小柳津 林太郎。 小柳津林太郎は結婚した?彼女とその後!年収と実家がヤバい!

小柳津林太郎のインスタ身長や会社&プロフィール!結婚相手に求めるタイプは?

小柳津 林太郎

Amazonプライム・ビデオの大人気恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」で輝きを放ち、今も第一線で活躍している、小柳津林太郎 おやいづりんたろう さん。 子会社社長や取締役を経て現在は自身の会社を経営。 小柳津さんのルーツとなる幼少期や仕事観、結婚観などに迫ります。 家族との時間が濃かったアメリカ生活 「父の仕事の都合で、6歳から14歳までの幼少期はアメリカ・ニューヨークの郊外で生活をしていました。 何よりも家族で過ごす時間が多く、毎日家族でご飯を食べるのが当たり前。 学校行事も家族みんなで参加していて、日本で暮らしている時よりも家族一緒の時間が多かったと感じています。 」 ————と、語る小柳津林太郎さんは帰国子女。 アメリカでの8年間は自由奔放に生活していたそう。 「アメリカで家族一緒に過ごすことが多かったからか今でも家族は仲がよく、家族のグループLINEが活発です。 いつもたわいもない会話で盛り上がっていますね。 実家に帰ることも多くて、先日は母の誕生日だったのでプレゼントを持って実家に帰っていました。 アメリカでの思い出は?と聞かれると、思い浮かぶのはやはり家族とのこと。 週末にはみんなで日本人向けの商業施設に行って、1週間遅れの少年マガジンを買ってもらったり、スーパーファミコンのカセットを買ってもらったりしていました。 」 自由に生きた幼少期から一転、規則正しい寮生活に身をおいた高校時代 15歳になった小柳津さんは日本に帰国。 お母さま、叔父さまが通っていた高校に入学し、寮生活を送ることに。 「アメリカに住んでいた頃は、自由奔放に楽しんでいたからあまり勉強はしていなかったんですよね。 だから、日本に帰ってきてからは公立に行こうと思っても良い学校にはいけない、どこに行ったらいいかも迷っている状態でした。 」 ———— 寮生活は思春期の男の子にとって、思い切った選択ではなかったのでしょうか? 「母や叔父が通った慣れ親しんだ場所だったので、知らない学校に行くよりはいいと思って寮のある高校に進学することを決めました。 毎朝布団を畳むところから始まり、学校から帰ってきて掃除をして1日が終わる。 こんな毎日にアメリカとのギャップを感じることもありましたが、実家に帰って家族と過ごす時間が幸せで心地良くて……。 あのままずっとアメリカで生活していたら今のような自分にはなれていないかも。 いい意味であの時代には戻りたくはありませんね。 」 入社3年目に子会社社長に抜擢 「大学ではESSサークル 英会話サークル に入り演劇に目覚めました。 演劇は就活生になっても続けていて、当時は演劇の道に進むことも考えていたので、正直就活には全く興味がありませんでした……(笑)でも、この先演技でサラリーマン役をやるにしても、1度はサラリーマンを経験しておかなきゃ演技ができないな、という気持ちで就活を始めました。 社員の人と僕の相性もいいなと思ったので、入社面接を受けました。 他に受けていたのはNHKのアナウンサー。 5次審査くらいで落ちてしまったんですけど、アナウンサースクールにも通ったりして、本気でなりたい職業でした。 サイバーエージェントに入社して1,2年目は、がむしゃらに働いていました。 負けず嫌いな性格なので、ただひたすらに仕事に打ち込んででいましたね。 そのおかげもあってか、 入社3年目には子会社の社長に抜擢していただきました。 入社時は3年勤めて合わなければやめようって思っていたんですけど、気付いたら約7年半、子会社社長として働き、サイバーエージェントにはトータルで10年も働いていました(笑)」 人生で1番悩んだ「バチェラー」後の自分 ————Amazonプライム・ビデオの恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」で2代目バチェラーとして本気の恋愛に挑んだ小柳津さん。 