イオン銀行 デメリット。 イオン銀行【口座開設は店舗でやるとお得に?】流れからメリット&デメリット

イオン銀行のメリット・デメリット・金利・イオン銀行Myステージを徹底解説

イオン銀行 デメリット

「イオン銀行でiDeCoに加入できるって聞いたけど実際はどうなんだろう?」 と思ったことはないでしょうか。 iDeCoへの加入は金融機関で受け付けているので、どこで加入しようか迷ってしまいますよね。 iDeCoは加入する金融機関によって、受けられるメリットやデメリットが異なるので、違いをしっかり把握して、自分に合った金融機関を選ぶことが望ましいです。 今回は、イオン銀行でiDeCoに加入するメリットやデメリットだけでなく、どのような方におすすめなのかも記載しています。 5分程度で読めますので、ぜひ最後までご覧ください。 イオン銀行はどんな銀行 イオン銀行はイオングループに属している銀行で「アイデアのある銀行」をスローガンに経営されています。 またセブン銀行と同じく小売業が主導で設立された銀行です。 ATMだけでなく、イオンのショッピングモールなどに有人の店舗も設置しており、投資信託や融資商品も販売しています。 iDeCoの仕組みついておさらい イオン銀行のiDeCoの特徴を確認する前に、そもそもiDeCoについてどのような仕組みでどんなメリットやデメリットがあるのか確認しましょう。 iDeCoの仕組み iDeCoは個人型確定拠出年金のことをいいます。 公的年金や年金保険との違いは、自分で運用先を指定する点です。 例えば国が運営している公的年金は、国民が支払った年金保険料を、国から委託された専門機関が運用し、年金の財源を確保しています。 対してiDeCoは自分が拠出した掛金を自分で株式や投資信託などに投資することにより、将来受け取る年金のために積立ていくという仕組みです 掛金は全額所得控除 iDeCoで毎月支払った掛金は、全額が所得控除の対象となるため、iDeCoの掛金で支払ってくれた金額分は税金の計算から除外されます。 そもそも所得税や住民税の金額を計算するときは、その人の年間の収入に、決まった税率をかけて求めることが可能です。 しかし収入の全てが対象になるわけではなく、特定の金額は計算から省かれ、この省かれた金額を「所得控除」といいます。 所得税を求めるときに用いる税率は、その人の所得(年収-所得控除)で変わるため、節税の効果は人により変わります。 よって所得税と住民税で、82,800円(55,200円+27,600円)分の税金の負担が減らすことが可能です。 このためiDeCoの所得控除による節税効果はとても大きいと言えます。 運用で得た利益や将来の受け取りなどが非課税 通常、株や投資信託などで運用をして利益を得た場合は、運用益の約20%が税金として徴収されます。 しかしiDeCoでの運用益は、全額非課税のため、運用益の額に関わらず税金が課せられません。 また積み立てた年金の受け取り時は、受け取り方によって以下の控除が適用されます。 iDeCoの注意点 iDeCoには注意すべき点が2つ存在します。 1点目が、iDeCoで拠出した掛け金は60歳まで引き出すことができないことです。 よって、掛け金を拠出している途中でお金が必要になった場合でも、一切引き出すことができません。 また、運用は自分で指定して行うため、場合によっては元本割れを起こす危険性があります。 さらに運用には各種の手数料や、運用会社に支払う信託報酬というコストがかかるという点にも、注意しましょう。 イオン銀行のiDeCoに加入するメリット4選 イオン銀行のiDeCoの仕組みは、みずほ銀行と共通のため、特徴はみずほ銀行でiDeCoに加入するのと変わりありません。 形態としては、 ・受付金融期間:イオン銀行 ・運営管理機関:みずほ銀行 となっています。 みずほ銀行のiDeCoは、メガバンクの中でも最も優れており、その特徴にイオン銀行ならではの特徴が加えられています。 口座管理手数料が無料 みずほ銀行で口座管理手数料を無料にするには、特定の条件を満たす必要がありますが、イオン銀行は無条件でずっと0円で運用することが可能です。 