陰部 かゆみ。 陰部がかゆい(女性):医師が考える原因と対処法|症状辞典

陰部のかゆみの陰部掻痒症の原因とかゆみ止めと対策と皮膚が弱っているから蒸れてかゆみがある場合の漢方薬での治療法を漢方薬剤師が解説します。

陰部 かゆみ

スポンサーリンク 陰部のかゆみの男性の原因 性交渉などが原因になる性病を除く男性の陰部、股間のかゆみの原因は幾つかあります。 代表的な原因は陰嚢湿疹といんきんたむしです。 いんきんを陰嚢湿疹に含められる方も見えるようなのでここでは白癬菌が原因となる陰部の かゆみをいんきんたむし、まだ原因がよくわからないとされる陰部のかゆみを陰嚢湿疹と します。 いんきんたむしの原因 いんきんたむしの原因は足に出来る水虫と同じ白癬菌が原因で股間に出来た場合の正式名称は股部白癬、一般的にいんきんたむしと呼ばれる症状です。 他にも頭にできる しらくも 頭部白癬、胸や腹にできる ぜにたむし 体部白癬、手にできる手白癬などがあります。 陰嚢湿疹の原因 汗やムレなどから起きるかゆみやアトピー性のかゆみ、皮膚の乾燥やかゆみを掻いたことによる皮膚掻痒症なども関係があるのではないかと考えられています。 いんきんたむしの症状 足に水虫がある人に多く赤いぶつぶつや紅斑が水泡状や丘疹のように患部に発生します。 陰毛の中や足の付け根、おしりや肛門付近、太ももにもできて広がり強いかゆみがあります。 陰嚢や陰茎に出来る事は少なくここにかゆみがある場合は違う病気の可能性が高いです。 陰嚢湿疹の症状 陰嚢や陰茎の付け根の部分に強いかゆみを感じ掻き壊す事によって痛みを伴ったり出血したりします。 赤い傷口のような裂け目からジュクジュクした汁がでてかさぶたになるとかゆくなるので再び掻き壊したり無意識のうちに掻いたりしますし慢性化すると患部から匂いや下着の汚れも目立つようになります。 女性の場合はカンジダ菌に感染する事によって強いかゆみが陰部に出る事が多いのですが男性の場合は少ないケースです。 男性のカンジダは包茎の方に多いとされ亀頭と包皮にカンジダ菌が感染して亀頭包皮炎を発症します。 亀頭が赤く腫れたり白い恥垢やかゆみを感じたりします。 陰部のムレやかゆみ男性の場合 陰部は風通しが悪く蒸れたり汗をかきやすい場所でかゆみを悪化させる細菌やカビなどが繁殖しやすい訳です。 またその一方で冬の乾燥したあまり汗をかいたり蒸れたりしない時期にも陰嚢に強いかゆみを感じるケースもあります。 スポンサーリンク 夏の時期だけという方や冬にかゆみが強くなる方や一年中かゆい症状が続く方も見えるようで陰嚢湿疹の場合はストレスや食生活の乱れが原因になる事もあり糖尿病などが潜んでいるケースもあるそうです。 陰部のかゆみ男性の市販薬 病院で医師の診察を受けて薬を処方してもらうのが良いのでしょうが忙しくて医者に行けなかったり患部を見せるのが恥ずかしくてついと言う方も多いようです。 そんな時は薬剤師のいる薬局やドラックストアで症状を相談するのが良いと思います。 処方箋を扱う有名なドラックストアの薬剤師さんに陰部のかゆみと市販薬について尋ねてみた事があります。 男性の陰部のかゆみの原因で多いのは何ですか? 陰嚢湿疹と白癬菌が原因のいんきんたむしです。 市販薬の場合使用する薬が違うのですか? いんきんたむしの場合は水虫薬のように白癬菌に作用したり真菌などにも効果のあるタイプの市販薬がおすすめです。 陰嚢湿疹の場合はかゆみを止める成分や傷口の殺菌や症状によっては清涼感のあるタイプの市販薬がおすすめです。 薬を間違えると症状が悪化したりしますか? かゆみを抑える成分はどちらも同じで現在市販されている薬のほとんどはかゆみを抑える為にステロイド系の成分が使用されます。 市販薬のレベルだと薬を間違えても絶対とは言い切れませんが症状がひどく悪化する事は考えにくいです。 一定期間薬を使用して症状の改善が見られない場合や症状が悪化する時は使用を中止すれば大丈夫かと思います。 市販薬はアマゾンなどの通販の価格の方が安いケースもあったり最近では注文した当日に品物が届くサービスもあるようです。 まとめ 男性の陰部のかゆみで多い症状は陰嚢湿疹といんきんたむしです。 陰部は通気性が悪く蒸れやすいので症状が悪化しやすく治りにくいようです。 陰嚢湿疹は治らずに症状が何年も長期化するケースもあり薬だけでなく生活習慣を改めたりする努力も必要なようです。

次の

陰部のかゆみ男性の原因は?ムレとただれや乾燥に市販薬は効く?