番組参加中のお仕事はどうしていたのでしょうか。 「バチェラーには有給をもらって参加しました。 仕事のことは考えず、どの女性とこの先過ごしていくかということを真剣に考えていました。 ただ、バチェラーの放送終了後は、今までの人生で1番と言っていいほどこれからの仕事に対して悩みましたね。 そのためには新しいチャレンジをしていかなければいけない。 今の会社に不満はないけれど、このままでいいのだろうか。 でも、いつまでも悩んでいたってしょうがない!悩み続けるのは現実的ではない!と思い、 2019年1月には退職を決めて翌月2月には会社を退職していました。 次に何をするかまったくのノープラン。 約5ヶ月間ニートになり、やりたいことを見つける旅と称していろんなところに旅行をしていました。 」 ————その旅を経て、現在の会社を立ち上げられたのでしょうか? 「起業も視野に入れていたんですけど、僕はサイバーエージェント1社しか経験していないので、転職も考えていました。 でも、現在の会社の共同経営者に『今までいろいろ経験してきたお前が転職って違うんじゃない!?』って言われてハッとしましたね。 そこから一緒に仕事をしようと、GHOST ゴースト という会社を立ち上げました。 飲食だけでマネタイズするのではなく、プラスで稼げるようなビジネスモデルを作り、飲食業界の賃金水準を上げていきたいと考えています。 それに日本にも海外同様チップ文化を根付かせたい。 チップがあることで働く側も訪れる側もより良いサービスを提供するきっかけになると思うんですよね。 」 40歳までには父になりたい 「最近2つ下の弟が結婚をして、微笑ましいと同時に「あ、先を越されたな」と思いました(笑)結婚願望はもちろんあるのですが、僕はそれよりも 子どもがほしいと思う方が強いですね。 両親からたくさん愛情を注いでもらって育ったので、自分の子どもにも繋いでいきたい。 生命のバトンタッチという感じかな。 今は会社を立ち上げたばっかりだし、事業も始動したばかり。 今すぐ結婚や子どもとはいかないけれど、あと2年後の40歳までには子どもがほしい。 でも行き着くところに行き着くと思うので、あまり決めない方がいいかもしれないですね……!」 「結婚相手に求めることってあまりないんですが、仕事の話ができる人がいいですね。 僕日々のできごとを報告したがりなんですよ(笑) 『今日は〇〇さんと会ったよ!』『〇〇がうまく行ったよ!』とか。 ただの寂しがりやなだけですけど……。 芯が強くて仕事ややりたいことに真剣に向き合っている人が僕の結婚相手には向いているのかなと思っています。 そんな素敵な人と出会い、子どもが生まれた日には溺愛間違いないですね! もちろん子育てには積極的に取り組みたいと思っていますが、ベビーシッターや家事代行など、 アウトソースを使える部分は使いたいと考えています。 奥さんや僕にしかできないことを2人で協力し合うのはもちろんですが、それ以外の部分を 誰かの力を借りて補うことで、奥さんも僕もストレスを感じることなく、子育てや仕事に集中できると思います。 」 出産・子育ては貴重な経験 ————これから結婚や出産、昇進や独立など、人生の大きな節目を迎えようとしている読者のみなさんにひとことお願いします! 「何事も人生経験。 僕がこれから望むのは、子どもを授かって、育んで、親が与えてくれた経験や愛情を子どもにも注ぎ、繋いでいくという経験。 みなさんもどんな些細なことでもいいので、何かを選んで学び、これから先の未来に向かって前向きに進んでいってほしいです。 」 Profile 小柳津林太郎(おやいづりんたろう) 京都出身・6歳~14歳までをニューヨークで過ごし、2006年株式会社サイバーエージェントに入社。 入社3年目で株式会社CyberX 代表取締役に就任。 その後2012年にアメリカ子会社のアメリカ子会社の立ち上げを牽引し、ゲーム事業統括本部 本部長就任 室長を経験。 2018年Amazonプライム・ビデオ『バチェラー・ジャパン』に2代目バチェラーとして抜擢され、2019年株式会社GHOSTを創立。 現在は代表取締役とタレントの2つの顔を持ち合わせ活動の幅を広げている。

