玉川上水旧水路緑道。 代々木界隈、玉川上水旧水路緑道を歩く その1

玉川上水旧水路緑道 再整備に向けた取り組み

玉川上水旧水路緑道

新宿駅近くの甲州街道の南には、かつて神田上水とともに江戸の二大上水と呼ばれた玉川上水が流れていました。 昭和 40年以降、順次、暗渠となっていて、現在は、その地上部分が遊歩道として整備され、玉川上水旧水路緑道(代々木緑道)となっています。 玉川上水旧水路緑道は代々木三丁目から笹塚一丁目まで続いていきますが、そのうち代々木三丁目から四丁目までの区間が代々木緑道となづけられています。 玉川上水は、羽村取水堰から多摩川の水を取り込んで四谷まで、43キロの道のりを開渠で流れ、四谷から地下に潜って、江戸市中に水を供給していました。 渋谷区教育委員会の説明板が簡潔に玉川上水について説明してくれていますので、それを転記しておきます。 《玉川上水跡》 ここには、かつて神田上水とともに江戸の二大上水と呼ばれた玉川上水が流れていました。 現在は暗渠となり、当時の面影を偲ぶことはできませんが、各所に残る橋の欄干は玉川上水の名残です。 江戸時代初期、江戸の住民は神田上水と赤坂溜池の水を飲料水として利用していましたが、江戸市中の発展につれ水不足をきたしました。 そこで、承応元年( 1652)に玉川上水開設の計画が立てられたのです。 承応 2年( 1653)正月、幕府は庄右衛門・清右衛門兄弟に工事請負を命じました。 ここに老中松平伊豆守信綱を惣奉行とする、玉川上水開設の計画はスタートしたのです。 信綱の巨安松金右衛門の設計に従い、多摩郡羽村に堰を設けて取水口とし、四谷大木戸まで約 43キロの開削水路を通し、そこから先は地価に配管(石樋・木樋)を敷設するという、当時としては非常に画期的な工法がとられました。 このほかに玉川上水は、江戸市民の飲料水供給にとどまらず、灌漑用水や新田開発など武蔵野台地の発展にも計り知れない恩恵を授けたのです。 渋谷区教育委員会 《箒銀杏(ほうきいちょう)》 上記の説明板が設置されているすぐ近くに箒銀杏(ほうきいちょう)があります。 この銀杏は、少しはなれた所から見ると、箒を逆さまにたてたようにみえるところから、箒銀杏 とよばれています。 樹齢は約200年と推定されます。 この木に根本にある天満宮の小祠があります。 (下写真) ご祭神は代々木八幡宮に合祀されていますが、小さな祠が残されていて、近くの人のお参りする姿が見られました。 また、以前、この近くを流れていた玉川上水に架けられた橋は天神橋と名づけられていました。 玉川上水旧水路緑道は、かなりの道幅があります。 これは、玉川上水跡だけが緑道となったわけではないからです。 実は、玉川上水に並行して京王線が走っていました。 京王線は、現在は地下を通っていますが、京王線の笹塚 -新宿間が地下化されたのは昭和 38年 4月のことでした。 それまでは、京王線も地上を走っていて、西参道までの線路は、玉川上水の南側にありました。 そして、西参道で大きなSの字を描いて、西参道から以西は、京王線は玉川上水の北側を走っていたようです。 赤印が渋谷区教育委員会設置の「玉川上水跡」の説明板の場所です。 青印が箒銀杏です。

