和田アキ子目が違う。 【比較画像】和田アキ子の顔変わった現在!目が違う理由は眼瞼下垂とシェーグレン症候群?

和田アキ子目の再手術後の現在は?眼瞼下垂失敗説や病院がどこか調査

和田アキ子目が違う

歌手和田アキ子(69)が13日、TBS系レギュラー番組「アッコにおまかせ!」(日曜午前11時45分)で、まぶたが垂れて視界が狭くなる眼瞼下垂(がんけんかすい)の修正手術を行うことを明らかにした。 昨年に眼瞼下垂の手術を受けている和田。 番組のラストで、翌週放送がプリンセス駅伝中継のため休みである告知の後に「私事ですが、このあと、眼瞼下垂の修正手術を受けることになりました」と報告。 「去年(手術を)やったんですけど、自分の目がイヤで、ずっと落ち込んでおりました。 本当に病気になりそうだったので、これを機会にもう1度、修正手術を違う病院で受けたいと思います。 再来週は、元気な笑顔でお送りしたいと思います」と神妙な表情で話し、最後は恒例の「アッコにおまかせ!」のピースサインで締めた。 昨年手術時は、12月2日に術後初めて同番組に生出演。 「まだ2週間たってないんでちょっといつもと違いますけど、心と体は元気、元気。 普通に頑張りたい」と話していた。 過去には黄斑変性症、白内障も経験している。 今月10日のイベントでは「黄斑変性症をやってから目薬は1日4回、差してます」と目をケアしていることを明かしていた。

次の

和田アキ子現在目が変わったし違う?眼瞼下垂手術失敗の噂を調べてみた!

和田アキ子目が違う

(C)まいじつ が11月14日、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)にゲスト出演した。 この日、目の手術をしたことを明かした和田だったが、視聴者は和田の顔面全体が気になったよう。 「以前と全く違う」との声が出るほどだった。 【関連】ほか この日の放送は、ネットニュースをもとに芸能人にまつわるウワサの真偽をゲストが告白する内容。 和田はや、らと共演した。 和田は「目を手術したのか」との問いに、まぶたが下がり視界が狭くなる「眼瞼下垂」の治療のため、昨年11月に手術したと明かした。 は当初、手術したことを知らなかったようで『アッコにおまかせ!』(TBS系)で手術後の和田を見た際、「ストリートファイトしたのかと思った」と独特な表現で和田の目を気にしたと明かした。 「眼瞼下垂」手術の詳細明かすも… 和田は手術後の経過は良好だったというが、体重の管理には困ったという。 「1日2食しか食べない」というが、手術後2週間は薬を飲む必要があり1日3食、食べざるを得なかったと明かし「目の腫れは収まっても、腹の腫れは収まらへん」と嘆き、周囲を笑わせた。 日本テレビの公式ツイッターでは和田の写真を交えながら番組を告知。 和田が右を見やりながら目を細めている姿が見える。 この日、目の手術を明かした和田だったが、視聴者は目だけでなく顔全体の変化が気になったよう。 《和田アキ子、久しぶりに見たら人相変わってる…。 目どうしたの…》 《和田アキ子が、目いじったと言うが、能面のような顔していた。 》 《久々に和田アキ子見たけど顔変わり過ぎ》 《和田アキ子さん、目じゃなくて顔の皮膚が何か違和感。。。 ご病気とかしてたっけ?》 《和田アキ子顔どないしたんや? 事故にでも遭ったんか?》 《整形や老化とも違い顔が以前と全く違うが。。 》 和田ももう69歳。 顔が変わってくるのも当然かもしれない。 あの疑惑の真実とは? ラグビー日本代表! 放送初日の大事件とは?

次の

【最新】和田アキ子の目の現在は?別の病院で再手術が成功!術後画像はこれ!

