ドコモ光 onu。 NTTの「GE

光回線のONU(モデム)とルーターのおススメ&NGな設置場所

ドコモ光 onu

ここで初心者の方がよく勘違いするのですが 「GE-ONU」に「Wi-Fi(ワイファイ)機能」はありません。 ここに注意してくださいね。 Wi-Fi機能を使うためにはどうしたらいいかと言うと、この「GE-ONU」とは別に 「ルーター」という装置を用意する必要があります。 「 」ならNTT回線のまま、高性能なルーターが無料で使えるのでおすすめです。 結論を先に言うと、• 「GE-ONU」と言う装置は、「ルーター」でも「モデム」でもありません。 「GE-ONU」は、ただの「光回線終端装置」です。 「GE-ONU」だけでは「無線Wi-Fi」機能が使えません。 (ルーターを別に用意する必要がある) ということになります。 すでに を持っていればそれにつないで使えば良いと思います。 を持っていないなら、あるいは買い替えるのなら、とりあえず下の を買えば良いです。 リーズナブルで、そこそこ 速いのでおすすめです。 「GE-ONU」ってなに?/「ONU」が光信号を変換している 「GE-ONU」を理解するために まず「GE-ONU」の後半部分「ONU」の機能から説明します。 初心者にも分かりやすく解説していきますね。 簡単に言うと、光回線の「終わり」と「始まり」の部分、つまり「端っこ」に取り付ける装置だと思ってください。 「端っこ」=「終端」ということから、別名 「光回線終端装置」とも呼ばれます。 この「ONU」の主な機能は 「光信号を電気信号に/電気信号を光信号に変換する」ということです。 私たちが普段何気なく使っているパソコンやLANケーブルは電気信号で動いています。 一方で、電子機器をWi-Fiでつないでいれば、それらは電波で通信していることになります。 しかし、光回線は「光信号」で通信するしくみです。 つまり「電気信号」と「光回線」で、それぞれ信号の種類が違うということになりますよね。 しかしこれでは「信号」の種類が違うので、パソコンを光回線で通信することができません。 そこで「光信号」と「電気信号」の境目である部分に、この「ONU」を取り付けます。 すると、「ONU」がそれぞれの信号をそれぞれの仕様にあわせて変換してくれるので、違う種類の信号でもうまく通信できるようになるというわけです。 「ONU」の機能について、お分かりいただけたでしょうか。 NTT社の「GE-PON」シリーズ/ただの製品の名前 次に「GE-ONU」の前半「GE」の部分についてですが、これは「GE-PON」シリーズの略です。 NTTという会社が自分の会社の製品に勝手に付けた名前、 製品名、つまり型番ですね。 NTT社の「ONU」装置として「『GE-PON』シリーズの『GE-ONU』という製品」が使われている、という話になります。 他社製品だと、Yahoo! BB光の「BB光ONU」やauひかりの「auひかりONU」があります。 「GE-ONU」はルーターなのか?モデムなのか? では最後に紛らわしい言葉との違いをハッキリさせておきましょう。 この「ONU」は「ルーター」や「モデム」と、どこがどう違うのでしょうか。 この点について説明します。 ルーターって何?/たくさんの機械をインターネットにつなぐ まず「ルーター」についてですが、簡単に言うと「ルーター」は「配線口」です。 「ONU」が「信号変換器」であるのに対して、ルーターは「配線口」なので機能が全然違います。 まったくの別物です。 ルーターをイメージしてもらうために、たとえば「私たちの家のコンセント」を思い浮かべてみましょう。 コンセントの口が足りなくなったら「配線タップ」を使いますよね? 配線タップを使えばコンセントをいくつも挿せるようになります。 これと同じで、ルーターがLANケーブルの差込口を増やしてくれます。 たくさんの機械をケーブルでつないでインターネットに接続するための「口」。 それがルーターなのです。 