次の

2代目バチェラー小柳津さん「今も恋はしてますよ」

小柳津 林太郎

コミュニケーションディレクター 小柳津 林太郎 設立 2008年5月 事業内容• ameba. 僕自身も新卒で入社したのは、サイバーエージェントでした。 志望したのは、「たまたまが重なって」ですね。 中学までをアメリカで過ごし、一浪を経て経営学部に進学しました。 そこで、英語演劇のサークルで表現することの面白さに目覚めてしまい、 就職活動を開始した当初は「サラリーマンになるか?」 「演劇を目指すか?」本当に悩みました。 ただ、一浪した上に親にこれ以上は迷惑をかけられないと… じゃあ、就職と決めた時も<表現者としての自分>を目指したくて、 安直ですがテレビ局のアナウンサー試験を受けました。 この時も広告業界には全く興味がなくて(笑) ある時友人から「サイバーエージェントのセミナーが面白いらしい」 と聞いて、軽い気持ちで参加してみたんです。 ところが、会社説明が他とは違い自分の興味を刺激してくる何かがあったし、 僕と相性が合うと直感したんです。 最終面接で代表取締役社長CEO 藤田晋さんに 「僕は表現者として大成したい」と正直に話したところ、 藤田さんから「だったら経営者になり、会社を通して社会に表現すればいい」 と勧められました。 自分としては「じゃあ、すぐに経営者を目指します」と言うわけでもなく、 まず社会人としての経験を3年間積みつつ、 戦っていけるかなと入社を決意しました。 入社後に配属されたのは、マーケティングプラン部門でした。 最初はマーケティングの「マ」の字もわかないところからのスタートでしたが、 兎に角がむしゃらに働きましたね。 顧客の広告出稿戦略を考えるので、 常に<勝ち>を意識する仕事だったのもあります。 2年目の終わり頃には、 マネージャー職としてチームを引っ張っていく立場になり 「おっしゃ!」と気合いも入っていました。 そんな時に藤田社長から「今度、携帯サイト会社を立ち上げるから、 小柳津君は社長に興味あったっけ?」と声をかけられたんです。 掴んだチャンスには全力で人生を賭けてみてもいい いつかは…と考えていたことですが、 会社設立とはどういうことなのか? その意味もまだ曖昧な部分があり、不安がなかったと言えば嘘になります。 でも、チャンスって人生でそうそう降ってくるものではない。 ならば人生を賭けて飛び込んでみよう、 チャンスは全力で掴むものだ! と株式会社CyberXの代表になることを決めました。 設立から3年経過しましたが『世界に通用するモバイルサービスを創る。 そして、モバイル企業の日本代表になる』これは、 常に意識してきた当社の信念です。 今の日本のインターネット業界は、 まだ世界標準に成りうるコンテンツを生み出せてはいません。 しかし、スマートフォンが主流となりつつある今だからこそ、 携帯電話分野で最先端を行く日本から挑戦する価値があると考えています。 当社のコアビジネスは国内ユーザー向けソーシャルアプリケーション、 ゲームコンテンツ、mixiやGreeなどのソーシャルウェブサイトでの広告収入、 アイテム課金ですが、こうしたビジネスモデルを海外向けに展開していく為に、 グループ企業7社と<協調と競合>を上手く共存させながら進めています。 仲間探しには全力をつくす! 採用に関しては 新卒採用はサイバーエージェントと一体で実施していますが、 一貫して言えるのは「仲間探しには全力をつくす」。 モノづくり企業として、 設立当初からエンジニアやクリエイターの採用・人材育成には 力を注いできました。 当社の社員は、素直で頑張り屋が多く、 仕事・成果に対する執着心が強い、ここは絶対にブレることがありません。 あえてサイバーエージェントとの違いを挙げるとすれば、 総合職の幅を広げていく!ある職種に特化するだけでなく、 クリエイター、エンジニア、プロデューサーの仕事を取り込んだ<総合職> というか、要は制作に携わる人間が考え行動した方が仕事が早く回るはずです。 こうした変化に適応していく柔軟さは世界展開を目指す企業では必須ですからね。 当然、人材育成もこれらを見据えているので、 英語・中国語、アジア圏に強い人材を求めていますが、 もし今は多少言語に不安があっても、 他言語の人々とコミュニケーションを取ろうとする姿勢、 間口の広さや積極性を買いますね。 生涯思い求めていける軸を見つける 実は、祖父も父も全員医者の家系、 僕自身は長男という立場で、継げる病院も実はありました。 でも、絶対に曲げない信念があります。 それは「中途半端な人生は送らない。 後悔しない人生を送る」こと。 経済学部に進学し、 就職か演劇の道に進むか迷うなど、 まわり道をしたからこそ気づけたのかも知れませんが、 継ぐべき家業があったことで、ご先祖様に…何より自分自身に申し訳ない生き方は、 絶対にしたくありません。 皆さんには、仕事だけでなく、 生涯思い求めていけるブレない軸を言語化して持つべきだとアドバイスします。 軸があれば、どんなに高い壁が立ちはだかり、苦しい状況にあっても、 そこで折れるか…乗り越える為に原点に立ち返るか選ぶことができます。 もちろん、僕自身も演劇を通じて知った「表現の面白さ」が、 人生の軸になっています。 これをさらに追及し続けていきますよ!.