ただし他の金融機関と同じく、国民年金基金連合会や事務委託先金融機関には手数料を支払う必要があり、別途167円が発生するため注意しましょう。 イオン銀行でiDeCoに加入することで発生する手数料は以下の通りです。 (2018年12月時点) ロボアドバイザーを無料で利用できる イオン銀行でiDeCoに加入すると、みずほ銀行と同じく、「SWARTFOLIO(スマートフォリオ)」というロボアドバイザーツールを利用できます。 スマートフォリオは、自分の性格や予算・年収・投資に対する考え方などをもとに自分に合った投資プランを考えてくれます。 投資を行う際は、リスクを分散するために株式・債券・不動産などを国内や国外問わず幅広く投資する必要があります。 しかし投資を経験したことがない方にとって、どこにどれだけ投資をするかの配分(ポートフォリオ)を決めるのはとても難しいことです。 スマートフォリオを利用すれば初心者でも簡単にポートフォリオが作成できるため、初心者でも投資が行いやすくなります。 ひふみ年金を選ぶことができる ひふみ年金はレオスキャピタルワークス社が販売している投資信託商品で、中小企業に主に投資をし、運用成果を積極的に狙っていくアクティブファンドです。 アクティブファンドは高い運用成果が期待できますが、運用会社に支払う報酬(信託報酬)が高い傾向にあります。 しかしひふみ年金は、確定拠出年金専用商品ということもあり信託報酬が低く抑えられており、運用実績も高いため、とても人気のある投資信託です。 みずほ銀行ではひふみ年金を選ぶことができないため、みずほ銀行にはないイオン銀行のメリットと言えます。 年金の給付の自由度が高い イオン銀行のiDeCoは年金を受け取る際の選択肢が多く自分に合った受け取り方法を指定することができます。 給付年数は5年から20年の間で1年刻みで設定することができ、年金と一時金の両方の受け取り方を選択できるだけでなく、この2つを併用することも可能です。 ご自身が退職金をいくらどのように受け取ったかによって、iDeCoで貯めた年金も、受け取り方を柔軟に選ぶことが可能です。 例えば退職金を一括で多く受けとった場合は、iDeCoは年金形式で受け取ることにより、退職所得控除と公的年金控除バランスよく受けることができます。 そのため、受け取る際に発生する税金の負担を少なくすることができます。 イオン銀行でiDeCoに加入するデメリット2選 先進国株式の信託報酬が最安値ではない イオン銀行で加入できる先進国株式は、たわらノーロード先進国株式の信託報酬がが最安値で、信託報酬は0. 決して低い水準ではないのですが、SBI証券のiDeCoのセレクトプランで加入することができる、eMAXISSlim先進国株式インデックスの信託報酬は0. この信託報酬の差を無視できない理由は、投資先として先進国株式のインデックスファンドは選択をする人が増えてきている状況だからです。 先進国株式とは米国や欧州諸国などの日本以外の先進国の企業の株式に投資をする投資商品です。 日本は今後少子高齢化が進行していくことに伴い、日本の企業は衰退し、円の価値が下がると考えている人もいます。 そのため日本ではなく先進国の株に投資をすることにより運用益を期待している人が一定数います。 よって、現状では先進国株式の信託報酬が最安値でないことは、デメリットと言えます。 選べる商品がやや少ない イオン銀行のiDeCoで選択できる投資商品は、23本となっており、扱っている商品数はj標準的です。 しかしSBI銀行の67本や、楽天証券の32本に比べるとやや見劣りをしてしまいます。 また23本のうち8本がバランス型投資信託なのに対し、不動産関連の投資信託は国内国外それぞれ1本ずつ計2本しか取り扱っていません。 そのため選択肢が少ないだけでなく商品に偏りがあるという印象があります。 ただし選べる商品があまり多すぎても初心者には選びづらいので、このように商品が厳選されているのは人によってはメリットと感じるかもしれません。 