和田アキ子目が違う

スポンサードリンク 和田アキ子さんが現在「目が違う」とテレビ視聴者の間で話題です。 テレビで見る和田アキ子さんといえば日曜のお昼「アッコにおまかせ」が冠番組ですが、昨年2018年末のゴールデン音楽特番「FNS歌謡祭2018」に出演したとき、全国の視聴者から歌よりも「顔が変、目が違う」と一気に注目されたのでした。 実はその前に和田アキ子さんは目の病気「眼瞼下垂」の手術を受けていたので、「目が違う」原因は手術の失敗かと思われています。 目の病気「眼瞼下垂」とはいったいどんな病気なのでしょう?どうやら原因は年齢と関係してるようで・・ 和田アキ子さんは現在「整形で治したい」と言ってるので、やっぱり手術は失敗だった? 目次• 和田アキ子、目どうした?そっくりさんかと思った! — ひまさん himasan0301 視聴者のツイッターには 「顔がおかしい」「顔が変わった?」など顔に違和感を覚える人が多く、シワがないので整形手術で注射したのが失敗したと疑う声もありました。 特に目に注目が集まり「目が腫れてる」「目も変」「本当にびっくりしてしまうような目」「見ていて怖い」など、目が違うと感じる人が多かったです。 「FNS歌謡祭2018 第2夜」に出演する前に、12月1日にラジオ「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」で明かしていました。 「実は約2週間前に眼瞼下垂の手術をしました。 まぶたが垂れ下がってきて、視野が狭いというか、見えづらいと思っていた」 3年前から視野が狭くなっていて、2018年11月に眼科で診てもらったら、目の病気「眼瞼下垂」と診断されていたのです。 「眼瞼下垂」とは、まぶたが重くて下に垂れて、目を開けようとしても瞳孔の一部が隠れてしまう病気です。 一生懸命に目を開けようとすることになるから本人はとても疲れます。 さらに和田アキ子さんは眉毛が下がってくる「眉毛下垂」とも診断されたから厄介です。 病院で目の手術を勧められたのですが、テレビ出演があるため手術を断っていました。 しかし意識的に目を大きく開けていたら頭痛に悩まされたため、目の手術を決意したのでした。 視界が狭くなってくるので無意識にまぶたをあげようとして、アゴを上げる姿勢になることで肩こりや頭痛を引き起こし、額のシワの原因にもなります。 この厄介な目の病気「眼瞼下垂」の原因は、年齢が関係してるようです。 そういえば和田アキ子さんは現在69才です。 和田アキ子さんも医師から「原因は加齢とストレス」だと言われています。 まぶたのたるんだ皮膚と筋肉を切り取って、まぶたを元の状態に戻します。 手術後に成功すると顔の印象がガラっと変わり、肩こり・頭痛などストレスから解放もあり心身ともに元気になる患者が多いそう。 そうい意味では和田アキ子さんの手術は見た目に不満があるので失敗かもしれません。 眼科の手術費用は、保険適用で、負担割合によって個人差はあるもものの費用は両目で5万円くらい。 ただあくまで医療目的なので手術後に「左右で目の大きさが違う」「まぶたがひきつる」「しっかり閉じることができない」など患者にとっては失敗もあるようです。 一方で、美容整形手術は自由診療なので自己負担だから、10万円以上の費用が発生しますが、手術後の不安を考えたらこっちのほうが全然良いと思われます。 手術自体は成功したのですが、「目が違う」顔になってしまったことについては「ものすごい変な目になった」と不満を漏らしています。 美容整形は見た目をキレイにするのが目的ですね。 一方で眼科の手術はあくまて医療目的なので、手術後の傷跡などは専門外ですね。 例えばホクロの除去手術の場案、皮膚科の手術はホクロが癌化しないように除去する目的であり、なるべく傷跡が残らないよう努力はしてもそこは専門外だから、気ぞ跡を気にするならば美容外科で手術したほうがよかったりします。 ネットでも眼科での「眼瞼下垂」の手術は、不自然に目がパチクリすることが多いと言われてるので、美容整形で手術したほうがよかったと思われます。 そして5月11日、和田アキ子さんはラジオ「ゴッドアフターヌーン アッコのいいかげんに1000回」で、目の手術後の回復が上手くいってないことを明かしています。 「痛いとかっておかしいんじゃないですか?っていうのがあって。 お医者さまは何とか全部のケアしますっていうんだけど、今、触らないでくださいって言ってる。 で、痛み止めを時々、飲んだりしてる」 「眼瞼下垂って普通、眉の下ちょこっと切って上あげればいいんだけど、私の場合は加齢もあって、縫わなきゃダメですってていうところがハッキリしないところもあって、歯磨きしても顔を洗っても自分で見るじゃない、タオルで顔拭いたら痛いし、憂鬱で。 」 手術から半年ほど経ってるのに、痛みが続いてるのはやっぱり失敗だったのでは? こうなってくると眼科で手術したから目が変なのではなくて、たんに手術に失敗したと思われても仕方ありません。 今傷痕を治す整形もあるんだって、そういうのをやって欲しいなって、ずっとそれで悩んでいて」 和田アキ子さんは、さすがにこのままでは辛いので、今度は美容整形の手術をしようと思ってるそうです。 テレビに出る人は見た目は大事な要素だと思うので、ぜひ治したほうが良いですね。 フリーアナウンサー宮根誠司さん(56才)も目の病気「眼瞼下垂症」の手術を受けて、腫れが残る状態でテレビ出演して話題になりました。 宮根さんなんか目が、、、、 — 大滝 達哉@おおたき歯科 ohtakitatuya ある程度の年齢にとうたつした芸能人たちは今後、「眼瞼下垂症」の手術を受ける人が増えるかもしれないですね。

次の