硬水 便秘。 便秘に硬水が効果があるってホント?コントレックスはどう?

硬水はOK?子供に飲ませる水の選び方 [ミネラルウォーター・天然水] All About

硬水 便秘

硬水と軟水 お水には、「硬水」と呼ばれるものと「軟水」と呼ばれるものがある事をご存知ですか? もともと、水には、「カルシウムイオン」と「マグネシウムイオン」というものが含まれているのですが、水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表した数値のことを「硬度」と言います。 WHO(世界保健機関)の基準では 硬度 120mg/l 以下 ・・・ 軟水 硬度 120mg/l 以上 ・・・ 硬水 と定義されています。 もっと簡単に言ってしまうと、 カルシウムとマグネシウムが多く含まれている水 = 硬水 ということになります。 ちなみに東京の水道水の硬度は、60mg/l前後ということなので「軟水」ということになります。 日本の水のほとんどが、軟水で、ヨーロッパや北米には硬水が多く存在しています。 これは、大地を形成する地殻物質が異なるために起こる違いです。 天然水は、地中に染み込んだ雪や雨水が地層中で汚れやゴミを濾過し、地層中のミネラルを吸い取って湧き出しているので、国土が狭く、地層に浸透する時間が短い日本では軟水が多くなるのです。 軟水は、まろやかな口当たりとさっぱりした風味、硬水は口当たりが重く少し苦味を感じるのが特徴です。 便秘に効くのは、「軟水」「硬水」? さて、本題に入りますが、お水で便秘が解消されるとは、いったいどんなことなのでしょうか? 実は「便秘の人は硬水を飲むとよい」そうなのです。 これは、硬水に含まれているマグネシウムがお通じに効く効果を持っているからなのです。 便秘で病院にかっかったことがある人は、「酸化マグネシウム」というお薬を処方されたことがあるのではないでしょうか? この「酸化マグネシウム」と硬水に含まれている「マグネシウム」が同じ働きをすることにより、お通じの改善を図ってくれるというのです。 「マグネシウム」の作用には 胃腸を刺激して、働きを活発化する。 腸内の水分を保ち、便を柔らかくする。 という二つの作用があります。 この作用により、便秘を改善することが期待されるというわけなのです。 ただ、「硬水」を飲みなれていない人が、いきなり硬度の高いお水を飲むと、その重たい味に違和感を感じてしまうかもしれません。 なので、まずは、硬度の軽めのものから試してみることをお勧めします。 硬水初心者の方にお勧めのお水 ・エビアン : コンビ二やドラックストアなんかでよく見かけますよね。 エビアンも実 は硬水で、硬度は304mg/lと中硬水に分類されます。 世界自然保護地区にも指定されている、フランスアルプスのエビアン・レ・バンが採掘地だそうです。 硬水の中でも飲みやすい水とされているので、硬水になれていない人はぜひ、エビアンから始めてみるといいと思います。 ・ゲロルシュタイナー : ドイツで人気の硬水炭酸水です。 酸味や重たさを感じにくい絶妙のバランスが特徴です。 硬度は1310mg/lと高めで飲み応えがあると思います。 炭酸入りのほうが、硬水っぽさを感じにくいので、炭酸が苦手でなければお勧めです。 飲み方のポイントとしては、喉の渇きを感じる前に、小まめに摂取すること。 そうすることで、代謝が促進され、脂肪の吸収を抑制し、便秘解消が期待できます。 また、朝起きてすぐに、コップ1杯の硬水を飲むようにしましょう。 腸の働きがよくなり、より効果的です。 さらに、硬水を飲むことで得られる興味深い効果があるんです。 それは、ダイエット効果! 硬水に多く含まれている「ミネラル」は、私たちの身体に必要不可欠な存在です。 身体の機能を維持したり、調節したりする役割を持っているのです。 つまり、ミネラルバランスが整うと、身体の機能の滞りがなくなり、代謝が活性化され、太りにくい身体が作られるということなのです。 食前に、1杯の硬水、そして、食事中も意識して飲むようにすることで、太りにくい身体を手に入れることができます。 まとめ ・硬水には、マグネシウムが多く含まれているため、便秘に効果がある。 ・マグネシウムは「胃腸を刺激して、働きを活発化する」「胃腸の水分を保ち、便を柔らかくする」作用がある。 ・硬水は、代謝活性化の効果が期待される。 お腹がはってつらい、便秘・・・。 フランスでは、「便秘」になったとき、お医者さんが「硬水」を処方することもあるそうですよ。

