生理中 痩せる。 生理になると太る理由は?何キロ増える?体重が戻らないのはなぜ?

生理中のダイエットは無駄!正しい過ごし方・痩せる時期を学ぼう

生理中 痩せる

ダイエットと生理周期の関係って? 女性に大きく関係する周期があります。 それは月経を境に28日前後で変化する 女性ホルモンの周期変化です。 女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、通常約28日のサイクルで増減を繰り返しています。 この周期に伴って体的にも精神的にも大きな変化がある事は女性のみなさんの多くが実感していることではないのでしょうか? また女性のダイエットがなかなかスムーズにいかない理由の1つは 生理があることです。 しかし自身の生理周期を把握して生理のリズムに合わせてダイエットをすれば効率よくやせることができます。 そこで今回は、生理周期を 4つの期間にわけてそれぞれの時期に必要な栄養素やダイエットのポイントをご紹介いたします。 生理中は体重のキープを 生理中の約7日間は リラックス期です。 生理中は体重が落ちにくい期間なので無理なダイエットはNG。 落ちにくい時期なのに、無理な食事制限や激しい運動はストレスをためることになり逆効果です。 この時期は体重を減らすよりも 現在の体重をキープすることを意識してゆるゆるダイエットをしていきましょう。 温め食材の「生姜」を汁物にプラスすれば体の芯から温まります。 また、生理中は、なるべリラックスできるよう音楽やアロマを活用してゆっくりお風呂に入り気持ちをリラックスさせていきましょう。 生理後~排卵期のダイエットプログラム(8日目~14日目) 生理後は和食を心がけて 生理後から排卵日までの約7日間は ダイエット期です。 代謝もよく一番やせやすい期間なので、この生理後の1週間を集中してダイエットに取り組めば結果もついてきます。 パン食ではなくご飯食を中心に、良質な油を含むカツオやアジなどの青魚、野菜、海藻類に含まれるビタミン、ミネラルの摂取を心がけましょう。 そのためにも食物繊維の多い野菜やきのこ類、海藻類などの副菜から食べ、次に主菜の魚や肉、最後に主食のご飯などの炭水化物をとり血糖値をゆるやかに上げる食習慣を。 排卵後のダイエットプログラム(15日目~21日目) 排卵後の約7日間は 調整期です。 ダイエット期で落とした体重をリバウンドしないように定着させていく時期。 引き続きダイエット期のバランスのよい食事を心がけ、ストレッチなどの軽い運動もプラスしていきましょう。 運動する時間のない方は、エレベーターではなく階段を使うなど日常生活でよく歩くことを意識するだけでもOKです。 生理前に向けて、この期間にヨーグルトや味噌、キムチなどの発酵食品を取り入れて腸内環境を活発化しておきましょう。 生理前のダイエットプログラム(22日目~28日目) 生理前の甘いものは注意 生理前の約7日間は デトックス期です。 便秘やむくみなどが起こりやすく余分なものをため込みやすい時期です。 生理前から生理中にかけては、ダイエット中でも体重が増えて当たり前の期間なので1kgくらいの増加なら問題ありません。 生理が終われば自然と水分代謝がよくなり体重も戻るので体重に一喜一憂しないことが大切です。 そんなダイエットしにくい生理前は、排出に役立つ食材を取り入れて体を 排出モー ドにしていきましょう。 またイライラして甘いチョコレートやケーキなどが欲しくなったり体重が増えやすい時期でもあります。 甘いものは血糖値を急激に高め、その後また急激に血糖値が下がるため、さらに疲労感や憂鬱感を招いてしまいます。 ストレスを甘いものや暴食で解消するのではなく、せっかくの「デトックス期」を活用して水分や便の排出をスムーズにしていくことが不調解消のコツです。 カリウムには体内の余分な水分を排出する役割があります。 甘いものが欲しくなった時もお菓子ではなく果物を取り入れれば、甘いだけではなくビタミンCなどの栄養補給にもなりストレスの軽減や肌荒れ改善にもつながります。 生理日と体重の記録で1ヶ月間ダイエットがおすすめ 生理周期に合わせてダイエットをすることで ゆるゆるダイエット期 とダイエット集 中期がわかりメリハリをつけてダイエットを実行することができます。 メリハリをつけてダイエットをすることにより体重のコントロールがしやすく、ストレスなくダイエットを継続することができます。 そのためにも自身の生理周期と体重を把握することが大切です。 まずは、生理日と体重のチェックから始めて、1ヶ月間生理周期に合わせたダイエットを実践してみましょう。 これを毎月継続していくことで女性ホルモンが整い、ダイエットだけではなく全身の美と健康につながっていきます。 早速、次の生理日から 1ヶ月ダイエットプログラムに沿って食習慣を意識してみてくださいね。 【関連記事】•

