郵便局 発送 営業時間。 ゆうゆう窓口とは?窓口でできることや営業時間を解説!

郵便局の営業時間【くわしく】平日や土日曜祝・窓口ゆうちょは?

郵便局 発送 営業時間

郵便局の営業時間について解説します。 郵便局の営業時間は、郵便局の大きさや地域によって違います。 全国で一律の営業時間ではないんですね。 郵便局の数で多いのが、住宅地や家の近所にあるような小さめな郵便局です。 こちらは ・郵便窓口 平日9時~17時 土日祝日は休み ・貯金窓口 平日9時~16時 土日祝日は休み という営業時間の郵便局が多いです。 後述しますが、エリアの中心地にある大きい郵便局であれば、 ・平日も17時以降の夜も営業、土日も営業 の郵便局もあります。 また店舗の大きさに関係なく共通しているのが ・貯金窓口は土日祝日は休み です。 手紙や荷物を出すような「郵便業務」であれば、土日も対応している局もありますが、貯金窓口は土日は休みです。 東京の芝郵便局のように、一部の地域で貯金窓口が平日18時までやっている局もあります。 でもお金を引き出すATMは土日祝日もやっている局は多いですね。 また一部の地域では、営業時間が午前8時からスタートだったり、15時で閉まってしまう局もあったりします。 正確に知りたい場合は営業時間を事前に調べてから行った方がいいでしょう。 逆にいえばほぼ多くの郵便局が ・平日 9時~16時の間 に行けば、やっているともいえます。 スポンサーリンク 郵便局の営業時間は大きく3パターンある 日本全国の郵便局で、局によって営業時間に長い・短いで差があります。 局によって8時~16時まで、9時~17時まで、9時~21時までと差がありますがほぼどの郵便局もやっている時間は平日の9時~16時となります。 営業時間のパターンが長い・短いでいくつかパターンがあります。 住宅地やスーパーの近くにある普通サイズの郵便局ですね。 1番多い種類です。 地区ごとにある普通の大きさの郵便局といったところでしょう。 パターン2 地域にある大きめの郵便局:ゆうゆう窓口があって営業時間も長い この種類は地域で中心になる郵便局ですから、数もそんなに多くありません。 お住まいのエリアで、地域の中心地や駅の近くなど人の往来が多いエリアに設けられた大きい郵便局の営業時間は長いです。 例えば東京都新宿区でオフィス街にある新宿郵便局、こちらは営業時間が長いです。 郵便の受付はゆうゆう窓口で、24時間、貯金の窓口も平日18時までやっています。 どうやって探すかは1つは ・ゆうゆう窓口の扱いがある郵便局 で探す ・支店(地域の拠点となる郵便局) 支店の一覧 で検索をかけてみる、と営業時間の長い郵便局が早く見つけられます。 ゆうゆう窓口では、昔は24時間で郵便の受付をやっていた局も多かったのですが、今は数が少なくなりました。 平日の夜や、土日の日中の受付のゆうゆう窓口がある郵便局が増えました。 例 パターン3 簡易郵便局:パターン2より少し営業時間が短い 平日のみ営業、郵便・貯金窓口とも9時~16時まで スポンサーリンク 郵便局は全国共通の営業時間でなく、個々の郵便局で営業時間が少しちがう コンビニのセブンイレブンやファミリーマートなら24時間営業 銀行なら朝の9時から昼の15時までとほぼ全国共通で営業時間が一緒ですが郵便局はちょっと違います。 例えば東京の中心都市の渋谷にある渋谷郵便局、ここの郵便局は何度か利用したことがありますがすごく大きい局です。 利用者も年末年始とかは半端なく多いです。 利用者も多いので営業時間も全国有数の長さです。 澁谷郵便局については、平日だと郵便系は9時~21時、ゆうゆう窓口まで含めれば24時間営業 貯金窓口は18時までと他より長く、ATMもほぼ休みなく24時間営業でやってます。 同じ東京都で離島の八丈島の三根川向簡易郵便局は 郵便・貯金の業務とも平日9時~16時まで、土日祝日は休み、となります。 地域の規模を問うているのでなく、郵便局によってこのくらい営業時間が差があるのでもし心配なら調べてから行きましょう。 荷物や郵便を配達する手続きか、支払いや貯金でお金を取り扱う手続きかで営業時間が異なる まずは自分がどちらの手続きで郵便局に行きたいのかを考えないといけません。 手紙でも荷物でもモノを送る系は、郵便窓口・もしくはゆうゆう窓口、お金を預ける、支払う系は貯金窓口と考えましょう。 公共料金の支払いで郵便局に行こうと思って、見間違いをして、 郵便の営業時間が24時間と書いてあったから、 夜中の23時に行ってみたら支払いの窓口は閉まっていた、というのは避けねばなりませんね。 郵便局の営業時間の調べ方 日本郵政の公式サイトに全国の郵便局の営業時間の検索のページがありますからここを使って自分の住所の近くの郵便局の営業時間を調べましょう。 探し方はいくつかあってとても便利なサイトです。 地名や駅名から探す 引越しをしたばかりでまだ自宅近くの地理がよく分からないもしくは地名が分かっていて、てっとり早く探したいなら駅名や地名から検索してみるのもいいでしょう。 日本地図から探すのは手間がかかるので地名や駅名を検索窓に打ち込んでしまった方が少し早いです。 例えば最近、渋谷区の笹塚駅の近くに引越しをしたとします。 笹塚近くの郵便局を探したいなら『駅名・路線名などから探す』というコーナーにいき 検索ページの駅名欄に『笹塚』と打ち込むとサクッと出てきました。 笹塚駅近くの地図が出てきて、その周辺の郵便局が選べるようにページが出ますからそこから郵便局を探して、営業時間を調べます。 笹塚駅前郵便局が出てきたので、そこをクリックして店舗の詳細を見ると営業時間が書いてあります。 旅行で地方から浅草の雷門に来て、その近くからお土産をゆうパックで出したいなら地名のところに『雷門』と入力して検索すると、雷門付近の郵便局を探せます。 ゆうゆう窓口も一部の郵便局で深夜や早朝の営業をしてない所もあるので注意 夜中や早朝でも郵便や荷物の受付をしてくれるゆうゆう窓口ですが 深夜や早朝の営業に制限がある窓口もありますから、行く前に営業時間は要確認です。 夜中に郵便局に行ってみたが営業していなかった、とならないように注意しましょう。

