スマホ バッテリー すぐ なくなる。 iPhoneの充電がすぐなくなる時の修理方法は?|正規店?自分?修理店?│ebiblog

スマホの電池がすぐになくなる!?バッテリーの寿命はどのくらい?

スマホ バッテリー すぐ なくなる

名古屋エリアでiPhone・スマホの町の修理屋さんを紹介しているサイト 「名古屋版iPhone・スマ... 2020. 2020年6月23日 iPhone8を使っていて、突然「充電できない!」という事態におちいったことはありませんか。 スマホが …• 2020年6月23日 iPhoneを使っていると、本体が熱くなることがよくあるでしょう。 少し熱いくらいであれば、時間が経て …• 2020年6月22日 パスコードを何度か間違えると、iPhoneは一定時間使えなくなります。 うっかり間違えてパスコードを入 …• 2020年6月3日 iPhoneの画面がちらつくときは、まず原因を突き止めることが大切です。 原因がわからない状態で対処し …• 2020年6月3日 ジャンク品のiPhoneには、どのような使い道があるのでしょうか。 ひとつは買取です。 割れたガラス修理をはじめ、バッテリー(電池パック)交換修理も 即日対応させて頂いております。 iphoneやAndroidスマホに使用されているバッテリー(電池パック)は 繰り返し充電をして使用できるリチウムイオンバッテリーという電池です。 一昔前のガラケーを使っていた方はイメージがしやすいかと思いますが、 バッテリーは劣化したり膨張したりしてしまうものです。 いわゆる消耗品ですね。 ガラケー時代にも本体の裏側が膨らんで蓋が取れてしまっていた携帯電話を使っていた方も いらっしゃいましたが、iphoneやAndroidスマホは裏蓋がない端末がほとんどです。 蓋の代わりに行き場をなくした膨張したバッテリーは画面を押し上げ 本体と画面の間に隙間ができてしまう症状がiphoneにはよく見られます。 iphoneのバッテリーは1年半~2年で交換の目安と言われております。 液晶画面や本体にダメージを与える前に定期的な電池交換をお勧めしております。 iphoneのバッテリー交換は即日30分前後で修理完了致します。 お気軽にお問い合わせくださいませ。 〒231-0015神奈川県横浜市中区尾上町5-62馬車道田中ビル3階 045-662-8666 定休日 なし(年中無休) 営業時間 11:00~20:00(最終受付19:30).

