セレナ e power マイナーチェンジ。 日産 新型セレナ e

日産 新型セレナe

セレナ e power マイナーチェンジ

この記事に書かれている内容は?• セレナのマイナーチェンジ改良点は? 現行の5代目セレナは2016年8月にデビュー。 かっこよくも親しみやすいデザインと、自動運転技術プロパイロットを搭載し一躍話題となりました。 11月にはNISMO、3月にはe-POWERモデルを追加するなど飛ぶ鳥を落とす勢いでブランド力を高めています。 そして2018年9月にはe-POWERを除くすべてのグレードで一部改良が実施されました。 改良点は…• 自動ハイビームの追加• ステアリングヒーターの追加• 最高速度標識と一時停止標識の「標識検知機能」を追加• 前方歩行者に対し踏み間違い衝突防止アシストの検知可能な仕様• インテリジェントアラウンドビューモニターとインテリジェントパーキングアシストの映像をナビゲーション画面に表示 e-POWER以外のグレードをe-POWER同様の仕様に改良しました。 引用:httpswww3. nissan. jpvehiclesnewserenaperformance. html そんな中で今回の入ったマイナーチェンジ情報ですが、予想される改良点は、• 外観・内装のデザイン変更• カラーバリエーションの追加• プロパイロットのバージョンアップ• e-POWERの4WD追加 などです。 セレナのパワートレインの変更について 引用:httpswww3. nissan. jpvehiclesnewserenaperformance. html 新型セレナではパワートレインの変更はあるのでしょうか? パワートレインに関しては2018年3月にe-POWERを導入したばかりですので、この線は薄いとの声が多いです。 現行のセレナでは1200ccのe-POWERと2000ccのガソリン車を設定しています。 パワートレインは現状維持の可能性が高そうですが、多少の 燃費性能UPや 加速フィールの改善などはあるかもしれませんね。 引用:httpswww3. nissan. jpvehiclesnewserenaperformance. html マイナーチェンジで期待されるのが 燃費性能です。 現代は、燃費性能で新車購入を決める方は多いです。 新型セレナの燃費性能がUPすれば更に人気はでそうですよね。 現行セレナの燃費はミニバンの中ではまずまずの位置です。 e-POWERに関してはクラストップと言っていいほど驚きの燃費性能を誇っています。 引用:httpswww3. nissan. jpvehiclesnewserenasimulation. html configureBABJ9A1Eenrexterior-colour 新型セレナe-POWERに関しては現状2WDのみですが、マイナーチェンジでは 4WDのラインナップが増えると予想しています。 これは特に寒い地方に住んでいる方には嬉しいことではないでしょうか。 現状、ハイブリッドモデルで4WDを出しているところは少ないですからね。 ぜひ期待したいです。 ライバル車に差をつける形で4WDを出せば、ただでさえ人気の新型セレナe-POWERはさらに注目を集めることでしょう。 雪道の走行は、なれている人でも道路状態次第では事故に繋がる恐れがあります。 昨今のスタッドレスタイヤは機能がパワーアップしてきてはいるものの、スパイクタイヤには敵いません。 新型セレナe-POWERは、Sモードによって強力なエンジンブレーキが働くうえに4WDとなればミニバンで頂点を極めるだけでなく、ハイブリッドミニバンではセレナe-POWERしかないとまでいきそうですよね。 セレナの内装装備の変更について 引用:httpswww3. nissan. jpvehiclesnewserenafunction. html 新型セレナのマイナーチェンジでは内装が変更されると予想する方が多いです。 新型セレナの内装はデザイン・質感ともにトップクラスで口コミ評価は高いです。 