コミックシーモア renta 比較。 【最新2020年】読み放題サブスクを本気で比較してみた

コミックシーモアとRentaを比較!BL見るならどっちがおすすめ?

コミックシーモア renta 比較

通常価格で購入するより安い• 借りに行ったり返しに行かなくて良い• 延長料金を取られる心配がない• レンタルしたらすぐに読むことができる• これは紙の本と同じですね。 1冊買うと普通は500円する漫画を100円で読むことができるといった感じです。 例えば、漫画のレンタルで有名な「」のレンタル価格と通常価格を見てみましょう。 レンタルだと500円も安く読めちゃいますね。 延滞料を払ったせいで結局レンタルしたら割高になってしまった… このようなことが無いところは電子書籍レンタルの大きなメリットです。 人気の漫画とかはレンタル中で借りることができないことがよくありますよね。 ネットで借りた場合も届くまでに時間がかかります。 ダウンロードの時間を入れても待ち時間は数分程度です。 一度使うと紙のレンタルには正直戻れなくなります。 在庫切れなし&すぐに読めるというのは大きすぎるメリットです。 つまり 差額を払うことでレンタルした本を通常価格で買い取ることができます。 追加料金は発生しますが、レンタルで読んで面白いかどうかを判断してから1冊の料金を支払うので出費を最小限に抑えることができますね。 例えばこの漫画だと、レンタル料が100円で通常価格が600円なので差額の500円を支払えばレンタルから無期限レンタルにアップデートできます。 紙の漫画のレンタルだと借りて読んで気に入ったらレンタルとは別に漫画を買わないといけません。 この場合、「レンタル料+通常価格」を払う必要があるので電子書籍レンタルはかなりお得ですね。 ストア名 レンタル料金 レンタル期間 レンタル作品数 購入を含めた品揃え(全タイトル) 利用するメリット デメリット Renta! ポイントをまとめて購入するとボーナスポイントがもらえる• 利用金額で会員ランクが上がりポイント還元率が高くなる• ポイントをまとめて購入するとボーナスポイントがもらえる• Renta! よりレンタルできる作品数が少ない レンタル料金はほぼ同じです。 レンタルできる作品数は「Renta! 」の方が多いですが、レンタルと購入できる作品を合わせるとコミックシーモアの方が多くなります。 また、レンタルできる時間は「コミックシーモア」の方が1日(24時間)長いです。 レンタルメインで利用するなら「Renta! 」、購入メインでレンタルもしたいなら「コミックシーモア」を利用するのが良いでしょう。 Renta! 3以降に対応しています。

次の

Renta!

