りそなクラブ 改悪。 りそな銀行のATM手数料が改悪予定?無料化する方法をチェック

りそな銀行のATM手数料が改悪予定?無料化する方法をチェック

りそなクラブ 改悪

りそな銀行は4月末で現在のポイント制度「りそなポイントバンク」を終了させる。 5月7日からは今まであった「りそなクラブ」に一本化し、制度も改正する。 従来のりそなポイントバンクは給与振込や公共料金引き落とし等の取引内容によって決められたステージごとに振込手数料キャッシュバックやローン金利優遇などの特典が提供されていたが、4月末でりそなポイントバンクによる特典は終了となる。 コンビニATM等利用手数料キャッシュバック対象者は7月末まで特典が継続される。 5月7日からはりそなポイントバンクとは別に運営されている「りそなクラブ」の制度を改正した上で一本化する。 給与振込や年金受け取り、投資信託購入など1回ごとの取引内容に応じてポイントを加算し、貯めたポイントはジョーシンや楽天、JALなどの提携先のポイント・マイルに交換できるようになる。 またポイントのキャッシュバックも可能になるとしている。 1000ポイントで700円程度 りそな銀行では「2つのポイント制度が並存していたため、分かりにくい等の意見があった。 より分かりやすいサービスを提供するため、内容を変更することにした」と今回の改正について説明している。 ただ大多数の利用者からみると、今回の改正は「改悪」とも受け取れるように思える。 従来の制度は給与振込や公共料金引き落とし、カードローンの利用などりそな銀行をメインバンクにする事により、ネットバンキングの振込手数料やコンビニATM手数料のキャッシュバックなどで恩恵を受けていた。 今回の改正後は1回ごとの取引内容で加算されるポイント数が決まるが、1回の給与振込や年金受け取りで10ポイント、月末の預金残高が10万円ごとに1ポイントなどとなっている。 1ポイントがどれだけの価値を持っているかが問題になるわけだが、ポイントのキャッシュバックの基準で考えると普通にメインバンクとして使っていただけではあまり恩恵を受けられないようである。 振込手数料やコンビニATM手数料のキャッシュバックの特典も無くなる事から、利用者が恩恵を受ける機会はかなり減るものと思われる。 今回の制度改正に関しては多くのユーザーが不満を持っていると見られ、りそな銀行から他の銀行に取引を移す人も多く出そうだ。

次の

ポイントで優遇をうける│埼玉りそなクラブ│埼玉りそな銀行

りそなクラブ 改悪

振込手数料やATM手数料に制限がかかるように みずほ銀行の会員制サービス、マイレージクラブ会員になっていると、条件付きではありますが、月4回まで振込手数料やコンビニATM利用料(時間外含む)が無料になるという特典がありました。 私の場合、家賃の振込みで使っているのと、ATMが多いのが魅力でみずほをメインバンクにしているんです。 みずほのATMって、駅前や商業施設だけでなく、スーパー内にもあったりとなにかと便利なんですよ。 ですが、2020年3月1日からマイレージクラブ会員の特典内容が変更になります。 変更で一番打撃なのは、 振込手数料と、ATM手数料に制限がかかるようになること。 振込手数料の変更 今までは、みずほマイレージクラブに入会する(無料)、外貨普通預金をするだけで、毎月4回まで振込手数料が無料になっていました。 それが、取引状況に応じて月3回までへと変更になります。 (下記、条件の1つを満たすこと)• みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)、みずほJCBデビットカード 年100万円以上の利用• みずほ銀行、みずほ証券、みずほ信託銀行などの資産運用商品残高合計 100万円以上• みずほ銀行の借入残高あり(住宅ローン、カードローンなど) 上記を満たせば、最高ランクのSステージとなり、みずほダイレクトの利用で、 月3回まで振込手数料が無料になります。 しかも、 振込み手数料無料の対象になるのはみずほダイレクト利用時なので、ネットバンキングのみ。 ATMからの振込みは対象外になるということですね。 取引状況にかかわらず、毎月4回まで振込手数料が無料だったのに、最高ランクのSステージでも1回分少ない月3回までになり、 Aステージ、Bステージに関しては振込手数料無料特典はありません。 ATM手数料にも制限 ATM手数料にも制限がつきます。 月4回まで無料だったコンビニATM利用手数料も、取引状況に応じて月1回~月3回までと変更になります。 しかも、 コンビニATM利用手数料無料の対象はイーネットATMのみで、セブン銀行とローソン銀行が外れます。 メインバンクをネット銀行にします 土日や三連休にATMを止められても我慢していたのに、この改悪はひどいですね・・ メインバンクをみずほ銀行から、ネット銀行に乗り換えることにします。

