新聞 代 軽減 税率。 【勘定科目】新聞代の勘定科目は?電子版も同じ?軽減税率に注意!|資格取得Navi+

【新聞の軽減税率】入手する「場所」や「方法」によって10%になります | マネーの達人

新聞 代 軽減 税率

新聞休刊日により週に1回しか発行されない場合であっても、通常の発行予定日が週2回以上であれば、軽減税率が適用されます。 消費税の軽減税率が適用されないケース ここからは、よく間違いやすい消費税の軽減税率が適用されないケースを紹介していきます。 書籍や雑誌は軽減税率の対象外 書籍や雑誌を軽減税率の対象外にするかどうかは議論があったようです。 しかし、有害図書の排除が難しいという理由などにより、今のところは軽減税率の対象外という方向で話がまとまっています。 週刊新聞や月刊新聞は軽減税率の対象外 新聞が軽減税率の対象となる条件に「週2回以上発行される」があるため、週刊新聞や月刊新聞は軽減税率の対象外となります。 例えば、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載した新聞・業界紙であっても「週1回」「月1回」しか発行されない場合は、軽減税率の対象外となります。 残念ながら 電子版の新聞には軽減税率が適用されません。 このことは、国税庁のホームページ「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別編)」でも記載されています。 インターネットを通じて配信する電子版の新聞は、軽減税率の適用対象となりますか。 出典:国税庁 仮に定期購読料が「紙版」と「電子版」で同じだったら、軽減税率が適用されない分、電子版のほうが割高になってしまいます。 コンビニや自動販売機は軽減税率の対象外 新聞をコンビニや自動販売機で購入した場合は、軽減税率が適用されません。 なぜなら、軽減税率が適用される新聞は、• その新聞を定期的に継続して供給することを約束した「定期購読契約」に基づくもの が対象だからです。 コンビニや自動販売機での購入は、その都度購入するものであり、定期購読契約に基づかないことから、軽減税率には該当しません。 最後に 消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。 新聞の取り扱いについては、• 定期購読契約が締結された週2回以上発行• 一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載 が条件となります。 場合によっては、定期的にコンビニで新聞を購入するより、定期購読契約をしたほうがお得になるケースもあります。 また、新聞の取り扱い店は、消費税の導入をスムーズに行うためのと合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきたいところです。 その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

次の

【勘定科目】新聞代の勘定科目は?電子版も同じ?軽減税率に注意!|資格取得Navi+

新聞 代 軽減 税率

「新聞」の消費税軽減税率適用条件 消費税軽減税率が適用される「新聞」とは? 消費税の軽減税率対象品目に「飲食料品」とともに「新聞」が挙げられています。 ただ、「新聞」といっても、何でも軽減税率の適用になる訳ではなく、条件が規定されています。 1,週2回以上発行 消費税の軽減税率が適用される「新聞の譲渡」とは、一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行される新聞の定期購読契約に基づく譲渡のことをいう、としています。 その「週2回以上発行」される新聞とは、通常の発行予定日が週2回以上とされている新聞をいいます。 もし、休刊日があって、たまたまその週が1回の発行となったとしても、「週2回以上発行」の条件に該当しますね。 一方、もともと週1回とか月1回発行することになっているものは、たとえ「新聞」と名前についていても、軽減税率の対象にはなりません。 2,定期購読契約 「定期購読契約の基づく譲渡」も軽減税率適用対象の新聞の譲渡の条件になっています。 「定期購読契約」ということは、その新聞を定期的に継続して配達されるということになります。 したがって、読売新聞や朝日新聞、産経新聞、毎日新聞、東京新聞、日本経済新聞といった誰でも新聞だと認識するようなものでも、新聞販売店の配達員が配達せず、コンビニエンスストアや駅売店などで販売されているものは、「定期購読契約」に該当しませんね。 したがって、コンビニエンスストアや駅売店などで販売されている新聞は、消費税の軽減税率の対象にならず、消費税10%がかかることになります。 スポンサーリンク 電子版新聞・デジタル新聞 新聞各紙の電子版には何があるか 若者中心に新聞をとらなくなってきた状況に対応するため、各新聞社は電子版を提供しています。 その電子・テジタル版が「日経電子版」です。 料金は、ほかの電子版と比較して少し高いです。 しかし、朝刊・夕刊の新聞記事が過去3ヶ月分検索できます。 経済ニュースは過去の記事をみたいことが多いので便利ですね。 電子版単体での契約はできませんが、通常の新聞購読料に少しプラスするだけで購読できます。 「読売プレミアム」では、スポーチ報知の1面が無料で読める特典があります。 電子版単体契約の「シンプルコース」「デジタルコース」と、通常の新聞購読契約にプラスする「ダブルコース」があります。 こちらも朝日新聞と同じように、電子版単体契約が2種類と新聞購読にプラスする1種類の合計3種類のコースがあります。 電子版単体契約は、「ワンデープラン」と「スタンダードプラン」、新聞購読に電子版をプラスする「プレミアムプラン」となっています。 ただ、新聞紙面と同じ内容を読めるのは、「プレミアムプラン」のみとなっていて、電子版単体契約では、有料記事しか読むことができないようです。 コースは、電子版単体契約のみです。 紙面すべてが読める電子版の中では、料金が安いところが特徴です。 ただし、過去記事検索ができない面もあります。 新聞電子版のメリット 新聞電子・デジタル版には、次もメリットがあります。 そして、回収日には、紐でまとめて重い束を回収場所まで持っていかなくてはなりません。 大変ですね。 電子・デジタル版なら、保管も紐でまとめることも、回収場所まで持っていく必要もありません。 でも、電子・デジタル版なら、スマホやタブレットを持てばいいですね。 しかし、電子・デジタル版では、得意な記事検索ができます。 しかし、電子・デジタル版であれば、その日起こったニュースを早く読むこともできます。 老眼の人なら、老眼鏡がなくてもよむこともできますね。 満員電車で新聞を読もうとすれば、まわりの人が迷惑がります。 その点、電子・デジタル版なら、小さなスマホでも読むことができ、まわりの人にあまり迷惑がかかりません。 その点、電子・デジタル版なら、写真がフルカラーできれいに見ることができますし、図もカラーなら白黒よりもわかりやすくなります。 紙の新聞にない映像ニュースを見ることできる場合があります。 新聞電子版のデメリット 新聞の電子・デジタル版は、いいことばかりではありません。 デメリットもあります。 Wi-Fiが繋がらない場所では、当然記事が読めません。 また、ポータブルルーターを使用している場合に、その電池が切れたり、ルーターが故障するとインターネットに接続できず、記事が読めなくなってしまいます。 記事を読めなくなります。 そのため、自分が興味のない話題でも、大きくなタイトルがついていると、その記事を読むきっかけにもなります。 電子・デジタル版は、小さいので、そんな使い方は困難です。 一覧性という意味では、やはり紙の新聞に劣ります。 それに対し、電子・デジタル版では、記事をひとつひとつ読むことになり、ざっと読むということができません。 電子・デジタル版の場合、印をつけたりはできますが、文字を直接書き込むことができませんね。 今日は、ここが安い、こっちの店が安い、あそこに新しい店ができた、など地元の情報を得られます。 しかし、電子・デジタル版の場合には、折込広告は入ってきませんから、地元の情報を得ることが困難になります。 スポンサーリンク 電子版新聞・デジタル新聞は消費税軽減税率の対象になるのか? それでは、電子版新聞は、消費税の軽減税率の対象となる「新聞」に該当するのでしょうか。 電子・デジタル版の新聞は、電気通信利用役務の提供に該当 インターネット接続により記事を読む電子版の新聞は、「電気通信利用役務の提供」に該当するそうです。 つまり、電子版新聞は、通信回線を通じて行われるサービスの提供ということです。 電子・デジタル新聞には軽減税率は適用されない ということは、電子版の新聞は、消費税の軽減税率適用の要件である「定期購読契約の譲渡」には該当しないことになります。 わかりにくいですが、少なくとも電子版新聞は「譲渡」ではありません。 「提供」なのです。 したがって、電子・デジタル版の新聞には、消費税の軽減税率は適用されません。

