面接 質問 中途採用。 面接質問集 [完全版]|エン人事のミカタ by エンジャパン

【それってマイナス印象かも】面接マナーで私が不採用を決めたワケ|受付・入室・退室・面接対策

面接 質問 中途採用

新卒採用の面接の現場では、家庭環境に繋がること、思想に繋がることなどは聞いてはいけないと最新の注意を払っている会社も多いでしょう。 しかし、中途採用の現場では同じ社会人だからと、注意を怠っている場合もあるかもしれませんね。 中途採用の現場でも質問しない方が良い質問についてご紹介していきましょう。 新卒同様にしてはいけない基本的なNG質問 以下は新卒同様、採用の面接で聞くべきではない質問です。 今一度確認してみて下さい。 本籍や出生地に関する事• 家族の職業や健康、収入、資産等に関する事• 住居とその環境に関する事• 宗教や支持政党に関する事• 思想や愛読書に関する事• 労働組合や学生運動への参加などに関する事• 結婚や出産の予定に関する事 これらは本人の自由であるべき事や本人にとって責任のないこととされていることです。 これらを理由に採用の合否を決定することは法律違反にも値するので気を付けましょう。 過去の経歴に対するしなくても良い質問 中途採用であっても応募者の良さを引き出すための面接ではないのでしょうか。 応募者にとって都合の悪いことを執拗に質問するのではお互いにとって良い面接とはなりえません。 面接の質問内容が以下のような方向に進んでいないのかを気を付けるようにしてみて下さい。 中途採用なのに浪人や留年の経験の質問ばかりしてしまう• 会社の過去でのミスの体験について応募者のどこが悪かったのかを執拗に問う• ニートの期間のことについて執拗に問う• なぜ転職活動がうまく行かないのかを問う• 応募者の職業観を否定するような質問を投げかける 面接では何も応募者の悪いところを引き出したいわけではないはずです。 過去の経歴の気になる点やミスの時の対応の姿勢などを簡単に問うのは結構ですが、応募者を責めるような質問からは何も得られるものはありません。 これらは法律で罰せられるわけではありませんが、圧迫面接を考えているわけでもない限り不要な質問ではないでしょうか。 応募者の得意分野を引き出すつもりの質問に切り替えてみましょう。 個人的な興味から出た質問 面接官になるとつい応募者よりも偉くなってしまったような気持ちになってしまい、本来の採用とは関係のない質問をしてしまう場合もありますね。 例えば以下のような質問はしていないでしょうか?• 付き合っている異性がいるか?• 休日は何をしているのか• 留年や留学、学校の費用は誰が出したのか• お酒はどのくらい飲めるのか• ギャンブルの経験はあるのか しかし、相手が社会人だからこそあまりに採用に関係のない仕事は社風の質を疑われることにもなりかねません。 面接官も適切な緊張感を持って面接に応じるようにしましょう。 人事部以外の面接官にも徹底しよう 面接には配属予定部門の管理者など人事部以外の社員が面接官になるのはよくあることですね。 彼らは当然採用のプロではないので面接でしてはいけない質問があることは知らないことも多いでしょう。 面接してはいけない質問に関する説明をしておくことも採用側の大切な仕事です。

