肩こり 解消 ツボ。 首のマッサージが目に効く!ツボ押しで肩こり・首こり・眼精疲労解消!

肩 ツボ|肩こりに効くつぼ

肩こり 解消 ツボ

肩こり解消方法は様々ありますが、仕事中に肩がこった時にさっと試してみたいのは、やはりお手軽で簡単な解消法ですよね。 おすすめ予防・解消法のベスト5をご紹介しましょう。 第5位:軽~く押さえて「手首ブラブラ法」 肩こりがつらい時、手がいくのはどこでしょうか?ほとんどの人は、肩こりのあるその部分だと思います。 首の付け根近くの硬くこったところを、自分で叩いたり、ほぐしたりすることが多いようです。 しかし肩こりの原因として、見落としがちなのが手や腕の疲労です。 肩こりの部分をほぐしても効果が出にくい場合は、手・腕の筋肉疲労が関わっているかもしれません。 そのため、パソコン操作する際に疲労する手・腕の筋肉は、仕事の合間や1日の終わりにほぐして柔らかくしておくことが、肩こりの緩和へつながるのです。 そこで、簡単な腕の筋肉リラックス法がこちらです。 手首をぶらぶらさせながら腕の筋肉に刺激を入れます 1. 左ひじを曲げ、右の母指と中指で腕を軽く挟みます。 この時、指に力を入れ過ぎないようにします。 右指で左腕を挟んだまま、左手首の力を抜いてブラブラさせます。 右指で気持ちよく指圧されている感覚になればOKです。 右指で挟む位置をずらし、左腕全体がほぐれるようにします。 左腕がほぐれたら、右腕も行いましょう。 第4位:ポカポカ!「使い捨てカイロ温熱法」 肩こりを感じる原因となる筋肉の血管は、収縮して血流が悪くなっています。 こうなると、筋肉への栄養、酸素など必要なものが届かなくなり、老廃物が流されなくなるため、筋肉の働きが低下した状態になります。 このような筋肉は硬くなり「こり」の原因となります。 また放っておくと肩こりが慢性化する可能性があるのですが、この部分を温めることでつらい肩こりの症状を緩和させる方法があります。 手軽な使い捨てカイロを使用します 1. 使い捨てカイロを用意します。 カイロは肌に直接触れないようにし、低温やけどを防止します。 下着の上からカイロを当てたり、ハンカチを介して温めましょう。 一時的に温める場合は、10~15分程度でokですので、休憩時間にも行うことが出来そうですね。 貼るタイプのカイロであれば、手で押さえることもなく楽に使用できます。 第3位:胸を伸ばして「姿勢すっきり法」 パソコン操作などのデスクワークが、肩こりを誘発しやすい理由のひとつに、同じ姿勢が続き、負担の少ない姿勢の維持が難しくなるということがあります。 パソコン操作の時、自分の体よりも前の位置で両腕を保持する姿勢が続きます。 そして、座り姿勢が疲れてしまうと、猫背姿勢になりがちです。 猫背姿勢の状態では、胸の筋肉が硬くなりやすく、それがさらに負担のかかる姿勢を繰り返す一要因となり、肩こりを慢性化させることにもなりかねません。 このような場合は、胸の筋肉のストレッチが猫背姿勢改善と肩こり予防に効果的です。 胸の筋肉をゆっくりストレッチしましょう 1. 左ひじを曲げて後ろへ反らせ、胸の筋肉を伸ばします。 その時、右指の腹を左胸の筋肉へ当て、触れる程度に軽く外側方向へ圧します。 気持ちよく胸の筋肉が伸びる程度の圧ですので、圧し過ぎには注意です。 1と2を数回繰り返したら、同じように右胸も伸ばしてみましょう。 第2位:頭を動かすだけ!「らくらく首コリ緩和法」 パソコンのディスプレイを集中して見ていたり、机上の書類をまとめたりするなど、毎日の仕事ではよくあることです。 しかし、これらの作業では、無意識に顔がうつむき加減になっていることが多々あり、頭を支えるために首の後ろ側の筋肉が疲労していく傾向がみられます。 その結果、首の付け根の痛みやこり感、首の後ろ側の張りを感じるようになります。 そのような、首の後ろ側のこりを和らげ、慢性的なこりを起こさないようにしましょう。 座ったままできるごく軽い指圧です 1. 両手を首の後ろへ回し、両手の指先を立てます。 左右の立てた指先は、首の付け根あたりの背骨を挟むように置きます。 指先を置いた状態で、顔を天井方向へ向けます。 (上を向く)この時、左右の指先を中央へ軽く圧すると、首の後ろを指圧されている感覚に近づきます。 指の位置を首の背骨に沿って、ずらしていきましょう。 首を動かして痛みやしびれが出たり、気分が悪くなる場合は中止しましょう。 第1位:ヒジでぐるぐる!「肩回し体操」 肩こりを感じる部分は、頭、首の後ろから肩にかけて、背中の上の方、首の付け根などなど、多くの人が同じ範囲に症状を訴えています。 肩こりがつらい時は、つい手がいくと思います。 しかし、実際に硬く凝り固まっている筋肉は、手が届く部分だけではありません。 症状としては感じにくい、肩甲骨周りについている筋肉も含まれるのです。 ですから、肩こりの解消・予防は、肩甲骨を動かし、肩甲骨周りの筋肉の血流を改善させることがポイントです。 肩こりに関わる複数の筋肉をほぐしていきます 1. 右ひじを曲げ、右手を右肩につけます。 右肩から右手が離れないように意識したまま、右ひじでできるだけ大きな円を描きます。 すると自然と右肩が回っていますよね。 それと同時に肩甲骨も動かすことが出来るため、肩甲骨周囲の筋肉への血行が改善されていきます。 数回ヒジを回したら、左側も行ってみましょう。 その場合は、無理をしないようにして下さい。 肩こり予防・解消法をこまめに実践 デスクワークで、あまり体を動かすことが出来なかったり、パソコンで目の疲労も加わったりと、肩こりを悪化させる要素は、毎日の仕事の中にいくつかあるかもしれません。