ルーターはコンセント口みたいなものです。 インターネットにPCやスマホ、タブレット、PS4などをLANケーブルでつないで使いたいときは、有線接続か無線接続を選んで接続します。 でも、ONUは「信号を変換するだけ」の装置です。 基本的に「LANポート(LANケーブルを差し込む口)」=「コンセント口」はたった1つしかありません。 これでは1台しかインターネットにつなぐことができなくなってしまいます。 また、「ONU」には電波を飛ばす無線LAN(Wi-Fi)機能がありません。 無線接続(Wi-Fi)ができません。 そこで、ルーターの登場です。 ルーターには次の機能があります。 複数の機械をインターネットに接続するための「ルーター」機能• 電波を発生させて無線LAN接続(Wi-Fi)を可能にする「アクセスポイント」機能• 複数の機械をLANケーブルで有線接続するための「LANスイッチ(LANポート)」機能 ですから「ONU」にルーターをつないで、そのルーターにたくさんの機械をつないでインターネットに接続して使っているのです。 ONUが光信号を電気信号に変換し、ONUから電気信号を受け取ったルーターはPCやスマホと電気や電波で通信し、その結果めでたくインターネットに接続できるというわけです。 逆に、ルーター単体では「信号の変換」ができません。 ということは、インターネットに接続できないということです。 電気信号と光信号は全くの別物なのです。 そこにONUとルーターを分けて使う意味があるのです。 だからONUとルーターは必ずセットで使います。 お分かりいただけたでしょうか。 (なおONUとルーター機能が合体した製品なら単体で使えます。 簡単に言うとモデムは「アナログ信号とデジタル信号を変換する装置」です。 光回線が普及する前は、電話線を介してインターネットを使っていました。 しかし、電話線はアナログ信号で通信します。 一方のパソコンやスマホはデジタル信号で通信します。 そこでモデムを使い、アナログ信号とデジタル信号を変換します。 つまり、先に説明した「ONU」の「デジタル・アナログ信号」版とでも言いましょうか。 ONUと同じように信号の種類を変換しているのがモデムです。 ということは、やはりモデムにもルーター機能は備わっていません。 あくまでモデムは「信号を変換するだけの装置」です。 したがってONUのときと同様に複数のPCやスマホをインターネットに接続するには、ルーターが必要ということになります。 ONUとルーター、ONUとモデム、ルーターとモデムの違いについて、お分かりいただけたでしょうか。 補足:ONUに取り付ける「おすすめのルーター」について 「ONUが届いた」=「Wi-Fiが使える」と勘違いしている人は、意外と多いです。 しかし、すでに説明した通り「ONU(GE-ONU)」単体では、Wi-Fが使えません。 Wi-Fi(無線接続)を使いたい人は、ONUとは別にルーターを用意する必要があるのです。 「ONU」は「回線業者(NTT等)」から提供されるものしか使えないのですが、幸いにも「ルーター」は自分で好きなものを選んで使うことができます。 ルーターの性能は用途に合わせて様々なタイプのものが販売されているので、高ければ高いほど性能は良いと言えますが、あまりにも高性能だと機能を持て余します。 自分の使い方と予算に合わせてぴったりなものを選んでくださいね。 【おすすめ】ドコモ光にしたら回線速度が「8倍」速くなった 当ブログでは「 」を推奨しています。 本当は「 」か「 」がベストなのですが、 対応エリアではなかったことと、スマホがau以外だったこともあり、いま現在は「 」を使っています。 ドコモ光は 「NTT光回線(フレッツ光)」で、プロバイダは 「GMO」です。 光回線とプロバイダを乗り換えたことで、 回線速度が8倍速くなりました。 やっぱり最後は 「乗り換える」という方法が 有効なようです。 詳しくはこちらの記事にまとめてあります。 どうぞ参考にしてください。