次の

【面接対策】アマゾンジャパンの中途採用面接では何を聞かれるのか

面接 質問 中途採用

転職の面接の質問1:どうして当社に応募したのですか? どんなに優秀な人でも、本人に入社する意志がなければ意味がありません。 そこで会社は、この質問で、応募者がどこまで会社に興味を持っているかを探るとともに、この会社に何を求めて転職しようとしているのかを探ろうとします。 具体的には、会社についてどれだけの知識を持ち、理解しているかによって会社への関心の度合を知ろうとします。 また、会社への興味が給与、休日・休暇など待遇面にあるのか、それとも事業や仕事に対する興味からなのかをチェックします。 会社は当然、仕事に前向きに取り組む姿勢を持っている人を好みます。 安定性や知名度、待遇の良さなどを惹かれたポイントとして挙げるのはさけるべきでしょう。 転職の面接の質問2:この仕事を選んだのはなぜですか? とくに未経験で応募してきた人に対して、仕事に対する意欲、熱意を図ろうとする質問です。 応募者自身の適性と絡めて、希望する仕事の中身をどれだけ理解しているかがチェックされます。 なぜこれまでの仕事を捨てて、新しい仕事に賭けてみたいと考えたのか。 その仕事に就くためにこれまでどんな努力をしてきたのか。 将来に向けての自分の目標、仕事に関する研究の跡を示し、単なる憧れで応募したわけではないことを訴えましょう。 転職の面接の質問3:この業界で働こうと思ったきっかけは何ですか? まったく違う業界から応募してきた人にはもちろん、経験を生かして転職しようとしている人にも、そもそも新卒の時点で、この業界で働くことを志望したのはなぜか、といった形で質問されることがあります。 業界をどのようにとらえているのかを聞き出すことで、仕事選びの動機や会社選びの動機の裏付けをとるのが狙いです。 この質問と前後して、業界の現状や今後について、応募者なりの考えを尋ねることもあります。 業界の動向をどれだけ正しく把握できているかを探ることで、これまでの仕事に関する理解度や業界への関心度をチェックできるからです。 転職の面接の質問4:当社に対してどんな印象をお持ちですか? Q1の角度を変えた質問。 会社は、関心が高ければ何らかのイメージを持っているはずだと考えています。 世間的な評判がどうかというより、メーカーならその会社の製品、小売店や飲食店なら扱っている商品や店舗の雰囲気などについて、自分なりに受けた印象を反すといいでしょう。 そのためには、当然、会社の事業内容についてしっかり研究するとともに、小売業や外食産業では少なくとも一度は店舗を訪ねて現場を見ておく必要もあります。 転職の面接の質問5:なぜ転職したいと思うようになったんですか? 転職を決意した理由が何であれ、採用しても、同じような理由で辞めてしまうようなことにならないかを確かめることが狙いです。 仕事上あるいは人生上の目標達成のためには転職する以外にないと、納得させられるだけの理由を述べることが肝心です。 転職の面接の質問6:いまの会社ではどんな仕事をしていますか? 現在携わっている仕事内容から、希望する仕事への適合性をみようとする質問です。 このあと、さらに具体的な内容についての質問が続きます。 この一連の質問で、仕事の実力がチェックされることになります。 ポイントは、自分の担当している業務、そこで果たしている役割、得意としている分野などについてきちんと説明すること。 職種によっても質問の内容は変わってくるので、以下を参考に、それぞれの職種に応じて、自分の仕事とそれに対する考え方を整理してください。 