次の

小柳津林太郎の実家がすごい?年収や総資産はいくらなの?|VIDEO NOTE

小柳津 林太郎

Amazon Prime Videoの恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン The Bachelor Japan 』の2代目バチェラーに抜擢され、現在は顧問業、俳優業、講演活動、オンラインサロンの運営など様々な方面で活躍されている小柳津林太郎さんにお話を伺いました! プロフィール 出身地:京都 活動地域:東京、海外 経歴:少年時代をアメリカで過ごし、慶応大学では英語演劇に打ち込む。 新卒でサイバーエージェントの広告部門に配属された後、フィーチャーフォン向けウェブサイトの制作やソーシャルゲーム開発の子会社を率いる。 現在の職業および活動:株式会社GHOST 代表取締役社長 CEO 座右の銘::表現者として大成する 「自分の強みを活かせることをしないと、意味がない」 Q. どのような夢やビジョンをお持ちですか? 小柳津林太郎さん(以下、小柳津 敬称略) ビジョンは 「表現者として大成する」こと、表現を死ぬまで磨き続けることです。 それは大学の頃から変わっていません。 「表現」は、演劇や番組出演という人体表現、ブログや書籍などの文字の表現、会社を通して社会に表現、その時々によって手法は変わりますが、表現者としての追求を生涯かけてやっていきます。 バチェラーにも出演させてもらいましたが、作品を通して感動してくれた人や、夫婦間でもまた恋愛したくなったなど、いろいろな反応がありました。 僕のした表現によって、見た人たちが感動したり、次の行動に移せる後押しになったり、その人の人生のプラスになることを行動として示したいです。 それを具現化するために、どんな目標や計画を立てていますか? 小柳津 あまり目標計画を決めすぎて、縛られてしまうのは違うと思うので、 今は目の前にきているチャンスやオファーなど、やるべきことに全力で取り組むようにしています。 その中で決めていることは毎年毎年、まだ経験をしていない大きなチャレンジをしていくことです。 昨年を振り返ると、会社を辞めて、YouTubeチャンネルやオンラインサロンの立ち上げ、上場企業の顧問就任、起業、ビジネスタレントとして講演会やメディア出演など取り組みました。 実店舗としてはアルゼンチン料理の店舗を出そうと考えているので、最大限に良い店舗をつくるために実際にアルゼンチンに行き、ドキュメンタリー映像も撮影しました。 このチャレンジを通して、店舗立ち上げに賛同と協賛を得ることもできましたし、自分たちの自主的なチャレンジをコンテンツ化して収益化できた初めての経験となりました。 また昨年、立ち上げた会社GHOSTではいずれ美容事業に携わりたいのがあり、外見の美容でいうならスキンケアですが、内面の美容としてストレス緩和、運動、食事など健康な状態で楽しい人生を長く送れるようなサービスを提供したいとも考えています。 これからもやりたいことは生きていく上で変わっていくとは思いますが、やりたいことにチャレンジするためにも、ビジネスも成功させていきたいです。 