ブリーチ 毛 縮 毛 矯正。 【絶対傷む】ブリーチしてから縮毛矯正はアウト!? | ヘアケア上手になろう!ビューティーヘアラボラトリ

ブリーチ毛×縮毛矯正

ブリーチ 毛 縮 毛 矯正

最後までどうぞよろしくお願いいたします。 【縮毛矯正毛はブリーチが出来るのか?】 「出来ません」 ごめんなさい。 初めからこんな感じですが・・・汗 基本的に、 縮毛矯正とブリーチを同時、または過去に履歴のある状態での施術はおススメしません。 もちろんくせ毛の方の場合、 縮毛矯正が第一でしょう。 毎朝のスタイリングでくせ毛を直すのも大変ですし、雨のたびに憂鬱になるのも困ります。 ですのでこの場合、縮毛矯正と同時か、以前に縮毛矯正をしている場合になります。 いつも同じカラーリングや明るさだと飽きちゃうし、たまには 冒険したカラーリングをしたい気持ちも分かります。 しかし、ブリーチと縮毛矯正は美容室のメニューの中で 1、2を争うダメージの施術です。 1、2のダメージのあるメニューを同じ個所に重ねる リスクは非常に大きいです。 失敗すると一回でダメになります。 可能でも 非常にシリアスな施術となりますので、基本としては 「無理にやらないことが大切」ですのでお忘れなく。 また、過去の縮毛矯正を 他店でやっていたりすると、どういう状況か分からないので特に 断ることになります。 シリアスな技術ほど、自分で管理した状態でやるものですのでそのあたりは理解していただけると助かりますし、お客さんも失敗がなく安心だと思います。 可能なら、出来れば肩くらいかそれより上が良いです。 長いだけでも日々のシャンプーやドライヤー、紫外線などで髪の毛は傷みます。 その上縮毛矯正をしているのですから、 鎖骨くらいか、せいぜいそれよりも少し下くらいにしましょう。 縮毛矯正をしている方で多いのが、長い方が伸びた時落ち着くからと言って、ロングの方が多いです。 それ自体は間違っていませんのでロングでも良いと思いますが、キレイな状態をキープしたい場合はカットした方が良いし、ましてや ブリーチをするのであれば、間違いなくカットした方が安全です。 毛先がある程度揃うくらいまでは切るようにしましょう。 引っかかると言うことは、枝毛の可能性があると言うことです。 枝毛と言うのは、すでに 髪の毛の内部が崩壊している状態です。 その状態にブリーチをするのはそもそも無謀です。 縮毛矯正をしていない方でも、引っ掛かりが多い場合はブリーチは止めるか、 引っかからないところまでカットしましょう。 無理して挑んだところで・・・再起不能になます。。。 3つの条件の中で1番大切です。 これは美容師の判断力になりますが、濡れている時に「グニャグニャ」だったり「テロン」とする場合は無理です。 明るくなりますが傷んで終わりです。 濡れている状態で、ある程度 ハリコシがあるのが条件です。 この 3つが揃っている場合は可能になります。 条件は細かく言うと他にもありますが、大体この3つが大丈夫であれば、 後は美容師の技術力と判断力です。 あくまでも私はそうします。 おそらくまっさらの地毛の状態(くせ毛)から同時にする事はほとんどないでしょう。 (その場合は下で解説しています。 ) 根元以外はすでに縮毛矯正をしている状態でしょう。 ですので、 毛先のダメージをカバーしながら先に根元から中間までをブリーチします。 そして抜け具合を見て毛先もブリーチに移行します。 この時、コーミングなどでなるべくダメージを重ねたくないのと、減力の目的で ウェット(濡らした状態)にしてから毛先にブリーチを塗布します。 先にブリーチをするメリットしては、 根元のくせが伸びやすくなります。 ブリーチをしてダメージを加えるので、弱残性の薬剤でもくせが伸びやすくなります。 またすでに縮毛矯正をしている部分に関しては、後でも先でも同じですが、もしブリーチにより少し毛羽立った場合になっても、後に 縮毛矯正をしてアイロンを通すことで毛羽立ちを納めたい考えもあります。 毛先に縮毛矯正の薬剤は付けませんが、流す時に多少なりともつくもので、それによって馴染ませる目的です。 やはり、この後の縮毛矯正の薬剤の強さでコントロールできるので、先にブリーチします。 しかし、当然ですが、必要以上にブリーチをしないように、 カウンセリングでここまではOK、これ以上はダメと言うように明るさの線引きはします。 あくまでもダメージの大きい2つの技術ですので、 美容師の判断で線引きは必要です。 何でもかんでもありではありません。 また通常のカラーリングであれば、色落ちの関係があるので先に縮毛矯正ですが、今回はブリーチなので、通常のカラーリングの場合とは変わります。 基本的には、 ブリーチで終わることは無く、その後に何かしらのカラーリングをして色を完成させるはずです。 目的のカラーリングがブリーチをしないと出来ないからブリーチをするわけですで、 ただ単にブリーチをするのであれば止めた方が良いです・・・。 ちなみにこの場合、かなりの時間を要します・・・。 おそらく 6時間くらいでしょう。 時間に余裕を持って予約、行動してください。 ダメージの大きい2つの施術を同じ個所にやるには 非常にリスクがあります。 よく覚えておきましょう。 また同時にやる場合の 多くはブリーチが先になります。 その後の縮毛矯正でくせが伸ばしやすくなるのと、毛羽立ちを抑える目的で後に縮毛矯正をします。 あくまでも3つの条件をクリア出来れば、 ブリーチも含めた色々なカラーリングも楽しめるのでぜひ日々のケアも大切にして、普段から負担の無いような生活を心がけてくださいね! 沢山のハッピーなヘアカラーを楽しめることを祈っております。 今回は 「縮毛矯正毛はブリーチが出来るのか?」をテーマにして解説していきました。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