【営業職】 ・どんな商品を扱ってきましたか ・どのような営業方法をとっていますか ・営業成績はいががでしたか ・自分のどんなところが営業に向いていると思いますか ・営業職を選んだきっかけは何ですか ・営業という仕事をどのように考えていますか 【技術職】 ・あなたが一貫して追求してきたテーマは何ですか ・どんな専門誌を購読していますか ・専門以外にどんな勉強をしていますか ・チームを組んでやる仕事と単独の仕事ではどちらが好きですか ・プロジェクトリーダーの経験はありますか ・今後研究したいことは何ですか 【サービス職】 ・あなたの専門は何ですか ・サービス業の基本は何だと思いますか ・当社の店舗に関する感想は? ・あなたが店長になったらどんな店づくりをしたいですか ・将来独立したいと思っていますか 転職の面接の質問7:当社に入社したら、どんな仕事をしてみたいですか? 編集、ソフト開発、商品開発など、専門性が分かれる職種に応募している場合に、希望するセクションを確認したり、応募者が抱いているイメージと実際の仕事内容との間にズレがないかどうかをチェックする質問です。 ただ希望を述べるだけでなく、自分はその仕事で何を実現したいのか、その仕事を通してどんな貢献ができると思っているのかといった、仕事にかける意欲を盛り込んで回答しましょう。 転職の面接の質問8:あなたの長所と短所をあげてください 自分をどれだけ客観視できているかをチェックすると同時に、その長所・短所を仕事でどう生かし、どう補っていくつもりなのかを聞き出そうとしています。 長所・短所を述べる場合には、具体的なエピソードを交えて、「そんなこともあって周囲からこう評価されている」といった話し方をすると、納得してもらいやすくなります。 なお、短所について、消極的、人のコミュニケーションをとるのがうまくない、あきっぽいなどマイナス面を正直に回答するのは避けるべきです。 「一つのことに熱中しやすいタイプです。 そのために、ほかが見えなくなるのが短所。 その代わり、やり始めたことは最後まで責任を持って対処します」というように、先に短所を挙げて、それをうち消す長所を挙げていくと印象もよくなります。 転職の面接の質問9:残業があってもかまいませんか? 仕事に対する意欲を確認するために、探りを入れる質問。 実際には、それほど残業はないケースも多いようです。 答えに窮したり、一瞬でもひるんだりすると、やる気に疑問をもたれることにもなります。 転職の面接の質問10:勤務地はどちらを希望しますか? 勤務地を限定したい特別な事情があるかどうかを確認する質問です。 とくに事情がなければ、自宅から通える範囲ならどこでも受け入れる姿勢を見せましょう。 ヘタに通勤時間にこだわったりするのは、意欲を見せる点でマイナスとなります。 転職の面接の質問11:給与はどれくらいをご希望ですか? 希望給与が規定に合致するかどうかを確認するとともに、応募者が、自分自身のキャリアや能力をどう判断しているかを探る質問です。 能力以上に高い給与を要求するのは、自分本位の人間と嫌われますが、逆に、あまりに低い給与で満足する姿勢を見せるのも、能力に自信がないのではと疑われかねません。 現在の給与に1~2万円ほどプラスした額とするのが妥当な要求といえるでしょう。 転職の面接の質問12:いつごろ入社できますか? いつから戦力に組み込めるかを確認します。 すでに退職している人は、できるだけ早く出社したいと意欲を見せるべきですが、在職しながらの転職活動では、今の会社の退職手続きを無視して入社時期を決めるわけにはいきません。 自分の退職スケジュールからみて間違いなく退職できる時期を計算し、それまで入社を待ってもらえるようお願いしましょう。 退職者が出て、その補充のために人材募集しているケースでは、入社時期を先延ばしするのは不利になりますが、それで採用にならなかったとしたら縁がなかったとあきらめるほかありません。 【関連記事】•

