中央 競馬 日程 表 2020。 開催日程/時刻

JRA日本中央競馬会(スマートフォン版)

中央 競馬 日程 表 2020

JRAは2020年度の開催日程を発表した。 2020年度は京都競馬場整備工事に伴う開催の振替を行うとともに、東京オリンピック開催への対応や暑熱対策等を踏まえた開催日程となった。 また重賞競走は、秋季競馬における古馬マイル路線の一層の充実を図るために富士ステークスをGII競走に格上げするとともに、開催日割を変更することに伴い配置を整備する。 概要は以下の通り。 ・年初の開催は1月5日(日)の中山・京都競馬から始まり、年末の開催は12月27日(日)の中山・阪神競馬となる。 ・3日間開催は以下の通り。 1月11日(土)~13日(祝・月) 中山・京都競馬 3月20日(祝・金)~22日(日) 中山・阪神競馬 9月19日(土)~21日(祝・月) 中山・中京競馬 11月21日(土)~23日(祝・月) 東京・阪神競馬 ・京都競馬場整備工事を行うため、11月の京都競馬を阪神競馬に振り替える。 また、良好な芝馬場維持等を考慮し、7月の中京競馬と9月~10月の阪神競馬を入れ替える。 ・1月~3月の開催を第1回小倉競馬(12日開催)、第1回中京競馬(8日開催)とする。 また、4月~5月の開催を第1回福島競馬(8日開催)、第1回新潟競馬(6日開催)とする。 ・7月25日(土)から8月9日(日)は、東京オリンピック開催への対応および暑熱対策の観点から、札幌および新潟の2場開催とする。 なお函館競馬および札幌競馬は、開催時期をそれぞれ1週繰り上げる。 ・マイルチャンピオンシップ(GI)の前哨戦としての位置づけを明確にするため、富士ステークス(GIII)のGII昇格を、日本グレード格付け管理委員会に申請中。 承認された場合は格付け表記および負担重量を変更する。 ・クラシック三冠を含むJRA・GI競走7勝を記録し、種牡馬としても7年連続リーディングサイアーを獲得するなど輝かしい成績を残したディープインパクトの功績を称え、報知杯弥生賞(GII)(皐月賞トライアル)を報知杯弥生賞ディープインパクト記念(GII)(皐月賞トライアル)に改称する。 (JRA発表).

次の

開催日程/時刻

中央 競馬 日程 表 2020

JRAは10月21日、20年度の開催日程を発表した。 年初は1月5日(日)の東西金杯からスタートし、年末は12月27日(日)の有馬記念当日まで。 主な変更点は以下の通り。 【京都競馬場の工事に伴う変更】 ・京都競馬場の整備工事が行われるため、11月の京都開催が阪神開催に振り替えられる。 また、良好な芝馬場維持等のため、7月の中京開催が9~10月の 阪神開催と入れ替えられる。 【夏季競馬について】 ・7月25日 土 から8月9日 日 は、東京オリンピック開催への対応、暑熱対策の観点から、札幌、新潟の2場開催となる。 ・函館開催、札幌開催の開始時期が1週繰り上げられる。 札幌開催の終了時期に変更はなく、札幌開催は19年度より2日多く開催される。 【弥生賞が改称】 ・競走馬、種牡馬として輝かしい実績を残したディープインパクトの功績を称え、「弥生賞」が「弥生賞ディープインパクト記念」に改称される。 承認された場合は格付け表記、斤量規則が変更される。 【ホープフルSは有馬記念の前日】 ・ホープフルSが5回中山9日目から5回中山7日目(有馬記念の前日)に変更される。

次の

JRAが2020年度の開催日程を発表 11月の京都競馬を阪神競馬に振り替え

中央 競馬 日程 表 2020

JRAは10月21日、20年度の開催日程を発表した。 年初は1月5日(日)の東西金杯からスタートし、年末は12月27日(日)の有馬記念当日まで。 主な変更点は以下の通り。 【京都競馬場の工事に伴う変更】 ・京都競馬場の整備工事が行われるため、11月の京都開催が阪神開催に振り替えられる。 また、良好な芝馬場維持等のため、7月の中京開催が9~10月の 阪神開催と入れ替えられる。 【夏季競馬について】 ・7月25日 土 から8月9日 日 は、東京オリンピック開催への対応、暑熱対策の観点から、札幌、新潟の2場開催となる。 ・函館開催、札幌開催の開始時期が1週繰り上げられる。 札幌開催の終了時期に変更はなく、札幌開催は19年度より2日多く開催される。 【弥生賞が改称】 ・競走馬、種牡馬として輝かしい実績を残したディープインパクトの功績を称え、「弥生賞」が「弥生賞ディープインパクト記念」に改称される。 承認された場合は格付け表記、斤量規則が変更される。 【ホープフルSは有馬記念の前日】 ・ホープフルSが5回中山9日目から5回中山7日目(有馬記念の前日)に変更される。

次の