コミックシーモア renta 比較

電子書籍はどこが一番お得か調べてみた Renta! を使ってる人が一番多いかもしれませんね。 自分も ペーパーがつくとなったら多少高くても(というか定価でも)ペーパー付きを買うかなあ。 体感的に、BL電子ユーザーの 6割はRenta使ってると思います。 他の電子書店では真っ白です。 これは でかいですよ。 しかし、同じ竹書房のmomentはRentaでも 真っ白消しなんです。 その辺、 意味わからないですね・・・。 来店スタンプ等がある 100ポイントで100円と、 地道すぎるのもいいとこなんですが、 スタンプ獲得にこういったバリエーションがあるので、貯まる人はかなり早く100個までいくことができるのかも!? オートチャージがお得 残高がなくなったら、自動的に 2000ポイント(2,160円)チャージしてくれるシステムです。 2,000ポイント以外のコース(?)はありません。 オートチャージは クレジットカードのみなので、クレジットカード自体のポイント(楽天カードだったら1%とか)もつきますね。 48時間レンタル等がある 700円の本を、 (う~んちょっとなあ・・・)と迷ってるとき、試し読み感覚で 48時間432円でレンタルできたりします。 600円の本は 48時間300円など、いろいろバリエーションあり。 48時間で400円はちょっと高いですが、 「無期限アップグレード対象」のものは、レンタル中に限り、 差額のみで 無期限にアップデートできます。 これはもうウザいくらい年中推してて、 でも クーポン使用期限:会員登録月の末日、1冊限りなので注意。 月初めに登録したほうがお得。 10冊くらいまとめて半額で買おうとしても無理なんですね。。 だからそんなに自信満々に売り出すことじゃないんじゃないかっていう。。 あなただけっていうのがツボみたいです。 みんなに言ってんだろって感じですが。 先行配信はRentaと同じくらい 大体、 Rentaの先行配信と シーモアの先行配信は同じくらいかな、と思います。 ただ、BLの先行配信っていうと主に竹書房のコミックスなんだけど、Rentaの項目でも言いましたが、 Qpa・uno・BambooはRentaのほうがくっきり修正なので、Rentaのほうがおすすめ たまにコミックシーモア特典付き あんまりないけど、たまに コミックシーモア特典付きがあります。 48時間レンタルあり シーモアもRentaと同様、 48時間~72時間レンタルあります。 こちらも、差額を払ったら 無期限にアップグレード可能です。 Rentaは 48時間だけど、シーモアは 72時間(2泊3日)がデフォルトで、 ちょっと得っぽい。 レンタルできる種類もそれなりに多いです。 月額登録のほうがお得 シーモアに限っては、その場1回きりでカード決済で買うより、 月額でにして買ったほうがポイント還元がすごいのでお得です。 BL1冊電子だから 650円くらいとして、毎月5冊くらいは買うからそれで 3,250円ですよね。 で、 3,240円が3,690円になるので、 毎月電子で新刊を買う人はこっちにしたほうがいいですよ。 自分は月額って言葉が嫌いなんですけど、冷静に考えると買い切りでも月額でも一緒 毎月最低これだけは買うなって冊数が決まってるのなら。 5,000円台に突するとちょっと 心理的に高いってなるけど自分に置き換えると雑誌も含めそれくらいは買ってる(紙で) 読み放題は得に見えるがおすすめしない ライトにはBLはなく、 フルのみです。 ピアスの作品・arcaの作品が多いかな。 ピアスの R-18版も読めるのはいいかも。 1,500円で毎月の新刊も読み放題最高!とは ならないので注意してください。 一時期、 修正が薄い率にわりと定評があったeBook、、修正的には 穴場的だったeBook、、 最近は時代の煽り(?)をうけて厳しくなり、うまみが減ってきました。。 基本 2%ですが、 Yahooプレミアム会員だと還元率が上がります! Y! mobile・Softbankを使ってる方はプレミアム会員にならないと損! Rentaより、シーモアより配信遅めです。 たまにeBook限定特典がつく ものすごく極稀に eBookjapan限定特典が付きます。 知ってました?これ稀すぎて知ってるほうがすごいレベル。 