次の

郵便局の営業時間は?平日・土曜日・休日の一覧

郵便局 発送 営業時間

貯金窓口• 保険窓口• 郵便窓口 です。 それぞれ別々の業務として考えてくださいね。 貯金と保険は一緒の窓口になっていることも多いです。 振り込みなどは貯金窓口の利用ですね。 郵便局 貯金窓口と保険窓口の時間 平日 9:00~16:00(一部 10:00~17:00 、9:00~18:00) 貯金も保険も16時までの郵便局がほとんどです。 郵便局が開いていても16時をすぎると窓口での振込などはできなくなります。 17時・18時までやってる窓口も数は少ないですがあります。 ただどうしても人が集まってしまうので待ち時間も長いです。 なので銀行でするようなこと(振込とか)は16時までと思っておくといいかと思います。 貯金と保険の窓口は土日祝日は営業してません。 郵便局 郵便窓口の時間 普通郵便物だけなら切手を貼ってポストに投函でもOKです。 でも簡易書留のオプションをつけたり、内容証明など重要な書類を贈る場合はどうしても窓口に行く必要がありますよね。 この郵便窓口は郵便局によって営業時間が違います。 郵便局は中央郵便局などの郵便物が集まる大きなところと、町の小さな郵便局があります。 大きい郵便局 9:00~19:00 小さめの郵便局 9:00~17:00(一部 10:00~18:00) 基本的には17時までで、大きい郵便局は遅くまでやってるということになります。 郵便物を出したり受け取ったりするのは郵便局が開いていれば可能です。 この営業時間内でなくても、大きい郵便局の郵便窓口に限っては時間外の「ゆうゆう窓口」というものがあります。 ゆうゆう窓口の時間 時間外の郵便窓口である「ゆうゆう窓口」は郵便局によって営業時間が違います。 20時までだったり、都市の中央郵便局は24時間営業で深夜もやっていたり、さまざまです。 ちなみに朝は8時から開く窓口も多いですよ。 やってるかやってないか微妙な時間に行くのであれば、行く予定の郵便局の営業時間を調べてからの方がいいかと思います。 スポンサーリンク 郵便局 土日の営業時間について 基本的に郵便局は平日のみの営業ですが土日休日もやっている大型郵便局もあります。 でも貯金と保険の窓口は完全に平日のみの営業なので、全ての郵便局において土日・祝日など休日はやっていません。 開いていても郵便窓口(もしくはゆうゆう窓口)です。 土日・祝日に郵便窓口が開いているのは大型の郵便局や、都心・繁華街にある郵便局です。 ただし内容証明は一部の郵便局では平日しか取り扱いが出来ないようです。 あらかじめ郵便局に確認しておく方がいいですね。 郵便局の営業時間 土曜日 9:00~15:00(一部 9:00~17:00、10:00~18:00など) ゆうゆう窓口については24時間営業もあれば8時から営業している郵便局もあります。 郵便局の窓口 日曜日 日曜日は郵便窓口もゆうゆう窓口も営業時間がバラバラです。 午前中で終わりの場所があるので注意しましょう。 郵便局は祝日休み? 郵便局は祝日は日曜日と同じ扱いになります。 つまり大型郵便局や繁華街ならやっているところは多く、町の小さめの郵便局はお休みです。 その他には集配している郵便局ならゆうゆう窓口がやっていることが多いです。 保険や貯金の窓口はやってませんがATMならやっていることが多いですよ。 スポンサーリンク 郵便局の窓口は何時から何時まで?のまとめ 貯金と保険の窓口は土日祝日はやってません。 でもATMで可能なことであれば窓口を待たなくても良いかもしれません。 払込や返済などはATMでも出来る場合がありますよ。 郵便窓口については大型郵便局を探せば、ゆうゆう窓口があったり24時間営業してたりします。 ゆうパックであればローソン、ミニストップ、セイコーマートのコンビニ(一部店舗を除く)で取扱いしているので大型郵便局を探さなくても差し出せます。 平日の昼以外にもできることはあるので、まずは行きやすい郵便局の時間をチェックしてみてくださいね。 ゆうゆう窓口がある郵便局を調べることもできますよ。

