ブラインド タッチ ソフト。 【おすすめタイピングソフト7選!】超速ブラインドタッチで仕事を効率化しよう!|ウィリスの宇宙交信記

ブラインドタッチ矯正、初心者の練習におすすめのゲームは?

ブラインド タッチ ソフト

ブラインドタッチ習得のコツは? ブラインドタッチとは、 手元を見ないでタイピングすることを言います。 入力するたびに手元を見ていては、やはり作業時間が無駄にかかってしまうので、 ブラインドタッチは習得しといて損はない技術だと言えるでしょう。 特に、短い時間でどれだけ記事を書き上げることができるかが重要な僕らにとって、 絶対に手に入れておきたい技術ですよね。 ブラインドタッチができない!という人のために、 習得するためのコツについてお話していきたいと思います。 たまにかな入力でタイピングしている人がいますが、 ローマ字入力を使ってタイピングするようにした方が何かと便利です。 日本語オンリーのタイピングをするのであれば問題ありませんが、 ブログ記事を書く際は何かとローマ字を打ち込むことも多いですからね。 日本語オンリーのタイピングをする時を除いて、 ローマ字入力の方が基本的に早くタイピングできると思います。 かな入力でめちゃくちゃ入力が早い人も中にはいるのかもしれませんが、 今からブラインドタッチを身につけようとしている人には間違いなくおすすめできません。 習得の難易度もかなり高いですからね。 無難にローマ字入力で打ち込むようにしましょう。 それが、 ホームポジションです。 まずは、 ホームポジションを覚えましょう。 上の画像のように指を置くのがホームポジションです。 両親指はスペースキーの上です。 常に同じ場所に指を置くことによって、 どこにどのキーがあるのかを感覚で掴めるようになります。 そして、タイピングする時は、 ホームポジションに指を置いた時に各キーに近い指で押すようにします。 例えば、QやZは左手の小指、Eは左手の中指、R、T、G、Vは左手の人差し指、 Y、U、Nは右手の人差指、Oは右手の薬指・・・などですね。 そして、タイピングし終わったあとは、指を再度ホームポジションに戻します。 キーを打ったらホームポジションへ、キーを打ったらホームポジションへ・・・ を繰り返します。 そうすることによって、キーボードを見なくて もキーの位置を把握しやすくなりますし、 どのキーをどの指で押すのかをしっかりと 理解していればスムーズにタイピングすることができます。 ちなみに、BやYなど、利き手によっては左手・右手の人差し指で 打つ方がやりやすいとかあると思うので、どの指でどのキーを押す ようにするのかは、自分の感覚で判断していってください。 ただし、先程説明したホームポジションは守るようにしましょう。 人差し指だけでブラインドタッチする強者もいるにはいますが、 あれは完全にそのやり方に慣れてしまってるからこそできるだけなので、 絶対に真似しないようにしましょう(笑) それでもブラインドタッチを出来ないことはないですが、習得は遅くなりますし、 ホームポジションに指を置いてタイピングをしたほうが基本的には早いです。 もちろん現在人差し指オンリーでタイピングしてて、 かなりの速度でタイピングできるならそのままでもOKです。 結果的にタイピングが早ければ問題ありません。 タイピングする時、なるべくキーボードを見ないで打つようにします。 「あのキーどこだったかな・・・」と忘れてしまったら、 仕方がないので確認してみてもいいですが、 どんどん見ないように打つようにしましょう。 いちいち確認しながら打つのがクセになってしまうと、 中々ブラインドタッチはできるようになりません。 ブラインドタッチを習得したいのだったら、 どうしてもわからない時を除いて、 見ないでタイピングするようにしましょう。 ブラインドタッチを習得するまでの時間についてですが、 初心者の方でも1週間もあれば習得できるのではないでしょうか。 もちろん練習時間にもよりますが、 しっかりと紹介したコツを意識しながら取り組めば出来ないことはないはずです。 がんばってブラインドタッチを習得していきましょう。 おすすめの無料練習ソフトは? インターネット上にはタイピングを無料で練習するソフトもあります。 こういったソフトを利用してタイピング能力を磨くのも良いでしょう。 様々な題目で練習ができるので、 色々な文章を打つ練習になります。 スコアを競いながらゲーム感覚で練習することができます。 今回の記事のまとめ アフィリエイトをやる上でブラインドタッチは絶対に習得しておきたい技術の一つなので、 まだブラインドタッチできていないという人は、絶対身につけるようにしましょう。 無料ソフトを利用して練習する方法も紹介させていただきましたが、 アフィリエイターの場合、どっちみち記事の文章を打つことになるので、 実際に記事を書きながらブラインドタッチを練習していったほうが無駄な時間を使わないので、 練習ソフトというより、実践で習得していったほうが効率が良いかもしれません。 ブラインドタッチは自転車と同じで、 一度できるようになればずっと使える技術です。 早めにブラインドタッチを覚えていきましょう。