ひかりTVは、 名前からしてダメだと思うんだよな・・・ もっと何かあったんじゃ・・・ ダサ感が漂うというか いや、テレビでしょっていう・・・ しかし意外にも BLにはすごく力を入れている 全て実質半額 BL作品結構50倍 新刊も50倍 50倍=半額で買える(半額分ポイントがつく)ってことです。 もう、2年くらいずっとこの 50倍やってます。 ほぼ半額。 ひかりは、 知名度がない=ユーザーがまだ少ないから今こうやってすげー頑張ってるんじゃないかと思います。 相当な 穴場だと思ってます。 個人的に応援してます。 これが始まるときは、メイトでリアル買い物したらよくクーポンをもらったものです。 アニメイトもしょっちゅうクーポンが来る。 というかありがたいことに 再送祭り。 残念です。 でも、アニメイトカードが同じように使えるのはでかいです。 そして アニメイト特典ペーパーが 電子でもつきます!!! これはでかい!! オリジナル特典+クーポン大量となれば Rentaに対抗できるんじゃ!? 店舗限定特典を電子配信でもつけてくれるのは本当にありがたいね~。 しかしメイトは 修正はイマイチかもしれないです。 よく見ると特典は 期間限定なのでこれもアンテナ張ってチェックするクセをつけたほうがいいですね。 (期間内に買って特典コードを入力しとけば永久に見れる) なんで期間限定なんだろう・・・ずっとつけといてくれたらいいのにな。。 期間中に購入したものの半額分のポイントが戻ってくるなどのキャンペーンをたまにやっているようです。 大体 15~20倍。 でもこれほんとに20倍ついてんのかなあ・・・って思うときがあって 自分があんまり電子で買い物しないのもあるけど、付与されるまでに タイムラグがあるから忘れ気味なんだよな。 なぜだか知らないけど 216円の商品に200円がクーポンが使える奇跡も稀にあります。 アクセスするたびに 15%OFFクーポンプレゼント!みたいなポップが出てくるし(クリックでもらえる)、 BLのキャンペーンもそこそこやってます。 楽天は更に 楽天カード+アプリとかなんか色々あるので 倍々がすごいです。 でもありすぎてよくわかりません。 金銭的に考えるとKoboはなかなか助かるかな。 ただ、 修正が楕円修正で酷い、配信が遅いなどのデメリットがある。 ふゅーじょんやピアスの作品は全然Koboで配信されないしね。 セールのときいつも盛り上がりますよね。 BL作品@@%OFF!とかじゃなくて、 KADOKAWAのセール・竹書房セールとかって感じかな?出版社ごとの。 ただ、修正がKoboと同様 とっても残念です。 極稀に 1円セールをやっていることもあるようです。 もはや金を取る意味。 遭遇したら伝説のポケモンに遭遇するくらいラッキーです。 オススメ! これが 一番大事!漫画ほど 塵も積もればなものもないでしょう。 公式サイトから 「ポイントを貯める」を踏んで買い物すると還元されます。 パソコンでもモバイルでも一緒。 Renta 6% Kobo 0. 5%のときもあったので、改悪っす。。 楽天ブックス(紙) 1. 5% シーモア 5% eBook 初回160ポイント(160円)、 2回目以降 2. 4% BookLive! 8% ひかりTV 6% honto 初回購入300ポイント(300円)、リピーター 3%今は 1. 8% こうやって初回登録でいくらかもらえるサイトがあるからいろんなとこで買う現象が起きるんだよなあ・・・ どうでもいいけど、 青汁とかタダで飲めます。 現金化可能(手数料無料) Amazonギフト券、楽天ポイント、楽天Edy、現金、種類がとても豊富です。 自分はこれまで何度も現金化しています。 Amazonギフト券の換金率が一番お得かな。 デメリットは 忘れた頃にポイント付与されるってことかなあ。 入金確認後45日が多いかな。 ハピタスは、 100ポイント=100円だけど、他のポイントサイト、 GetMoney、モッピー、げん玉などは 1,000ポイント=100円 なので他のポイントサイトも手出す人は注意してください。 「えっ10,000ポイント!?10,000円!?やったー!!!」って爆死したので お得1位は (新作もポイント50倍+ハピタス6%) 料金だけで見れば、圧倒的にひかりTV。 真面目に。 ここまで書いてあれだけど、新刊の配信速度は 出版社によります。 gateau(一迅社)とかは、 全電子会社一斉配信だと思います。 情報求む!.

