子供 飛び降り。 滋賀県大津市におの浜1歳親子飛び降り自殺!原因育児トラブル?現場?

死にたいあなたへ、飛び降り自殺失敗者が送るメッセージ|専業主婦卒業宣言!

子供 飛び降り

(Masaru123/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです) 幼い子供たちを車に乗せ、立体駐車場に向かったある母親。 その日の計画は子供たちとの楽しい買い物や外食ではなく、無理心中だった可能性が高いと報じられた。 当局は捜査を進める一方で、惨事を目の当たりにした人々が受けた心的ダメージを心配している。 上の子は4歳、そして下の子はまだ1歳と幼く、このとき母親が予定していたのは子供たちとの楽しいお出かけではない。 子を殺して自殺する決意をしていたとみられる母親は、駐車場8階で子供たちと共に車から降りた。 母親は子供たちをひとりずつ地面に向け投げ捨て、その衝撃で子供たちは命を落とす。 その後に母親も後を追うように勢いよく飛び降り、やはり死亡が確認される。 突然落ちてきた母子、そしてその後の惨状を目の当たりにした人々があまりにも大きなショックを受けた状態に。 当局は目撃者救済を目的としたカウンセリングセッションを用意し、立ち直りをサポートすべく準備を進めている。 この母親については氏名・年齢まで公表されているが、大きな悩みを抱えていたのか、助けてくれる家族がいたのか、夫や恋人がいたのかなど、詳しいことは伏せられている。 何が母親を凶行に駆り立てたのかは、今後の捜査で明らかになるだろう。

次の

母子4人飛び降り無理心中!子供の声「イヤだ、イヤだ」直後にドスンと落下音: J

子供 飛び降り

「女性がビルの上から落ちてきた」 2日午後7時過ぎ、東京・新宿の歌舞伎町で1本の110番通報が入った。 「女性がビルの上から落ちてきて、歩行者の男性を直撃した。 」 警視庁の警察官と東京消防庁の職員が現場に駆け付け、救助活動が行われた。 歌舞伎町の現場には若い女性と下敷きとなった男性の2人が倒れていた。 この事故で女性は病院に搬送されたがその後、死亡が確認され、男性は骨折する重傷を負った。 警視庁はビル8階の外階段に女性の靴や鞄があったことや、目撃情報などから、女性が自ら飛び降り、路上を歩いていた男性が巻き添えになったものとみている。 巻き添え事故は過去にも 実は飛び降り自殺をした際に歩行者などを巻き込んでしまう事故はけっして少なくはない。 警視庁管内だけでも2006年に東京・調布市の大学で当時55歳の女性が飛び降り、下を歩いていた20歳の女子学生が巻き込まれて重傷を負ったほか、2007年には東京・新宿区の雑居ビルから当時48歳の男性が飛び降り、下にいたバイク便の男性にぶつかり、男性が胸の骨を骨折する重傷を負う事故が起きている。 さらに2008年にも東京・立川市で、当時53歳の男性がマンションから転落し、自転車で通りかかった女性が巻き添えになり足の骨を折る重傷を負っている。 2007年 自殺した女性を書類送検 10月2日発生した飛び降り事故現場 歌舞伎町 2007年11月、東京・豊島区のJR池袋駅前ビルの屋上から当時25歳の女性が飛び降り自殺し、通行人の男性が巻き添えになって死亡した事故に関して警視庁は、「人通りが多い池袋駅前で飛び降りれば、通行人を巻き添えにする危険性があることは十分認識できた」と判断し、女性を重過失致死の疑いで容疑者死亡のまま書類送検した。 昨夜起きた新宿・歌舞伎町での巻き添え事故に関して、現場を目撃した人は、「気付いたら女性と男性が倒れていた。 まさか空から人が落ちてくるなんて誰も想像できないので、このような事故に巻き込まれると防ぎようがない…」と話している。 自殺者による歩行者の巻き添え事故。 巻き添えとなった被害者や遺族の心情は察するに余り有るものだろう。 また、警視庁のある捜査員も「歩いている際にずっと上を見ている事なんて出来るわけがなく防ぎようがない…」と話している。 このように誰もが行き場のない怒りを感じる事故は、今後二度と起きてほしくないものである。 (執筆:フジテレビ 社会部 警視庁担当 河村忠徳).

次の

【無理心中】東京・多摩市の10階建てマンションから母子が飛び降り自殺『2人分の靴とリュックサック』女性死亡、7歳女児重体

子供 飛び降り

通常インフルエンザでは高熱・倦怠感などが主な症状ですが、まれにインフルエンザ脳症などを起こすことがあります。 これは発症1~2日で起こることが多く、致死率も高めです。 その脳症の原因はインフルエンザにより起きた血管や神経の損傷と言われていますが、幻覚妄想なども含まれます。 争点はこの症状とタミフルがどれだけ関係があるかということですが、厚生労働省もタミフル未服用でも起こることであり因果関係は薄いとしているようです(多くの医師もそう思っています)。 1カプセル飲んで幻覚妄想が出るかは血中濃度からも考えづらいのが現状ですし、作用機序も検討がついてないようです。 但し、現段階での医療業界の認識です、世界でも多くの国で使われていますしハッキリしたデータなどが出れば副作用と認定されるでしょう。 タミフルと似た薬でリレンザというのがあります、こちらでは今のところ報告はありませんが、タミフルに比べて使用例がかなり少ない(吸入薬なので老人・子供は使いづらい)ため、死亡例などはまだ未知数です。 まず、タミフルが引き起こす異常行動は大人では現われないことが ほぼ判明していますので、質問者さんが成人であれば問題ありません。 次に、タミフルが原因と思われる「 自殺 」がすべて、飛び降り自殺 である点に着目すべきでしょう。 つまり、若年者がタミフルを服用すると、 なんらかの異常行動( 走り回りたくなる衝動など )に走ると類推できます。 その結果、高層マンションに住んでいる人だけが、落下事故に遭うわけです。 もしタミフルが「 自殺衝動 」を引き起こすのであれば、包丁で自分を刺したり、 いきなり首を吊るといった事例も存在するはずです。 ですが現在のところ、 その手のニュースを見たことはありません。 諸外国ではどうかというと、米国では2階建て以上の家屋がほとんどなく、 高層マンションは基本的に窓が大きく開かない構造のため、そもそも飛び降り 自殺自体が珍しいです。 ヨーロッパも高層住宅が少なく、窓も小さいところが 多いですね。 日本のように、簡単に転落事故に繋がるような構造の集合住宅は、 世界的にはわりと珍しい部類なのです。

次の