あわせて読みたい 3. 肥厚性瘢痕・ケロイドができやすい部位の手術だった 3つ目の失敗は、リスクを事前に知らなかったことです。 僕がほくろ除去手術を受けた「 鼻の下」という部位は、比較的肥厚性瘢痕・ケロイドができやすい部位でした。 理由は傷跡というのは引っ張られる力によって、肥厚性瘢痕・ケロイドに変わりやすいからです。 鼻の下は口の動きによって皮膚が引っ張られますし、肘や膝、肩なども体の動きによってできやすい部位と言えますね。 なのでそういった部位を深く傷つけた場合、当然肥厚性瘢痕・ケロイドに変化するリスクを伴いますし、術前にそこを把握しておくべきだったのです。 基本的にほくろ除去手術というのは、失敗して傷跡が目立ってしまう可能性が伴うもの。 そういったリスクもあった上で、それでも取りたいのかやっぱり取りたくないのかを考えれればよかったのではと思います…。 まずは病院・クリニックは、「」などで口コミや評判を確認しておきましょう! そしてそこで医師と相談し、自分のほくろの大きさや深さに適した手術を決める。 それに伴って、自分が傷が治りにくい体質だったりケロイド体質ではないかも考える。 そういった要素と「 傷跡は多少は残ったり、失敗したらかえって目立つこともある」ということも考慮したうえで、それでもそのほくろを取りたかったら手術に踏み切るのがいいと思います。 レーザーでジュッと取るのは5分ぐらいで終わりますが、実はその後の傷を治す過程の方が長く大変なのを知っておくのが大切です。 治るまでの期間は、3ヶ月~半年ほどで目立ちにくい傷跡になるのが一般的。 それまでの間傷跡があるのが困るという人は、もう一度考えてみた方がいいかもしれませんね。 通常3ヶ月~半年で目立たない傷跡になるハズなので もしくは医師に言われた期間まで 、それを過ぎて赤みが取れなかったり凹んだままだったら要相談ですね。 保存的治療とは、ほくろ除去後の盛り上がってしまった傷跡を平坦な白い傷跡にまで症状を抑える「手術をしない治療法」で、次のようなものが挙げられます。 圧迫療法・・・シリコンシートで盛り上がった傷跡を押さえつけて平らにしていく• ステロイド療法・・・抗炎症効果のあるステロイドを注射したり、テープやクリームで塗ることによって盛り上がりを抑える• リザベン療法・・・肥厚性瘢痕、ケロイドを抑える効果のある内服薬「リザベン」を飲むことによって症状を抑える 対して手術治療はその名の通り外科的手術が行われるもので、凹みが戻らない傷跡や白い傷跡を切除して目立ちにくい線状の傷跡に縫合し直します。 僕は上記の保存的治療で肥厚性瘢痕を平坦な白い傷跡にした後、手術治療で更に目立たないように線状の傷跡にしました。 しかし、手術治療はまた傷をつけるため、当然肥厚性瘢痕やケロイドの再発リスクはあります。 基本的にこのどちらか、もしくは両方で傷跡を綺麗にできますが、特に保存的治療は長期戦となるので頑張りましょう。 この間に精神的に参ってしまう場合は、カウンセリングも受けることをおすすめします。 僕の場合は鼻の下だったのでマスクで隠れましたが、マスクで隠れない場合やマスクができないときはファンデーションやコンシーラーで隠しておきましょう。 僕は現在も傷跡が少し白く残っていますが、BBクリーム+フェイスパウダーで軽くメイクしているので隠れています。 傷跡に紫外線は天敵で、跡が残ってしまう原因になります。 術後3年たって傷跡が殆ど目立たなくなった僕も、未だにUVケアは欠かさずやっていて再発防止に励んでいますよ! まとめ ということで、実際の ほくろ除去手術の失敗談を紹介しました。 手術自体が簡単なので気軽に受けがちですが、事前準備とアフターケアで手を抜くと痛い目に合います。 皮膚が引っ張られるところは肥厚性瘢痕になりやすい、傷跡のUVケアは怠ってはいけない、ということは手術前に覚えておきましょう!.

