発音 動画。 英語の発音を勉強するための動画11選

フォニックスの発音をyoutubeで学習できる子供向け動画まとめ

発音 動画

独学の発音練習方法 英語で1から10を数えるだけで、 日本人が苦手なf・v・r・thなどの 英語の発音が矯正できる練習方法が 解説された無料動画です。 そして、口の形を意識するだけで 一瞬で英語の発音は良くなります。 その方法について解説した動画を 以下に紹介します。 発音を矯正するコツ 口の形を意識すると日本語訛りが消え、 簡単にネイティブのような発音に矯正 することができます。 以下は、一瞬で英語の発音を矯正する コツが解説されている動画になります。 英会話や発音はスポーツと似ていて、 勉強だけではなく学んだことを意識し 練習することで上達していきます。 正しい方法を知る勉強も必要ですが、 トレーニングすることも大切です。 例えば、テニスが上手くなりたい時に、 テニスが上達する方法という本を読んで 勉強するだけでは上手くなりません。 勉強した後、実際にラケットを振ったり、 ボールを打つ練習をすると上達します。 そして、英会話はスポーツのように 相手に勝つ必要はないので簡単です。 テニスだとラリーができるようになると その次は試合で勝つための練習をしますが、 楽しくラリー(会話)ができればよいので 最終的に勝つことが目的になるポーツより 英会話はずっと気楽にできます。 脳科学的な練習のコツ やみくもにトレーニングするより、 脳の特性に沿って練習することで 早く発音を矯正できます。 そこで、以下に練習をする時に 意識するとよい脳科学的なコツを 解説していきます。 まず、声に出すと聞くだけの時より 学習効果が5倍~10倍に上がるので、 ぜひ声に出して練習してみて下さい。 そして、話す時に英語と日本語は 口の形や舌の位置が大きく異なるため、 声に出す時に少し大げさな位口や舌を 動かしたほうが普段、英語を話す時に 口と舌が動きやすくなります。 1ヶ月に平均7日繰り返し入力すると、 新しい情報を記憶します。 よって、1つの発音を習得する時に、 1週間続けて練習すると発音が矯正 されるのを実感できると思います。 もう一つ練習する時のポイントとして、 リラックスも心がけて下さい。 そこで練習中に緊張していると感じたら、 深呼吸してリラックスを心がけて下さい。 音毎の発音練習方法 以下はLとR、FとV、TH、Tなど、 音ごとに。 英語の正しい発音が 解説されている動画です。 アヒル口を意識して練習すると、 ネイティブのような英語の発音を より早くマスターできます^^ LとRの発音の練習動画 以下は、日本人が苦手なLとRの発音を 矯正する練習を解説した無料動画です。 THの発音の練習動画 この動画ではTHの正しい発音と、 矯正する練習方法が分かります。 Tの発音の練習動画 Tの正しい発音をマスターすると 英語の発音が劇的に矯正されるので、 以下の動画を観たら紹介されている 英単語を発音して練習してみましょう。 AとUの発音の練習動画 「ア」とカタカナ発音になりやすい AとUの発音の動画です。 以下の動画では日本語のアの音に近い 3つの英語の音が解説されています。 BとVの発音の練習動画 以下は、日本人が苦手なVと Bの発音の違いが分かりやすく 解説された動画です。 リンキングの練習方法 リンキングは2つの英単語を繋いで 1つの英単語のように発音することで、 リンキングを習得するとネイティブの ような発音になります。 そこで、以下に1日3分から独学で 簡単にできるリンキングの練習方法が 解説されている無料動画を紹介します。 リンキングをマスターするには、 ネイティブが話す英文を聴いて それを追いかけるように音読する シャドーイングがお勧めです。 以下では、英単語を覚えながら 英語のスピーキングが上達する お勧めのシャドーイング方法を 解説しています。 洋楽を歌う時には口や舌をよく動かすので、 正しい英語の発音で洋楽を歌う練習をすると 英語を話す時にも口や舌がよく動くようになり 正しい発音で話せるようになるからです。 そして、歌う時に自分の歌を録音し、 聞いておかしいと思ったところを改善し、 また歌って録音し、聞いて改善するという 練習を繰り返すと発音は良くなります。 スマホのボイスメモ機能を使えば 自分の歌の録音は簡単にできるので、 最初は少し恥ずかしいかもしれませんが 繰り返し聞いてていると慣れてしまうので ぜひ行ってみて下さい。 洋楽には会話で使わないような 独特の言い回しが使われていますが、 洋楽を歌うことで日本語と異なる 英語のリズムやイントネーションにも 慣れることができます。 そして、洋楽を選ぶ時のポイントは、 自分が好きな曲を選ぶことです。 人間には「痛みを避けて快楽を得る」 という誰もが持つ行動原理があるので、 好きでない曲だと痛みになって練習を 続けることが難しくなります。 逆に、その洋楽が好きで、聴いていて 楽しいと感じる曲なら快楽になるので、 自然に続けたくなります。 練習は続けることで効果が得られるので、 楽しいと感じる曲を選ぶことは大切です。 洋楽を選ぶ時の2つ目のポイントは、 簡単に覚えられる曲を選ぶことです。 たとえ好きな曲でも英単語やフレーズが 難しすぎてなかなか覚えられなかったり、 スピードが速すぎてついていけない曲だと 痛みになり練習するのが嫌になります。 よって、発音の練習をする洋楽を選ぶ時に、 自分のレベルにあった好きな曲を選ぶという 2つのポイントは非常に重要になります。 洋楽を選んだら毎日1回5分位でよいので 正しい発音を意識して歌って録音して聴き、 翌日発音がよくなかった所は直してまた歌う という練習をすれば発音は必ずよくなります。 オンライン英会話で発音矯正 正しい発音で言える言葉は 聞き取れるようになるので、 英語の正しい発音を習得することで リスニング力もアップします^^ ずっと日本語を使い続けてきたので、 最初は口や舌が思ったように動かず、 上手に発音できないかもしれませんが 練習すれば正しい発音は身につきます。 最初の1から10を数える練習方法は、 簡単で発音の矯正効果が得られるので 個人的にすごくお勧めです。 ただ、同じ動画だと退屈しやすいのと 人によって腑に落ちる解説が違うので、 複数の練習動画を紹介しました。 以下で、私が1ヶ月で激的に英語の発音を 矯正することができたオンライン英会話の トレーニング体験談を紹介しています。