次の

採用面接の流れ 新卒・中途への質問やマナーも紹介

面接 質問 中途採用

mitsucari. com この記事では、採用面接で人物理解を深めるために基本となる質問例を紹介します。 質問例:「転職理由・志望動機を教えてください。 なぜそう思ったのかを聞くことで、応募者が大切にしている経験や価値観が何かを探ります。 行動や考え方に一貫性があるのか、その場しのぎの経験や価値観ではないのかを判断します。 共感致します。 これについて少し詳しくお聞かせ頂けますか?」 意図通りに相手のインサイトを掘り下げ、共感や感じたことのフィードバックを織り交ぜます。 「本音で話せた」「しっかり聞いてもらえた」と好印象を持たれる採用面接を心がけましょう。 採用面接での「面接官の印象」が採用の決め手になる!? リクルートキャリア『第30回転職世論調査』によると、中途採用において、仕事内容や勤務条件・待遇の次に入社の決め手となるのが「面接官の印象」と挙げられています。 男女ともに約4割の求職者が「面接官の印象」を入社の決め手と言っており、面接官の影響が非常に大きいことが分かります。 出典元 新卒についても同様です。 リクルートキャリア運営就職未来研究所『大学生の就職プロセス調査(2017年卒)』によると、入社にあたり最も不安なことは職場の人間関係についてとなっています。 採用担当者や面接官は、多くの学生が初めて接触する社員です。 学生の立場で考えると、選考中はもちろんのこと、選考日程の連絡や内定の案内などで多くのやり取りを行うため、採用担当者や人事担当者から「どんな人がいるのか」を探ろうとしています。 出典元 面接でどのような質問をするか、どのように人材を見極めるかはもちろん大切ですが、企業の顔ともなる面接官の印象は入社の決め手にもなる重要な要素です。 応募者の人柄を引き出すために一方的な質問を繰り返すのではなく、質問の仕方も考えながら、応募者とのコミュニケーションを円滑に行うことで、入社後の不安を払拭する大きなカギとなることがうかがえます。 採用面接で「人物特性を引き出す」ための具体的な質問例とは 「価値観」「人柄や性格」「働き方」3つの項目について 人物特性を引き出し採用面接の精度を上げるための質問例をご紹介します。 採用面接で「会社と価値観が合っているかを確かめるため」の質問例 会社と価値観が合っているかを確かめるという意図で質問する際は、転職理由・志望動機やキャリアへのモチベーションが会社の理念や企業風土と合っているかを掘り下げて探ります。 (オープンクエッション) 「転職理由・志望動機を教えてください。 ありがとうございます。 ワークライフバランスの改善も転職を考えるきっかけとなったのでしょうか?」 採用面接で価値観に関して質問するときは、想いや将来の夢など表面的な話に終始しないように注意しましょう。 想いの原動力となった具体的な経験や、夢の実現に向けて起こしている行動を質問することで、深層的な人物特性を理解できるのです。 採用面接で「人柄や性格の傾向をつかむため」の質問例 人柄や性格の傾向に関する質問は、経歴に関する話題の中から自然な流れで行うのがポイントです。 共感を交えながら会話を進めると、話しやすい雰囲気を作れます。 ご自身では、チームメンバーに対してどのようにサポートしましたか?」 人は「伝わった」「解ってもらえた」を感じれば、より饒舌に話したくなるものです。 採用面接で「相手のよいところ」を見つけようと意識しましょう。 面接官が「自社に合う人物かどうか」「入社後の配属先でどう振る舞うのか」といった人物像を直感的に理解できるだけでありません。 行動原理やエピソードを上司や同僚など、面接に携わっていない人に客観的に説明することができ、採用面接の精度向上を図れます。 採用面接で「組織で求められる働き方と本人の希望を擦り合せるため」の質問例 勤務時間やワークライフバランスなど働き方に対する希望は、キャリアに対する価値観や人生観と密接に関わっています。 企業風土とマッチするかどうかの見極めは、優秀な人材の早期離職率を抑える上でも重要なポイントです。 」 働き方改革が叫ばれて久しい昨今。 働く時間や場所について、組織として許容できる範囲を変更する動きが社内にあるなら、トップの想いや社内制度整備中の情報を応募者に伝えるのも一手です。 採用面接では「相手の個性を尊重する姿勢」を伝えよう 人材不足が続くいま、採用面接は会社側も選ばれる立場となっています。 採用面接では、面接官も選考されているという意識を高く持ちましょう。 今回は不採用にした方でも、数年後にまたご縁があるかもしれません。 何より、社外で採用面接の印象を語られる際に口コミとなり、会社のブランディングに直結します。 新卒採用において「面接官の印象が悪かった」と求職者の後輩に伝えられると、母集団形成にも大きな影響を与えます。 採用面接では「相手の個性を尊重する姿勢」を伝えることが大切です。 求職者を見極めようと一方的な立場になるのではなく、将来自社の社員になるかもしれない、別の会社に行ったとしても取引があるかもしれないといった視点が求められます。

次の