イオン銀行でiDeCoに加入する時のおすすめ商品 それでは実際にイオン銀行でiDeCoに加入した場合どの商品を選択すれば良いのでしょうか。 この章ではイオン銀行でiDeCoに加入した場合におすすめな商品を3つ厳選しました。 DIAMDC国内株式インデックスファンド DIAMDC国内株式インデックスファンドは、国内の企業の株式に投資する商品で、みずほ銀行のiDeCoも同じの商品を取り扱っています。 信託報酬は、年0. 国内の複数の企業に投資するという、分散投資を行うため、値動きの幅はあまり大きくありません。 しかし低コストで着実に運用していきたいというニーズを持った方には、おすすめできる商品です。 ひふみ年金 メリットの章でも取り上げた、低コストのアクティブファンドです。 信託報酬は、年0. 主に中小企業に投資をしていき、投資先の企業を選別する方法も、運用責任者が企業に出向き今後の方針などを聞いた上で投資をするかどうかを判断しているという特徴があります。 これまで日経平均を大きく上回る運用成果をあげてきた実績もあり、投資信託商品全体で見ても、とても人気のある商品です。 多少のリスクは覚悟で積極的に運用益を狙っていきたいという方におすすめな商品といえます。 マイバランス30 マイバランスシリーズは国内や先進国の株式・債券・不動産などにバランスよく投資を行うことによりリスクを分散しつつ運用益を狙うことができます。 マイバランスには30,50,70の3種類ががあり、ファンド名の数字が上がるごとに株式投資比率が上がるためリスクとリターンが大きくなります。 信託報酬は以下の通りです。 ・マイバランス30:0. 自分で投資の比率(ポートフォリオ)を選択したり変えたりする必要がないため投資の初心者にもおすすめできる商品といえます。 イオン銀行のiDeCoを公式サイトでシミュレーションしてみた イオン銀行でのiDeCoは、こちらのサイトからシミュレーションを行うことができます。 このシミュレーションサイトでは、iDeCoだけでなくつみたてNISAの試算も行うことができます。 iDeCoについて、実際に以下の条件で入力をして試算してみました。 メリットの内訳は、掛け金を支払い所得控除を受けた場合の所得税と住民税が免除された分と、運用で得た利益のうち、税金がかからなかった分です。 イオン銀行のiDeCoシミュレーションサイトで注意すべき点 このサイトを使ってシミュレーションを行う際は以下の点に注意しましょう。 所得税と住民税がいくらずつ控除された分からない シミュレーションの結果には、掛け金の所得控除により合計のメリットは記載されているのですが、所得税と住民税がそれぞれいくらずつ優遇されているのかは記載されていません。 そのため、税金の計算の仕方にあまり詳しくない方にとっては、少しわかりにくい仕様となっています。 手数料などのコスト面が考慮されていない イオン銀行でiDeCoのシミュレーションを行なった際も、コスト面が反映されていません。 コストとは、毎月支払う口座管理手数料の167円や、運用会社に支払う信託報酬(掛け金の〇〇%)などが挙げられます。 これらのコストはiDeCoに加入しつづけている限り発生してきますので、注意しましょう。 税金の計算が正確ではない 実際の所得税や住民税の額は、その人の状況によって異なります。 まずイオン銀行のシミュレーションでは、税金を計算する際に考慮されていない控除があります。 イオン銀行のシミュレーションで考慮されている控除は以下の通りです ・基礎控除 ・社会保険料控除 ・給与所得控除(会社員と公務員のみ) ・配偶者控除(配偶者ありを選択した場合) ・扶養控除(16歳以上の子供をありとした場合) このため、例えば以下の所得控除については、計算に入っていないため注意しましょう。 ・生命保険料控除(生命保険などに加入している場合) ・住宅ローン控除(住宅ローンを組んでいる場合) また、個人の年収はずっと一定ではない場合が多いため、試算結果を鵜呑みにしないように注意しましょう。 例えば昇格や降格、転職といった個人の事情から、企業の業績などの勤め先の事情によって、収入は上下するのが一般的です。 