マイナーチェンジでは、シートカラーの追加、静寂性の向上などが期待されます。 引用:httpswww3. nissan. jpvehiclesnewserenafunction. html 新型セレナの内装の目玉といえば多彩な シートアレンジ。 中央シートを移動させることで2,3列目を自由に活用できるようになり、7人乗りにも8人乗りにも対応できるようになっています。 3列目を跳ね上げればスーパーカーゴモードとなり荷物をたくさん積むことができますし、2,3列目シートをフルフラットにすれば車中泊だってできるようになります。 新型セレナの内装は思わず「そこまでやるか!」と言いたくなってしまうぐらい利便性が高いです。 恐らく内装に関しては シートカラーの追加がされる程度に留まるのではないでしょうか。 引用:httpswww3. nissan. jpvehiclesnewserena. html また内装だけでなく外観も多少の変更もしくは追加があるかもしれません。 特に ボディカラーの追加は可能性として高いのではないかと予想しています。 現行のセレナのボディカラーは12種類。 マイナーチェンジ後は15~20種類ぐらいにまでなるのではないでしょうか。 ただでさえ現行のセレナはボディカラーの種類が多いので、これ以上増えると迷いに迷って決められない!なんて方もでてきそうですが…。 セレナの足回り、安全装備の進化について 現行セレナの足回りに関して不満があるという方は思いの外多いようです。 現行セレナの足回りは「ふわふわしている」「突き上げ感がある」「段差での衝撃が強い」などなど、このあたりを改良してくれると嬉しいですね。 ただ、全体的には新型セレナの乗り心地に満足している方が多い印象です。 これまでのセレナで一番乗り心地が良いとまで言われており、高速道路やコーナでもシートが沈み込まないので安心して運転できる、フィット感抜群で疲れにくいと言った意見も多数あります。 引用:httpswww3. nissan. jpvehiclesnewserenafunction. html そして何と言っても プロパイロットの改良です。 自動運転技術のプロパイロットですが、導入当初はかなり注目を集めた機能ですが実はかなり辛口な口コミが寄せられているのも事実。 ここでプロパイロットに関する辛口口コミをご紹介します。 運転中にプロパイロット機能が解除されてしまうときがありますが、これは本当にやめてほしいです。 すごく焦ります。 慣れが必要なんて言うけど、それって欠陥じゃないのと思うのですが…まだまだ改良の余地ありですね。 自分が思っているタイミングとPPのブレーキの作動が全然違くて、助手席でハラハラした思いがあります。 安心して乗ってられないなら、はじめからそんな機能いらない気がしますね。 プロパイロットの自動ブレーキは正直信用していません。 こういった機能に頼ると、いつか事故を起こしそうです。 やっぱりブレーキは自分で踏んできかせるのが一番ですね。 このようにプロパイロット機能に関して不満がある方は多いです。 ただ、全部が全部悪いわけではなく、プロパイロット機能を絶賛している方ももちろんいます。 高速道路でのプロパイロット機能はありがたいです。 遠出するときは本当に楽ですし、家族と出かけるときも自分だけが辛いなんてこともなくなりました。 一般道で運転するのが面倒だなと思うくらいプロパイロット機能には感謝してます。 プロパイロット機能はすごいですね。 特に高速を使って遠出するときは無くてはならない機能と言えます。 想像をはるかに超える便利さで前よりも運転が楽しくなりましたね。 セレナマイナーチェンジまとめ 以上、新型セレナのマイナーチェンジについてでした。 今年2018年3月にe-POWER搭載モデルが導入された新型セレナですが、マイナーチェンジは2019年3月になるとの情報が入ってきてます。 マイナーチェンジでは内外装のカラー追加、e-POWERに4WDの追加などが予想されています。 目玉機能であるプロパイロットもグレードアップが期待されており、どのレベルにまで達するのか実に楽しみですね。