陰部 かゆみ

男性の陰部のかゆみ、原因はさまざま 陰部は、常に覆われて湿度が高いため蒸れやすかったり、汗や汚れがたまりやすい場所です。 この部分にかゆみが起こる原因として、大きく2つに考えられます。 ひとつは「かぶれ」で、主に 下着など衣服による締めつけや擦れ、蒸れ、乾燥など外部からの刺激による炎症です。 体質に合わないコンドームなど特定の物質に接触して起こるアレルギー性のものもあります。 もうひとつは 細菌、ウイルス、真菌(カビ)などを病原体とした「感染症」です。 感染症には、ウイルスにより強い痛みをともなう水泡や潰瘍ができる「性器ヘルペス」、細菌により尿道に不快感やかゆみや分泌物がでる「性器クラミジア」、原虫の感染による無症状の「腟トリコモナス症」、真菌によりペニスの先端にかゆみが出る場合がある「性器カンジダ症」や性器から肛門、太ももにかけて赤い発疹と強いかゆみの出る「いんきんたむし」、吸血昆虫の寄生により陰毛周囲に強いかゆみが起こる「毛じらみ症」などがあります。 男性の陰部のかゆみに効く市販薬は? 陰部の皮膚はわずかな刺激でもかゆみが起こりやすいだけでなく、かくと皮膚が傷ついてさらに症状が悪化します。 このため、かゆみを抑えてかかないようにすることが大切です。 原因がかぶれや湿疹などの一時的な皮膚トラブルであれば、市販薬が有効な場合もあります。 また、グリチルレチン酸が炎症を、イソプロピルメチルフェノールが雑菌の繁殖を抑え、トコフェロール酢酸エステルが血行を促進して回復を早めかゆみの悪循環を抑える効果が期待できます。 市販薬で症状が悪化する恐れも。 皮膚科を受診しよう いんきんたむしやカンジダなど真菌の感染などが原因の場合には、上記の 市販薬などを塗ると逆にカビが増え症状を悪化させてしまいます。 乾燥による皮膚炎などにカンジダがついてかゆみを起こすことも多くみられますが、性器カンジダ症の診断は皮膚科医でなければできず、症状だけで自己判断することはできません。 そのため、 カンジダが原因の場合、再発時以外は市販薬の購入は認められていません。 ただし、診断された時と同じような症状が頻繁にあらわれるといった場合にのみ、医薬品を直接購入して自己治療することも可能です。 陰部のかゆみにはいくつかの原因があり、原因によっては市販薬の使用が逆効果を生むこともあるため、なかなかかゆみが治まらない、長引く、発疹などもみられるといった場合には、皮膚科で受診・検査するようにしましょう。 おわりに:かぶれによるものなら市販薬でも治せるが、長引く場合は皮膚科で診てもらおう 男性の陰部のかゆみの原因は、大きく「かぶれ」と「感染症」の2つに分けられます。 かゆみが長引いたり発疹などもある場合は、皮膚科で受診するようにしましょう。

次の

陰部・外陰部の皮膚病|白崎医院 富山県高岡市の皮膚科専門医

陰部 かゆみ

男性の陰部のかゆみ、原因はさまざま 陰部は、常に覆われて湿度が高いため蒸れやすかったり、汗や汚れがたまりやすい場所です。 この部分にかゆみが起こる原因として、大きく2つに考えられます。 ひとつは「かぶれ」で、主に 下着など衣服による締めつけや擦れ、蒸れ、乾燥など外部からの刺激による炎症です。 体質に合わないコンドームなど特定の物質に接触して起こるアレルギー性のものもあります。 もうひとつは 細菌、ウイルス、真菌(カビ)などを病原体とした「感染症」です。 感染症には、ウイルスにより強い痛みをともなう水泡や潰瘍ができる「性器ヘルペス」、細菌により尿道に不快感やかゆみや分泌物がでる「性器クラミジア」、原虫の感染による無症状の「腟トリコモナス症」、真菌によりペニスの先端にかゆみが出る場合がある「性器カンジダ症」や性器から肛門、太ももにかけて赤い発疹と強いかゆみの出る「いんきんたむし」、吸血昆虫の寄生により陰毛周囲に強いかゆみが起こる「毛じらみ症」などがあります。 男性の陰部のかゆみに効く市販薬は? 陰部の皮膚はわずかな刺激でもかゆみが起こりやすいだけでなく、かくと皮膚が傷ついてさらに症状が悪化します。 このため、かゆみを抑えてかかないようにすることが大切です。 原因がかぶれや湿疹などの一時的な皮膚トラブルであれば、市販薬が有効な場合もあります。 また、グリチルレチン酸が炎症を、イソプロピルメチルフェノールが雑菌の繁殖を抑え、トコフェロール酢酸エステルが血行を促進して回復を早めかゆみの悪循環を抑える効果が期待できます。 市販薬で症状が悪化する恐れも。 皮膚科を受診しよう いんきんたむしやカンジダなど真菌の感染などが原因の場合には、上記の 市販薬などを塗ると逆にカビが増え症状を悪化させてしまいます。 乾燥による皮膚炎などにカンジダがついてかゆみを起こすことも多くみられますが、性器カンジダ症の診断は皮膚科医でなければできず、症状だけで自己判断することはできません。 そのため、 カンジダが原因の場合、再発時以外は市販薬の購入は認められていません。 ただし、診断された時と同じような症状が頻繁にあらわれるといった場合にのみ、医薬品を直接購入して自己治療することも可能です。 陰部のかゆみにはいくつかの原因があり、原因によっては市販薬の使用が逆効果を生むこともあるため、なかなかかゆみが治まらない、長引く、発疹などもみられるといった場合には、皮膚科で受診・検査するようにしましょう。 おわりに:かぶれによるものなら市販薬でも治せるが、長引く場合は皮膚科で診てもらおう 男性の陰部のかゆみの原因は、大きく「かぶれ」と「感染症」の2つに分けられます。 かゆみが長引いたり発疹などもある場合は、皮膚科で受診するようにしましょう。

次の