クレイジージャーニーやらせ。 『クレイジージャーニー』よりひどい? 民放各局が抱える”やらせ&ステマ”まみれのグレー番組|日刊サイゾー

クレイジージャーニーが「やらせ」で休止→打ち切りの可能性は?爬虫類ハンター加藤英明さんや松本人志さんのコメントや反応は?

クレイジージャーニーやらせ

私はCMディレクターやドキュメンタリー映画の監督として、15年近く映像を作り続けている。 作り手として言えることは、作為のない映像など存在しない、ということだ。 私は、今回の一件を『クレイジージャーニー』 がバラエティー番組の顔と、 ドキュメンタリー番組の顔という二面性を持つことから起きた悲劇 と考える。 お笑いタレントの番組として見ている人には、 アリの演出だった。 「不適切な手法」と「ヤラセ」の境界線 今回の件に関して同番組のMC松本人志はツイッターで「ヤラセ」とはっきり書きつつ、番組の他の部分を擁護した。 確かに一般視聴者の立場で語れば、事前準備は「ヤラセ」と言われて当然だ。 一方で、制作したTBSは「不適切な手法」という控えめの表現をした。 この差は何か。 一般的にテレビ業界では「ないもの」を「あるもの」にすることを「ヤラセ」と定義する。 「UFOを見てない!」という人に「UFOを見た!」と言わせたらヤラセだ。 しかし、この定義には抜け道がある。 例えば、電車が駅のホームに到着するところを、ある出演者が見たとする。 しかし、カメラが1台しかなかったため、出演者の表情しか撮影できていなかった。 だからもう一度別の時間帯に電車を撮影し、編集でこの二つを組み合わせて電車到着シーンにした。 では、出演者が実際に電車の到着を見ていたものの、カメラがなくて撮影しておらず、もう1回そのシーンを丸ごと再現してもらって撮影したらどうか。 それは「ヤラセ」か「事実の再現」か。 こうした定義の複雑さから、TBSは『クレイジージャーニー』の一件を「ヤラセ」と断定せず、「不適切な手法」という曖昧な表現にしたと推測される。

次の

休止番組「クレイジージャーニー」やらせ以外にも問題 暴行やネタ切れ

クレイジージャーニーやらせ

私はCMディレクターやドキュメンタリー映画の監督として、15年近く映像を作り続けている。 作り手として言えることは、作為のない映像など存在しない、ということだ。 私は、今回の一件を『クレイジージャーニー』 がバラエティー番組の顔と、 ドキュメンタリー番組の顔という二面性を持つことから起きた悲劇 と考える。 お笑いタレントの番組として見ている人には、 アリの演出だった。 「不適切な手法」と「ヤラセ」の境界線 今回の件に関して同番組のMC松本人志はツイッターで「ヤラセ」とはっきり書きつつ、番組の他の部分を擁護した。 確かに一般視聴者の立場で語れば、事前準備は「ヤラセ」と言われて当然だ。 一方で、制作したTBSは「不適切な手法」という控えめの表現をした。 この差は何か。 一般的にテレビ業界では「ないもの」を「あるもの」にすることを「ヤラセ」と定義する。 「UFOを見てない!」という人に「UFOを見た!」と言わせたらヤラセだ。 しかし、この定義には抜け道がある。 例えば、電車が駅のホームに到着するところを、ある出演者が見たとする。 しかし、カメラが1台しかなかったため、出演者の表情しか撮影できていなかった。 だからもう一度別の時間帯に電車を撮影し、編集でこの二つを組み合わせて電車到着シーンにした。 では、出演者が実際に電車の到着を見ていたものの、カメラがなくて撮影しておらず、もう1回そのシーンを丸ごと再現してもらって撮影したらどうか。 それは「ヤラセ」か「事実の再現」か。 こうした定義の複雑さから、TBSは『クレイジージャーニー』の一件を「ヤラセ」と断定せず、「不適切な手法」という曖昧な表現にしたと推測される。

次の

【終了】クレイジージャーニーのやらせはなぜ発覚!?メキシコ人動物商が証言?

クレイジージャーニーやらせ

同じくTBSでは、『消えた天才』においても少年の投球を早送りにして、実際よりも球速を速く見せる過剰な演出をし、こちらも放送休止となっている。 「続けざまに発覚したやらせで、TBS内では大混乱です。 両番組ともに番組終了は避けられない状況。 たとえば、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(同)はその筆頭だろう。 「有名人が扮装して素人の前に登場するドッキリなどは、明らかに不自然。 一般人として登場した人がタレントの卵だったというケースもある。 バラエティー的な演出とも捉えられますが、過剰な部分も多いです」(同) やり玉に挙げられそうなのは、TBSの番組だけではない。 他局の番組についても、過剰な演出が問題視されている。 「例えば、日本テレビ系『秘密のケンミンSHOW』などは、あたかもその地域では当たり前となっている文化のように紹介されていたものが、そこまで一般的ではなかったなんていうケースが後を絶たない。 さらに、番組内では一般家庭の夕食シーンが放送されることがありますが、明らかにテレビ用に用意した料理ばかりの時も多い。

次の