髭 抜く。 髭を抜く癖は指先ひとつで簡単に直せます

髭を抜くことの危険性と気になる6つの疑問を徹底検証

髭 抜く

どうも、スキニーです。 ヒゲを毛抜きで抜いて早10年。 最初は痛かったけどキレイに抜けると気持ちいいんだこれが。 ネットで【 ヒゲ 毛抜き】で検索すると 肌に良くない!とか色素沈着!とかでてくるけど、ぼくは 全然問題ないっす 剃ると髭が濃くなると聞いてから、ああそれなら抜こう!ってなったのが始まりだった。 ぼくの周りにはヒゲを毛抜きで抜いてる人はいない。 やっぱこれって異常なことなの?? 毛抜きでヒゲを抜く!! 剃ると青くなるが、抜くと痕跡は残らない さっきも書いたけど、毛抜きでヒゲを抜いて10年はたっている。 たまに時間がないときは髭剃りで剃るんだけど、どうしても夜になると青っぽくなる。 青ヒゲってやつだ。 毛抜きで抜くとキレイに抜けるため青ヒゲにはならない。 ヒゲを抜く時間は?? 全部キレイに抜くまで大体2~30分はかかる。 根元までキレイに抜けるので、次のヒゲが生えてくるまで3日くらいかかる。 なので週に2回くらいヒゲ抜き作業がある。 髭剃りだと朝剃ると夜には生えてくるからね! 全て抜き終えると謎の達成感がある。 これ買うまではずっと100均で買ったピンセット使ってました。 100均のは、 ヒゲを確実につかんだ!と思って抜こうとしてもスルリと隙間から外れることがかなりあった。 あれ?もう一回!スルリ。。 95~100%の確率で一発で抜ける精度の高さ。 つまり最高! まじで『ヒゲ抜き』におすすめです。 拡大図みてくださいよ。 こいつは間違いなくキャッチしてくれますぜ、あなたのヒゲを! 毛抜き初心者にはコレがむいてるかもね。 初心者はヒゲをうまくつかめないからね!ぼくがそうだったように。 100均の毛抜き使ってる人は上記2つのどちらかをおすすめ。 時間短縮で5~10分は早く処理が終わりますよ! 毛抜きで抜くメリットは? ・青ヒゲ防止 ・次のヒゲが生えるまで時間がかかる ・キレイに抜けると気持ち良い!クセになる(ぼくだけ? 毛抜きで抜くデメリットは? ・剃るより時間がかかる ・毛抜きで抜いてると言うと、周りからコイツ変なやつ!って思われる ・たまに頑固なヒゲがいて抜くと痛い 世間的には肌に悪い!とかの理由でおすすめはしていない ネットで検索すると肌に悪いとか、色素沈着するから抜くのはダメとかの情報がでてくる。 ヒゲが生えるメカニズム情報つきで解説してるサイトもあった。 ぼくはたまたまそういった症状が出てない。 人によっては症状でる人がいるかもね! 剃ると青ヒゲになる。 抜くと肌が荒れる・色素沈着する。 どうしろと言うのか?? もはや エステや病院で脱毛するしかないのか。 一番間違いないのは脱毛でしょう。 しかしお高いんでしょう? 調べたらヒゲ脱毛で 10万円以上するとか、、、 そんな金ねえよ!って人は家で処理するしかないですね~ メンズなら必ず知ってるヒゲ剃り後のローション 【 ゼロファクター】 ヒゲに悩む多くの男性に、20年間支持され続ける「ゼロファクター」は、自宅で自分のペースで簡単にヒゲ対策ができますし、痛みもありません。 何より圧倒的に低コスト! 初回は980円と安い。 剃ったあとローション塗るだけ。 楽だし痛くないしこれは良い。 ぼくも毛抜きで対応できなくなってきたら【ゼロファクター】を使用する。 脱毛は高くて手がだせないよ。。 調べれば調べるほど色んなヒゲの処理方法が出てくるもんですね! お得に、そして完璧にヒゲを処理できる方法が今回記事に載せた方法。 男の身だしなみを大切にカッコよく年を重ねていきたいですね! 追記:ゼロファクター買いました!こちらの記事に結果書いてます。 siv41.

