雪ノ下陽乃。 雪ノ下陽乃とは (ユキノシタハルノとは) [単語記事]

雪ノ下陽乃「比企谷君ひゃっはろー」ギュー 八幡「やめて下さい」

雪ノ下陽乃

質問一覧• 表向きは妹として慕っています。 自分がない、欠けている部分があるから何も出来ないと過去の経験から決めつけているので、追いかけているだけで変われないと見下していますね。 絡んだりしてますが、たまに邪魔って言うのかわかりませんけど、場の空気ぶち壊す時とかありますが… 一体どう言う立ち位置なのか教えてください... 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 生活など、いろいろ現実的に話せて楽そうな印象ですが、日本人では苦手そうなイメージが強い。 特に、知恵袋では、陽乃みたいな人が嫌いな人は多い気はするけど、 ああいうお姉さん割と好きです。 ファッションも。 掲載されたのかわかる方いませんか? またより高画質なバージョンをご存知の方はそちらも教えてほしいです。 検索用 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。... いるのかが気になります。 どうぞよろしくお願いいたします。... 比企谷くんのいう本物?」 の本物とは雪ノ下陽乃はどう意味で言ったんですか。 クリスマスイベントで二人に泣きついた時の比企谷八幡がいう本物と意味がちがうのですか。 比企谷八幡が二人のどちらも選ばないことのような恋愛絡みの... 僕は魔法少女リリカルなのはシリーズのティアナ・ランスターと俺ガイルの雪ノ下陽乃です。

次の

『俺ガイル』雪ノ下陽乃がヒロインのおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

雪ノ下陽乃

プロフィール 誕生日 血液型 B型 家族構成 父 地方議員・建設会社 、母、姉: 大学生 所属 総武高校 千葉県 2年J組 国際教養科 部活動 趣味 読書 一般文芸、英米文学、古典、猫の写真集 、乗馬、映画鑑賞 特技 炊事洗濯掃除家事全般、合気道 好物 甘味 休日の過ごし方 読書、映画鑑賞 イメージアニマル 座右の銘 目には目を、歯には歯を 異名・あだ名 CV 概要 本作のの1人。 ・と同じ総武高校2年生で、普通科よりも偏差値が2、3ほど高い国際教養科であるJ組に所属している。 流れるようなに大人びた美少女であり、学校では誰もが知るほどの存在。 八幡とは特に接点は無かったのだが、彼がによって彼女が部長を務める謎の部活「」へと連行されたことから2人の交流が始まる。 人物像 学力テストでは常に学年1位。 勉強のみならず運動神経も並外れて良く、楽器等もでき家事もできるという超人だが、物事をすぐに極めては次に移る、という継続力の無い行動を続けていたため、体力 持久力 だけはあまりない。 また、勝負ごととなると極度の負けず嫌いの一面を見せ、それが原因でいらない面倒事を引き寄せることもある。 部活動時は本を読んでいることも多い。 と「パンダのパンさん」というキャラクターが大好きだが、人前ではなかなかそれを素直に出せない。 反対には大の苦手だが、前述の負けず嫌いさから認めようとはせず「苦手なだけ」と言い張っている。 また、なようで、慣れない場所では一人で道に迷っている事が何度かある。 その美貌と才能がゆえに、小学校高学年の頃から多くの男子生徒に好意を寄せられ続けたが、同時に女子生徒からは常に嫉妬の対象とされて壮絶なを受け続け友達と呼べる存在が誰もいなかった。 そういった経験もあって敵対するものには容赦無いが、のように寄って来られると、どうしていいか判らずおどおどしてしまう。 言ってみれば正しい人。 しかし正しいこと以外を認めようとしないため、正しさの中で生きれない人間や正しいだけでは付いていけない人間から反感を買ったりすることが多い。 また、才能に対する嫉妬によるいじめを受けた経験から、無意識的に他人を見下している悪癖があり、それが原因で反感を買うこともある。 しかし、本人は才能に嫉妬していると考え、気づいていない。 実家は裕福で、父親は県議会議員・建設会社社長。 しかし、現在は親に対する反発心から実家を離れ、高級マンションで1人暮らしをしている。 実は、八幡が高校入学初日に遭った交通事故の相手。 無論乗っていただけの彼女に非はないが、その場にも居合わせていた事と八幡の捻くれた性格が相まって、色々と複雑な関係になっている。 人間関係 部活仲間。 その斜め下なやり方に反論する事が多い一方で、ぼっちエピソードには共感する事が多い。 八幡は出会った時から雪乃に一目惚れしていたが、雪乃も徐々に八幡に惹かれていき、文化祭から意識していくようになる。 最終巻14巻で二人はお互い告白し、ついに「将来を誓い合った」恋人同士となった。 部活仲間。 接し方に戸惑いつつも、親友として大事に想っている。 実の姉。 何かと現れては、人間関係を引っ掻き回していく。 父親同士が親交のある。 小学生の頃は親しかったが、過去に色々とあったようで、現在は嫌悪的な目を向けている。 関連イラスト.