次の

ダイエットすると生理が遅れる?排卵後にダイエットすると生理が遅れる?

生理中 痩せる

皆さんは、一度は「生理中のダイエットには効果がない!」という話をきいたことはありませんか?確かに生理中は、むくみなどで体重が増えたように感じると思います。 でもダイエットをすることは本当に意味はないのでしょうか。 ここでは、生理中の体の状態から、この時期に適したダイエット方法までを解説します。 無理せずキレイな体型を目指しましょう!• 生理中のダイエットは意味がないってほんとなの? 生理中のダイエットは、実は無駄ではありません。 そう言われても、生理前や生理中に体重を測ったら、増えていてショックを受けた…そんな経験のある女性も多いかもしれませんね。 しかし、一時的な女性ホルモンの影響でむくんでいるだけで、太ったわけではないのです。 生理中に、体重が増えたり、いつもより体が少し重いと実感するのは、プロゲステロンというホルモンが活発になるから。 この女性ホルモンの影響で水分をため込みやすい体になっているため、体重が落ちにくい時期なのです。 そのため「痩せない」と感じやすいですが大丈夫!太らないようにと、焦る必要はありません。 うまく過ごすのコツがあります。 それではここから、「じゃあこの時期のダイエットはどんな風にすればいいの?」を解決していきます。 生理中でも大丈夫!かしこいダイエット方法 上記でも触れましたが、生理中はいつもより体がむくんだり、便秘がちになります。 そのため痩せにくい時期ではありますが、痩せないというわけではありません。 イライラして食欲が増すなどについても、ホルモンのバランスが崩れたことによる自然な症状です。 生理中の仕組みと上手に付き合うのもコツ、生理中におすすめのダイエットを紹介していきます。 軽いストレッチがおすすめ 生理中は、体が重かったり気分が上がらない日が続きますね。 妊娠の準備をしていた体は、不要になったものを捨て、次のサイクルへ向かっています。 この時期は、体と心が大きく変化をしており、生理痛などのある方もいます。 つらい生理痛は、プロスタグランジンという物質が過剰に分泌されることでおこります。 この物質により子宮の収縮を促してしまうために痛みを感じるのです。 生理痛は、腹部を温めることで緩和が期待されます。 また、体をほぐすことは、気分転換や歪みの矯正に効果があります。 無理をしない程度の軽いストレッチでも、代謝がよくなりダイエット効果が期待できるので、体をほぐして、生理痛の改善をしながらダイエットへ繋げましょう。 骨盤周りのストレッチ 【方法】• 両足を伸ばした状態で、床に座ります。 背中を伸ばして、両腕を胸の位置で組みます。 足を伸ばした状態で、お尻を上げて前に進みます。 右と左で10歩ずつ進み、そのあとは後方へ10歩戻ります。 これを2回から3回行います。 【効果】 女性の骨盤は、生理のたびに開いたり閉じたりを繰り返します。 このとき、骨盤に歪みが生じてしまうと、子宮が圧迫されて痛みを感じるのです。 また、座り方、姿勢などでも骨盤は歪むことがあります。 骨盤周りのストレッチをして血流を良くすると、代謝がよくなり痩せやすい体に近づけますよ。 むくみ解消ストレッチ 【方法】• まず、仰向けに寝ましょう。 リラックスできたら、手と足を上へ持ち上げます。 