次の

日産 セレナ マイナーチェンジで新型へ!新デザイン&全方位運転支援を採用

セレナ e power マイナーチェンジ

日産「セレナ」マイナーチェンジによる変更点 2019年8月1日に行われた日産「セレナ」のマイナーチェンジによる変更点は、以下のとおりです。 フロントマスクの変更• ハイウェイスターのリアコンビランプ形状の変更• 「e-POWER」モデルに、新たに16インチアルミホイールを設定• 「アダプティブLEDヘッドライトシステム」を日産として初採用• 「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)」を採用• 「BSW(後側方車両検知警報)」を採用• 「RCTA(後退時車両検知警報)」を採用• 「プロパイロット」は、下り坂での設定速度保持などが可能となり、ワイパー作動時の機能を向上• 「e-POWER」モデルに最上位グレード「G」が追加• 基準車と同様にデザインを一新、先進安全装備を追加• ドットパターンをより強調させたフロントグリルに変更• 専用ブルーに輝くシグネチャーLEDを採用• ハンドルやシートなどにブルーをあしらい、ピラーや天井色をブラックに変更• 「AUTECH SPORTS SPEC」は、遮音性を向上• 日産「セレナ」新旧フロントマスク比較! 上の画像は、左が旧「セレナ」のハイウェイスター、右が旧「セレナ」のノーマルモデルです。 ノーマルモデルのフロントマスクは、今回のマイナーチェンジでフロントグリルが変更され、シュッとした印象になった様に感じます。 旧「セレナ」のハイウェイスターに近づいた様に思います。 ハイウェイスターのフロントマスクは、かなりイカツイデザインに変更されており、トヨタ「エスクァイア」や「アルファード」に似たフロントグリルとなっています。 デザインの好みは人それぞれあると思いますが、個人的にはハイウェイスターは旧「セレナ」の方が好みです。 マイナーチェンジで先進安全装備が豊富に設定! 今回のマイナーチェンジで、「ハイビームアシスト」より先進的な「アダプティブLEDヘッドライトシステム」、後側方から接近した車両に対してブレーキ制御を行い接触を回避する「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)」が採用されています。 何れも他車にはあまり採用例のない先進装備です。 さらに、「インテリジェント LI」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などが全車標準装備に変更されているため、元々同クラスミニバンの中で高かった安全性能が、さらに高められた形になります。 ただ、昨今、新型の軽自動車でもカーテンエアバッグやサイドエアバッグは全車標準装備になっている傾向にありますので、個人的にはカーテンエアバッグやサイドエアバッグも合わせて全車標準装備にしてほしかったと感じました。 マイナーチェンジによる価格設定の変更 価格は、「X」や「XV」や「ハイウェイスター」などで2. 5万円程度上昇。 「e-POWER XV」などで4万円程度上昇。 「ハイウェイスターV」などで5. 8万円程度上昇。 「G」や「ハイウェイスターG」で15万円程度上昇しています。 最も価格が上昇した「G」は、合成皮革シートが標準装備になるなど、装備設定が豪華になったため大きく上昇しています。 逆に「e-POWER X」は2. 5万円程度下がっています。 価格は全体的に上昇していますが、多くの安全装備が標準装備になったことで、その分セーフティパックの価格が2. 5万円程度下がり、グレードによりますが、結果的にほとんど価格の変動はありません。 ノーマルモデルとは、20万円~30万円程度価格差がありますので、見た目がノーマルモデルでも良いなら間違いなくノーマルモデルの方がお得です。 その他、「X」、「XV」はフルホイールカバーとなっていますので、絶対嫌な方は、その他のグレードを選択しましょう。 そのため、安全装備を全て装備可能な、「XV」、「G」、「ハイウェイスターV」、「ハイウェイスターG」、「e-POWER XV」、「e-POWER G」、「e-POWER ハイウェイスターV」、「e-POWER ハイウェイスターG」の中から選択するのがおすすめです。 インテリジェントルームミラー• プラズマクラスター搭載オートエアコン• 合成皮革シート• 本革巻きシフトノブ(S-HYBRIDのみ)• ドアトリムレザー調クロス〈前席、セカンド〉• ピアノ調パワーウインドウスイッチフィニッシャー• 16インチアルミホイール(ハイウェイスターのみ)、15インチアルミホイール(Gのみ) 合成皮革シートなど質感の高い装備が設定され、さらにマイナーチェンジ後は「インテリジェントルームミラー」が「XV」や「ハイウェイスターV」に設定できなくなりました。 しかし、上記の装備が不要であれば「XV」、「ハイウェイスターV」、「e-POWER XV」、「e-POWER ハイウェイスターV」の方がお得なため、おすすめです。 走りについては、両方のモデルを全く同じコースで比較してみましたが、はっきり言って、全く違います。 「S-HYBRID」モデルはエンジンが唸って、なかなか加速しませんでしたが、「e-POWER」モデルは「S-HYBRID」モデルと比較すると 加速性能は倍くらい違います。 静粛性も「e-POWER」モデルの方が間違いなく上です。 また、「e-POWER Drive」もかなり便利で、Sモードにすれば加速は変わりませんが、減速力が強くなりブレーキいらずで走行可能です。 ちょうど良い停止位置にするにはコツが必要だと思いますが、常にSモードで走行した方が便利だなと感じました。 個人的には「e-POWER Drive」はかなり好印象です。 燃費性能は、実燃費で「S-HYBRID」モデルが10. 上記の他、「e-POWER」モデルは7人乗り、「S-HYBRID」モデルは8人乗り(スマートマルチセンターシート有り)、「e-POWER」モデルにはe-POWER専用外装(フロントブルーグリル、リヤサイドスポイラー、e-POWERエンブレム)が装備されている点で異なります。 前席から2列目へのアクセスは「S-HYBRID」モデルの方が良かったです。 「S-HYBRID」モデルなら2列目に3人座れるので、そこも良いと思いました。 セレナ おすすめグレード おすすめグレードは、走りや燃費性能が圧倒的に優秀な「e-POWER」モデルの 「e-POWER XV」または 「e-POWER ハイウェイスターV」がおすすめです。 「S-HYBRID」モデルであれば、 「ハイウェイスターV」が最もおすすめです。 予算があれば間違いなく「e-POWER ハイウェイスターV」が1番良いですが、かなり価格が高くなるため、見た目を重視するなら「ハイウェイスターV」を、走りや燃費性能を重視するなら「e-POWER XV」を選択するのが良いと思います。 「セレナ」vs「ヴォクシー」vs「ステップワゴン」 安全性能の比較 「セレナ」のライバルであるトヨタ「ヴォクシー」、ホンダ「ステップワゴン」の安全性能を比較してみましょう。 下表に各車の安全装備を整理しています。 同機能の装備を同行に示しています。 「セレナ」が優秀なポイントとして、全車速追従機能付ACCと車線中央維持(全車速域)を組合せた 「プロパイロット」があり、とても便利です。 私は日産「リーフ」で「プロパイロット」を使用して高速道路を走行してみましたが、めちゃくちゃ便利でした。 本当に自動運転といった感じで、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作などの操作がほとんど不要になります。 