【髪質改善縮毛矯正】ブリーチ毛でも失敗せずに縮毛矯正をかける!|コラム Ash 銀座店 高石 大輔|Ash オフィシャルサイト

ブリーチ 毛 縮 毛 矯正

「酸性だから傷まない」 そんな話を美容室で 聞いたことはありませんか? 酸性と聞くと何? と思われると思いますが、 例えば 「ヘアマニキュア」や 「酸性ストレート」 最近では 「酸熱トリートメント」 などが美容室のメニューに あったりします。 そのもの自体での髪への負担が 少ないのは確か。 しかし、 その裏側にはデメリットも 備えていたりするんですよね。 ヘアマニキュアなら薬剤自体での ダメージが少ない代わりに コーティングによって髪を弱くしてしまう。 酸性ストレートは薬剤の負担は少ないが アイロンでの熱などによる物理的パワーの 負担が大きくかかってしまう。 酸熱トリートメントも 何回も繰り返すと 髪に大きな負担がかかってしまう。 結局メリット、デメリットがあり 傷まない施術など存在しないんですよね。 要は使い方。 どんなものでも使い方を 間違ってしまうと髪は とんでもないことになってしまうのです。 その代表的な失敗が 「酸性ストレート」 「従来のアルカリ剤を使う 縮毛矯正よりダメージが少ない」 「傷まない縮毛矯正」 などと神話のような話から 一昔前にブームになり、 デメリットも生じる事から その失敗はかなり減ってはいますが まだまだ少なくはありません。 今日は酸性ストレートで 髪が傷みきってしまった お客様の髪質改善です。 本日のお客様 ブログからご来店頂きましたお客様です。 先日、他店で縮毛矯正をされましたが 髪が大変な状態に。 ゆわば 「ビビリ毛」という状態です。 僕自身も怒りすら覚える程の お客様の状態。 濡らして見てみてもカットも乱雑。 縮毛矯正って大きく分けると 2つあるのですが、 アルカリ性の薬剤を使う縮毛矯正と 酸性の薬剤を使う縮毛矯正。 縮毛矯正は 「 薬剤のパワー+アイロンのパワー」を使い 「癖を伸ばす」という事なのですが、 アルカリ縮毛矯正は薬剤のパワーを強くし、 アイロンのパワーを弱くして行う方法。 酸性縮毛矯正は薬剤のパワーを少なくし、 アイロンのパワーを強くして行う方法。 なので、 バランスが大事という事で どちらが傷む、傷まないでは 無いんですよね。 今回の件につきましては、 1液を流して乾かした時点から チリついていたという事から、 酸性と言いながら、 酸性ではなく中性の薬剤 だったのでは?と考えられます。 なぜなら、 酸性の薬剤だけだと 髪がチリつくことは珍しいですしね。 それに加え、 むやみやたらの力でのアイロン操作。 薬剤のパワーも強く、 アイロンでのパワーも強くすると バランスが崩壊し髪は大ダメージ。 その結果、扱えない程の状態に なってしまうんですよ。 そんなダメージから 改善していく方法として 「グリオキシル酸」による髪質改善。 詳しくはこちらへ。 同じ酸は酸でも使い方によって 大きく結果が変わるんですよね。 仕上がり ブロー無しの乾かしただけの状態です。 中のチリつきが強かった部分も 大分収まってくれました。 アルカリも酸性もどちらも使って 僕も縮毛矯正をやりますが、 どっちが良いとかではないんです。 どちらの良さも悪さも理解した上で お客様の髪に何が1番適しているのかを 判断する事が重要で、 結果、お客様の髪が綺麗になる事が1番。 「傷まない施術はありません」 間違った言葉や情報を判断を するのは難しいと思いますが 縮毛矯正は信頼できる美容師さんに してもらう事が1番ですよ。 もし、何かお困りの事がありましたら 僕にもご相談下さいね。 縮毛矯正 お客様実例 その他の縮毛矯正はこちらへ。 その他のメニューに関しては お問い合わせ下さい。 完全予約制 ・定休日 月2回、月曜日をお休み頂いています。