次の

首のマッサージが目に効く!ツボ押しで肩こり・首こり・眼精疲労解消!

肩こり 解消 ツボ

つぼ押しで肩こり解消は可能 1-1. 肩こりの原因は血行不良 肩こりとは主に僧帽筋という筋肉が張っているということ。 僧帽筋が緊張することで生じてしまう肩のこわばりや痛みが肩こりなのです。 その原因は医学的にははっきりしないこともしばしばですが、多くは肩周辺の血行の悪さだといわれています。 血行が良くないと肩の筋肉が緊張し乳酸などの疲労物質が流れずに蓄積し、神経を刺激するため、こりや痛みが引き起こされるのです。 血行不良は悪い姿勢から来る筋疲労やストレスからも引き起こされます。 猫背や長時間のデスクワークなどは頭が前に出る姿勢をとります。 その時に人体の 10分の 1を占める頭部の重みが肩の表層筋にのしかかり肩の筋肉が緊張してしまいます。 張った筋肉にある血管が収縮して血管を狭めるので、血行が悪くなります。 同様に、ストレスを抱えたままでいると活性化した交感神経が筋肉と連動し、筋肉が緊張したままになってしまい、その結果血行不良を起こすのです。 1-2. つぼを押して自然治癒力を高めよう つぼでは肩こりの血行不良に対し、自然治癒力の強化というアプローチ方法を取ります。 つぼには『経絡』と呼ばれる体中を流れるエネルギーラインがあり、所々にある経路の目印がつぼになります。 そのつぼを刺激することで、経絡で繋がっている患部の自然治癒力を高めると考えられてきたのです。 そんなつぼの効果ですが、実は西洋医学的に認められたのは近年です。 そもそもつぼは現在のような医療器具や薬が無かった頃に生まれた古代中国伝統の治療法になります。 東洋の神秘的な意味合いが薄れ、現在では医療の現場ではもちろん、スポーツ業界や美容業界など、多方面で当たり前のように用いられています。 現在、361箇所のつぼがWHO(世界保健機関)によって効果があると認められています。 電車の中でも大丈夫!今すぐ押せる肩こりに効果的なつぼ3選 2章ではそんな市民権を得てきているつぼの中から肩こりに効くつぼを 3つに厳選して紹介します。 次章に詳細があるのですが、人の背丈が違うようにつぼも人によって微妙に位置が異なるものなので、大まかにつぼの位置を把握したら、自分のつぼを探して押すのが正解ですので、本記事を元に探してみて下さい。 2-1. 別名 肩こり特効のつぼと呼ばれ、最も有名で最もオススメするつぼです。 というのもつぼの位置とは本来厳密で、施術経験のない一般の方が初めから正確に押すことは実はとても難しいことです。 ただし、つぼの位置は少なからず不調の原因となっている周囲の筋肉や神経などと重なることが多く、僧帽筋にある肩井については仮につぼを外したとしても肩こりに効果があります。 <場所> 肩の筋肉が盛り上がっているところ。 首を曲げると、首の後ろに大きく出る骨の下のくぼみと肩先の中央に位置し、 左右1カ所ずつあります。 <押し方> 上図のように肩が痛いポーズのまま中指をつぼにあて、指を置いたままぐりぐりと押しまわす。 2-2. また指一本分上には風邪に効くとされる風池があります。 風池のもう一つの特徴に首や肩のこりに効果があるとされており、肩井ほどではないですがこちらも点ではなく面として捉えることが出来ます。 <場所> 髪の生え際で首の中心の外側にある太い筋肉の外側にあります。 <押し方> 頭を鷲掴みでそのまま親指でグリグリ押して下さい。 2-3. 筋肉を緩ませることから肩こりや寝違いなどによる痛みを取ることが得意なつぼです。 痛みを取るのに便利なつぼですが、押したら痛いつぼなので数百あるつぼの中でも正確に捉えやすいつぼです。 つぼに痛みやこりが現れるのは、それに対応している体の部位の不調のサインと考えられています。 しかし、それとは関係なく、神経の集まり具合によって痛みを感じやすいつぼがあり、手三里はその代表的なつぼになります。 強い肩こりの場合には、特に痛むため、肩こりの酷さを図るバロメーターとして機能します。 <場所> 肘を曲げた時に出来るしわから手首に向かって指 3本分いったところにあります。 <押し方> 写真のように、腕を掴むようにして、そのまま親指で垂直に押してください。 押す力は他のつぼより弱めにしましょう。 つぼの探し方や押し方のコツ 3-1. つぼは何か他と違うと感じられるところにある ちょっとくぼんでいる、硬いといった質感や押すとじんわり痛みが拡がる、他の部分に刺激が伝わる感覚がするといったサインがある場所がつぼです。 正確なつぼの位置でないと効果がないわけではありませんので「ここかな?」と思った箇所で大丈夫です。 つぼは通称、『圧痛点』とも呼ばれますが、これは圧迫している間は痛いけれど、力を抜くと痛みが消えるから。 こうした特徴もつぼ探しに役立ちます。 3-2. 押す強さは痛いと感じる手前がベスト 力を強く入れすぎないようにしてください。 つぼを痛いほど強く押し過ぎると組織が壊れて炎症を引き起こす可能性があります。 つぼを押すときは痛みを感じる程の力は入れず、痛いけれど気持ちがいいと感じるくらいの力で行うようにしましょう。 そして痛みの感じ方は周辺の筋肉にどの程度守られているかにも因ります。 手三里は首や肩といった分厚い筋肉上にある肩井や天柱に比べ、筋肉が薄い場所にあります。 そのため手三里を押す力は弱める必要があります。 3-3. 押す時間は 15秒、強さではなく回数で調整 つぼ押しはどの部位においても、 一度に長時間行わないようにしてください。 あまり長時間行うと、揉み返しがくる恐れがあります。 揉み返しはつぼの刺激によって血圧が下がり、体がだるくなる体調不良のことです。 ちなみに編集部でおすすめしているセルフケアの強度・頻度については、 2-2で記載した痛気持ち良く感じられる範囲で、 1日 1回、数秒間の 10セットです。 つぼ押しはすればするほど良いというものではありません。 1日に多くとも 3回程度、つぼから指を離さずにぐりぐりと押す場合も 1回多くても 15秒以内を限界の目途にしましょう。 またつぼ押しのタイミングは 肩こりが気になる時で大丈夫です。 つぼ押しの注意事項 つぼ押しで肩こりが悪化するということはありませんが、 つぼ押しを絶対に控えるべきというケースがあるので紹介します。 4-1. 妊娠中は NG つぼ押しといえども刺激が多少はあり、プロのマッサージ師にやってもらうではなく、セルフの場合はデリケートな体に試すべきではありません。 また、セルフでやる場合、子宮口を広げるつぼとも呼ばれている肩井は何が何でも NGです。 4-2. 飲酒当日は NG 肩井のようにつぼの中には血行が良くなるものがあります。 血行が良くなっている体は同時に、アルコールも回ってしまいやすくなっているため、酔いが回りきると気分が悪くなってしまいます。 4-3. 食後60分以内は NG つぼ押しで血や気の流れがスムーズになっていると本来胃が消化のために必要とする血液が患部に回ってしまい消化不良を起こす可能があります。 4-4. つぼ の位置に怪我がある場合は NG 単純に痛いばかりか、怪我を悪化させるかもしれないのでやめておきましょう。 3-3でも記載したとおり、つぼ押しはすればするほど良いというものではありません。 なので、怪我が完治した別の日にチャレンジするようにしましょう。 肩こり解消のために日ごろから気をつけておくと良いこと 5-1. 運動不足は万病の元 筋肉は動かさずにいると筋肉量が減り、衰えていきます。 そのことで肩の筋肉にかかる負荷が増え、肩こりを起こしやすい体になってしまいます。 基本的に無意識に全身を動かしている運動をぜひ行いましょう。 最も効果的な運動は全身を使い、肩周りの筋肉が特に鍛えられる水泳がオススメです。 5-2. 根本原因は普段の姿勢かもしれない 猫背の人は首が前に出るため、肩から背中の筋肉が常に余計な働きを強いられてしまい肩こりがおきます。 また、デスクワークなどの長時間のパソコンの操作は、下を向いた姿勢で行うため重い頭を支える肩の筋肉の負担が増して、肩こりになります。 普段の私生活の姿勢についても背筋を伸ばすように気をつけましょう。 まとめ 肩こりに効く以下の3つのつぼを紹介しました。