次の

郵便局の金曜日の営業時間と金曜日に発送投函した荷物の配達日

郵便局 発送 営業時間

月~日曜日0:00~24:00で営業をしていますが 地域の場所によって違うようですので調べておくと良いですね。 少しわかりにくいので、東京を事例に見方を書いておきますね。 東京で夜間窓口:ゆうゆう窓口「時間外窓口」を探す場合。 まずへ 以下画面が出ます。 ここで東京(赤四角部)を選択します。 すると以下画面になります。 昭島郵便局と荒川郵便局で見比べてみましょう! まづは昭島郵便局(赤四角部)をクリック! 以下画面になります。 この画面では夜間窓口:ゆうゆう窓口「時間外窓口」が分からず。。。 なので、郵便局の営業時間はこち(赤四角部)をクリック! すると以下画面になります。 ここで、ゆうゆう窓口赤枠部を確認します。 これで夜間の営業時間が分かります! 昭島郵便局の場合は24時間営業してないです。。 同じ要領で、今度は荒川郵便局を見てみましょう! 以下画面が荒川郵便局です。 ゆうゆう窓口赤枠部を確認すると24時間営業しているのが分かりますね! 郵便局の夜間窓口は速達や簡易書留をだせるの? 夜間はゆうゆう窓口で速達と簡易書留を出すことができます。 その他、ゆうゆう窓口で出せる郵便物。 ・販売 切手、はがき、収入印紙 ・郵便物 通常郵便物、速達郵便物差出、書留郵便局の差出し、書類郵便物差出し、電子郵便、国際郵便物 ・受取 保管郵便物、不在留置郵便物、本人限定受取郵便局 ・手続き 支店への申請、届出の受付、内容証明 ゆうゆう窓口では、間違ったハガキや切手と収入印紙の交換ができません。 郵便窓口は営業時間に利用して、閉店後にゆうゆう窓口で対応するということになります。 1箇所の郵便局に1窓口しかありません。 郵便局の最近の夜間窓口 日中お仕事をされている方は、郵便局に行きたくても行けない場合がありますね。 営業内に行くのが難しい時は、夜間になってしまいますね。 いつでも不安無く窓口が空いていれば助かるのですがそうも行きませんよね。 以前ゆうゆう窓口で24時間営業していたところも、現在は見直しがされているそうです。 夜間の窓口は、利用者が沢山来るわけではありません。 少ないところでは1~2人しか訪れないそうです。 24時間営業の見直しの理由は「コスト削減」です。 コンビニやスーパー、レストランなどいつでも空いていれば安心がありますが、利用者が少ないとなると人件費の負担だけがかかりますね。 そういったこともあり、24時間営業をしている所でも今後時間短縮の見直しがあるかもしれませんね。 以前はやっていたのに、行ってみるとやってない。。 なんてこともありそうですので、事前に郵便局HPの確認してみましょう! その他、郵便窓口とゆうゆう窓口の違い 窓口は別れていますが、業務内容はどう違うのでしょうか! 郵便窓口では、切手の交換、収入印紙の交換、レターパック、書き損じハガキの交換、郵便局限定のポスタルグッズの購入ができます。 ゆうゆう窓口では保管郵便局の受取、不在留置郵便物の受取、支店への申請と届出の受付ができます。 郵便局特集 まとめ 今回は『郵便局の夜間窓口は速達や簡易書留をだせるの?受付営業時間は何時まで』についてお届けしました。 まとめます。

次の