次の

全体ブリーチ毛の酸性縮毛矯正。

ブリーチ 毛 縮 毛 矯正

ブリーチしたら髪がパサパサ!縮毛矯正で治る?それとも傷む? 透明感のあるヘアカラーが最近ものすごく人気ですね。 ふわふわで日本人離れしたカラーリングにするためには、ブリーチが欠かせません。 ダブルカラーも随分身近なものになってきました。 ですが、ブリーチをして驚くのは「こんなに髪が傷むのか」ということですよね。 初めてブリーチした方にとってはあの「パサパサ」「キシキシ」とした質感はショッキングでしょう。 縮毛矯正で一気にサラサラに矯正してしまいたいと考える方も多いようです。 ですが、ブリーチで傷みがヤバイ状態なのに縮毛矯正をしても良いのでしょうか。 一部では髪が溶けるなんている噂もあるようですね。 ブリーチと縮毛矯正を正しく理解して、傷みを最小限に抑えられるようにしましょう。 もくじ 1. 2. 3. 4. 5. 6. ブリーチと縮毛矯正は基本的に組み合わせNG!傷みレベルはマックス! 結論から言うとブリーチをした後に縮毛矯正をしても、必ずしもサラサラな髪になれるとは限りません。 むしろ、縮毛矯正後にビビり毛といわれるような「チリチリ」な毛になってしまってもおかしくないのです。 つまり、それくらいブリーチと縮毛矯正は組み合わせて行うものではないということ。 ブリーチを一度した髪は「ブリーチがかかった部分を切る、もしくは生え変わってからでないと縮毛矯正を行わない」ということが基本なのです。 ブリーチも縮毛矯正も、どちらも強烈な髪の傷みを伴うため、行うならブリーチか縮毛矯正どちらかに絞りましょう。 確かに、ブリーチをした後の髪はいかにも「傷んだ髪」という質感が出てしまいますよね。 縮毛矯正ならどんな髪でもまっすぐサラサラにできるイメージがあるため、ブリーチヘアにも効果がありそう。 ですが、縮毛矯正は薬と熱の力で無理やり髪質を変えているだけ。 傷んだ髪を修復しているわけではなありません。 縮毛矯正とは天然パーマなどのクセを矯正するにはぴったりな施術ですが、傷んだ髪にはかけない方がベストのです。 反対に、一般的なカラーリングであれば縮毛矯正と組み合わせて行っても問題はありません。 同日に行える美容院もあれば、先に縮毛矯正をして1、2週間間隔を空けてからカラーリングをしてくれる美容院もありますね。 また、「カラーと縮毛矯正は一緒にできて、ブリーチと縮毛矯正はどうしてダメなの」と不思議に思われるかもしれません。 一見するとカラーリングもブリーチも髪色を変えるという施術は同じ。 それなのに、どうしてこんなに施術の組み合わせに差が出てきてしまうのでしょうか。 それはブリーチが非常に特殊な施術のひとつであるからです。 ブリーチとは「色を抜く」と表現されますが、元々持っている色の組織を潰してしまうという施術のこと。 ヘアカラーが普通の絵具でするお絵かきなら、ブリーチは既に絵が描かれている画用紙を消しゴムで擦って真っ白にしてしまうようなものなのです。 全然違いますよね。 しかも、ブリーチをすると髪が黒くなる元となっている「メラニン」を潰してしまい、髪が脆くなってしまうのです。 