次の

ポイントの確認・交換方法

りそなクラブ 改悪

え?銀行株? そう、銀行。 旅と銀行。 なかなか縁がなさそうな感じですが、「りそなホールディングス」の株主優待は、マイルにも通じる優待だったりするので、普段使いで、「りそな銀行」やグループ銀行が身近にある人は、考えてみてもイイかも…と。 100株で月間20ポイント+ステータス まず「りそなホールディングス」は、「りそな銀行」・「埼玉りそな銀行」「関西みらいフィナンシャルグループ(関西みらい銀行・みなと銀行)」などからなる銀行グループ。 その「りそなホールディングス」の株主優待は、りそなグループのポイントである「りそなクラブポイント」。 まずその株主優待の内容について見てみると、こんな感じ。 保有株式数 優待内容 月間付与ポイント数 ステータス 100株以上 月間20ポイント パール 500株以上 月間25ポイント パール 600株以上 月間30ポイント 以降、100株毎に5pt加算 パール 2,000株以上 月間100ポイント 以降、100株毎に5pt加算 ルビー 4,000株以上 月間200ポイント ダイヤモンド 最大で4,000株につき年間2,400ポイントが進呈されると言うシロモノ。 注意点としては、優待対象銀行が、「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」「関西みらい銀行」の3行で、「みなと銀行」は対象外なのと、個人名義の普通預金口座を持っているコトが、優待を受けるにあたって必要になります。 マイルに変えられるりそなのポイント 優待で得られる「りそなクラブポイント」は、キャッシュバックも可能ですが、以下のパートナー企業ポイントにも交換が出来ます。 パートナー先 交換クラブポイント数 交換後のポイント数 JALマイル 100ポイント 50マイル ANAマイル 100ポイント 50マイル WAONポイント 100ポイント 100ポイント nanacoポイント 100ポイント 100ポイント 楽天Edy 100ポイント 80ポイント Tポイント 100ポイント 90ポイント キャッシュバック 1,000ポイント 700ポイント *上記以外にも交換先はあります キャッシュバックが換算率70%なのに対して、電子マネーなどの方が、換算率が良いのですが、JALとANAのマイルに交換ができると言うのが、貴重な所。 まぁ、4,000株を持っていると、年間2,400ポイントですから、マイルに換算すると1,200マイル。 そこまで大きなマイル数ではありませんけれどもね。 因みに、「りそなクラブポイント」は、基本的には銀行取引で貯められる訳ですが、案外、ハードルが低いのが特徴だったのですが、2020年10月以降にリニューアルが予定されており、今までに比べると、やや貯めにくくなるかな…と言うのが、正直なところ。 ただリニューアル後も、株主優待のポイント数などは変更がない模様ですが。 手数料でも優遇が! 「りそなホールディングス」の株主優待がお得なのは、最低単元株でも、ステータスが得られると言う点。 具体的に、サービス優待が得られるステータスの内容は、以下の通り。 ただ10月のリニューアル以降は、かなりステータスのハードルが上がるので、ステータスがルビー止まりでOKと言うサブバンクとして利用している人には、おススメ出来る感じで、メインバンクとなると、2,000株まで持っていないとちょっと辛いですかね。 楽天証券ならば、楽天カードとの提携でお得に!! りそなHDの業績は? ただ気になるのは、「りそなホールディングス」の業績。 そもそも銀行自体が、最早、斜陽産業に近付きつつある中で、メガバンクでも地方銀行でもナイ「りそなホールディングス」って、どうなのよ?と。 業績 経常収益 経常利益 当期純利益 1株利益 2018年3月連結 742,927 217,777 236,251 100. 51 2019年3月連結 860,706 203,018 175,162 75. 63 2020年3月連結 880,544 214,290 152,426 66. 27 配当状況は、以下の通り。 分配時期 配当金 2018年度中間配当 10円 2018年度期末配当 10円 2019年度中間配当 10. 5円 2019年度期末配当 10. 5円 2020年度中間配当 10. 5円 2020年度期末配当 10. 5円(予定) PERは7. 23倍。 PBRは0. 41倍。 年初来高値は478円。 年初来安値は295. で、現状の株価は、こんな感じ。 業績的には緩やかに下降線。 そして、銀行株自体、コロナ以降の復調が遅い。 でも、それってまだまだ株価が低いとも言えるけれど。 株主優待狙いのりそなHD株式は、お得か? さて、これを踏まえて、「りそなホールディングス」の株式はお得なのか。 そもそも銀行株は、現在、総じて安値圏。 それを考えると、アリなのかな。 そう思います。 配当性向も良好で、そこに優待が加わる形になりますからね。 特に、ATM使用時の手数料を払っている人なんかには、良いかも。 ただマイルが得られると言っても、やっぱり弱いですよね。 そもそも獲得できるマイル数が、そこまで多くないですからね。 でもJALやANAですら、保有しているだけではマイルに繋がらないのに、りそなはそれが通じていると言うのは、特筆できますけれど。 あと銀行と言うセクターの中でも、りそなは今後のビジョンが分かりにくい。 そして、年々、何かしらの改悪が行われている感じがしなくもないですが。 それでも、近くにりそな銀行グループの支店やATMがあれば、ステータスが得られるので、最低単元株だけでも持っておくのは、アリかと思いますが。 100株ならば、そんなに習得必要金額も高くないですしね。

次の