次の

フレッツ光のONUとは?料金・設定・返却・故障時の対処法

ドコモ光 onu

ドコモ光を解約する際には、基本的に2つの機器を返却します。 【ドコモ光解約する際に返却する2つの機器】• NTTからレンタルしているONU もしくはHGW• プロバイダからレンタルしている無線LANルーター 基本的にはこの2つの機器の返却になるのですが、プロバイダからルーターをレンタルしていない場合は、NTTのONUを返却するだけでオッケーです。 返却に際する手順等も特にないため、 そのまま箱に詰めて返却することになります。 ただし、返却時にトラブルが生じるようなこともありますので、後ほど紹介する注意点をしっかりと確認してから返却するようにしましょう。 それでは、具体的な返却タイミングや返却方法、注意点などを見ていきます。 どんな流れ?ドコモ光の解約から機器返却の流れを簡単に解説• NTTからレンタルしているONU もしくはHGW• プロバイダからレンタルしている無線LANルーター 2つの機器を返却するのですが、どちらの機器も見た目が似ているため、どっちの機器をどこに返却したら良いのかついつい迷ってしまいます。 また、返却用のキット 機器を入れる袋 が送られてくる場合もあるため、そういったこともしっかりと知っておく必要があるでしょう。 それでは、それぞれの機器の見分け方と返却方法、返却物をチェックしていきます。 返却物1:NTTに返却するONU もしくはHGW まずは、NTTに返却する機器からです。 NTTに返却する機器はONUもしくはHGW 人によってはモデム と呼ばれるモノで、 NTTのロゴマークが付いており直方体の形をしています。 返却物などが記載された紙も入っている。 詳しくは返却用キットに記載されていますが、機器本体の他に機器の電源アダプタやその他のケーブル 光ケーブル なども返却対象ですので、忘れずに同封してください。 サイズが大きいためポストではなく窓口やコンビニでの返却手続きになりますが、着払いで返却できるため返却に際しての費用は一切かかりません。 間違えてプロバイダの機器を送らないようにしっかりと注意して郵送しましょう。 返却物2:プロバイダに返却する無線LANルーター 続いては、プロバイダからレンタルしている無線LANルーターになるのですが、 この機器はレンタル必須ではありませんので、そもそもレンタルしていない人もいるはずです。 レンタルしていない場合は、上で紹介したNTTの機器だけを返却すれば問題ありません。 さて、プロバイダに返却する無線LANルーターの見分け方は、 メーカーのロゴがあるか OCNの場合はIPoE対応ルーターと書かれています どうかがポイントになります。 返却する機器と返却方法については記載してきた通りですが、返却に際していくつか注意点があります。 ここからは、その注意点とそれにより起こり得るトラブルについて紹介していきます。 ある程度高額な費用が発生してしまうようなケースもありますので、しっかりと確認した上で機器の返却をするようにしましょう。 注意点1:返却が一定期間送れると機器補償代が発生する 機器返却をする際に最も注意しなくてはならない点が 『返却時期』です。 基本的には、解約後すぐに返却するのがベストですが、何かしらの事情で返却に時間がかかってしまう人も中にはいるかもしれません。 ある程度なら問題ありませんが、 あまりにも返却が遅れてしまうと機器相当の金額が機器補償代として請求される可能性があります。 NTTや一部プロバイダでは明確な期日が記載されていませんが、GMOとくとくBBや niftyといったプロバイダでは『解約翌月の20日まで』になっています。 そのため、 記載されていないとしても解約翌月の20日までには返却しましょう。 万が一、どうしても返却できない理由がある場合は、NTTもしくは契約しているプロバイダに連絡して遅れてしまう旨を伝えておくことをオススメします。 注意点2:プロバイダの機器は返却しなくても良い場合がある プロバイダによっては、 レンタルした機器を返却しなくても良い場合があります。 例えば、GMOとくとくBBではレンタル期間が38ヶ月を超えると返却する必要がなくなり、ぷららも同様にレンタル期間が24ヶ月を超えると返却する必要がなくなるといった感じです。 全てのプロバイダに当てはまるわけではありませんが、中にはそういったプロバイダもありますので、解約する際に一度電話等で確認しておくと良いでしょう。 ちなみに、『docomo』のマークが記載された ドコモ光ルーターは返却する必要はありません。 docomoマークが記載されているのでついついレンタル機器と勘違いしてしまう人がいますが、ドコモ光ルーターは販売しか行っていないためレンタル品ではないです。 そのため、間違って返却しないように注意しましょう。 「ドコモ光ルーター01って何?」という方は、別記事「」で解説しているため合わせてチェックしてみて下さい。 注意点3:プロバイダによっては返却の送料がかかる 返却手順の項目でも少し触れましたが、 プロバイダによっては返却の送料を契約者側が負担しなくてはならないことがあります。 基本的に返却用キットが送られてこない場合は、契約者負担です。 逆に、返却用キットが送られてくるプロバイダの場合は、返却用キットに合わせて『着払い伝票』が同封されていることが多いため、着払いで返却できます。 その場合は、 『返却用キットが届けられる』もしくは 『電話などで問い合わせて返却先を教えて貰う』のいずれかの方法で返却することになるので覚えておきましょう。 注意点5:ケーブルやケース、説明書をなくしてしまった あるあるですが、ケーブルやケースを無くしてしまう人がいます。 「ケーブルがないんですが大丈夫ですか?」「送られてきた時の箱を捨ててしまったのですが…」などをよく耳にしますが、結論から言うと問題ありません。 基本的に 『機器本体』と『機器の電源ケーブル』だけあればオッケーです。 【ドコモインフォメーションセンター】 受付時間:9:00~20:00 年中無休 ドコモの携帯電話から繋げる場合:151 固定電話orその他の携帯電話から繋げる場合:0120-800-000 そのため、どうしても困った時は利用してみると良いでしょう。 また、自分の契約しているプロバイダが分かる人は契約しているプロバイダに問い合わせをするのがベストです。 機器の返却については知らない人の方が多いですので、「自分だけかも…」と思わず気軽に問い合わせをしてみて下さい。 まとめ:ドコモ光解約時に返却する機器について このページでは、ドコモ光の解約時に返却する機器について解説してきました。 ドコモ光の解約時に返却する機器は基本的に2つです。 NTTに返却するONUもしくはHGW• プロバイダに返却する無線LANルーター 基本的には以上の2つですが、 撤去工事を行う場合や機器を返却しなくても良いプロバイダの場合は返却する機器が1つになることもあります。 この辺は適宜合わせていくと良いでしょう。 また、ドコモ光の機器返却は意外と注意点が多いです。 ドコモ光を解約する際には、一度レンタルしていた機器の確認とプロバイダの確認を行い、しっかりと返却漏れがないかを確認するようにしましょう。