次の

【三大こり】を解消!肩こり、背中のこり、首こりに効くツボ

肩こり 解消 ツボ

つぼの知識がまったくなくても、つぼを押すと気持ちいいということは知っている方も多いと思います。 ここでは、効果的につぼ(ツボ)押しをするための注意とコツなど、基本的なところを紹介していきます。 肩こりの症状があるときはもちろん、日頃の健康維持や体質改善にも、 つぼ(ツボ)押しを役立ててみましょう。 つぼ(ツボ)押しの効果と注意点 つぼ(ツボ)押しとは? 東洋医学では、人間の体に流れる「気」(エネルギー)が循環するルートを「経絡(けいらく)」と呼びます。 経絡は体中にくまなく分布し、人体の各臓器に対応しています。 内臓に病気が発生すると、その臓器に関係する経絡にも異常がおこります。 その中で特に反応の強いところが 「経穴(けいけつ)」、いわゆる 「つぼ(ツボ)」なのです。 つぼ(ツボ)は、「気」の交換がもっとも盛んな箇所で、神経や血管が多く集まっています。 つぼ ツボ を刺激することで、気のバランスを調整することができ、血行が促進されて新陳代謝が高まり、体の不調は緩和・改善されていきます。 不調のある症状に対して、効果のあるつぼ(ツボ)は、複数あります。 つぼ(ツボ)押しの注意点 1ヶ所のつぼ(ツボ)押しは、 3~6秒くらいがベストです。 同じつぼを1分以上刺激するのはやめましょう。 特に首や頭部へのつぼ(ツボ)押しは、やりすぎないようにした方がいいようです。 また、お年寄りは骨が弱くなっていますので、力を入れすぎたつぼ(ツボ)押しは厳禁です。 服装は ゆったりした衣服を着用して、 体を締め付けるものは外してから、 つぼ ツボ 押しをしましょう。 つぼ(ツボ)押しに不安を感じたら、国家資格を持った専門家に相談するといいでしょう。 注意!こんなとき、つぼ(ツボ)押しはやめましょう• 押す箇所に、熱があったり、炎症がある場合• 押す箇所に、傷ややけどがあるとき• 妊婦さんの腹部や腰部、仙骨部へのつぼ押しは絶対に厳禁• 熱がある場合• 飲酒後• 入浴中・入浴直後 一人で押すときの注意 強く押しすぎないこと、やりすぎないことが大事です。 自分で行なうと、気持ちがいいのでつい何度も何度もやってしまいがちですが、 やりすぎは禁物です。 気持ちを落ち着けてゆっくりと正確にやりましょう。 二人で押すときの注意 つぼ ツボ 押しを受ける人の体勢として、背部をつぼ(ツボ)押しされるときはうつ伏せです。 このとき、胸にクッションを当て、額には枕などを当てておくといいでしょう。 つぼ(ツボ)押しする人は、馬乗りにならずに、横に位置して指圧しましょう。 体重をかけすぎて押してしまうと、肋骨を損傷してしまう可能性もあります。 相手をいたわるように、注意して押しましょう。 つぼ(ツボ)の探し方 体の表面をなでたり触ったりしてみると、 「わずかにへこんでいる」「痛みを感じる」「気持ちよく感じる」というポイントがあるはずです。 そこが つぼ(ツボ)です。 または、「こり」「シコリ」「冷え」などを感じる部分があるかもしれません。 その部分もつぼ ツボ です。 つぼ(ツボ)の位置は、体格によって差があり、同じ人でも体調によって移動する場合もあるようです。 