次の

閲覧注意!ヒゲを全部抜いたので生える速度を経過報告します

髭 抜く

ひげを抜いたら毛根に黒い液体が!毛根の仕組み紹介 抜いたひげの毛根が黒い理由を知る前に、少しひげの根元の仕組みについてご説明していきましょう。 毛根とは、皮膚下に埋もれている部分の総称で、文字通りの「毛の根」の部分です。 大まかに見ると、毛根を覆い囲んでいる「毛包」と、毛が生成される「毛球部」で組織されています。 「毛球部」は根元の膨らみ部分を指し、この内部に「毛乳頭」と「毛母細胞」があります。 ・毛乳頭 ひげの育毛を司る司令塔であり、毛細血管と繋がっています。 毛細血管から運ばれた栄養成分を受け取り、毛が抜けると、毛母細胞に発毛のシグナルを送ります。 ・毛母細胞 毛を作り出す細胞で、毛乳頭から発毛の指令を受けると、細胞分裂を盛んに繰り返し、同時に角質化(硬くなること)しながらメラニン色素で黒く色づけられていきます。 こうして「目に見える」毛を作っていきます。 以上が、ひげの毛根と呼ばれる内部の構造です。 一度ひげを抜くと、もうひげは生えてこないと思っている人もいますが、毛を生成するための司令塔、「毛乳頭」が存在する限りはひげは作り出されます。 また、毛乳頭は、毛穴の最下底で毛細血管と複雑に繋がっているので、毛抜きで取り除くことはできません。 毛の抜けた毛穴から、再び毛が生えてくるのは、雑菌の侵入や余分な皮脂が入ることを防ぐためでもあるのです。 では、ひげを抜いたときに、たまに毛根に付着してくる黒い液体状のようなものは、一体何なのでしょうか? 気になるその正体を、ご説明していきましょう。 毛根にくっ付いた黒い液体状のものとは?毛を抜くメカニズムとは 皆さんがひげを抜くとき、毛根から全て引っこ抜けているような、そんなイメージが強いのではないでしょうか。 ですが実際、細かく言えば、毛抜きで引っ張った毛は毛乳頭から切り離され、基本的に「毛根鞘(もうこんしょう)」という透明のゼリーのようなものが付着しながら抜けます。 この「毛根鞘」は、先ほどご説明した、毛根をぐるりと囲んでいる「毛包」の一部で、毛根と皮膚を繋ぎ留める役割をしています。 これが、付着してくる透明の塊の正体なのですね。 ちなみに、毛包の下には毛母細胞があるので、つまり、毛根鞘の下に毛が生成される細胞があることになりますね。 では、たまに付着している、黒いインクのようなものは何なのでしょうか? 結論から言うと、メラニン色素が働いている状態、つまり、発毛途中の毛であることを意味します。 したがって、まだ成長段階のひげが抜かれたときには、「メラニン色素」である、黒い液体状のものが付着していることになります。 これで、毛根に付着している黒い液体物の正体が分かりましたね。 毛抜きでひげを抜く場合、いずれにしても、毛乳頭が一緒に抜けることはないので、毛が生えてこなくなることもないのです。 ではそもそもの話、ひげを毛抜きで抜く行為は、ひげや皮膚にとって良いことなのでしょうか? 黒い毛根まですっぽり抜ける!ひげを抜くことは良いこと? これまでのご説明で、ひげの毛根の仕組みや、毛根に付いた黒い液体の正体など、ご理解いただけたと思います。 では次に、ひげを抜く行為に焦点を当ててみましょう。 男性の中には、ひげの剃り跡が気になったり、ひげを抜けば生えてこなくなるという理由で、日頃からひげを抜いている方もいるかと思います。 また、中にはただ楽しいからという理由で、ひげを引っこ抜く癖がついている方も少なくありません。 実際、ひげを抜くことで青髭のような剃り跡も残りませんし、気持ち的にもスッキリしますよね。 しかしながら、先にも述べた通り、ひげを抜いたところで、毛の生成元である毛乳頭がなくなるわけではありませんので、新しいひげはどんどん生えてきます。 逆に、ひげを抜く行為自体には、一時的に見栄えが良くなる以外にメリットはなく、多くの皮膚トラブルの原因になりかねないリスクの方が大きいです。 したがって、日常的にひげを抜くことは控えられると良いでしょう。 では、ひげを抜くことで、皮膚に与えてしまうダメージやトラブルなどを、詳しくご説明していきます。 ひげを抜くのはやめよう!