次の

ほくろ除去経過|ほくろ除去後の傷跡の経過の全記録

ほくろ 取り

・膨らみがあるほくろの、 「膨らみ部分」だけなら取れる可能性がある ・ほくろでなくて、 シミなら取れる可能性がある かもしれない、ということに気づきました。 「いやいや!口コミで平べったいホクロも取れるって見たことあるけど!?」という方にも納得してもらえるように、ここから詳しく説明していきますね。 基礎知識 イボコロリでほくろが取れるの?を説明する前に、「そもそもイボとは?」「ほくろとは?」について少し説明させてください。 それと、「イボコロリでイボが取れる理由」についても簡単に書いています。 これをみていただくことで、「イボコロリでホクロが消えない理由」がより理解しやすくなりますよ。 ほくろとは ほくろとは、 母斑細胞(ぼはんさいぼう)というほくろの細胞が、 皮膚のなかでかたまったものです。 ほくろって、皮膚の上から爪でガシガシ削っても少しも取れないし、はがれないですよね? これは、 ほくろの細胞は皮膚のなかにあって、それが皮膚の上から透けて見えているもの=ほくろだからなんです。 ちなみに、母斑細胞(ほくろの細胞)は、生まれつきあるものもあれば、紫外線によってできることがあります。 ほくろができる原因について、詳しくはご覧ください。 イボとは イボとは、 「ヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルス」というウイルスに感染することでできる、皮膚のできもののことです。 怪我をしたりして皮膚に傷があると、そこからウイルスが入り込んでしまうことがあります。 そして、皮膚の「基底層(きていそう)」という部分の細胞に感染します。 感染した細胞は、まわりにある正常な細胞を押しのけて、どんどん増えていきます。 そして最終的に「イボ」になります。 皮膚のなかには「イボの芯」ができていて、この芯を完全に取り切らないと、何度も再発することがあります。 イボコロリでイボが取れる理由 イボコロリには、主に サリチル酸という成分が入っています。 サリチル酸には、 角質をやわらかくして剥がす、また、 皮膚の角質にいる菌を除去するという効果があります。 イボコロリには、ウイルスに感染した細胞をやわらかくして剥がしてくれるサリチル酸が入っているので、イボを取ることができるんです。 イボコロリでほくろ除去できない理由 イボコロリに入っているサリチル酸という成分は、 皮膚の角質層(かくしつそう)から基底層(きていそう)までしか届きません。 (参考:日本美容皮膚科学会) しかし、 ほくろの細胞のほとんどは、基底層より奥深くに存在しています。 上のイラストのように、ほくろは「ほくろの細胞がある場所」で3つに分類されています。 ほくろの細胞が、 表皮と真皮の境界部分にあるものを「境界母斑(きょうかいぼはん)」。 真皮の境界部分から、真皮の浅い部分にあるものを「複合母斑(ふくごうぼはん)」。 真皮内のみにほくろの細胞があるものを「真皮内母斑(しんぴないぼはん)」。 境界母斑(きょうかいぼはん)は、ほくろの細胞が基底層にもありますが、真皮にもまたがっています。 そのほかのほくろは、ほくろの細胞が「基底層(きていそう)」よりも深い場所にありますよね。 つまり、イボコロリを塗っても、ほくろの細胞にはほとんど影響を与えられないんです。 炎症をおこす 初めに説明しましたが、ほくろは「ほくろの細胞が皮膚のなかにあって、それが皮膚の上から透けて見えたもの」です。 ウイルスに感染した細胞がどんどん増えるためにできる「イボ」とは違い、皮膚には正常な細胞が存在している状態です。 そんな正常な細胞にイボコロリをぶかっけると、健康な皮膚がやわらかくなり、 火傷のような炎症をおこし、ぽろぽろと剥がれることがあります。 炎症がひどいと、 「炎症後色素沈着」という、シミのような跡が残ってしまうことも。。 