次の

タイピングソフトおすすめ10選|タイピングオブザデッドやアニメのコナン特打が人気

ブラインド タッチ ソフト

ブラインドタッチ習得のコツは? ブラインドタッチとは、 手元を見ないでタイピングすることを言います。 入力するたびに手元を見ていては、やはり作業時間が無駄にかかってしまうので、 ブラインドタッチは習得しといて損はない技術だと言えるでしょう。 特に、短い時間でどれだけ記事を書き上げることができるかが重要な僕らにとって、 絶対に手に入れておきたい技術ですよね。 ブラインドタッチができない!という人のために、 習得するためのコツについてお話していきたいと思います。 たまにかな入力でタイピングしている人がいますが、 ローマ字入力を使ってタイピングするようにした方が何かと便利です。 日本語オンリーのタイピングをするのであれば問題ありませんが、 ブログ記事を書く際は何かとローマ字を打ち込むことも多いですからね。 日本語オンリーのタイピングをする時を除いて、 ローマ字入力の方が基本的に早くタイピングできると思います。 かな入力でめちゃくちゃ入力が早い人も中にはいるのかもしれませんが、 今からブラインドタッチを身につけようとしている人には間違いなくおすすめできません。 習得の難易度もかなり高いですからね。 無難にローマ字入力で打ち込むようにしましょう。 それが、 ホームポジションです。 まずは、 ホームポジションを覚えましょう。 上の画像のように指を置くのがホームポジションです。 両親指はスペースキーの上です。 常に同じ場所に指を置くことによって、 どこにどのキーがあるのかを感覚で掴めるようになります。 そして、タイピングする時は、 ホームポジションに指を置いた時に各キーに近い指で押すようにします。 例えば、QやZは左手の小指、Eは左手の中指、R、T、G、Vは左手の人差し指、 Y、U、Nは右手の人差指、Oは右手の薬指・・・などですね。 そして、タイピングし終わったあとは、指を再度ホームポジションに戻します。 キーを打ったらホームポジションへ、キーを打ったらホームポジションへ・・・ を繰り返します。 そうすることによって、キーボードを見なくて もキーの位置を把握しやすくなりますし、 どのキーをどの指で押すのかをしっかりと 理解していればスムーズにタイピングすることができます。 ちなみに、BやYなど、利き手によっては左手・右手の人差し指で 打つ方がやりやすいとかあると思うので、どの指でどのキーを押す ようにするのかは、自分の感覚で判断していってください。 ただし、先程説明したホームポジションは守るようにしましょう。 人差し指だけでブラインドタッチする強者もいるにはいますが、 あれは完全にそのやり方に慣れてしまってるからこそできるだけなので、 絶対に真似しないようにしましょう(笑) それでもブラインドタッチを出来ないことはないですが、習得は遅くなりますし、 ホームポジションに指を置いてタイピングをしたほうが基本的には早いです。 もちろん現在人差し指オンリーでタイピングしてて、 かなりの速度でタイピングできるならそのままでもOKです。 結果的にタイピングが早ければ問題ありません。 タイピングする時、なるべくキーボードを見ないで打つようにします。 「あのキーどこだったかな・・・」と忘れてしまったら、 仕方がないので確認してみてもいいですが、 どんどん見ないように打つようにしましょう。 いちいち確認しながら打つのがクセになってしまうと、 中々ブラインドタッチはできるようになりません。 ブラインドタッチを習得したいのだったら、 どうしてもわからない時を除いて、 見ないでタイピングするようにしましょう。 ブラインドタッチを習得するまでの時間についてですが、 初心者の方でも1週間もあれば習得できるのではないでしょうか。 もちろん練習時間にもよりますが、 しっかりと紹介したコツを意識しながら取り組めば出来ないことはないはずです。 がんばってブラインドタッチを習得していきましょう。 おすすめの無料練習ソフトは? インターネット上にはタイピングを無料で練習するソフトもあります。 こういったソフトを利用してタイピング能力を磨くのも良いでしょう。 様々な題目で練習ができるので、 色々な文章を打つ練習になります。 スコアを競いながらゲーム感覚で練習することができます。 今回の記事のまとめ アフィリエイトをやる上でブラインドタッチは絶対に習得しておきたい技術の一つなので、 まだブラインドタッチできていないという人は、絶対身につけるようにしましょう。 無料ソフトを利用して練習する方法も紹介させていただきましたが、 アフィリエイターの場合、どっちみち記事の文章を打つことになるので、 実際に記事を書きながらブラインドタッチを練習していったほうが無駄な時間を使わないので、 練習ソフトというより、実践で習得していったほうが効率が良いかもしれません。 ブラインドタッチは自転車と同じで、 一度できるようになればずっと使える技術です。 早めにブラインドタッチを覚えていきましょう。