そのまま手と足ブルブルと1分ほど震わせます。 【効果】 生理前や生理中は、体に水分をためようとするため、むくみが起きやすい時期。 むくみは、冷えのサインでもあります。 体を冷やすと、新陳代謝が悪くなり痩せにくくなります。 むくみを解消することで、生理後にスリムな体を作る準備ができます。 手軽なストレッチでも生理中の体にはうれしい効果がいっぱい。 むくみ解消はもちろん、血流も改善されますよ。 食事は特に鉄分やビタミンB群を 生理痛の原因はさまざまですが、食べ物に気を付けると生理痛を和らげることもできます。 例えば、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をしています。 生理中に豆乳を飲むことで、不調を予防したり代謝アップが期待できます。 生理中にダイエットをするポイントとして、心と体の調子を整えることがとても大切。 そのためには、鉄分やビタミンB群が欠かせません。 鉄分は、ダイエットにうれしい基礎代謝アップの効果があります。 多く含まれている食品としては、枝豆、小松菜 干しブドウ 焼き海苔が挙げられます。 ビタミンB群には、疲労回復、脂質の代謝を上げる効果が期待できます。 ご飯やパンなどの糖質を分解して、エネルギーに変える役割を持っています。 代謝が落ちたり、疲れやすい生理中には、ぜひ摂っておきたい栄養素です。 豚肉、豚レバー、たらこ、玄米、ナッツなどに多く含まれています。 特にナッツ類は、美肌や便秘解消の効果もあり、女性にぴったりの食品ですよ 体を動かすのも面倒になって、ダイエットに失敗なんてことにならないためにも、鉄分やビタミンB群を意識的に摂りましょう。 上手にダイエットを続けるために気を付けること 生理中は体が重かったり、頭痛がしたり。 何かと体調不良が続いてストレスもたまりがち。 さらに、体重が減らない、増えてしまうなど、ダイエットの停滞期で焦りが増してしまいますね。 そんなときは、ストレスをためないようにゆったりと生活をすることが大事なのです。 生理痛やダイエットと深く関係のある、女性ホルモンのバランスは、自律神経と繋がっています。 ストレスをためないようにして、女性ホルモンのバランスを整えることで、生理後のダイエットもスムーズになりますよ。 生理中に注意したいのは、暴飲暴食や無理な運動です。 お菓子を食べたくなったら、何かで気を紛らわしてみる。 生理痛が重くて辛いときは、無理せずに横になる。 このように、生理中にうまく自分をコントロールできると、生理後のダイエット効果が期待できます。 反対に、間食をたくさんしてしまえば、そのカロリーは体にしっかりと蓄積されます。 生理中は代謝が落ちるので、生理後に体重が落ちない、太ってしまったなんてことにも。 生理後のダイエットの準備期間となる、生理中の過ごし方もとても重要ですね。 生理中のダイエットは、諦めないこと、焦らないことがポイントでしょう。 まとめ 生理中は、だるかったり気分も落ち込みがちです。 体重が増えたり、むくんでしまうのは自然な現象なので、気にしすぎることはありません。 女性ホルモンのバランスでうまくいかないことも多いと思いますが、無理をせずに、ダイエットにチャレンジみてくださいね。 では、無料カウンセリングを行っています。 是非この機会にご自身のカラダの状況を確認してみてくださいね。

