社会保険届出書仕様チェック。 仕様チェックプログラムについて

年金の手続きにかかわる様式等が平成30年3月から変わりました

社会保険届出書仕様チェック

いわゆるデスクトップアプリケーションで、パソコンにダウンロードしてインストールする必要があります。 日本年金機構がそのホームページで無料で提供しています。 正式名称は、 磁気媒体届書作成プログラムといいます。 ただし、インストールしてできるアプリケーション名は「 保険届書作成」となっています。 届書作成プログラムの趣旨・・役割・機能(位置づけ・体系) ()のを利用して届出を提出する ()のを利用すれば、年金事務所、公共職業安定所(ハローワーク)、労働基準監督署への各種申請・届出を、を利用してのパソコンから行うことができ、口に行く間・手間を省き、簡易・迅速に行うことができます。 ただし、年金事務所(日本年金機構)への申請・届出を()のを利用して行うにおいては、次の2つの方法・方式があります。 手続きをの内ですべて行うことができるタイプ…届出情報をの入力画面で直接入力する方法• CSV形式届書ファイル(電子申請用ファイル)を作成し電子添付書類として提出するタイプ…届出情報をCSV形式のテキストファイルにしてこれを提出する方法 このうち、どちらの方法・方式になるかは、手続きの種類ごとに決まっています。 手続きをの内ですべて行うことができるタイプであれば、紙ベースの様式に準じた入力画面に必要なデータを入力していくだけですので、簡単です。 しかし、CSV形式届書ファイルを作成し、これを電子添付書類として提出する方式では、まずCSVファイル形式のデータを作成する必要があります。 届書作成プログラムはこのデータを作成するためのプログラムです。 磁気媒体(FD・MO・CD・DVD)を利用して届出を提出する 届書作成プログラムはもともとはFD(フロッピーディスク)をはじめとする磁気媒体・電子媒体を利用して届出を行うために開発されたものです。 たとえば、従業員が何百・何千・何万人もいるようなでは、従業員一人一人につき手書きで各種届出を行うことは大変な作業となります。 そこで、パソコンで作成したデータをFD等の磁気媒体・電子媒体に保存し、これを提出することで届出を行うことができるようになりました。 パソコンであれば、社内の他のシステム(人事、等)ですでに作成されているデータを活用し、届書に必要なデータを簡易迅速に作成することが可能となります。 なお、届書作成プログラムを必ず利用しなければならないものではありません。 作成するデータは、 要はCSVファイル形式のテキストデータですので、自社等で開発した独自のプログラム等があれば、それを利用してもかまいません。 手続き CSV形式届書ファイルをから電子添付書類として提出をする方法・方式の 次のページを参照してください。

次の

届書作成プログラム(磁気媒体届書作成プログラム)

社会保険届出書仕様チェック

[社会保険電子データ作成]で作成したデータを保存した提出用CD・DVDを作成したい。 給与大臣では、届出用の電子データを作成することができます。 パソコンにインストールされているライティングソフト等で書きこむ場合はそのソフトの手順に従ってください。 [社会保険]-[社会保険電子データ作成]を開き、社員指定・出力データ・作成年月日などを指定します。 F6[形式]より、提出形式を「MD・CD・DVD」を選択します。 [データ出力]をクリックします。 保存先は適当な場所を選択してください。 CD・DVDドライブを直接指定しないでください。 CD・DVDをパソコンのドライブにセットします。 セットすると「自動再生」画面が表示されるので「ファイルをディスクに書き込む」をクリックします。 コンピュータを開く。 「DVD RWドライブ」で右クリックし、「自動再生を開く…」をクリックします。 「DVD RWドライブ」のウィンドウが開きます。 書き込みたいファイルをドラッグします。 ディスクに書き込み準備ができたファイルが表示されるので、間違いがないか確認し、「ディスクに書き込む」をクリックします。 ディスクのタイトルを付けて「次へ」をクリックします。 (タイトルには日付が入っています。 特に指定がなければそのままでも構いません。 ) 8. 書き込みが開始されます。 「ファイルはディスクへ正しく書き込まれました」と表示されれば完了です。 「完了」ボタンをクリックします。 仕様チェックプログラムで最終チェックを行ったファイルを書き込むようにしてください。

次の

マイナンバーによる届出・申請についてと平成30年3月からの様式変更対応について

社会保険届出書仕様チェック

チェックプログラムのダウンロード 「月額変更届」、「算定基礎届」、「賞与支払届」、「社会保険取得届(CSV)」、「社会保険喪失届(CSV)」の手続きを電子申請する際、また処理ファイル「電子媒体申請」よりデータを作成する際は、日本年金機構HPからダウンロードできる仕様チェックプログラムで、作成したデータが年金事務所で確認できるかどうかのチェック作業が必要です。 仕様チェックプログラムはこちらからダウンロードできます。 00に対応しているのは台帳V10. 11以降になります。 【届書作成プログラム内の仕様チェックプログラムVer. よくあるご質問 お問い合わせ チェック時に場合「元号不正」エラーとなってしまう。 回答 仕様チェックプログラムVer12. 00未満がインストールされている可能性があります。 現在の仕様チェックプログラムをアンインストールし、仕様チェックプログラムVer12. 00をインストールしてください。

次の