その点「ヴォクシー」は、車間調整などができない「クルーズコントロール」しか装備されておらず、車線維持支援システムも装備されていません。 その他「セレナ」は、オートハイビームより先進的な 「アダプティブLEDヘッドライトシステム」、後側方から接近する車両を検知しブレーキ制御を行う 「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)」が装備されている点でも優秀です。 気になる点としては、「ステップワゴン」には「オートハイビーム機能」や「後方誤発進抑制機能」などが装備されていません。 Honda SENSINGにはある機能であり、ホンダ「N-BOX」などには装備されていますので、「ステップワゴン」にも付けてほしかったところです。 各車、駐車支援システムが装備されていますが、ステアリングが自動で操作されるだけなので、正直不要かと思います。 自分で駐車する方が間違いなく早いです。 価格の比較 「セレナ」のライバルであるトヨタ「ヴォクシー」、ホンダ「ステップワゴン」の価格を比較してみましょう。 各車同様の装備となるグレード、オプションを選択して比較します。 メーカーオプションの「オートデュアルエアコン」のセット(約8万円)、「プロパイロット」やSRSカーテンエアバッグなどのセーフティパックB(約22万円)、ディーラーオプションのカーナビ、ETC代等を約20万円足すと、 「ハイウェイスターV」は約349万円、 「e-POWER ハイウェイスターV」は約400万円となります。 諸費用を足すと+15~25万円程度の価格になります。 ディーラーで聞いた話だと、値引きは40万円程度になりそうでした。 諸費用を足すと+15~25万円程度の価格になります。 メーカーオプションのマルチビューカメラシステム、ディーラーオプションのハンズフリースライドドア、カーナビ代等を約40万円足すと、 「SPADA・Cool Spirit」は約352万円、 「e:HEV SPADA G・EX」は約404万円となります。 諸費用を足すと+15~25万円程度の価格になります。 価格比較 結果 上記金額を比較すると、先進装備が多い分「セレナ」や「ステップワゴン」の方が「ヴォクシー」より30万円程度高くなっています。 上記の金額は税金関係などの諸費用を含めていませんが、値引き額で相殺されるでしょう。 各車のハイブリッドモデルは初期購入時の重量税などが優遇されるため、ガソリンモデルと比べて10万円程お得に購入できます。 さらに安く購入したい場合は、中古車も検討してみましょう。 【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える! 車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。 しかし、 新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。 人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。 ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、 ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。 なので、中古車選びのポイントは、 車のカラー及び メーカーオプションは妥協しないようにしましょう。 中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。 さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない• 納車後、 100日以内であれば返品可能• ディーラーより長い 10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証) ガリバーによると、修復歴車の 約4割(39. 4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。 そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。 特に驚きなのが、 100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。 これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。 その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。 ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。 走行距離が何kmでも保証対象です。 また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、 まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。 さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。 期間中に対象車両の成約+【ガラスコート or メンテパック or 長期保証】の何れか購入すると現金還元されます。 還元金額は最低2万円から最大10万円となっており、還元金額は対象車両によって異なります。 ガラスコートも良いですが、筆者的には必ず必要なメンテナンス費用を先払いするメンテパックや安心の長期保証がおすすめです。 【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ! 新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。 しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を 30万円以上高く売ることも可能です! 中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位の の 無料査定がおすすめです。 買取台数No1なのには、それだけの 高価買取実績と サービスの良さ、 信頼性があります。 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減• 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映• また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。 上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。 高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。 何れにしも、 無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。 査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。 もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。 私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。 私のような後悔をしないためにも で 無料査定を行い、 現在の車を 少しでも高く売って、新しい車を 安く買いましょう。