図などで示されている つぼ(ツボ)の位置を参考にして、つぼ(ツボ)周辺を自分の手や指を使って探していきましょう。 つぼ(ツボ)はここにある!• わずかにへこんでいる• 痛みを感じる• 気持ちよく感じる• こりやしこり、冷えを感じる つぼ(ツボ)押しをマスターしよう つぼ(ツボ)を押すときの手の形は、押す場所によって異なりますが、基本は 「親指の腹」です。 他にも、人差し指、中指、手根部なども使います。 つぼ(ツボ)の押し方 押すときは、リラックスしてゆったりとした呼吸を意識して行ないます。 「息を吐きながら」つぼを押し、「息を吸いながら」力を抜く、というリズムで行なうと良いでしょう。 「1、2、3、4」で息を吐きながら押し、「5、6、7、8」で息を吸いながら力を抜きます。 これを 1ヶ所につき5~10回繰り返します。 押すときのイメージとしては、「ジワ~ッ」と「押し込める」ような感じがいいようです。 腕や指先の力ではなく、「体全体の重みを伝える」感じで、痛みの加減をみながら押していきます。 力加減は、指で押してみて「痛いけど気持ちがいい」と感じるくらいの強さが最適です。 あまり強く押しすぎないように注意しましょう。 押し方のコツ• リラックスして呼吸を意識する• 「息をはきながら」つぼを押し、「息を吸いながら」力を抜く• 1ヶ所につき5~10回繰り返す• 腕や指先の力ではなく、「体全体の重みを伝える」ように つぼ ツボ は2つずつ押す つぼ ツボ は、体の正中線上にあるつぼ ツボ を除いては、必ず左右対称に2つずつ存在します。 両方のつぼ ツボ を均等に刺激しましょう。 もみ返しに注意 つぼ(ツボ)押しは、長時間、同じ場所ばかりを押しすぎたり、強く刺激しすぎると、筋肉が炎症をおこして、逆に症状を悪化させてしまうことがあります。 注意して行ないましょう。 肩こりに関連するつぼ(ツボ) 肩こりに効果の高いつぼ(ツボ)の代表を紹介します。 わずかな時間で構いませんので、日々の空き時間を利用してつぼ(ツボ)押しを続けていくと、 血液の流れや気の流れが改善されて、 肩こり解消につながっていくようです。 行なう前に、先に紹介した「つぼ(ツボ)押しの注意点」をよく読みましょう。 合谷(ごうこく) 特に頭痛、肩こり、歯痛、眼の疲れによく効きます。 手の甲側で、人差し指と親指の間、人差し指と親指の骨が合わさる付け根にあります。 風池(ふうち) 頭痛や鼻づまり、耳鳴り、首の痛みに効きます。 後頭部の髪の生え際のくぼみ。 耳の後ろにある、先のとがった骨(乳様突起)の後方のくぼみにあります。 天柱(てんちゅう) 頭痛や肩こり、首の痛みによく効きます。 後頭部、髪の生え際にある太い2本の筋(僧帽筋)の外側にあります。 肩井(けんせい) 肩こりによく効きます。 また、肩こりからくる頭痛や眼の疲れにも効きます。 肩のほぼ中央。 肩先の中心点と首の付け根の真ん中を結んだところ。 乳頭をまっすぐ上に肩上部まで辿ったところです。 臑兪(じゅゆ) 五十肩(四十肩)に効きます。 肩甲骨外端の少し下のくぼみにあります。 後谿(こうけい) 肩の痛みや肩こりに効きます。 