次の

【動画】英語の「can」「can't」の発音の違いと聞き分け方!

発音 動画

私が本格的に英語学習に取り組み始めて、まず最初にしたことは次の3つでした。 1.文法 2.リスニング 3. 発音 このうち特に発音は最初にやっとかないと後々困ると、いろんなサイトに書いてあります。 で、それはその通りだと思って取り組みました。 その勉強法ですが、やはり今時はYoutubeがあるので、動画で観るのが分かりやすいですね。 皆さん有益な動画を挙げられているので、本当に頭が下がります。 発音に関しては、ネットで文字からも情報を得つつ、動画を最大限利用することで、みるみる良くなると思います。 私は英語力そのものが中学生レベル以下でしたから、発音も当然のようにメチャクチャで、とりあえず巻き舌にすればいいんだろうくらいのものでした。 しかし2年ほど経って、オンライン英会話を試してみたところ、講師から褒められたりしましたので、随分改善できたのだろうと思います。 私自身、決して発音が上手いとは思いませんが、それは初期にある程度やっておいたお陰かなと思います。 以上、5つほど挙げてみました。 私が発音動画を検索し、練習し始めたのは2017年始め頃ですが、その当時と比べても発音に関する動画はどんどん増えていると思います。 あとはお好みでどうぞという感じです。 英語発音を体系的に学ぶなら書籍 発音は動画で見るのが分かりやすいですが、体系的に知識が整えられているわけではありません。 そこで発音の全体像を体系的に知ろうと思うと、書籍に頼ることになります。 発音関係の本ですから、音声や動画は付いています。 Youtube等で見るより地味目になると思いますが、やっぱり1冊は持っておいたほうがいいかと思います。 ちなみに私はこちらの1冊のみ持っています。 ジュミック今井さんの『フォニックス発音トレーニングBOOK』です。 体系的か?といわれたらアレですが、私はフォニックスが重要だと思っているので、こちらにしました。 一見ポップなこちらのCD音声は、私のように車内で聴き流すには少し馴染みにいです。 おそらくテキストを見ながら音声を聴くのがベストで、しっかりと座学で行うのが良いようです。 意外と骨太です。 前半の、一字つづりの子音と母音で終らせてしまう方が多いかもしれませんが、母音のペアくらいからが本当に大事になってきます。 しっかり口の形を作って声に出すことをしないと、気がつくと口先だけのカタカナ発音になっています。 それでは英語らしい音にはならないでしょうね。 私も今さら気づいて、あらためて練習中です。 私が持っている発音本はこれ1冊です。 これだけでも十分だと思いますが、ここからは、もしこれから買うならこの中から選ぶだろうと思うものを、さらーっと列挙しておきます。 ちなみによく 「自分で発音できない音は聴き取れない」と言われますよね。 これについては、 「実際に発音できることと、リスニングできることは別」と私は思います。 リスニングについては、発音の仕組みを理解し、その音をよく聞く。 そしてたくさん聞く事によって分かるようになってきます。 現時点の私の発音とリスニングレベルを考えると、そうなります。 なので、初期学習段階で、あまりそこに神経質になる必要はないかなと思います。 気には掛けておいたほうがいいですが。 ただし、リスニングとスピーキングのさらなるレベルアップを目指していくには、自分の発音を向上させていく必要があるんだろうなと感じています。 私自身、発音はまだまだ実践の過程なので、そこで得られたことは、また記事にしたいと思います。 以上、学習初期に参考にした発音動画、書籍でした。