次の

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」で雪ノ下陽乃は...

雪ノ下陽乃

02 短編です。 本編終了したら安価取って短編書きます。 では、投下します。 vip2ch. 77 陽乃「次の予定は?」 八幡「十八時半より1時間、今北産業の社長との会食です。 ここから車で十分程度の場所ですから、その間は休めますよ」 陽乃「んーじゃあ車の中で珈琲飲みたいから買ってきてー。 スタバとかいいなぁ」 八幡「そういうと思って、3分前に他の人に買いに行ってもらってます。 38 モブ「社長、珈琲です」 陽乃「ご苦労さま。 持ち場に戻っていいよ」 モブ「分かりました」 八幡「相変わらず冷たいですね」 陽乃「比企谷君以外の秘書使う気無いしー」 八幡「はぁ…。 88 八幡「しかし、俺も気付いたら社畜の仲間入りだなぁ…。 こんな時間まで働いてるとか笑えるわ」 八幡「まだ24なんだけどなぁ…」ウトウト 八幡「ふわぁ…」スー 三十分後 陽乃「お次どうぞー…って八幡寝ちゃったのか。 39 * 「ねぇ、比企谷君。 私は貴方に出会ったおかげで変わったわ。 それがどんなに幸せな事か最近思い知ったの。 それに…貴方がそばにいる有り難さもね。 ………比企谷君の事が好き。 だから、私とずっと一緒にいて下さい」 「空気を読む、周りに合わせるだけが取り柄なあたしでも誰にも譲れないものがあるの!…ゆきのんよりもヒッキーの事が好き。 一番大好き!だから、付き合って下さい」 「先輩。 私は先輩の事が好きで好きでどうしようもないんです。 何をしてても先輩の事を考えちゃうんです。 だから、私をこんな風にした責任取って下さい。 私を…支えて下さい!」 「俺は…」 「比企谷君、少し待ってもらえるかしら。 ……隠れて見ているのでしょう、姉さん。 出ていらっしゃい」 「あ、バレてた?流石雪乃ちゃんだねぇ。 しかし、比企谷くんモテモテじゃん!あ、とーぜん私のオススメは雪乃ちゃんだよ?」 「別に茶化す為に出て来なさいと言ったわけではないわ。 姉さん、一言だけ言うわ。 逃げるのはやめなさい」 「…っ!随分雪乃ちゃんも勘が鋭くなってきたね。 私はこんなことするつもりなかっただけどなぁ…。 ねぇら比企谷くん、私の話も聞いてくれる?」 「ここまできたら勿論聞きますよ」 「……ねぇ、比企谷くん。 私のものになってよ。 世界で一番君を必要として、愛しているのは私だよ。 君を完璧には理解してあげられない。 けど、君の居場所にはなれる。 17 陽乃「…随分と懐かしい夢だなぁ」 陽乃「八幡はまだ寝てるか…起こしてちゃんとベットで寝なきゃ。 72 翌日 八幡「陽乃さん、朝ですよ」 陽乃「ん…おはよ」 八幡「おはようございます」 陽乃「で、おはようのちゅーは?」 八幡「馬鹿なこと言ってないで顔洗ってきてください。 その間に朝ご飯用意しますから」 陽乃「ん、ありがと。 しかし、八幡も働き者になったねぇ。 あれだけ働かないと喚いてた割にきっちり働くんだから」 八幡「お義父さんがいますからね…。 ま、陽乃さんが社長になった暁には俺は専業主夫になりますから安心して下さい」 陽乃「多分、私の横で働いてるだろうけどね。 それどころか、私じゃなくて八幡が社長かもしれない」 八幡「まさか。 俺の柄じゃないですよ。 