次の

ダイエットは2週間が勝負?!生理周期と痩せやすい時期の関係

生理中 痩せる

生理が始まった初日から次の生理が始まる前日までが1つの生理周期です。 生理周期には個人差があり、25~38日周期が正常なサイクルといわれています。 まずは、自分の生理周期について知ることから始めましょう。 女性は妊娠が可能な時期になると生理が始まります。 まず、妊娠するために、赤ちゃんのもととなる卵子が作られ、排卵します。 そのときに、女性のカラダは赤ちゃんを育てるために子宮の内側の壁を厚くして、ふかふかのベッドを用意します。 そして、卵子と精子が出合い受精が成立すれば妊娠、受精に至らなかった場合は赤ちゃんのために用意された子宮の壁はきれいに剥がれ落ち、生理として排出されます。 そういった妊娠のための準備や生理にひと役かっているのが女性ホルモンです。 女性ホルモンの中でも、卵胞ホルモンは子宮の内膜を厚くし、妊娠に備えます。 また、代謝をアップさせる働きがあり、女性らしいカラダ作りに欠かせないホルモンでもあります。 黄体ホルモンは厚くなった子宮の壁をふかふかにしたり、妊娠に備えて栄養や水分をカラダに蓄えたりします。 したがって、黄体ホルモンの分泌が多い時期はどうしても体重が増えやすい傾向にあるのです。 妊娠すると、黄体ホルモンの分泌はそのまま続きますが、妊娠しないと、分泌量は徐々に低下していきます。 このように、女性ホルモンにはそれぞれの働きや特性があります。 それらをきちんと理解することがダイエットに成功する近道になるのです。 妊娠に備えて黄体ホルモンの分泌が高まり始める時期です。 カラダに栄養や水分を蓄え始め、食欲も増すと感じる人がいます。 心身ともに不調を訴えがちになるので、この時期はストレスをためずにリラックスして過ごすことを意識しましょう。 運動をすることがストレス解消になるという人は運動を続けても問題ありません。 逆に、運動をする気分になれない人は、無理に運動を続けようとしないで、軽いストレッチやヨガ、ウォーキングなどにとどめておきましょう。 運動によって落ちた体重をリバウンドさせないことを目標にする調整期だと考えると、気分も楽になるのではないでしょうか。 生理前は、便秘やむくみが起こりやすい時期でもあるので、デトックスを意識して、食物繊維や乳酸菌を積極的に摂取したいものです。 水分の取り過ぎにも気をつけなければいけません。 カリウムを多く含むバナナ・リンゴ・ひじき・わかめなどの食品を意識して摂取すると、カラダの余分な水分を体外に排出するのを促してくれます。 生理周期にあわせたダイエットは効率的に行えますが、注意点もあります。 ダイエットの効果を焦るあまりに過度なダイエットを行うことはよくありません。 女性ホルモンは、女性らしいカラダを作ったり、お腹のなかで赤ちゃんを育てたりするのにとても大切なホルモンです。 そのようなホルモンの働きを無視して、過度なダイエットを続けると、逆に、女性ホルモンの分泌が乱れてしまい、生理不順を引き起こす可能性もでてきます。 食事についても、生理周期に関わらず、3食きちんと摂取することが大切です。 過度にカロリーを制限すると、栄養素が偏り、健康問題に発展することもあります。 特に、女性は生理によって鉄分が不足しがちです。 レバーや赤身の多いお肉やお魚といった鉄分が多く含まれる食品を意識しながら、バランスのとれた食事を心がけましょう。 また、生理前や生理中は食欲が増して甘いものが欲しくなることがあります。 精神的に不安定で、食欲の抑制ができなくなり、甘いものでストレスを解消しようとする女性が少なくありません。 ストレスをためない意味で、少しだけ甘いものを摂取するのであれば問題ありませんが、摂り過ぎてはいけません。 甘いものは、急激に血糖値をあげることになるので、カラダには負担になるものです。 食べることでストレスを解消するのではなく、アロマや入浴、音楽鑑賞など自分なりのストレス解消法を探してみましょう。 カフェインやタバコ、アルコールといった刺激物も控えたほうが無難です。 女性は生理周期にともない、女性ホルモンの分泌量が変化します。 優位になる女性ホルモンの種類によっては、むくみやすい時期があったり、代謝がアップしたりするだけでなく、気分にもムラが出てしまうものです。 体重を落としたいと考えているのであれば、卵胞ホルモンの分泌が高まる時期を狙って運動するのが最も効率的。 黄体ホルモンが優位になる生理前や生理中は、体重を減らすことにこだわらずに、ストレッチやヨガなど軽い運動に切り替え、できるだけリラックスして過ごすようにします。 カリウムの多い食品でむくみを防いだり、鉄分の多い食品で貧血を防止したりしながら、バランスの良い食事を意識し、体重を維持しましょう。 いずれにせよ、過度なダイエットは厳禁です。 女性のカラダは、ささいな変化でも女性ホルモンのバランスが乱れ、生理不順を引き起こしたり、最悪の場合は生理がとまってしまう可能性もあります。 ダイエットに取り組むなら、生理周期や心身のバイオリズムを意識して無理なく行い、健康的な生活を心がけましょう。

次の