起こりうる皮膚への影響 早速、ひげを抜くことで引き起こされるトラブルについて、ご説明していきましょう。 ・埋没毛 皮膚の内部に毛が埋もれて、出てこれない状態です。 ひげは1本1本が丈夫なため、無理やり抜いてしまうと、皮膚や毛穴に傷ができてしまいます。 傷ついた毛穴は、それを治すためにカサブタのような膜を作り出しますが、傷を治すはずの膜が毛穴を塞ぐ原因になり、毛は皮膚の内部に閉じ込められてしまいます。 その結果、毛が皮膚下で成長する「埋没毛」になってしまうのです。 ・毛嚢炎(もうのうえん)や炎症 ニキビのようにも見える毛嚢炎は、大半が赤い小さなボツボツができた状態です。 症状が軽い場合、痒みや痛みなどの炎症はありませんが、症状が重くなってくると、発熱や痛みが生じてきます。 原因としては、ひげを抜いた際に毛包に刺激が加わったことで、その弱った部分に細菌が侵入してしまい、最終的には、毛根周辺に炎症や化膿の症状が生じてきます。 ・色素沈着 ひげを抜いた部分に、黒いシミのようなものができてしまう状態です。 この色素沈着には、「メラニン色素」が関わっており、ひげを抜いたことによる皮膚や毛穴のダメージや、そこで引き起こされた炎症を抑えようと、色素細胞(メラノサイト)が盛んに作り出されます。 健康的な皮膚であれば、肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)により、古い角質と共に余分なメラニンも剥がれてしまうので、色素沈着することはありませんが、ターンオーバーが乱れることで、余分なメラニンが肌に溜まっていき、沈着してしまいます。 以上が、毛を抜くことによる、主な皮膚トラブルです。 しかしながら、上記のような皮膚トラブルの原因になると分かっていても、ひげ抜きがやめられない人も少なくありません。 肌トラブルに繋がるひげ抜き!分かっていてもやめられない理由 ひげを抜くことが皮膚や肌トラブルの原因だと分かっていても、日常的にひげ抜くことが習慣付いている場合、もしかしたら、「抜毛症」という病気を患っているかもしれません。 抜毛症とは、ひげやまつ毛、髪の毛などの全身の体毛が対象で、ごっそりと脱毛の跡ができてしまう、異常な量の毛を引き抜いてしまう精神疾患です。 抜毛症を罹患する大半の人は、日々の仕事や生活をしている上で、精神的に極度なストレスに晒されていることが見受けられ、そのストレスをぶつけるのが、自分自身になっているのです。 また、不安や緊張を取り除き、自分を安心させるために抜毛してしまうこともあります。 抜毛の症状には人それぞれありますが、抜毛には主に二つのやり方があります。 ひげの毛根に透明な塊がついていようが、黒い液体が付いていようが、そんなことに疑問を持つことなく抜毛にハマっている人がいれば、要注意が必要です。 しかしながら、どうしてもひげを抜きたい方もいるかと思います。 そこで、そんな方々に、ひげの正しい抜き方とケアの方法をご紹介していきましょう。 どうしてもひげを抜きたい方に!上手なひげの抜き方 先にご説明した通り、ひげを抜くことは多くの肌トラブルに繋がるため、いずれにしても、ひげを抜く行為はオススメはしません。 それを承知の上で、どうしても抜きたい方に、肌へのダメージをできるだけ軽減させる、優しい抜き方とその後のケアをご紹介します。 また、ピンセットは消毒しておくとベターです。 皮膚を冷やすことで、皮膚の炎症を抑えるのに効果的です。 以上のことを心がければ、少なくとも何もせずに抜くときよりは、皮膚へのダメージを軽減できるはずです。 確かに、抜いたひげの毛根に透明の塊が付着していたり、黒い液体物が付いているのを見るのは面白いかもしれませんが、肌トラブルを避けるためには、極力ひげを抜く行為はやめたほうが良いということを、忘れないでくださいね。 ひげを抜くのはできるだけやめよう ひげを抜く行為には、様々な皮膚トラブルやリスクが伴い、ひげや肌の成長の妨げになりかねません。 確かに、ひげを剃った直後と比較すれば、見栄えは断然抜いたほうが綺麗でしょう。 しかし、肌のことを考慮すれば、ひげ抜きは控えた方が良いと言えます。 どうしても抜く場合には、毛の正しい抜き方や、その後のケアなど、しっかりと熟知した上で、ひげ抜きを行ってくださいね。