髪を黒く見せているメラニンという組織は、紫外線から髪や頭皮を守るという役割があります。 髪を守ってくれている組織を潰してしまうのですから、ブリーチで髪が傷んでしまうのは当たり前ですね。 そこへ縮毛矯正のような強い施術を行うなんて、髪にとっては「超異常事態」だというわけなのです。 【NOT縮毛矯正】ブリーチの傷みがひどいなら、ヘアケアでサラサラに! とはいえ、ブリーチヘアのパサパサ、キシキシとした傷みを放っておくわけにもいきません。 一日でも早くサラサラでツヤツヤな髪に戻りたいですよね。 それなら、縮毛矯正でサラサラにするのではなく、正しいお手入れでサラサラを目指しましょう。 シャンプーのチョイスからシャンプー方法、トリートメントはもちろんドライヤーの使い方まで徹底的に正しく行えば驚くほど髪はサラサラになっていきますよ。 しっかりとしたヘアケアを半年間は続けていきましょう。 中でも気を付けたいのはシャンプーとブローですね。 この二つを変えるだけでも髪の傷みはかなり軽くなりますよ。 ブリーチで傷んでしまった髪をサラサラにするためにはまず、 シャンプーはより低刺激でマイルドなものをチョイスし、洗い方も「ソフトに優しく」を心がけてみて下さい。 シャンプーはドラッグストアで500円程度で買えるものではなく、できればインターネットや美容院で販売されているものを使いたいところです。 更に、シャンプーをするときには徹底的に摩擦を起こさないように心がけることも欠かせません。 シャンプーは手に出したらよく泡立てて、泡でマッサージするように洗髪するのがベストですよ。 プロの美容師さんも、髪がソフトクリームのようになる位シャンプーを泡立てているのです。 泡で洗って髪に負担をかけないということが、傷みを軽くするコツということですね。 そして、最後のブロー、ドライヤーはトリートメント以上に大切なヘアケアとなります。 ブリーチした髪を自然乾燥するなんてもってのほか、髪は傷む一方ですよ。 「ドライヤーの熱で髪が傷む」と考えている方もいるようですが、逆です。 正しくドライヤーをすれば髪の毛の表面を整えることができ、ツヤツヤになります。 ドライヤー後に髪がボサボサ、パサパサになってしまうという場合は間違えたドライヤーの使い方をしているのかもしれません。 早めに正しく直して、サラサラになるブローを実践しましょう。 【順番】どうしても縮毛矯正とブリーチを同時にしたいなら? ですが「元々くせ毛で縮毛矯正は絶対にしたい」というブリーチしたい女子はどうすればよいのでしょう。 ブリーチをしてしまったせいで、今まで行っていた縮毛矯正ができなくなってしまうのいうのが辛いですよね。 もし、縮毛矯正とブリーチを両方行いたいなら「縮毛矯正をして1か月ほど経ったら髪の状態を見つつブリーチを入れていく」という方法を選びましょう。 髪の成分が激変してしまうブリーチをする前に縮毛矯正をして、髪質が安定してきたところにブリーチをする方がリスクは低くなるのです。 また、縮毛矯正とブリーチの順番については美容師さんの中でも意見の分かれるところなので、行きつけの美容院へ相談することも大切ですね。 中には「ブリーチは当店は行っていません」なんていう美容院も珍しくありません。 