その目標や計画に対して、現在どのような活動指針を持って、どのような活動をしていますか? 小柳津 現在は顧問業、エンジェル投資家やメディア出演など様々な方面で活動しています。 活動する中では、客観的にダサいと思われることはしたくありません。 ちゃんと世の中の時流に沿って自分の強みを活かせてることを世に出すことを大事にしています。 今やろうとしている飲食事業に関しても、ただ飲食の店舗を出すだけでなく、日本の飲食事業の問題解決をしていき、広げていくところまで考えています。 例えば、日本の接客サービスのクオリティは世界から見ても高いですが、年収を見ると海外と比べると低い傾向があります。 それを僕が飲食をするなら、今まで培ってきたIT側面を駆使してソフトウェアなど開発して解決していきます。 それを他の飲食事業でも展開していくところまでをしないと、僕が飲食業に関わる意味がないと思っています。 僕じゃなくてもできることなら「ダサい」と思います。 僕だからこそ、提供できることは何か?相手や世の中が欲しているものをちゃんと提供することをやっていきたいです。 そもそも、その夢やビジョンを持ったきっかけは何ですか? 小柳津 自分とはどういう人間なのか、どこに向かいたいのか、どうありたいのか、それと向き合ったのは就活が大きかったです。 向き合う中で「表現者として大成したい」というのができました。 表現というところでは大学時代の演劇をしていたのが大きかったですね。 演劇や俳優業もしていたのがあり、人を表現力で動かす尊さに触れることがありました。 表現をすること、個性があることが良しとされる世界だったので、とても楽しかったですね。 それに、目立つことが出来るというのもありました(笑) その楽しさがあったからこそ、今の事業もまだまだ道半ばですが、仕事をする中で判断に迷った時には「表現者として追求し続ける」というのが僕のありたい姿に繋がっていると思います。 演劇との出会いで「表現」が軸になった背景には、何があったのですか? 小柳津 僕は6歳から14歳までアメリカに住んでいました。 だから僕の中での当たり前はアメリカの文化なんです。 アメリカは個性があることが良しとされるし、表現することが当たり前でした。 ですが高校は、全寮制のPL学園に進学することになり、目立つやつは潰しにいくという環境でしたね。 「英語を話せるから調子乗んなよ」って言われることがあったり、そんなことを言われるのが、面倒くさかったですし、大人しく、個性を殺して耐え忍ぶしかできませんでした。 だから、大学の演劇に出会えたのは目立つことが許されて楽しかったのもありますし、社会人になってからも、ストレス耐性がついたのがありましたね。 サイバーエージェントに勤めていた時も言われていましたが、世の中はどんどん変化していくから、変化に順応しないといけません。 高校の時にアメリカから日本へとガラッと環境が変わることに順応していったので、僕はいつでも変化ができますし、チャレンジにすることに対して抵抗がないですね。 記者 表現に対して真摯に取り組む意志を感じました。 1282本 AI時代に人間にチャンスを提供し、まだ見ぬ未来から今をリライズする新時代創造マガジン。

次の