次の

硬水の効果

硬水 便秘

硬水とは 「硬水」と「軟水」の違いは、水にどれだけの マグネシウムとカルシウムが含まれているかにあります。 日本の水は地域によって軟水だったり硬水だったりするのですが概ね「軟水」に分類されます。 これは海に囲まれた島国である日本の地形にもよるところがありますね。 日本とは反対に硬水が多いのがヨーロッパですが、ヨーロッパでは大陸が地続きになっていることや川が長いことから生活水が硬水になります。 簡単に言うと、 硬水はミネラルを補給できる水ということですね。 ミネラルの吸収 マグネシウムやカルシウムなどはいわゆる「ミネラル」という呼び方をされますが、そもそもこのミネラルというのは主に 金属イオンのことを指します。 ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、亜鉛といった金属そのままでは吸収できないので、それを胃酸などで溶かすことによりイオン化されて初めて吸収が出来るようになります。 一価のイオンというのは非常に安定しており、そのままイオン状態を保つことが出来て吸収しやすいのですが、二価のイオン(つまりマグネシウムやカルシウム)は不安定で、アルカリ性の膵液などで中和されて脂肪酸と結合して不溶性の塩(えん)を作成し、腸から吸収することが困難になります。 ナトリウムやカリウムに比べてマグネシウムやカルシウムといったミネラルが不足しがちになるのは、二価イオンが不安定で吸収されにくいというのが理由なのです。 そういった意味でも不足しがちなマグネシウムやカルシウムを取れる硬水は効果的と言えるでしょう。 硬水で便秘解消の効果や下痢になってしまう理由は なぜマグネシウムやカルシウムを多く含む硬水を飲むと便秘解消出来たり、下痢になってしまう人がいるのでしょうか? それは「マグネシウムやカルシウムを吸収できていない」というのが原因です。 上記のようにマグネシウムやカルシウムのような二価のイオンは不安定で、 脂肪酸と結合して腸から吸収されにくい塩(えん)を作ります。 こういった吸収されにくい物質が大腸内に多く溜まると、その物質が作る水溶液の濃度を下げようという働きが起こります。 これは「 浸透圧」というもので、良く「ナメクジに塩をかけるとしぼんでしまう」現象で例えられます。 分かりやすく言えば、「濃度が高い液体を薄めるために他から水分を引っ張ってくる」という状態ですね。 本来、 水分は大腸で吸収されます。 それにより便は適度な水分を保つわけですが、水分の吸収がうまくいかないと水っぽい便になります。 これが 下痢ですね。 吸収できない物質が大腸に多く存在すると高濃度の液体を作成するので、そこに浸透圧が働いて薄めようとします。 すると水分を吸収するのではなく、逆に腸から水分を引っ張ってくるので便が水っぽくなって下痢になります。 この浸透圧性の下痢は キシリトールのように消化できないものであれば何でも起こります。 逆にそれを便秘解消に利用したりもしますね。 こういった浸透圧を利用した便秘薬には「酸化マグネシウム」がありますね。 酸化マグネシウムは腸では吸収されにくく、水分を吸収するので浸透圧が働いて便が柔らかくなって便秘解消に効果を発揮します。 つまり硬水によるミネラルの摂取は、便秘薬である酸化マグネシウムと同じ現象が起こっていると言えるでしょう。 だから硬水によって 便秘解消効果があったり 下痢になってしまう人が現れます。 日本人がヨーロッパに旅行に行って水を飲むと下痢になる人は多いですよね。 そしてそれは、せっかく硬水でミネラルを摂取しても大腸でうまく吸収できていないということの現れでもあります。 硬水で便秘解消というのはともかく下痢になってしまうのは防ぎたいところですし、せっかく硬水を飲むとしたらミネラルの吸収を高めたいというのがありますよね。 硬水のミネラルの吸収率を高めるために腸内の酸性度を上げる 硬水に含まれるミネラルを吸収しやすくするには、二価イオンが脂肪酸と結合してしまった塩(えん)を溶かしてあげることです。 そのためには胃酸が金属をイオンにするように「 酸」が必要です。 とはいえ「酸」を直接飲んでも意味がありません。 まず酸を直接飲むということも危険ですし、そもそも胃酸という強い酸に阻まれて吸収されてしまって大腸には届かないからです。 実は腸というのは自力で「酸」を作る作用があります。 大腸にいる ビフィズス菌などの善玉菌がその役目を担います。 ビフィズス菌はオリゴ糖や食物繊維といった難消化性の糖質をエサにして、自身の数を増やしたり 短鎖脂肪酸を生み出します。 この短鎖脂肪酸こそがミネラル吸収率向上のカギとなります。 短鎖脂肪酸は具体的には酢酸、酪酸、プロピオン酸などで、乳酸を含むこともあります。 これらが 大腸内を酸性にしてマグネシウムやカルシウムの脂肪酸との塩を溶かして吸収しやすくしてくれます。 短鎖脂肪酸がもたらす驚くべき効果 短鎖脂肪酸がもたらす効果は、腸内を酸性にしてミネラルの吸収率をアップさせるだけではありません。 ・腸内を酸性に保って悪玉菌の繁殖を防ぐ ・腸の蠕動運動を活性化させる(便秘解消) ・病原菌などの有害物質から守るバリア機能の強化 ・余計な脂肪の分解 ・糖尿病の予防 ・免疫機能の調節によるアレルギー抑制 ・大腸がんの予防 ・妊娠しやすい体づくり こういった体の様々なところに効果があるのが短鎖脂肪酸です。 蠕動運動を活性化して便秘解消出来るというのもポイントです。 硬水による浸透圧を利用しなくとも、自然に排便をスムーズに出来るのが短鎖脂肪酸なのです。 巷ではよく 「腸内環境の改善」 「腸活」 「腸内フローラの改善」 なんて言われていますが、すべてはこの短鎖脂肪酸を作り出すことが最終目標です。 そして、先ほど少しお話しましたが腸内で短鎖脂肪酸を生み出すためにはビフィズス菌、オリゴ糖、食物繊維などがカギになります。 その中でも特に オリゴ糖を取ることはオススメです。 最も効果が出やすく続けやすいからです。 オリゴ糖が何なのかよくわからないという人は、をご覧いただければと思います。 硬水による下痢の治し方というよりは、硬水を飲んでも下痢にならない予防法としての話になってしまいましたね。 とにかく硬水による効果を最大限に享受するために、硬水を飲んでも下痢にならずに吸収できるようにする対策として、腸内環境を整えることが大事なのです。 まとめ:硬水には便秘解消の効果がある?下痢になる時の治し方は? 硬水とはマグネシウムやカルシウムを多く含む水のことです。 マグネシウムやカルシウムなどの二価のイオンは不安定で脂肪酸と結合しやすく、腸から吸収しづらいという性質を持っています。 吸収しづらい物質が大腸にたまると浸透圧により便に水分が多くなって便秘解消の効果もありますが行き過ぎると下痢になってしまいます。 マグネシウムやカルシウムの吸収率を上げるには、短鎖脂肪酸により腸内の酸性度を上げることであり、そのために腸内環境の改善が必要になってきます。 そして腸内環境の改善に最も効果的なのはなのです。 オリゴ糖ならこれ! オリゴ糖をお探しでしたら、すでに実績があって口コミでの評判も良好なものを買うのをオススメします。 私が使っているオリゴ糖は数種類のオリゴ糖を黄金比率でブレンドした高純度のオリゴ糖というもので、「 日本一売れているオリゴ糖」でもありその実績と信頼は確かなもので、妊婦や赤ちゃんでも安心して使うことが出来ます。 オリゴ糖にも色々な種類がありすぎてどんなオリゴ糖を選んだら良いかわからないという方は是非このオリゴ糖を参考にしてくださいね。 私も使ってみて便秘が解消しましたし、実際に使っての詳細なレビューも書いています。 日本一売れているオリゴ糖を詳しく知りたいという方はそちらもご覧ください。