イオン銀行のiDeCoはこんなひとにおすすめ それでは以上の特徴を踏まえてイオン銀行のiDeCoはどんな方なのか解説していきたいと思います。 1つでも多くのメリットを享受したい方 イオン銀行のiDeCoは他の金融機関と比べてもバランス良く優れており、メリットの数も他と比べても多いです。 低コストの商品が揃っているだけでなく口座管理手数料も条件無しで無料のため毎月のランニングコストを安くできます。 またひふみ年金も扱っているため積極的に運用益を狙いたい方など幅広いニーズに対応するのがイオン銀行のiDeCoです。 このようにとても多くのメリットがあるため、商品数は若干少ないのですが幅広い方におすすめできます。 投資の初心者 イオン銀行のiDeCoは投資初心者に特におすすめです。 投資にあまり詳しくない方のためにロボアドバイザーツールを導入していたり無料のセミナーを開催したりしています。 またイオンのショッピングモール内に設置されているイオン銀行に足を運ぶことにより銀行の職員からiDeCoの説明も受けることが可能です。 ショッピングに行った際に、ちょっとイオン銀行に立ち寄って話を聞いてみる、ということも可能ですので、他よりも気軽に検討することができるでしょう。 また取り扱っている商品も初心者が検討しやすいようにバランスよく選ばれている点も、投資初心者にとっては嬉しいポイントです。 まとめ このようにイオン銀行で加入するiDeCoには ・投資の初心者でも安心できるサポート体制 ・優れた商品ラインナップ ・手数料も安い というメリットがある一方で、 ・商品のラインナップの数が多少心もとない ・先進国株式が他に比べて少し高い という点が気になります。 イオン銀行のiDeCoは、投資に詳しい人からすると少し物足りない部分があるかもしれません。 しかし他の金融機関に比べると幅広い方のニーズを満たしてくれるのが、イオン銀行のiDeCoといえます。

次の

イオン銀行「CASH+DEBIT」のメリット・デメリットを徹底解説!

イオン銀行 デメリット

今回は、 イオン銀行 口座開設 メリット デメリット について書かせていただきます。 貯金をするためにという話をしましたが、 その中の1つとしてイオン銀行をおすすめしてきました。 イオン銀行をおすすめする理由の一つに 普通預金とは思えないほどの金利で預金することが出来る点が挙げられます。 今回は、 イオン銀行に口座開設することによって得られる メリットとデメリットについてシェアしたいと思います。 今すぐ高金利のイオン銀行を開設したい人はから申し込み! イオン銀行の口座開設はココからしよう! イオン銀行とは 文字通り全国展開しているスーパーとしても有名な イオンが展開する金融事業の1つです。 ダイエーを吸収合併しましたが、 本業の経営自体は苦しい状況のようです。 そんな中、 好調なのがこのイオン銀行に代表される金融事業です。 で、 イオン銀行の最大のメリットは、 ある手法を使う事によって普通預金の金利を 0. 02%から最大0. 10%と簡単に100倍にすることが出来てしまう点です。 001%に変更になりました。 2017年8月12日~ 『ある手法』を使えば最大年0. 10%を享受できるので問題なし! 最大年0. 10%という数字がどれほど凄いか?と言いますと、 メガバンクの定期預金でも全く手が届かないレベルです。 一例を示しますと、 三菱東京UFJ銀行の10年定期300万円以上でも年利0. 01%です・・ で、 このイオン銀行の普通預金金利を 年0. 10%にするにはどうしたら良いのか?と言いますと、、、 イオンファイナンシャルサービスが提供している、、、 【 普通預金金利が最大0. まぁ、 どの機能に関しても 全く使わなくても何も問題がないので 本当に単純に普通預金金利最大年0. 10%だけ享受したい!ということであれば、 イオンカードセレクトのクレジットカードだけ発行して その後はクレジットカードを放置という形でも全く問題ありません! ということで、 1円でも多くの預金金利を貰う為に 最大年0. イオン銀行のメリットは 何と言ってもイオンカードセレクトを開設し、最大年0. 