次の

ドコモ光で自宅をWi

ドコモ光 onu

フレッツ光で貸し出されるモデム 光回線インターネットでのモデムは2種類あり、1つは光配線方式ではONU(光回線終端装置)、もう1つはマンションで多いVDSL方式ではVDSL装置(宅内端末装置)です。 これは光回線の光信号をデジタル信号に変換するためのもので、フレッツ光を開通させるときにNTTからレンタルの形で送られてきます。 光配線方式で使われるホームゲートウェイやひかり電話対応機器は、ONUがルーターと一体型となったものです。 光回線にはモデムは必要ない? ONUやVDSL装置は、厳密にはモデムという名称ではありませんが、ADSLでのモデムと同じようなものと認識しておけば大丈夫です。 ONUのことを光回線でのモデム、と呼ぶこともありますが「モデム」というのは、ADSLなどアナログ回線でのデジタル信号変換器です。 厳密に言えば、光回線ではアナログでのモデムは必要ありません。 また、アナログでのモデムと同じくONU単体だけではルーター機能がないので、複数端末でインターネットをつなげるには、ルーターを別で設置するか、ルーター機能が一体型となったホームゲートウェイやひかり電話対応機器を使うことになります。 無料でモデムを交換してもらえるケース ではNTTフレッツ光でレンタルしているONUやVDSL装置、ホームゲートウェイなどのモデムは、無料で交換してもらうことはできるのでしょうか? モデムが故障した場合 機器が故障してしまったら交換してもらえます。 ネット接続に不具合が起きて、その原因がレンタル機器であれば、交換対応はしてもらえます。 故障が原因でのモデムの交換は、フレッツ光のサポートセンターへ電話で問い合わせるか、サポートページから申し込みます。 フレッツ光 NTT東日本 〈電話〉0120-000113(故障時サポート) 24時間受付(午後5時~翌日午前9時は録音受付) 〈インターネット〉 フレッツ光 NTT西日本 〈電話〉0120-248995(故障時サポート) 24時間受付(午後5時~翌日午前9時は録音受付) 〈インターネット〉 上記の問い合わせ先から連絡し、機器の状況を伝えて故障であれば交換のための手続きをしてもらえます。 状況によってはNTTから派遣されたスタッフが訪問し、ONUやホームゲートウェイの交換と接続作業を行ってくれるようです。 交換までの期間ですが、スケジュールの都合がつきさえすれば、最短で問い合わせの翌日には交換対応してくれるケースもあるようです。 モデムが古くなった場合 全くインターネットに接続できない故障ではないが、ネット接続が不安定になってきた場合、モデムであるONUやホームゲートウェイが古くなっているケースが考えられます。 そういった場合、モデムの交換はできるのでしょうか? こういったケースでは、接続しているPC本体やルーター、ケーブル、ACアダプタなどに特に異常が見られないようであれば、故障扱いで交換してもらえる可能性がありますので、電話で状況を伝えて相談してみましょう。 フレッツ光ネクストのマンションタイプ(過去のBフレッツ)で配線方式がVDSLだと、すでに10年近く同じモデムを使い続けている人も多く、接続が不安定になったことで故障・不具合扱いで古くなったモデムを交換してもらえるケースは多いようです。 ただし、明らかに不具合や故障が起きていなければ、たとえ10年同じモデムを使っていたとしても新しいモデムに交換してもらえるわけではありません。 つまり、古くなっただけではモデムの交換はしてもらえません。 モデムが古くなって調子が悪い場合は、交換してもらうよりも光回線の転用をして、新品のモデムと交換してもらう手段があります。 回線の転用は回線工事が必要なく、月々のインターネット基本料金が下がりますので、フレッツ光から契約の切り替えの検討をしても良いでしょう。 交換までのおおまかな流れ 故障したモデムは、大まかに以下のような流れで交換することになります。 機器の故障かどうか問い合わせる サポートページでの自己診断チェックリストや、サポートセンターでの問い合わせでは、まずPCの設定やルーター、ケーブルなどの周辺機器に問題がないかを調べます。 次に、自分が現在ネットを使用している建物やエリアのネット回線状況を調べてもらいます。 