12 陽乃「さて、顔洗ったしリビングへ行こう」 ガチャ 八幡「朝ご飯用意出来てますんで座ってください」 陽乃「今日は随分と朝から豪華だね」 八幡「今日は大事な会議が幾つかありますから、気合をいれようと思いまして」 陽乃「流石私の有能な秘書だね」 八幡「これぐらい普通ですよ。 97 はい、こんな時間に投稿して誰が見てるんだって話ですが完結です。 超短編でごめんなさい。 陽乃さん可愛すぎて何か書きたい衝動に駆られました。 ではこの後安価で短編書きます。 あと感想もお待ちしてますんでよろしくお願いします。 おやすみなさい。 44 《はるのんと居酒屋編》 陽乃「まさか比企谷くんが食事に付き合ってくれるなんて思わなかったなー」 八幡「白々しいですね…。 半ば脅s陽乃「ん?なに?」ニコニコ 八幡「ナンデモナイッス」 陽乃「ま、お姉さんが奢るから好きなだけ食べてよ」 八幡「そんな訳にはいきませんよ」 陽乃「まぁまぁ、私が誘ったんだし。 31 陽乃「そっか。 じゃあ適当に注文しちゃうね」 八幡「お願いします」 陽乃「すいませーん」 店員「はーい注文伺いまーす」 陽乃「それじゃ、日本の目覚めコースを2人前で。 それとこの赤ワインください」 店員「かしこまりましたー」 八幡「ところでなんで急に食事なんで言い出したんですか?」 陽乃「んーなんとなくだよなんとなくー」 八幡「未成年なんですからなんとなくで無理やり居酒屋に連れて来ないでくださいよ…」 陽乃「ま、良いじゃない。 私、アルコールは強いし。 とはいえ、こんだけ飲んだのは初めてだけどねー」ムギュ 八幡「大分酔ってる様に見えますけどね。 つーか近いです 当たってるからね、色々 」 陽乃「個室なんだし問題ないでしょ?」グイッ 八幡「個室だからこそ問題なんですよ…。 16 陽乃「んー、何かあったように見える?」 八幡「ええ、見えます。 普段の雪ノ下さんなら俺相手にそんな顔見せません」 陽乃「そんな顔って、女の子に対して酷いなぁ!そんなこと言ってるとモテないぞ?」 八幡「余計なお世話です。.. 俺、小町にメール打たなきゃいけないんでそっちに集中しますね。 03 陽乃「……私って自分で言うのもなんだけどわりとなんでも出来るじゃない?しかも、結構適当にやっても出来るのよ。 高校の時の文化祭とかもそうだけどね。 でも、やっぱりそうなってくるとなーんか物足りないんだよね。 でさ、最近ようやく一生懸命になれそうな事があったんだけど、色々考えるとやっぱり諦めざるを得なくなっちゃってさ。 人生って難しいなぁって思ったの」 八幡「これは独り言なんですけど、俺の友達で一生懸命掃除をしたやつつがいるんです。 クラスの奴らに掃除を押し付けられて、悔しかったらしいんですよ。 でも、掃除をちゃんとやったらクラスの奴らにみとめてもらえるんじゃないかとおもったらしいんですけどね。 ま、案の定いつも通りの扱いだったらしいですけど。 20 八幡「さぁ、分かりませんよ。 でも、きっと少しは日常をたのしんでるんじゃないですか?」 陽乃「あっ、捻デレの比企谷くんがデレた」 八幡「だから、俺の友達の話って言ってるじゃないですか。 つーかいつ小町に会ったんですか?」 陽乃「いや、捻デレって単語は雪乃ちゃんから教わったんだよ?」 八幡「あの雪ノ下の口からそんな単語が出てるとか想像できないですね」 陽乃「それだけ雪乃ちゃんも変わったってことだよ。 