沢尻 キメセク。 沢尻エリカ容疑者が逮捕前夜に渋谷のクラブで会っていた男性クリエイターの正体とは?|日刊サイゾー

沢尻エリカ「薬物SEX」リベンジ動画流出危機 (2019年11月29日)

沢尻 キメセク

あの書類(通知書)は、間違いなく本物ですよ。 蜷川さんも事実を知っているはずなのに、なぜ隠そうとするんですかね。 僕はエリカから、(蜷川監督に)早い段階で伝えられたと聞いています。 僕は、この件がスポーツ紙やテレビでまったく取り上げられないことにも驚いています。 僕は今まで彼女に何か問題が起きる度に対処し、誰に何を聞かれても多くは語ってきませんでした。 陰に日向にエリカを庇ってきましたが、もう面倒見切れません。 今回のことで、今後、日本とスペインの警察が動く可能性もある。 取材は2時間以上にわたった。 09年9月、沢尻の前所属事務所スターダストプロモーション(以下スターダスト)は、同年8月の酒井法子、押尾学らの薬物事件を受け、かねてから素行不良が問題視されていた沢尻の薬物検査を行なった。 検査の結果、大麻の陽性反応が示され、同社がその後、代理人を通じ沢尻サイドに専属契約の解除を告げる「通知書」を突きつけたことは、先週号で報じた通りである。

次の

完全復活を果たした沢尻エリカ“完脱ぎ後背位”の衝撃作!『ヘルタースケルター』

沢尻 キメセク

売れっ子女優だっただけに各方面への影響は拡大する一方だ。 とりわけ、来年のには甚大な被害が出ている模様。 本人に対しても、「薬物」映像流出に闇組織が蠢き出していた! 容疑者 33 がを所持したとして違反容疑で逮捕された件が、大きな波紋を広げている。 来年の大河『』出演が吹っ飛んだばかりか、過去の薬物、いわゆる「キメセク全裸動画」が流出秒読みといわれているのだ。 「沢尻容疑者の薬物疑惑の再燃、それに伴う大河降板危機は週刊実話 号 が6月に報じており、またも早すぎる完全的中スクープに芸能界は話題騒然です。 今回、組織犯罪対策5課が、沢尻の自宅をガサ入れし2錠が出てきて逮捕。 の娘で、の正妻となる帰蝶 濃姫 という重要役で出演が決まっていた大河もオになり、女優生命の危機といえます」 芸能記者 ただ、それ以上に深刻なが忍び寄っている。 「それが『キメセク動画』です。 過去の男たちと違法をキメつつ、興奮度を高めてをする…そんな映像が今後、複数流出する可能性があるのです」 同 逮捕後、自ら「10年以上前から薬物を使っていた」「これまで大麻、、、を使った」などと供述。 「沢尻容疑者をめぐっては、一部で大麻疑惑が報じられています。 それ以来、大麻疑惑が燻っていました。 「には深刻なもあり危険ですが、で集団で使って盛り上がったり、時に男女で使って強烈な一体感と一緒にを感じることができる作用もあります。 錠剤やで1錠4000円前後で密売されており、手に入りやすく飲みやすいため、乱用が絶えない。 常用者はほぼ確実にとして使っており、沢尻容疑者も男とヤル時に服用し、猛烈なアクメを感じていたのではないか」 同 沢尻容疑者の男関係は複雑だ。 しかし、今年9月に一部で破局が報じられ、さらに最近、復縁情報があるなど、別れたりくっついたりしているようです。 他にも、数カ月前からは飲食店経営者と交際を開始し、近頃、破局している」 と語るのは夕刊紙記者。 「沢尻容疑者のフェロモンはハンパなく、彼女のカラダ目当てに男がゾロゾロ言い寄ってきた。 でキメセクをすると一体感が強まるため、男と一緒にツーを撮りたくなり、全裸撮影もOK状態になる。 今のご時世、一般の若いさえ生、指マン、挿入など一連のを撮るのは定番なようなもの。 沢尻容疑者にされ、恨みを持っている男は複数いるとみられるだけに、として流出していく可能性もありそう」 紙 沢尻容疑者は逮捕により、や出演CM各社などに多大な損害を与えた。 「すでに複数のAV関係者が沢尻に関心を示しています。 一連の刑事手続き、裁判が終了した後、AVに持ち込みたいようです。 あまりにもセクシーな肢体と美乳で男をフル勃起させた。 「『ヘルター︱』時より巨乳になり、円熟味を増してきた。 もし、AVしたら5億円以上の稼ぎを叩き出すでしょう。 薬物を完全に断ち切れれば、の話ですがね」 芸能プロ幹部 また裸一貫、出直しか。 関連ニュース•

次の

薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…:イザ!

沢尻 キメセク

合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反容疑で警視庁に逮捕された女優、沢尻エリカ容疑者(33)。 業界内では薬物疑惑がささやかれてきただけあって、ついに…という感は否めない。 調べに対し、「長年にわたって違法薬物を使っていた。 つねに薬物疑惑が絶えなかった沢尻容疑者。 2009年9月に当時所属していた芸能事務所を契約解除されているが、「当時は重大な契約違反となる不正な行動があったとされましたが、簡単に言えば、抜き打ち検査で大麻の陽性反応が出たと言われています」と芸能関係者。 MDMAについて、元厚労省近畿厚生局麻薬取締部捜査第1課長の高濱良次氏は、「恍惚(こうこつ)感が得られるので、クラブや性行為で使われます。 覚醒剤よりも代謝が早いので、芸能人は次の仕事まで時間があるときなどコントロールして使用することも考えられる」と指摘する。 結局、高城氏と離婚した沢尻容疑者だが、8年前からデザイナーの男性と恋人関係に。 この男性とは夏前に破局したが、最近になって復縁したとされる。 18日付スポーツニッポンは、MDMAについて沢尻が「交際中の男性からもらった」と供述していると報じている。 今回、沢尻容疑者は渋谷のクラブで催されたイベントに参加した後、逮捕されたが、「いわゆるクラブで六本木ヒルズの怪しいパーティーでもよく目撃されていました」(事情通)との話もあり、沢尻容疑者がそうしたパーティーに頻繁に出入りして、薬物を入手していた疑いが強い。 薬物事情に詳しい関係者は「いったんキメセクの味にハマってしまうと、別れたり、くっついたりを繰り返しながら、やめられなくなっていくのです」とも。

次の