10%というあり得ない高金利です。 通常、 メガバンクの普通預金金利が0. 001%と超低金利の中で、 最大年0. 10%というのはもの凄い数字であることが分かると思います。 他のネットバンクに比較して このイオン銀行のメリットとして挙げられるのは この普通預金の金利くらいなのですが これだけでももの凄いメリットだと思います。 ということで、 ある程度の余裕資金があるけれども、 流動性の低い定期預金や積立、保険などでの投資はしたくない! けど、 家でタンス預金をしておくのは不安。。。 という方には うってつけの銀行口座になるのではないでしょうか? ということで、 を作って、 イオン銀行に貯金しましょう! イオン銀行のデメリットまとめ それでは、 イオン銀行のデメリットについて触れていきましょう。 イオン銀行は、 他のネットバンクと比較して ちょっと見劣りするポイントがあります。 それは、、、 『他行への振込手数料』です。 メガバンクなどでは他行への振込の場合、 有料で法外な手数料を取られるのが当たり前ですが 最近のネットバンクは、回数限定で手数料が無料になることがあります。 住信SBIネット銀行やソニー銀行、新生銀行などは 回数の違いこそあれど他行への振込手数料を数回無料にできたりします。 まぁ利用しなければ良いのですが・・・ また、 入出金に関わる手数料ですが イオン銀行ATMであれば基本的に24時間365日無料です。 他にも E-net イーネット ATMなどで利用できますが 手数料が掛かってしまいます。 なんと、 三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、ゆうちょ銀行のATMで 手数料無料で入出金が出来るようになりました!!! これはもはやデメリットではなくなっています! ということで、 イオン銀行に関しては 普段使いする 頻繁にお金を出し入れする 銀行口座&クレジットカードとしては 向いていません。 ですが、 最大年0. 10%という高金利は捨てがたいので イオンカードセレクトでイオン銀行の口座開設だけ行い、 普段使う事のないお金の貯金先としてだけ 割り切って使うようにする方法が一番お得かと思います。

次の

【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.05%にアップ|ネット銀行比較|ザイ・オンライン

イオン銀行 デメリット

イオン銀行の住宅ローン金利推移 最初にイオン銀行の住宅ローンの最新金利と金利推移を確認しておきましょう。 以下は新規借入向けの金利ですが借り換え限定で変動金利を年0. 全国で店舗展開している銀行に比べて魅力的な金利水準にあり、ネット銀行とそん色ない水準の金利が維持されています。 変動金利 10年固定金利 2020年6月 年0. イオンで買い物する機会が多いご家庭にとってはメリットがあるサービスと言えます。 なお、このサービスには2つ落とし穴があります。 1つ目は住宅ローンを利用している全期間が対象になるわけでなく、 5年間の期間限定のサービスであるという点です。 もう1つは年間の割引金額の上限で、例えば、住宅ローンの当初借入金額が2,000万円だった場合、年間の割引対象金額の上限は90万円 割引額の上限は45,000円 となっています。 イオンセレクトクラブの5%OFFが5年間の期間限定とは言え、例えば、生活用品や消耗品などを月5万円イオングループで買い物した場合、年間の割引額の合計は3万円になります。 5年間で15万円も割引してもらえることになるのでメリットに感じる人も多いと思います。 イオンの店舗では特定日に割引されることがあり、そのような特定日を狙ってまとめ買いすることもできますが、まとめ買いは不必要なものを購入してしまったり、すぐに使ってしまったり、して、想像しているよりも節約できなかったりします。 時間やタイミングに縛られずに必要な時に必要なものを購入しつつ、割引を受けられるのは数字以上のメリットがあると言えるでしょう。 