次の

日産 新型セレナe

セレナ e power マイナーチェンジ

セレナがマイナーチェンジ!デザイン一新&安全装備強化 新型セレナ e-POWER ハイウェイスターV。 ブルーラインでV字を強調。 クロームを贅沢にちりばめたフロントグリルが個性的だ 2019年8月1日、日産 セレナがマイナーチェンジされて発売開始となりました。 現行モデルは5代目。 2018年には搭載モデルが発売され、人気にますます拍車がかかりました。 新車車両価格は、新型セレナが239万円~。 新型セレナe-POWERが294万~。 新型セレナ マイナーチェンジのポイントは以下3点です。 ・デザイン一新!ダブルVモーショングリルを採用。 「ハイウェイスター」は大型フロントグリルで力強さアップ。 「踏み間違い衝突防止アシスト」も搭載。 ・「」機能拡充。 下り坂での設定速度保持や、スムーズな減速が可能に。 先代モデルのセレナ e-POWER ハイウェイスター V。 の最上位グレードとして、新たに「G」が追加されました。 ノーマルモデルはメインの販売グレードとなる「X」「XV」は25,000円程度値上げ。 e-POWERは全体的に30,000~50,000円値上げされました。 ただし「e-POWER X」のみ約26,000円の値下げとなっています。 インテリアデザインはほぼ変更なし。 センターコンソールが全体的にブラックアウトされたことで、先代モデルと比べてシックな雰囲気に。 マイナーチェンジ前のインテリア(e-POWER ハイウェイスター V) こちらのボディカラーはサンライズオレンジ(上)とダークメタルグレー(下)。 上のカラーとダイヤモンドブラックとの2トーンも用意。 全車標準装備となる「全方位運転支援システム」の後退時車両検知警報。 同じく、アダプティブLEDヘッドライトシステム。 (グレードによってはハイビームアシストとなります。 ) 同じく、踏み間違い衝突防止アシスト。 同じく、インテリジェント。 そのほか、インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)、LDW(車線逸脱警報)、インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)、 BSW(後側方車両検知警報)、標識検知機能が、「全方位運転支援システム」として全車標準装備される。 セレナ もマイナーチェンジ。 専用シートでスポーティさを演出。 福祉車両「ステップタイプ」。 「ステップタイプ」には乗り降りを補助するロングステップが搭載される。 福祉車両「助手席スライドアップシート」。 福祉車両「セカンドスライドアップシート」。 福祉車両「チェアキャブ スロープタイプ」。 福祉車両「チェアキャブ リフタータイプ」。 福祉車両「送迎タイプ」。

次の