次の

硬水の人気おすすめランキング20選【水も健康に良いものを】

硬水 便秘

便秘に悩まされた事がある人は多いと思いますが、 便秘の主な原因には、• 水分の不足• 腸内環境の悪化• ストレス過多• 食物繊維の不足• ダイエットなどで食事制限のやり過ぎ• 運動不足による筋力の低下• 排便反射機能の低下• 消化器系や神経系などの疾患• 可愛いデザインしてるけど、下剤か!?ってくらいの感想でした。 近所の薬局とかにもよく売ってますが、なかなかクセがあります。。。 ってな感じで、ミネラル度の高い硬水は便秘改善にオススメです!! ヨーグルトも便秘改善には効果的! ヨーグルトはもう言わずと知れた感じですが、乳酸菌やビフィズス菌などの菌の摂取ができるので、 腸内環境が整い、腸内に溜まっているものを押し出すための蠕動運動の働きが活発になりやすくなります。 もちろん、腸内環境も整いやすくなるので、腸内で滞ってしまった便による肌荒れや免疫力の低下なども防いでくれます。 硬水とヨーグルトのコンビが便秘解消に良い理由 これはもう単純な話で、 水分によって便が排出されやすい状態になっても、蠕動運動が弱く便を押し出す力が弱ければ効果は薄いです。 逆もそうで、 蠕動運動は活発でも水分不足では長く留まった便は排出されにくい状態になっていることもあるため、 水分もしっかり摂る事が必要です。 そのため、硬水とヨーグルトのコンビで、• 硬水の摂取で腸管内の便を柔らかく排出しやすい状態にする• ヨーグルトの摂取で腸内の蠕動運動 押し出す力 を活性化させる この2つの効果で長く留まって排出されにくくなった状態の便秘を改善しやすくなります。

次の