次の

Macでブラインドタッチの習得ができる!1日5分でじわじわとタイピングが憶えられるソフト「タイピスト」。

ブラインド タッチ ソフト

【基礎】指の位置を体で覚える ブラインドタッチが初めての方は、 「手元を見ずに決められた指で打つこと」を意識して練習しましょう。 どの指でどのキーボードを押すのかが分からない方のための練習サイトを2つご紹介します。 以下のタイピングゲームでは、画面上にどの指を使えば良いのかが表示されるため、キーボードを見ずに打つ習慣を身に付けることができます。 1-1. e-typing 基本のローマ字入力から練習でき、 基礎から着実にステップアップできます。 会員登録は特に必要ありませんが、会員登録することで自分の成長を確認できる「タイピングカルテ」と会員用練習メニューを利用できます。 1-2. マイタイピング 「ひよ こでも出来るタイピング練習講座」で基礎から学べます。 1つのタイピング課題に対し所要時間と正誤率で合格かどうか判定してくれるため、 上達の目安として活用できます。 【練習】単語や文章を打って指の位置を確認 アルファベットの位置と正しい指の使い方が確認できたら、次は単語や文章を打って 基礎を定着させましょう。 脈絡のない文字や単語を打ち続けることは大変です。 できれば自分の興味ある分野の言葉を使って、ゲーム感覚でタイピングの練習をしたいものです。 先ほどご紹介した「e-typing」と「マイタイピング」も、地名や難読漢字、三国志、ビジネス用語、歌詞、脳トレなどをタイピングの題材に扱っており、十分楽しめるようになっています。 ここで、もう1つユニークなタイピング練習サイトをご紹介します。 2-1. TypingClub 海外サイトのタイピングゲームで、アルファベットや英単語の入力といった初歩的な部分から英文入力まで対応しています。 アメリカのメリーランド州ロックビルに拠点を置くクリエイター集団によって開発されており、世界中の学生や教育現場で利用されています。 手元のどこのキーを入力すればいいのかも分かるため、初心者にも優しい構成です。 また、練習スケジュールが細かいのも特徴です。 英文入力ではジャンルを問わずさまざまな話題を扱っており英語の勉強としても使えるため、初心者だけではなく上級者も楽しめるサイトです。 ただし、キーボードの設定が標準ではUS配列(日本はJIS配列)になっており、記号などの入力を行う際に不都合があるため、設定を変更する必要があります。 レッスン画面の上部(レッスンによっては表示されない)にキーボードのアイコンがありますが、ここからキーボードの配列を変更できます。 「United States」と書かれた箇所をクリックした直後の選択肢にはJIS配列がないため、「Help me identify my layout」というボタンを押し、そこから「Japanese」を選択するとJIS配列に変更できます。 【特訓】楽しみながら速く打つ練習 ある程度キーボードを見ずに打てるようになったら、最後に 速く正確に打てるよう練習しましょう。 ここでは中級者向けのタイピングゲームを3つご紹介します。 3-1. 寿司打 回転寿司のネタと一緒に流れる単語や文章を素早くタイピングするユニークなゲームです。 3,000円コース・5,000円コース・1万円コースの3つの難易度だけでなく、 「スピード重視」や「正確さ重視」なども選択できます。 3-2. P検 P検(ICTプロフィシエンシー検定協会)が提供するタイピング練習ツールです。 国語や英語、パソコン用語などが勉強できるため、学習教材としても最適です。 P検は総合的なICT活用能力を問う試験になり、こちらのタイピング練習ツールはP検の準2級~4級で実施されるタイピングテストを事前に無料で何度でも受験できます。 合格すると合格証書の印刷ができるようになり、合格証書に記載されている合格コードを本試験の際に入力するとタイピングテストが免除されるなど、P検の受験を検討されている方にはぜひとも活用していただきたいタイピング練習ツールです。 3-3. Typing Tube 動画の音楽に合わせてタイピングしていくゲームです。 難易度によってレベル分けされており、レベル1~5まであります。 ゲーム開始時の画面は、一見すると通常の動画再生画面のように見えますが、再生させるとタイピングゲームが開始されます。 YouTubeが誕生してからそれほど経ってない時期から存在しているなど、かなり息の長いタイピングゲームです。 また、「Typing Tube」が他のタイピングゲームと異なる点として、ゲームの自作ができることです。 自作ができるため、ご自身でYouTubeにアップロードした動画でタイピングゲームを作ることも可能です。 以前はYouTube以外にも一部の動画サイトの動画を使用してタイピングゲームを作ることが可能でしたが、現在ではYouTube以外の動画サイトは使えなくなる仕様が実装されました。 また、ご自身でタイピングゲームを作成する際も、著作権違反でない動画かどうかをご確認のうえ、自己責任で行ってください。 タイピング練習講座もぜひご覧ください• ドクター・ホームネットでは、パソコンを快適に利用するための情報を多数掲載しています。 タイピング練習の合間にぜひご覧ください。 ゲームでタイピングスキルを向上 今回は楽しみながらブラインドタッチの練習ができる無料のゲームをご紹介しました。 ご紹介したゲームの他、ネット上にはさまざまなタイピングゲームがあります。 早く上達するための秘訣は楽しみながら練習に取り組むことです。 自分に合ったタイピングゲームを見つけて、タイピングスキルを伸ばしましょう。 本記事では、タイピングスキル向上のための情報をお伝えしましたが、ドクター・ホームネットでは、この他にも「エクセルなどのオフィスソフトの基本操作を学ぶ基本レッスン」や「パソコンをさらに使いこなすための応用レッスン」など、お客さまの要望に応じたレッスンを行っていますので、パソコン操作や活用方法でお困りの際は気軽にご相談ください。

次の