30 陽乃「……ね、比企谷くん、すこし肩貸して。 やっぱ飲みすぎたみたい」 八幡「ほら、言わんこっちゃないですよ。 でも、俺の肩使って寝るとか勘弁してくださいね」 陽乃「大丈夫、大丈夫!すこーし頭預ける所欲しいだけだから」 八幡「壁でいいじゃないですか」 陽乃「比企谷くんたら、お姉さんに硬い壁に頭をぶつけろだなんて鬼畜だねー。 75 八幡「はぁ…。 こんな目の腐った男で良ければ肩ぐらい貸しますよ」 陽乃「やっぱり雪乃ちゃん引き合いに出すと従順だね」クス 八幡「別に違いますよ。 94 はい、これで終了です。 キャラ崩壊は許して… あと次から安価じゃなくて適当にリクエストしてもらえれば出来るだけ書きます。 あ、ただキャラは陽乃メインでお願いしたい あと書けそうなのは雪乃、由比ヶ浜、いろは、こまちは多分なんとかなるかなとはおもいます。 61 病院の待合室 八幡「お疲れ様です、会長」 陽乃父「で、陽乃の容態はどうなんだ?」 八幡「単なる疲労によるもの、との事です」 陽乃父「そうか、ならば良し。 ところで比企谷くん、随分とやつれてるが大丈夫かね?」 八幡「ええ、大丈夫です。 あ、会社の方もご心配なく。 一通り処理はしてありますので」 陽乃父「ふむ、流石と言えるな。 この私に認めさせただけある。 02 八幡「えぇ、分かっています。 陽乃さんに何かあったらその時は…」 陽乃父「その時は別れろと言った。 で、君はどうする?」 八幡「それはどういった意味の質問ですか?」 陽乃父「言葉通りの意味だよ。 陽乃と別れる気はあるのか、と問うているのだよ」 八幡「別れる気…ですか。 当然、貴方との約束は破ることになりますが、別れる気なんて無いです」 陽乃父「ほう、この私の前でそのようなことを言うか」クワッ 八幡「ええ、勿論俺だって用意はしてあります。 その気になれば会社から貴方の事を追い出す程度なら出来ますから」 陽乃父「はっはっはっは!やはりか!本当に陽乃は良い男を見つけたな。 なんだかんだいって子煩悩な人ですから」 陽乃「子供の私からしたらよくわからないけどねー。 ま、それはともかく折角温泉に来たんだし早く温泉入ろう!」 八幡「そうですね。 29 陽乃「恋人なんだから別に良いでしょ?」 八幡「いや、そうですけどアレですよ」 陽乃「アレってなにかなー?」クスクス 八幡「そ、そうだあとですこし外散歩しません?」 陽乃「また露骨に話逸らしちゃってー!相変わらず八幡は可愛いなぁ。 でも散歩は良いねー。 93 外でお散歩中 八幡「まさか、俺のゼロバウンドが破られるとは…」 陽乃「ま、私にかかればあの位なんてことないからね」 八幡「今度から螺旋の覇者って呼びますよ」 陽乃「その言い回しざ、ざなんとかくんみたいだよ」 八幡「材木座ですって。 49 10分後 八幡「さて、着きましたよ」 陽乃「八幡凄いとこ見つけたね!綺麗な夜景」タタタタ 八幡「…陽乃さん」 陽乃「ん、なに?」クルッ 八幡「陽乃さん、結婚してください」スッ 陽乃「……え?」キョトン 八幡「陽乃さんのそんな顔初めて見ました」 陽乃「いや、流石の私もビックリしたよ…。 32 陽乃「しかし、八幡もこんな所でプロポーズするなんて意外とロマンチストなんだね」 八幡「えっ、それはその…ほらアレですよアレ」 陽乃「照れなくてもいいのにー。 vip2ch.

次の