次の

独学で英語の発音矯正にお勧めの練習法!無料動画を紹介

発音 動画

私が本格的に英語学習に取り組み始めて、まず最初にしたことは次の3つでした。 1.文法 2.リスニング 3. 発音 このうち特に発音は最初にやっとかないと後々困ると、いろんなサイトに書いてあります。 で、それはその通りだと思って取り組みました。 その勉強法ですが、やはり今時はYoutubeがあるので、動画で観るのが分かりやすいですね。 皆さん有益な動画を挙げられているので、本当に頭が下がります。 発音に関しては、ネットで文字からも情報を得つつ、動画を最大限利用することで、みるみる良くなると思います。 私は英語力そのものが中学生レベル以下でしたから、発音も当然のようにメチャクチャで、とりあえず巻き舌にすればいいんだろうくらいのものでした。 しかし2年ほど経って、オンライン英会話を試してみたところ、講師から褒められたりしましたので、随分改善できたのだろうと思います。 私自身、決して発音が上手いとは思いませんが、それは初期にある程度やっておいたお陰かなと思います。 以上、5つほど挙げてみました。 私が発音動画を検索し、練習し始めたのは2017年始め頃ですが、その当時と比べても発音に関する動画はどんどん増えていると思います。 あとはお好みでどうぞという感じです。 英語発音を体系的に学ぶなら書籍 発音は動画で見るのが分かりやすいですが、体系的に知識が整えられているわけではありません。 そこで発音の全体像を体系的に知ろうと思うと、書籍に頼ることになります。 発音関係の本ですから、音声や動画は付いています。 Youtube等で見るより地味目になると思いますが、やっぱり1冊は持っておいたほうがいいかと思います。 ちなみに私はこちらの1冊のみ持っています。 ジュミック今井さんの『フォニックス発音トレーニングBOOK』です。 体系的か?といわれたらアレですが、私はフォニックスが重要だと思っているので、こちらにしました。 一見ポップなこちらのCD音声は、私のように車内で聴き流すには少し馴染みにいです。 おそらくテキストを見ながら音声を聴くのがベストで、しっかりと座学で行うのが良いようです。 意外と骨太です。 前半の、一字つづりの子音と母音で終らせてしまう方が多いかもしれませんが、母音のペアくらいからが本当に大事になってきます。 しっかり口の形を作って声に出すことをしないと、気がつくと口先だけのカタカナ発音になっています。 それでは英語らしい音にはならないでしょうね。 私も今さら気づいて、あらためて練習中です。 私が持っている発音本はこれ1冊です。 これだけでも十分だと思いますが、ここからは、もしこれから買うならこの中から選ぶだろうと思うものを、さらーっと列挙しておきます。 ちなみによく 「自分で発音できない音は聴き取れない」と言われますよね。 これについては、 「実際に発音できることと、リスニングできることは別」と私は思います。 リスニングについては、発音の仕組みを理解し、その音をよく聞く。 そしてたくさん聞く事によって分かるようになってきます。 現時点の私の発音とリスニングレベルを考えると、そうなります。 なので、初期学習段階で、あまりそこに神経質になる必要はないかなと思います。 気には掛けておいたほうがいいですが。 ただし、リスニングとスピーキングのさらなるレベルアップを目指していくには、自分の発音を向上させていく必要があるんだろうなと感じています。 私自身、発音はまだまだ実践の過程なので、そこで得られたことは、また記事にしたいと思います。 以上、学習初期に参考にした発音動画、書籍でした。

次の