次の

Xperiaでバッテリーが急に0になくなる

スマホ バッテリー すぐ なくなる

関連記事• 目次:スマホのバッテリーの減りが早い!設定を確認しよう!• バッテリー問題について スマホを利用しているユーザーの多くの方の悩みといえば「電池持ち」。 スマートフォンは、容量が大きいバッテリーを搭載しているはずなのに、どんどん電池が減ってしまうことがあります。 その理由は、画面サイズが大きくなったことや、スマホアプリやインターネット利用時間の増加などが挙げられます。 また、インストールしたアプリがバックグラウンドで通信を行うものだった場合、その分電池を消費します。 しかし、スマホを手放したくない人にとっては利用を制限すること無く自由に使いたいですよね。 そこで、バッテリー長持ちへの第一歩。 設定を見直して電池の無駄を抑えるようにしましょう。 設定できる項目を知ろう スマホ本体には様々な機能や、大きなディスプレイなどが詰まっています。 しかし、無線LAN経由でインターネットが出来る"Wi-Fi"はとても便利ですが、常に使うものでは無いものです。 中には家に無線LANの機器が無い、公衆無線LANの契約をしていないなど使用することがない人もいるかと思われます。 そういった 利用しないセンサーなどを設定からOFFにすることでバッテリーの節約ができます。 主な設定項目を紹介しますので、自分の 利用状況に合わせて設定してみましょう。 設定画面の見た目は端末、Androidのバージョンによって異なります。 設定方法は、必ず同じとは限りません。 多くの端末では同じような操作方法で設定可能ですが、操作方法が違う機種も存在します。 予めご了承下さい。 画面スリープまでの時間 スマホの画面は大きくディスプレイを点灯させる為の電力消費量はとても多いです。 画面を見ている間はともかく、画面から目を離してから消灯するまでの時間をなるべく短くすると電池消費を抑えられます。 あまり短くすると、文章を読んでいる間に画面が消えたりしてイライラが募るので、適度に調整しましょう。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して"設定"を開きます。 機種やシリーズによって設定ボタンの場所が異なるので注意しましょう。 「画面設定」をタップしてメニューを開きます。 「スリープ」をタップしてバックライト消灯までの時間を設定します。 自分の使い方に合わせて消灯するまでの時間を設定しましょう。 上記文言のメニューが見つからない場合は、目視で確認してスマホ画面が自動的に電源OFFになる設定項目を探して調整しましょう。 液晶画面の明るさ 当然と言えば当然ですが、画面は明るくすればする程バックライトを強く点灯させます。 また、画面の明るさを自動にすると周りの明るさに応じてバックライトの明るさを調整してくれます。 それは、センサーで周りの明るさを測り、見やすいように明るさを調整してくれます。 この設定だと周辺の明るさを測ったり、必要以上に明るくなる場合があるので明るさは自分で設定しましょう。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して"設定"を開きます。 "画面設定"をタップしてメニューを開く "明るさ"をタップして画面の明るさを設定します。 "自動明るさ調整"のチェックを外して、明るさを変更します。 その場合は、明るさの調整のみを行います。 また、バッテリーの電源管理というメニューから、電力消費を抑えるモードに一括変更してくれる機能もあります。 各モード共、使用できる機能が極端に減りますが電池持ち効果は非常に高いので、状況に合わせてこれらの機能も使ってみましょう。 Bluetooth ブルートゥース Bluetoothは、対応ヘッドフォンやキーボードなど主に周辺機器と繋ぐための機能です。 対応機器を所有していない場合は、ONにする必要がないので切断しましょう。 また、スマホホーム画面で、上方向から下方向にスワイプしてメニューを表示する事で(端末やOSバージョンによって操作が異なる可能性があります)bluetooth設定を行う事も可能です。 GPS GPSは、現在位置を測定するのに使用する機能です。 現在位置を取得することは、地図アプリなどを利用する場合に便利ですが、普段は必要ありません。 なので、地図アプリなどGPS機能を利用する時以外はOFFにして問題ないです。 また、天気ウィジェットなどアプリによっては定期的に位置情報を取得します。 様々なアプリがあるのでここでは紹介できないですが、 設定変更することで現在位置を取得しないようにすることができるものもあるので、合わせて設定変更すると良いです。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して"設定"を開きます。 "位置情報とセキュリティ"をタップしてメニューを開く "GPS機能"をOFFにします Wi-Fi 無線LAN 無線LANを利用するポイントは自宅や職場、カフェなど限られているかと思います。 なので、利用しない場所ではOFFにしましょう。 ONにしたままですと、常にアクセスポイントを検索するのでバッテリーの消費が早くなります。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して"設定"を開きます。 "無線とネットワーク"をタップしてメニューを開く "Wi-Fi設定"をタップしてWi-FiをOFFにします アカウントの自動同期 スマホに登録したGoogleアカウント等は自動同期行うことができます。 例えば、メールアカウントを同期しておくと常にメールの内容が最新の状態になります。 その分通信が発生するので、必要の無いものはアカウントの同期を解除すると良いです。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して「設定」を開きます。 ユーザー設定の「アカウント」をタップしてメニューを開くきます。 下の方に"アカウント管理"の項目が出てきます。 例えば、Googleアカウントをタップすると、"電話帳同期"、"Gmail同期"などがでてきます。 あまり利用していないサービスの同期を解除するとバックグラウンドでの動作が減ります。 また、全ての同期が必要ない場合は、"自動同期"のチェックを外すと止まります。 基本的は設定の「アカウント」の項目から調整する事が可能ですので、必要のない同期設定はOFFにするようにしましょう。 不要アプリは停止 自分が使わないと思っていてもスマホ購入時に初めから入っているアプリ、通称プリインストールアプリ 便利だけど自分は使わないよ…と思っていてもアンインストールできない! こんなアプリは 無効化することでバッテリー持ちを改善 CleanMaster(クリーンマスター)はバッテリー持ちを悪くしているかもしれないプリインストールアプリを無効化してくれるアプリだ。 ワンタップで稼動しているアプリを全て停止してくれぞ。 また、停止したくないアプリは選択しておけば、以降、停止してしまうことはないので、LINEなどのよく使うアプリはチェックをはずしておこう。 設定項目が多くて難しかった方もいるかと思います。 しかし、これらの設定をすることで電池の持ちが良くなったことが体感できるかと思いますよ! また、GPSやWi-Fiなどは利用状況に合わせてマメに設定変更することが重要です。 癖つければ難しいことはありませんので、取り組んでみると良いです。 機種によっては、通知バーである程度設定できるものや、設定変更を助けてくれるアプリもあります。 それらを利用すると簡単に変更できるので、試してみると良いです。 次回は、「壁紙」の変更について解説します。

次の

【スマホのバッテリー】すぐなくなる原因はアプリ?劣化?交換費用の目安はコレだ!