それくらい、ブリーチって髪を傷める施術なんですね。 そして「ブリーチして縮毛矯正をすると髪が溶ける」と言う美容師さんもいますね。 「溶ける」という表現は少々大げさかもしれません。 ですが、ブリーチを何度もしている髪にいきなり縮毛矯正をかけると、髪が切れやすくなってしまうことは間違いありません。 ブリーチと縮毛矯正を繰り返して髪がブチブチと切れやすくなり、エクステやウィッグでごまかすしかないという、重症なケースもあるのです。 つまり、髪の傷みを一番に考えるなら、ブリーチはしないに越したことはないのです。 くせ毛や天然パーマ、アホ毛を治したいなら縮毛矯正を優先するべきだということですね。 ヘアカラーをする前に、縮毛矯正とヘアケアで髪質を落ち着かせてみてはいかがでしょうか。 【傷みを最小限に】イルミナカラーなら縮毛矯正と組み合わせても大丈夫 美容業界で使用されている薬品は常に進化し続けています。 次から次へと新しいカラー剤やパーマ液が誕生しているのです。 そんな中「ブリーチなしでも透明感が出せるヘアカラー」というカラー剤も出てきました。 そのカラー剤が「イルミナカラー」です。 通常、ブリーチをしてからでないとキレイに色が入らないようなアッシュ系のカラー。 でもイルミナカラーならブリーチなしで、まるでブリーチをしたかのような透明感と光沢感を出すことができるのです。 もちろん、通常のカラー剤なので縮毛矯正をしても髪の傷みはブリーチ程ひどくなりません。 普通の手順と同様に、縮毛矯正をして1~2週間程度期間を空けてイルミナカラーをするとよいでしょう。 イルミナカラーはまさしく「髪の傷みが気になってブリーチができないけど、ふわふわ透明感あるカラーを楽しみたい」という方にはぴったりなカラー剤なのです。 ただし、イルミナカラーにも注意点やデメリットはあります。 色落ちも早いためお手入れも念入りに行わなければなりません。 髪質や今までどんなカラーやパーマをしてきたかを理解してくれている美容師さんとよく相談しながらカラーと縮毛矯正を組み合わせていきましょう。 ・ブリーチを一度した髪は「ブリーチがかかった部分を切る、もしくは生え変わってからでないと縮毛矯正を行わない」ということが基本。 どちらも強烈な髪の傷みを伴うため、行うならブリーチか縮毛矯正どちらかに絞るべき。 ・もし、縮毛矯正とブリーチを両方行いたいなら「縮毛矯正をして1か月ほど経ったら髪の状態を見つつブリーチを入れていく」という方法がベスト。 ・イルミナカラーならブリーチなしで、まるでブリーチをしたかのような透明感と光沢感を出すことができる。 ブリーチをしたくても髪の傷みが気になるのなら、縮毛矯正をして1~2週間程度期間を空けてイルミナカラーをするとGOOD。 私は実はブリーチをしたことがありません。 ですが私の周りでは、確実にブリーチ経験者が増えている気がします。 以前は「金髪=ブリーチ」だったのですが、グラデーションカラーなどが人気になりブリーチはすっかり身近なものになったんですね。 だからこそ、正しくブリーチについて理解して他の施術との組み合わせも考えられるようになりたいものです。 【あなたの髪の悩みを解決】.

次の