繰り返しですが、 イオンセレクトクラブは5年間の期間限定なので、注意が必要です。 住宅ローン金利や疾病保障などを加味して住宅ローン選びをしましょう。 イオンで恒常的に割引サービスを受けたい人は株主優待がおすすめです。 変動金利が低金利 ~年0. さらに、三菱UFJ銀行は住宅ローンの審査結果で適用される金利が変わりますので、もっと高い金利になる可能性もありますがイオン銀行の場合そのような金利幅はありません。 イオン銀行の住宅ローンは、変動金利は借り換えで年0. 人気のネット銀行のは店舗相談しにくいので、店舗で相談できてネット銀行並みの低金利を提供できているのはイオン銀行の住宅ローンのメリットと言えます。 ワイド団信を取り扱い イオン銀行は幅広い人に住宅ローンを利用してもらえるように利用条件のハードルがかなり低くなっています。 それは団信のラインナップにも反映されていて2016年からワイド団信も取り扱っています。 住宅ローンは団体信用生命保険(団信)への加入が必須ですが、過去に大きな病気にかかったり、治療中の持病がある場合、健康状態の問題で団信に加入できない可能性があります。 そのような健康状態に不安を抱える人のために用意されているのが加入条件が緩和された「ワイド団信」です。 ワイド団信は加入しやすくなっている分、通常の住宅ローン金利に年0. なお、イオン銀行で取り扱うワイド団信の提供元のクレディアグリコル生命の ワイド団信に実際に加入できた実績がある病名を参考までに紹介しておきますので参考としてください。 代謝異常による病気(糖尿病、脂質異常症(高脂血症・高コレステロール血症)、高尿酸血症・痛風など)• 心臓・血圧の病気(狭心症、心筋梗塞、不整脈、心房細動、期外収縮、心臓弁膜症、高血圧症、血栓性静脈炎(静脈血栓症)など)• 脳の病気(脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)、脳動脈瘤(脳動脈解離)、てんかん、ギランバレー症候群など)• 精神・神経の病気(うつ病・うつ状態、自律神経失調症、適応障害、不安障害、強迫性障害、パニック障害、睡眠障害、神経症など)• 食道・胃・腸の病気(潰瘍性大腸炎、クローン病、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸ポリープなど)• 肝臓・胆道・膵臓の病気(肝炎・ウイルス肝炎(B型肝炎・C型肝炎)、肝機能障害、脂肪肝、胆石、胆嚢ポリープなど)• 呼吸器(胸部)の病気(喘息、気管支炎、肺炎、肺血栓塞栓症、結核、睡眠時無呼吸症候群など)• 目・耳・鼻の病気(緑内障、白内障、網膜剥離、難聴、副鼻腔炎など)• ホルモン・免疫異常による病気(バセドウ病(甲状腺機能亢進症)、甲状腺機能低下症、リウマチ性疾患、橋本病、全身性エリテマトーデスなど)• 血液・造血器の病気・異常(貧血、赤血球・白血球の数値異常など)• 妊娠・女性特有の病気(妊娠、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮頸部異形成、子宮内膜炎など) イオン銀行とそれ以外では0. 1%程度の差がある状況です。 なお、ジャパンネット銀行の住宅ローンは正社員と契約社員にしか住宅ローン融資を行っていないなど制約が多いので、会社経営者、個人事業主・自営業、派遣社員の方はやソニー銀行を利用する方がよいかもしれません。 8疾病保障付住宅ローンを取り扱い 次に注目したいサービスは「8疾病保障」です。 イオン銀行の8疾病保障は保険料として金利に年0. 日本の医療は世界の中でも高く、医療が進化した結果、「死なないリスク」という言葉を目にするような状況になっています。 つまり、以前は完治させることができなかった病気でも、医療の進化により完治できる可能性が高まったり、数年・10年以上もの間、病気の進行を抑えられる可能性も高まってきています。 それらの病気が治癒したとしても、病気にかかる前と変わらず働き続けることができなくなってしまう可能性があります。 