次の

スポーツ新聞や業界紙の販売は軽減税率の対象?

新聞 代 軽減 税率

山梨県中央市の税理士、田中です。 ザックリいいますと、配達してもらっている日刊の新聞は8%。 コンビニで買う新聞は10%の消費税がかかります。 文字どおりです。 イメージしやすいのは、配達してもらう日刊新聞ですね。 いちおう、「週2回以上」と「定期購読契約」について、すこし掘り下げてみましょう。 週2回以上発行の新聞とは 「通常の発行予定日が週2回以上とされている新聞」のことをいいます。 祝日などの影響で、たまーに週1回となることがある新聞をとってるんですけど…。 定期購読契約の新聞とは 平たくいえば「毎日配達してもらっている新聞」。 新聞販売店と契約すれば配達しれますよね。 まさにアレです。 コンビニなどで買う新聞は「定期」的に買っているとしても、「契約」を交わしているものではありません。 ですので該当せず。 コンビニで買ったら標準税率10%です。 新聞販売店は、仕入れ10%・売上8% 新聞販売店は、新聞を仕入れて、仕入れた新聞をお客さんに売って(配達して)います。 上のブロックのとおり、新聞が軽減税率8%の対象となるためには、2つの条件を満たさないといけません。 「週2」と「定期購読契約」です。 ここで問題。 「新聞発行者」(新聞を作っている会社)と「新聞販売店」との間には、実は、定期購読契約が存在しません。。 というワケで、「新聞販売店」の仕入れは10%になるんですね。 そしてその先。 お客さんに新聞を配達する行為(売上げ)は、「週2」と「定期購読契約」を満たす限り、軽減税率8%となります。 結果、仕入れの消費税率が(売上に比べ)2ポイント高くなってしまうワケですが。。 「一般課税方式」で消費税の申告書を作成する分には問題ナシです。 国(税務署)に納付する消費税を合わせて考えれば、バランスは保たれます。 (つまり、損はしていません。 ) 「損」とかいう表現は、お上にお叱り受けそうですが。。 週2はクリアしているし、定期購読契約だって結ぼうと思えば結べるんじゃないの? と思われるかもしれません。 しかしこれ。 新聞ではないのです。。 ややこしい表現ですが、 電子版の新聞は 【電気通信利用役務の提供】 というものに当てはまります。 消費税法という法律上のハナシに限っては、電子版の新聞は「新聞じゃあねえ!」のです。 簡易課税の事業者です。 以上の記事は、多くの事業者(新聞販売店など以外の事業者)にとって経費の話しになります。 ここでいう「経費」は、もちろん事業に関係するもの。 所得税でいえば「必要経費」になるもの。 法人税でいえば「損金」になるものですね。 つまり、事業に関係のない新聞代は軽減税率(8%)だとか、標準税率(10%)だとか、税率を意識する必要はありません。 消費税自体、意識しなくてもOK といえるでしょう。 もうひとつ。 事業に関係する(事業に必要だからとっている)新聞でも、• 簡易課税で消費税の申告を行っている• 免税事業者である 場合は関係ありません。

次の