次の

【電子書籍をレンタル】Renta!の料金やポイントとは?実際に使った感想!

コミックシーモア renta 比較

コミックシーモアは国内最大級の漫画・電子書籍ストア。 人気のコミックから小説・ラノベまで充実の品揃えで新刊も続々入荷。 豊富な無料立読みに加え1巻まるごと無料のマンガも多数でSALEも毎日実施しています。 さて、そんなコミックシーモア。 エンタメ系のサイトを運営している方、ライフスタイル系のブログを運営している方は、コミックシーモアと提携しようと思われたことがあるのではないでしょうか? コミックシーモアを使って使い心地やよかった点をレビューして最後にアフィリエイトリンクを挿入する、いわゆるレビューアフィリエイトの王道を実践できると思います。 もちろん、他の同様のサービスと比較する記事を書くのも面白いと思います。 コミックシーモアのアフィリエイト提携は、バリューコマースで可能です。 バリューコマースの登録は以下のリンクより申込できますので、登録後コミックシーモアと提携していってください。 Amazon、楽天、Yahoo! ショッピングと提携できる バリューコマースは3大モール、具体的にはAmazon、Yahoo! ショッピング、楽天とアフィリエイト提携できるので商品を紹介するのに最適です。 それは、例えば気に入った商品の記事を書いて「ご購入はこちら」のリンクを置くときに、「Amazonでのご購入はこちら」「Yahoo! ショッピングでのご購入はこちら」「楽天でのご購入はこちら」と3つのリンクを置くことができるから。 読者に購入先を選んでもらうことができます。 これが例えばAmazonしかリンク先がなかった場合、「私Yahoo! ショッピングでTポイント集めているからそっちで買おう! 」といってサイトを離脱してしまう人が出てしまいます。 その結果、せっかく自分の記事で買う気になってもらえたのに自分の成果にならなくなってしまうことも。 そんなことを防げるのがバリューコマースのいいところだと思います。 大手企業と提携できる バリューコマースは大手企業とアフィリエイト提携できます。 大手企業の商品はすでにある程度の認知があるため買われやすいためアフィリエイトを始めたばかりの方でも相対的に成果が出やすくスムーズにアフィリエイト生活をスタートさせることができます。 これがマイナーなブランドしか紹介できない場合には、消費者に「ここの会社は信頼のできる会社で、さらにこの商品はこういうところが良くて・・・」と説明しなければなりません。 購入までの道のりの違いをなんとなくご理解いただけると思います。 バリューコマースは上記でご紹介した3大モールに加えて「au」「docomo」「softbank」などの通信キャリアや「AMEX」「JCB」「三井住友カード」などのクレジットカード会社、「Lenovo」「NEC」などのパソコンメーカーなど、大手企業が広告主と名を連ねており扱いやすい商材をピックアップすることができます。 これからアフィリエイトを始めようという方や現在アフィリエイターのみなさまも、バリューコマースのアフィリエイトに登録してみてはいかがでしょうか? バリューコマースのアフィリエイトバナーの設置方法 バリューコマースでアフィリエイト提携した後のバナーの設置方法をこちらでご紹介します。 どの広告主でもアフィリエイトバナーの設置方法は同じになりますが、ここでは無印良品のアフィリエイトを例にとって説明します。 アフィリエイト画面で「広告素材を選ぶ」に進む バリューコマースのアフィリエイト管理画面で広告主画面に進み「広告素材を選ぶ」を押します。 設置したいバナーを選ぶ たくさんあるバナーの中で設置したいバナーを選び「広告作成」を押します。 リンクが表示される アフィリエイト用のリンクが表示されますのでそれをコピーしてバナーを表示したい場所に貼り付ければ完了です。 アフィリエイトリンクを個別商品に作る方法 バリューコマースにはMyLinkという仕組みがあり、広告主が用意したバナー以外にも個別のページへのリンクを設定できます(対応している広告主のみ)。 設定は以下のステップで行うことができます。 ここでも無印良品のアフィリエイトを例にとって説明します。 MyLink生成画面に進む バリューコマースのアフィリエイト管理画面で無印良品の広告主画面に進み左側の「MyLink」にチェックを入れ「再検索」を押します。 設定したいURLやリンクテキストを入力する リンクテキストと設定したいURLを入力してMyLinkコードを取得を押します。 アフィリエイトリンクが表示される アフィリエイト用のリンクが表示されますのでそれをコピーしてバナーを表示したい場所に貼り付ければ完了です。 モールに対応した個別商品のリンクを作る方法 物品紹介アフィリエイトで悩むのがどこのアフィリエイトリンクを貼るか。 当然料率の高いところを貼りたいのですが、人によっていつも使っているショッピングサイトは異なるので一つに決めきってしまうと機会損失につながりかねません。 バリューコマースでは、MyLinkBoxという機能があり、複数リンクが貼れるので、取りこぼしを少なくすることができます。 パーツの名前を決める 新規作成の画面に進んだら、まずはじめに今回作成するMyLinkBoxのパーツ名を決めます。 これはユーザーに表示されるものではなく管理用のものなので、何を訴求したMyLinkBoxなのかがわかるのが望ましいと思います。 カテゴリーを決める カテゴリーは「モール」や「国内旅行」「電子書籍」などのカテゴリーを選ぶところ。 今回の例は物品紹介なので「モール」を選択しています。 検索キーワードを決める ここでは、それぞれのショッピングサイトの検索画面で検索するキーワードを設定します。 ここで設定したキーワードの検索結果画面がリンクボタンを押した後のリンク先になります。 タイトルを決める 商品のタイトルを決めます。 このタイトルはMyLinkBoxの商品名表示にあたる部分なので、シンプルに記載して行きます。 画像の表示の有無を選択する 今回作成する広告パーツに画像を加えるかを選びます。 画像のURLを設定する ここで表示したい画像のURLを設定します。 例えばヤフーショッピングの商品説明ページに掲載のある画像だったり、アマゾンの商品説明ページにある画像だったりです。 自分の好みの画像を見つけたらそれを設定しに行きます。 リンクを設定する広告主を選ぶ リンクを設定する広告主を選びます。 右側にあるのが現在の設定で表示されるリンクの広告主。 ここから削除したり、並び替えをすることができます。 また、現在未提携であれば、左の広告主リストのように末尾に「(未提携)」と表示されます。 もしこれらの未提携の広告主のリンクも貼りたいようであれば、提携申請をします。 プレビューを確認する これまでの流れを完了するとプレビューでどのように表示されるかを確認することができます。 ここで確認して問題がなければ「MyLinkBox作成」を押します。 広告コードを貼る MyLinkBoxを作成を押すと、上の画面になります。 ここで上のコードをheadタグ内に挿入し、下のタグを表示したい場所に挿入します。 上のタグは一回一律で入れてしまえば後は挿入する必要ありません。 これで好きな場所にMyLinkBoxを表示することができます。 最後に いかがでしたでしょうか?ここではアフィリエイトのASPをご紹介してきました。 バリューコマースは私自身お付き合いしていく中で非常に丁寧なASPだと感じています。 今バリューコマースにアカウントがない方はこの機会に利用し始めてみてはいかがでしょうか? この記事が参考になれば幸いです。

次の