ここまでで問題がないようであれば、モデム側の故障とみなされます。 スタッフが派遣されて検証・交換する 実際に機器の状況を確認して自然故障であればその場で交換してもらえます。 ただし、機器側に問題がなかったり、自分で壊してしまったと判断された場合は、技術派遣料として7000~7500円が発生する場合があるようです。 これは、電話での問い合わせ相談で前もって念押しされるフレーズで、自然故障であれば交換のための費用はかかりません。 自分でモデム機器を交換する スタッフに来てもらう日程調整がつかない、他人を自宅になるべく入れたくない、自分で再接続・再設定することに不安がないなどの理由で 自分で交換したい場合、問い合わせの電話でその旨を伝えれば、ほとんど場合は宅配で交換用機器が送られてきます。 説明書通りに接続すればたいていの場合は問題なく交換できます。 古いほうの機器は、一緒に送られてくる返送用のキットに入れて返送してしまえば交換が完了です。 これはONU、ホームゲートウェイ、VDSL装置どれでも同じような手順で進められます。 ただし、ONUの場合はNTT側でONUのMACアドレスの書き換えが必要になり、その書き換えからONUを交換完了するまでの期間はインターネット接続ができなくなります。 ONU機器を受取って交換するまでの日程をうまく調整すれば使えない期間は1日ほどで済みますが、使えない期間が発生することを覚えておきましょう。 フレッツ光でレンタルしているモデムは、故障であればスタッフを派遣してもらっての交換でも、特に費用などはかからず無料で交換してもらえます。 実際に交換対応をしてもらった人の意見には、電話での対応も迅速で、意外とすんなり交換が完了してネット環境が以前より快適になったという声も多く聞きます。 機器を長く使っていて不具合を感じるようになったら、フレッツ光に問い合わせてみるとよいでしょう。 フレッツ光からお得な光コラボに転用する モデムが古くなって交換時期になっているのなら、お得な光コラボの回線に転用するのをおすすめします。 転用すればモデムが故障していなくても、古いモデムから新しいONUに交換可能です。 転用とは、NTTの光回線を卸してもらっているソフトバンクやドコモのような光コラボという事業者に契約先を変えることです。 転用しても同じNTTの光回線を利用しているため、契約先を変えても回線工事が必要なく、今まで使っていたお客様IDやひかり電話番号はそのままで利用できます。 Webか電話で転用の申込手続きを済ませれば、あとは郵送されてくるONUに差し替えるだけで、インターネットやひかり電話を利用できます。 光回線の転用をするメリットは、新品のONUが送られてくる以外にも、次のようなものがあります。 お使い携帯キャリアの回線に転用すればスマホ料金が 毎月最大1,000円安くなる• 代理店を通して手続きをすれば 11,000円のキャッシュバックがもらえる Softbankとドコモのキャリアの光回線に転用すれば、スマホ料金が安くなります。 そのため、転用をすればフレッツ光を利用し続けるのと比べて通信費の節約にが可能です。 また、契約代理店を経由してWeb上から申し込み手続きを済ませれば、キャッシュバックキャンペーンを受けられますので、フレッツ光でモデムを交換するよりも、転用すればお得にモデムの交換が可能です。 キャッシュバックは期間限定のキャンペーンがあるので、詳細は代理店の公式サイトでご確認ください。 auひかりは転用不可だが回線速度が改善される可能性あり 携帯キャリアの中でも、auひかりはフレッツ光からの転用に対応していません。 そのため、フレッツ光からauひかりに契約を変える場合は回線の工事が必要です。 とはいえ、auひかりはNTT回線を利用していない分、通信速度が安定しやすいメリットがあります。 通信速度はお住まいの地域や通信環境によって異なるので、フレッツ光からauひかりに乗り換えて必ず上昇するとは限りませんが、現在フレッツ光の回線速度に不満がある場合、改善される可能性があります。 また、auひかりに回線を変えると、auキャリアのスマホ料金が最大で2,000円割引されるメリットがありますので、auユーザーの人はauひかりへの乗り換えを検討しても良いかもしれません。 インターネットおすすめ光回線.

次の