次の

【髭を抜く癖がある人は要注意】怖すぎるリスク5つ&髭を抜きたくなった時の対処法3つを徹底解説

髭 抜く

目次はコチラ• 毛抜きでヒゲ脱毛した体験談 12年ぐらい 毛抜き・ピンセットでの髭脱毛体験談です。 10年以上、毛抜きで髭を抜き続けたアフター写真。 結果としては「薄くならない」 単刀直入に言うと、 毛抜きで髭を抜いたところで髭は薄くなりませんでした。 しかし、結局は生えてきます。 12年間、毛抜きで髭を抜き続け、さらに言うとレーザー脱毛を1回施術した後の写真です。 普通に濃いですよね? 16歳からずっと抜いてたので「もし抜いてなかったらもっと濃かったかも」という可能性はあると思いますが、 個人的には毛抜きでの脱毛は全く無意味だったと思っています。 12年もの間、肌を荒らしながら時間をかけて髭を脱いきた結果がコレって酷くないですか? 髭を抜くと肌が荒れ血が出る 僕の場合、もともと 「青髭」と言われるほど、濃くはありませんでした。 とくに口周りは 髭が濃いと言われたことはほとんどありません。 しかし、顎下は毛量も多く、髭が寝て生えるタイプだったのでシック等のT字カミソリで剃る度に血が出ていました。 それが嫌で、髭を抜き始めました。 「抜き続けると、髭が薄くなる」 そう信じで、抜いて毛穴から血がでても、肌が荒れても抜き続けました。 その結果が、さっきの写真です。 写真を見れば 「抜き続けると、髭が薄くなる」というのは幻想でしかなかったという事がわかりますね。 髭を抜くと時間がかかる。 圧倒的に時間の無駄! すでに髭を抜いている方ならわかるとおもいます。 例えば僕の場合は、あまり細かくは覚えてないですが、2週間に1度、2時間ぐらいかけて血を流しながら髭を抜いてました。 それを12年間なので、計算してみるとこんな感じ。 この計算でいくと、髭を抜く時間を時給800円のバイトにあてていたら、約50万円稼げてますね・・・ 50万あったらレーザー脱毛余裕で出来るやん! ほんと、完全に無駄です。 髭が毛根ごと抜けても意味はない 髭を抜く人しかわからないと思いますが・・・ スルっと抜けると、抜けた感じがしない。 毛根ごとズッポリ抜けると、この毛根討ち取ってやった!! と感じるんですよね。 12年間、幾度となく「毛根打ち取り」を経験しましたが、結果はコレですからね。 全然意味ないです。 髭を抜いたところで青髭は青髭。 青髭はモテない。 写真を見てわかったと思います。 無意味です。 髭を抜いても抜いても無意味です。 特に若い間は新しい髭がどんどん増えますので、毛抜きで抜いても肌が荒れるだけで、周りから人からすると青髭のままです。 青髭は不潔に見えるし、自分でも不快だし、何よりモテない。 そんな風に思っている人もいると思いますが、これはほぼ正解だと思います。 もちろん青髭でも彼女は出来るし、モテる人はモテます。 しかし、日本に置いては「モテるAさん」でも「ツルツル」と「青髭」だったら、同じ人物であっても前者の「ツルツル」の方が多数からモテます。 これは紛れもない事実であり、実際僕も体験しました。 時間をかけて無意味どころかデメリットだらけの髭抜きをするぐらいなら、今すぐにでもレーザー脱毛や脱毛器を始めたほうが絶対にいいです。 僕はレーザー脱毛も脱毛器もやっていますが、結果的に今はこんな感じです。 某美容外科で髭をレーザー脱毛した体験談 7年ぐらい継続中 ここからは、某美容外科でのレーザー脱毛体験談をサラっと書きます。 レーザー脱毛で髭はツルツルになった さっきの写真でわかるように、すでに髭は「ほぼツルツル」です。 もう7年間もレーザーを当てていますからね。 