手を握ったときに小指側にできるシワの先端にあります。 曲池(きょくち) 肩こり・目の疲れ・肘の痛みに効きます。 肘を曲げたときにできるシワの外側にあります。 手三里(てさんり) 肩こりに効きます。 肘を曲げたときにできるシワから手首に向かって指幅3本分の位置にあります。 外関(がいかん) 肩こりに効きます。 手首の外側。 手首の横ジワ中央から肘に向かって指幅3本分の位置にあります。 頸頂点(けいちょうてん) 肩こり・首のこりに効きます。 人差し指と中指の付け根の間にあります。 「足つぼ(ツボ)」で肩こり解消 足つぼ(ツボ)は、一人でも簡単に押すことができてトライしやすい健康維持法です。 まずは手の親指を使って足裏全体をもみほぐし、足の裏からひざの上までゆっくりとマッサージしてから、 肩こり・頭痛・首痛、目の疲れ解消などの足つぼ(ツボ)を中心に行いましょう。 足つぼ ツボ 刺激は、1日に15分から30分が目安といわれています。 効果があがるように、体温と同じ温度の水分を適度に摂り、体の代謝を良くしていきましょう。 また、足裏を刺激すると血液循環がよくなり、足がポカポカしてきます。 その足を冷やしてしまうと効果は半減してしまいますので、終わった後は保温に気を配るとよいでしょう。 こんなときは、足つぼ(ツボ)押しは控えましょう• 骨折中• 大病にかかっている時• 妊娠中• 脳卒中、脳梗塞の直後• 食後30分間• 酔っている時 足つぼ(ツボ)の基本 足のつぼ ツボ とそれに対応する臓器は、原則として同じ側にあります。 (たとえば、左胸にある心臓のツボは左足に一つだけ。 肺は左右両方にあるので、両足にそれぞれツボがあります) 左側にあるものは左足に、右側にあるものは右足に、と覚えましょう。 ただし、耳と目だけは例外です。 耳や目に効くつぼ ツボ は、左右逆になっています。 耳と目の不調を解消したいときは、反対側の足のつぼ ツボ を押す、と覚えましょう。 頭全体に効果的な足つぼ(ツボ) 親指は頭につながっています。 この親指部分を刺激すると、脳内の血行を促し、首のこりをほぐしていきます。 親指全体をしっかりもみましょう。 肩に効果的な足つぼ(ツボ) 足の人差し指の付け根の下から小指の方向に、首から肩に効くツボが並んでいます。 この部分をよくもんで、 首だけではなく肩にも刺激を与えましょう。 人差し指の方から小指側へ向かって、よく押しもんでいきます。 首(くび)に効果的な足つぼ(ツボ) 足の親指の付け根の部分には、首の骨である頸椎のツボがあります。 この部分を刺激して血行を促し、首の疲れを取りましょう。 四十肩・五十肩に効果的な足つぼ(ツボ) 四十肩・五十肩に効果のある足つぼ ツボ は、四十肩・五十肩点です。 また、肩のゾーンもしっかり刺激すると、血流が促されて症状が軽くなります。 右肩が悪いときには右足を、左肩が悪いときには左足を刺激します。 両目に効果的な足つぼ(ツボ) 目の疲労から来る肩こりには、この 足つぼ(ツボ)がおすすめです。 目のつぼ ツボ は、人差し指と中指の付け根の部分にあります。 左右逆に対応しているので、右目が悪ければ左足を、左目ならば右足を押すようにしましょう。

次の