イボコロリが皮膚についても、すぐに拭き取れば、皮膚の奥まで浸透していないのでそこまで影響はないかもしれません。 しかし、つけた量が多かったり長い時間放置してしまうと、やはり炎症がおきやすくなります。 「どうしてもホクロが消え去ってほしいの!」と思ってイボコロリを使っても、ホクロを消し去るまえに健康な皮膚に影響がでてしまい、ほくろ除去どろこではなくなってしまうと思うんです。 (「思う」と書いているのは、実際に私がイボコロリでほくろ除去を試していないからです。 試す勇気がありませんでした、ごめんなさい…。 ) ちなみに、イボコロリの説明書にも、以下のように書かれています。 本剤が健康な皮ふに付着すると、その部分も白く軟化し、痛んだりするので、もし、ついた場合にはすぐにふきとってください。 特に、指の間に塗布する場合は薬液が乾くのを確認してください。 () 試すにしても、「跡が残ってもまったく問題ない場所」から試してみてはいかがでしょうか。 イボコロリでシミなら取れる? 2ちゃんねるなどの掲示板を見ると、「私はイボコロリでホクロが取れたよ!」というコメントがたくさんあります。 こんな書き込みをみると、「やっぱ取れるんじゃん、嘘つくなよ」って思われるかもしれませんね(汗)。 その人が取れたものは ほくろではなく、シミの可能性が高いのではないかと考えられます。 イボコロリでほくろを取った人をじぶんの目でみた訳じゃないので、あくまで推測ですが。。 なぜかと言うと、 シミ(メラニン色素)は皮膚の浅い部分に存在しているため、イボコロリに入っている サリチル酸がじゅうぶんに届くからです。 シミのもとである「メラニン色素」は、基本的に、 皮膚の「表皮」部分にたまります。 イボコロリに入っているサリチル酸は 皮膚の基底層までは届くので、メラニン色素とともに皮膚がはがれていった、という可能性は否定できません。 ほくろの膨らみだけなら取れる? ぷっくり盛り上がったほくろの場合、 膨らんだ部分だけならイボコロリで取れる可能性がないとは言えません。 2ちゃんねるにて、以下のような書き込みがありました。 イボコロリで2ミリ程度盛り上がってるのをやってみた 結果としてはかさぶたのようになって ポロリと取れたけど 綺麗に平面にはならず、盛り上がりは残るし、痕も少々残るね コツはホクロのみに液が浸透するようにする 超高難易度だけど、、、、 後はこれがどの程度目立たなくなるかだけど、 綺麗にとりたいのなら病院へ行ったほうがいいってのが結論かな 結論は自己責任ですよ 何度かご説明の通り、サリチル酸には「皮膚をやわらかくしてはがす」効果があるので、ホクロの膨らみ部分が取れる可能性はあると言えます。 しかし、投稿者の言葉どおり、跡が残る可能性が高いでしょう。 なぜなら、の項目で説明した通り、イボコロリの成分は、 ほくろの細胞がある場所まで浸透しないから。 ほくろがぜんぶ取れないのは目に見えているので、膨らみがあるほくろであっても、イボコロリの使用はおすすめできません。。 イボコロリ以外でおすすめの除去法 は、もぐさ、カソーダ(ほくろ除去クリーム)、ウバイ精油膏(せいゆこう)などがあります。 私も興味があったのであれこれ調べてみましたが、どれも民間療法(医療行為ではなく、昔からの言い伝え)なので、費用がとにかく安いぶん大きなデメリットがあると感じました。 あなたにおすすめしたいのは、お決まりではありますが「病院での除去」です。 自分で取るよりも費用はかかりますが、何度もほくろを取った経験のあるお医者さんのもとで、正しい治療法で取る。 そうすれば、予想しえないリスクを心配する必要はまったくいりません。 皮膚科や美容外科でうけられる除去法をでまとめています。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の