途中経過の写真をほぼ撮ってない 三日坊主 なので、あれですが、初回から2ヶ月後の写真はありました。 しかし、髭脱毛はそんなに甘くありません。 髭はしつこく戻ってきます。 髭レーザー脱毛はまぁまぁ痛い 「髭レーザー脱毛は痛いんじゃないの?」と思っている人は沢山いると思いますが、普通に痛いです。 僕の開始したころは、アレキサンドライトで、今みたいにジェル塗るタイプの脱毛器もなかったので普通に痛かったです。 友達が最近ジェル塗るタイプのやつで脱毛はじめましたが、やはり出力を強くしてもらうと痛かったとのこと。 特にフェイスラインの骨のところが痛いですね。 ただ、青髭じゃなくなるなら全然耐えられる痛さです。 (ゴムで打たれた時ぐらいの痛さです。 ) 痛さ一瞬、青髭一生ですからね。 髭でも 数万円で無制限ってのがありました。 僕は高い病院に行ったり、紆余曲折を経ていて、髭脱毛だけで30万円以上使ってますが後悔はしていません。 今ぐらいツルツルになるまで時間もお金もかかるのは確かです。 しかし、また生えてきます。 髭って50代ぐらいまで新しいやつがしぶとく生えてくるらしいので、結局は生えてきます。 しかし、レーザーで死んでいってる毛もあるので、青髭の人がレーザー脱毛を何十回とした場合、もとの濃さまで戻るってことはないでしょう。 おそらく、 20回も当てれば、今のぼくと同じぐらいの状態になるんじゃないでしょうか! 今は 「6回で数万円」などのコースが多いですが、最低でもそれを3ターンはしないと僕と同じぐらいの薄さにはならないと思います。 根気のない人にはオススメしませんが 「髭だけやりたい」とか「時間がかかっても安く済ませたい」という方にはオススメです。 ケノンは安いのがメリット 7万円とかで、ほぼ使い放題と考えると安いです。 家族と一緒に買ったりすると、半額、三分の一・・と割る人数分安くなっていくので、共同購入はかなりいいですね!! ケノンで全身やる場合は時間がかかる これは美容外科でのレーザー脱毛でも同じですが、全身に当てるのはかなりの時間を要します。 僕が行ってる美容外科の場合、全身で予約をとろうとすると「5時間はみといてください」と言われます。 ケノンの場合、自分で当てた場所を確認しながらしないと行けないので、結構疲れます。 ケノンでも満足は出来る 当たって砕けろで買ったケノンですが、思ってた以上の効果を発揮してくれてます。 美容外科のレーザー脱毛の特徴といえば「レーザー照射後、2週間ぐらいで毛がポロポロ抜け始める」って感じなんですが、ケノンでも同じです。 ポロポロ動画は以下のに置いておきます。 (中々うまく摘めてませんが) ケノン脱毛後10日目ぐらいのモミアゲの動画 ちょっと鏡を使えない状態だったので、中々毛を摘めずに手こずってますが、イメージとしては指と指でつまむと(毛を引っ張らなくても)ポロっと毛が取れる感じです。 これはレーザー・脱毛器でどちらかで脱毛したら誰でもこうなると思います。 中2美容 タロイモ ツイッター シェアさせていただきます。 女です。 個人的に、ひげが濃いだけで人を嫌いにはなりませんよ。 TVの男性アイドルやイケメン俳優さんを見る限り、確かに、永久脱毛が主流で流行っていそうです。 第一印象の清潔感で有利になりそうですね。 とても参考になりました。 私が調べた限りの感じですが、ケノンでのひげ脱毛は説明書にも難しいとあリます、毛の密度や焼けやすい箇所で色味ある点、年間通しての焼けずに脱毛する条件が揃いにくい点を考えれば、青髭である人が青髭ではない状態になるまでの大変さがよくわかりました。 管理人さん他、毛が濃くて悩む人の苦労が日本の社会で 受け入れられるようになってほしいと願うばかりです。

次の