有吉 島田紳助。 石橋貴明VS島田紳助【喧嘩】ものまね引退会見パロディで激怒!2人の確執とは

島田紳助「2010年代のテレビは上田、名倉、今田が中心になって回るよ」::ぱぴぷ速報

有吉 島田紳助

(C)まいじつ タレントの有吉弘行が、一部で報じられた元タレント・島田紳助氏の「復帰待望論」について、賛同しないとする私見を述べた。 発言は、1月19日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)内でのこと。 先日、歌手のmisonoのYouTube動画に島田氏が出演したことに触れ、「芸能界復帰歓迎の声多数だって」「本当? そうなの? 吉本の芸人にアンケート取ってみたいよね」と切り込んだ。 さらに、アシスタントを務めるお笑い芸人の「ノーとは言わないですよ。 みんな歓迎って言うんじゃないですか」という〝フォロー〟には、「(歓迎って)言うかな? 俺は言わないと思うよ」と笑いを交えて返した。 この忖度ナシの〝有吉節〟に対しては、多くのリスナーたちが拍手を送ったようだ。 ネット上には「さすが有吉」といった称賛の声が多数上がっている。 《相変わらず怖いものなしですなあ》 《本当にヤバそうなところはごまかしそうなのに、割と突っ込んだなw》 《ホントそれ!! 媚びないところがいい》 《昔の尖った有吉は身を潜めてるけど何も変わってない》 《ここまで言ってくれると痛快》 「島田氏の復帰待望論について否定的な発言をしたことそのものより、自身も芸能界にいながら臆することなく発言したことが評価されているようですね」(芸能事務所関係者) 常識人有吉の当たり前の発言 ちなみに有吉は同番組で、『ウッチャンナンチャン』の内村光良とともに新年会に出席したことについても話題に触れたが、内村に対しては「尊敬してる」とのこと。 「内村さんといると一切酔わない」のは「だらしないマネをしてはいけないっていう、自分の中の意識があるんだろうね」と明かした。 「自身がドン底にあったときにも番組に呼んでくれた内村に、ずっと恩義を感じているのでしょう。 怖いもの知らずに見られがちですが、線引きはしっかり踏まえている人です。 島田氏に対しての辛らつな発言も、話題づくりやウケ狙いではなく、ああ見えて常識人な有吉の素直な心情だと思いますよ」(同・関係者) 一方でネット上には「(島田氏に)復帰されたら自分のポジションが危ういからでは?」といった勘繰りの声もある。 有吉と島田氏のどちらに芸能界にいてほしいのか、それこそ〝アンケート〟が気になるところだ。

次の

“有吉がパロディ激怒”「東京03事件」よりヤバい島田紳助の恫喝をナイツが暴露!

有吉 島田紳助

島田紳助 10月6日に放送された『オールスター後夜祭』(TBS系)で司会を務めた有吉弘行が、『キングオブコント2018』で優勝したトリオ芸人・ハナコにつかみかかるシーンが何かと話題になっている。 「あれは2009年の同番組で、直前の『キングオブコント』で優勝した東京03を島田紳助が恫喝したシーンのパロディ。 ハナコも東京03と同じ3人組だったこともあり、有吉がコントを仕掛けたわけです。 ハナコに迫る有吉を止めに入った周囲の芸人からは、『あいさつしないと』という声が聞こえてきました」(テレビ雑誌記者) 紳助が東京03にブチ切れた理由は、彼らが番組収録前にあいさつしなかったからだった。 「『キングオブコント』の優勝を踏まえ、台本上、紳助との絡みが用意されていたにもかかわらず、本番前のあいさつがなかったことにブチ切れたんです。 シルク・ド・ソレイユのパフォーマンス中で、パネラー席の照明が落ちていた中、紳助が東京03に突進。 飯塚悟志の胸ぐらをつかんで顔面を殴打。 立派な暴行事件であるにもかかわらず、紳助にこれといったお咎めもなかったが、パワハラ問題に何かと過敏な現在であれば、もっと大きな騒動になっていた可能性は高い。 「紳助は1994年、『クイズ!紳助くん』(朝日放送)の収録中にフロアディレクターを大声でしかりつけた上、殴りかかり、あの西川きよしに『いかなる場合も暴力はいけない』と説教を食らっています。 01年には『太っ腹!紳助ファンど』(関西テレビ)の収録中、麒麟の田村裕が撮ってきたふがいなVTRに腹を立て、観覧のお客さんの前で田村の髪をつかんで引きずりまわし、殴る蹴るの暴行を加えたことが報じられました。 当時、吉本もこの事実を認めていますが、いずれも立場の弱い被害者たちが泣き寝入りしたことで、事件化することはありませんでした」(同前).

次の

【朗報】有吉、島田紳助を痛烈批判: みじかめっ!なんJ

有吉 島田紳助

島田紳助 10月6日に放送された『オールスター後夜祭』(TBS系)で司会を務めた有吉弘行が、『キングオブコント2018』で優勝したトリオ芸人・ハナコにつかみかかるシーンが何かと話題になっている。 「あれは2009年の同番組で、直前の『キングオブコント』で優勝した東京03を島田紳助が恫喝したシーンのパロディ。 ハナコも東京03と同じ3人組だったこともあり、有吉がコントを仕掛けたわけです。 ハナコに迫る有吉を止めに入った周囲の芸人からは、『あいさつしないと』という声が聞こえてきました」(テレビ雑誌記者) 紳助が東京03にブチ切れた理由は、彼らが番組収録前にあいさつしなかったからだった。 「『キングオブコント』の優勝を踏まえ、台本上、紳助との絡みが用意されていたにもかかわらず、本番前のあいさつがなかったことにブチ切れたんです。 シルク・ド・ソレイユのパフォーマンス中で、パネラー席の照明が落ちていた中、紳助が東京03に突進。 飯塚悟志の胸ぐらをつかんで顔面を殴打。 立派な暴行事件であるにもかかわらず、紳助にこれといったお咎めもなかったが、パワハラ問題に何かと過敏な現在であれば、もっと大きな騒動になっていた可能性は高い。 「紳助は1994年、『クイズ!紳助くん』(朝日放送)の収録中にフロアディレクターを大声でしかりつけた上、殴りかかり、あの西川きよしに『いかなる場合も暴力はいけない』と説教を食らっています。 01年には『太っ腹!紳助ファンど』(関西テレビ)の収録中、麒麟の田村裕が撮ってきたふがいなVTRに腹を立て、観覧のお客さんの前で田村の髪をつかんで引きずりまわし、殴る蹴るの暴行を加えたことが報じられました。 当時、吉本もこの事実を認めていますが、いずれも立場の弱い被害者たちが泣き寝入りしたことで、事件化することはありませんでした」(同前).

次の