病気で働けなくなって収入は途絶えたけれども、住宅ローンの返済は残っていてると、返済が滞ったり、マイホームを手放さなければならない状態に陥る可能性があります。 そのようなリスクをできるだけ抑えるためにはこのような疾病保障の住宅ローンを利用しておく必要があるわけです。 全国の各都市にある豊富な店舗網 イオン銀行と同水準または、イオン銀行よりも低金利で住宅ローンを提供しているインターネット専業銀行の住宅ローンも非常に高い人気を集めていますが、そのようなネット銀行のデメリットに窓口で相談できない点が挙げられます。 住宅ローンは最大で35年の長い付き合いになる金融商品です。 その間に相談できる店舗が近くにないと不安に感じる人も多いと思います。 その点、イオン銀行であれば全国に店舗があるだけでなく土日祝日も営業しているなど、相談しやすい店舗サービスを提供している点はメリットの1つと言えるでしょう。 また、イオン銀行の住宅ローンの分割融資(つなぎ融資)にも対応するなどのメリットもあります。 なお、イオン銀行は北海道、 青森県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、 静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、宮崎県、鹿児島県、 沖縄県に店舗を有しています。 低い年収基準&収入合算やペアローンにも対応 イオン銀行ではペアローンにも対応し、夫婦共働き世帯のマイホーム購入をバックアップしています。 ペアローンはご夫婦、婚約者、親族などがそれぞれで住宅ローンを組むことにより、お一人で住宅ローンを組むより多くの住宅ローんを組めるものです。 共働き世帯の増加によりお互いの収入を活用して住宅ローンを組みたいというニーズの対応しているのは小売チェーンに属するイオン銀行はさすがと言えますね。 イオン銀行の住宅ローンの評判・デメリット 諸費用が必要・手数料が高い 一般的な住宅ローンでは融資事務手数料もしくは保証料として融資額の2. イオン銀行でもこうした諸費用が必要となり、借入額の2. 一般的な諸費用とはいえ、ソニー銀行やが5万円程度の事務手数料を設定していることを考えれば高い分類になってしまいますね。 疾病保障が有料 イオン銀行ではさまざまな疾病保障付きの住宅ローンを取り扱っていますがすべて有料となっています。 保障内容は充実していますが、、、が無料で疾病保障が付帯するのに比べる点と比べた場合はデメリットでもあります。 一方でがん保障が0. 1%の上乗せで利用できるのは魅力的です。 イオン銀行の疾病保障付き住宅ローンの種類 種類 保障の概要 保険料 がん保障付き がんと診断されると住宅ローン残高がゼロになる 年0. 410% (全期間引下げプラン) 0. 550% (当初期間引下げプラン) がんと診断されるだけで住宅ローン残高が1/2に減額!入院が180日継続すると住宅ローン残高がゼロに。 410% (通期引下げプラン) 0. SBIマネープラザで対面サービスが受けられる。 450% (変動フォーカス) 0. 変動金利は変動フォーカスを選んだ場合。 3%上乗せとなる場合があります 優遇金利を受けるための条件がある 1. イオンカードセレクトのお申込み 2. イオン銀行インターネットバンキングの登録 および、次の1. のいずれかの取引きまたは申込みが必要となります。 当行口座を給与振込口座に指定 2. カードローンの申込み 3. 投資信託口座開設 ネット銀行の多くはこうした優遇の条件を設定しない一方、メガバンク・地銀ではこうした設定をしているのが一般的ですのでデメリットとは言えないまでも新規参入組みの銀行のサービスとしては若干残念なものとなっています。 最後に イオン銀行には金利・身近さという面で検討の価値が十分ある住宅ローンです。 注意点は住宅ローンを利用している期間ではなく5年の期間限定になっている点です。 店舗で相談できるイオン銀行の住宅ローン。 審査スピードも早く、申込先の候補になりうる住宅ローンと言えそうです。 イオン銀行の住宅ローン関連記事.

次の