スマホ バッテリー すぐ なくなる

Xperiaでバッテリーが急に0になくなる Last update 2016-07-01 00:30 私の持っているスマホもそうなのですが、私の周りの友人・同僚などのスマホで、一番多い相談の1つが、「急に電源が切れる」「バッテリーが無くなる」という症状。 私は10台ほどのスマホ、6台のタブレットを持っているのですが、幾つかの製品でこのような症状が起こるようになりました。 1度起こると、その後は頻繁に起こるので、色々な端末を観察して調べてみました。 Sponsored Link• 症状 私の周りでもXperiaに限らず、スマホのバッテリーが急に0になったり、満充電してもすぐに電源が落ちる。 という人が増えてきました。 アンドロイドでは、「 」というアプリを使うことによって、バッテリーの減り方をグラフに表示させることが出来ます。 単にグラフで表示される開けでなく、画面を点灯させていたのか、充電していたのか、なども表示されます。 しばらく充電したりすると元に戻ったり・・・ はじめは私のスマホだけかと思っていたのですが、2台目以降の端末でも同じ現象になるし、私の周りでもこの話をすると、 「あぁ!あるある!」 という人が多いので、どうやらアンドロイド全体の問題のようです。 iPhoneではならない? 私はiPhoneやアンドロイドなど、10台以上持っているのですが、iPhoneではこのような症状はほぼ起こりません。 1度だけ電源がつかなくなった事はありましたが、この1回だけで、あとは6年間ほどiPhoneを買い換えも含め使っていますが、ほぼ起こりません。 原因 バッテリーの情報がうまく取得できない どうもバッテリーの情報がうまく取得できていないので、本来はバッテリーが残っているのにバッテリーがない。 と、誤って認識されているっぽい気がします。 アプリの暴走 もし、 1~2年以内に購入したスマホでこのような原因が起こった場合、原因として考えられるのが「アプリの暴走」です。 スマホのアプリはスリープ状態でも動作している時があり、これが原因でバッテリーが急激に減ることがあります。 こちらの画像は、テレビを見るアプリがスリープ状態でも動作していて、バッテリーが一気に減ってしまいました。 アプリの暴走によるバッテリーの現象の場合は、先ほどのように急に0になるのではなく、勾配がきつくなる感じで減っていきます。 アプリの暴走によるバッテリーの消費を防ぐには、を参考にしてください。 解決策 新しいスマホに買い換える 2012年ぐらいから3年間の間に10台ぐらいスマホを購入してきたのですが、2013年以前に販売されたアンドロイドも、急にバッテリーが0になる症状がでました。 が、 2014年に発売されたモデルぐらいから、徐々にそういった減少がなくなり、Xperia Z3 2014年年末発売 から、ピタッとそういった症状がなくなりました。 それどころか、バッテリーのもちがすごく良くなりました。 詳しくは、を参考にしてください。 なので一番の解決策は、新しいスマホに買い換えること。 2014年に発売された端末であれば、場合によっては実質0円というのもあるので、探してみるといいと思います。 バッテリーが寿命・劣化していないか確認する Xperiaにはバッテリーが寿命かどうか調べることが出来ます。 バッテリーが劣化していると、いくら充電してもすぐにバッテリーが0になったりする可能性があります。 バッテリーの寿命を調べるには、「設定」を開きます。 一番下にある「端末情報」をタップします。 「機器の状態」をタップします。 「電池性能表示」をタップします。 ちなみに、普通に使っていると3年間ほどは、ほぼ気になるほど劣化しません。 が、 高温の車内に放置したことがある 充電しながら頻ぱんに使用する と、あっという間に劣化するので注意が必要です。 他のメーカーのスマホ ちなみにこのバッテリーの劣化状況を調べる機能は、Xperiaにしか搭載していないようで、Galaxyの場合は項目自体が存在しませんでした。 バッテリーをリフレッシュする 「Xperia バッテリーが急になくなる」で検索してみると、私以外にも同じ症状で困っている人がたくさんいることがわかりました。 よくわからないが、Xperia固有の問題らしい。 で、解決策としては、バッテリー本来の状態とXperiaで同じ残量を把握することで(リセットすることで)なおるっぽい。 やり方は、まずはバッテリーが底を尽きるまで使い切る。 底をついたら、バッテリーを外してしばらく放置。 そうするとXperia側でバッテリーの情報が消える(らしい)ので、バッテリーを装着して、フル充電。 フル充電後、再び電池を外してしばらく放置(5分以上)。 で、普通に使うと・・・ なおる(らしい)。 とりあえず私も、2回に1回、急にバッテリーが0になる症状に見舞われていましたが、このあとそういったことは起こらなくなりました。 というか、GALAXYが届いてしまったので、Xperiaは完全にサブ扱いになっています。。。 昨日、とうとうXperiaの電源をオフにしました。 iPhoneとAndroidの2台持ちは、それなりに価値があるけれど、さすがに3台持ちは単にお荷物でしかならない。 (笑) そうそう、GALAXYの方のバッテリーなんですけれど、を装着したり、純正を装着したり、交代交代使っています。 でも、なんというか結構頻繁に使っていても、まだこんなにバッテリーがあるのか~。 って感じで、めちゃめちゃ良い感じです。 やっぱりバッテリー性能は、選ぶ基準として大事だなぁ。 と感じました。 関連ページ• Sponsard Link.

次の