次の

代々木界隈、玉川上水旧水路緑道を歩く その2

玉川上水旧水路緑道

2017年4月30日 笹塚駅(京王線)・・・第三号橋(玉川上水)・・・笹塚橋・・・(都道420号)・北澤橋・玉川上水旧水路緑道・・・四條橋・・・五條橋・・・六條橋・・・常盤橋・・・都消防訓練所・・・相生橋・・・代々幡橋・・・山下橋・・・美寿々橋・・・二字橋・・・西代々木橋・・・新台橋・・・代右衛門橋・・・改正橋・・・伊東小橋・・・(山手通り)・・・三字橋・・・(首都高4号・西参道)・・・正春寺・・諦聴寺・・・天神橋跡・・箒銀杏・銀杏天神・・(甲州街道)・・・水の橋・・新宿中央公園(淀橋給水場・六角堂・熊野神社・白糸の滝)・・公園北歩道橋・・・策の井跡・・淀橋浄水場跡碑・・・天神橋跡(玉川上水旧水路代々木緑道)・・・文化学園・・勿来橋跡・・玉川上水暗渠モニュメント・・代々木二丁目あおい公園・・千駄ヶ谷橋跡・・あおい通り・・葵橋跡・・甲州街道・・(新宿駅)・・・ウィンズ・・雷電稲荷神社・・新宿高校・・・新宿御苑・・玉川上水内藤新宿散歩道・・・新宿御苑大木戸門・・都水道局新宿営業所・水道碑記・四谷大木戸跡碑・・四谷大木戸跡・水番所跡(四谷四丁目交差点)・・・四谷三丁目駅(地下鉄丸ノ内線) 【】 笹塚駅前から右へカーブして行く。 第三号橋から下流方向 少しの区間だけ流れが現れる。 説明板(渋谷区) 笹塚橋の下流で暗渠の緑道になる。 この橋はで通った。 舗装が違うのは渋谷区から世田谷区になるため。 縦割り行政か、区の独自性を尊重か、まあどうでもいいが。 北澤橋で再び渋谷区に入り、玉川上水旧水路緑道となって新宿駅の手前まで続いている。 《》 四條橋・五條橋・六條橋・常盤橋と過ぎて行く。 日曜でも訓練 授業?)に励んでいる。 相生橋 古い橋が残っている。 山下橋は水車をデザイン 二字(ふたあざ)橋 このあたりの2つの字(あざ)地に架かる橋か。 代右衛門橋(だいえもんばし) 三字(みあざ)橋 新町・初台・山谷に架かる橋ということのようだ。 明治神宮西参道を横切る。 《》 (しょうしゅんじ) 向こうに見えるのは何の建物か? 「」(渋谷区有形文化財) 天神橋跡 《》 銀杏天満宮(天神)による橋名。 ここから緑道を離れ、銀杏天神から甲州街道を渡り、都庁などの新宿副都心のビル街になっている淀橋浄水場跡に向かう。 箒(ほうき)銀杏 樹齢200年以上、玉川上水によって育てられてきた大木。 小さな銀杏天満宮が根元に守られている。 説明板 甲州街道を横切る。 水の橋 《》 玉川上水の現在の和泉給水所の地(前回記載)からの導水路跡 (淀橋浄水場跡地)に入る。 の屋上 六角堂 淀橋浄水場の洋風四阿(あずまや) 説明板 紀州出身の中野長者・によってに創建されたと伝える新宿の総鎮守。 水鉢 の書による銘文 説明板 公園内から都庁第一庁舎 涼しげな光景で暑さも一息 中央公園を出る。 何ビルか? 策(むち)の井跡() 《》 四角錐?の井戸のモニュメント。 家康が鷹狩の帰りにむち(策)を洗ったという井戸跡。 跡碑(正門跡・策の井の左方) 明治31年12月から昭和40年3月まで玉川上水の水はここへ通水され、新宿・千代田区・中央区・港区などに給水されていた。 の一画に展示してある給水管の蝶型弁を見たかったが工事中で近づけなかった。 天神橋跡(代々木緑道)に戻る。 文化学園沿いの緑道 バイエルン女神像(前) ドイツのバイエルン地方の理想の女神像として語り継がれている像で、左手に抱く書物は叡智を、右手で差し出す硬貨は慈愛を象徴している。 ドイツの姉妹校との縁で設置されたそうだ。 レンガ造りの暗渠のモニュメント 明治時代に新宿駅構内の地下に設けられた玉川上水の煉瓦造りの暗渠をモチーフとし、当時のレンガを一部使用し、ほぼ原寸大で復元。 この手前に勿来(なこそ)橋碑が立っているようだが見逃した。 千駄ヶ谷橋跡 《》 葵橋跡 左折し甲州街道に出て、新宿駅南口を横切って行く。 ウィンズ(場外馬券売場)前の低くなっている道が玉川上水の流路跡のようだ。 《》 《》 源義家と白狐の伝承がある。 天龍寺には江戸三名鐘の一つとされる「時の鐘」がある。 『』 玉川上水を越えた下水の石樋(いしどい)・旭橋の親柱(新宿高校内) 甲州街道との追分一帯の下水を御苑内の池に落とすため、玉川上水を越える上に架けられた。 寛政7年(1795)に、木樋から石樋に変えられ、大正末から昭和の初めの上水の暗渠化で撤去された。 天龍寺橋の下流の旭橋の所に架かっていたのだろう。 旭橋のそばにあった内藤新宿での心中者や溺死者を供養する旭地蔵は、今は成覚寺にある。 『』に記載。 「」(江戸切絵図) (右が北、右上から右下に流れるのが玉川上水。 天龍寺・高札・追分・内藤新宿上町などが見える) を少し散策・休憩する。 連休中の日曜で苑内は家族連れなどで賑わっていた。 ここも外国人観光客が多かった。 さっき正春寺から見た建物が見える。 何だろうか? 洋館 温室 を水番所跡、四谷大木戸跡に向かう。 《》 最後に水の流れに出会えて気分がいい。 玉川上水の水ではなく、国道20号の新宿御苑トンネルに湧出した地下水を流しているのだが。 上流方向 「玉川堤の花」(歌川広重の『』) この当時には堤沿いにこれほどの桜並木はなかったそうだ。 左は高遠藩主内藤家下屋敷で、今の新宿御苑。 右はの最初の宿場、の岡場所(遊女屋・女郎屋) 水道碑記(すいどうのいしぶみのき)・右)・四谷大木戸跡碑(左) 《》 説明板 四谷大木戸跡・水番所跡(四谷四丁目交差点) 交差点の向かい側の四谷大木戸跡碑と石灯籠 ここを玉川上水歩きの終点とし、甲州街道を四谷三丁目駅に向かった。

次の

2020年 玉川上水旧水路緑道へ行く前に!見どころをチェック

玉川上水旧水路緑道

三田用水とその分水路は、繁華な場所が少なく、3密を避けるのに理想的。 最近見に行っていない場所も結構あるし、そこそこのアップダウンもあるので、久しぶりに順次「カメラ散歩」しています。   今回は、このStart から End まで この地域、50年以上前に自分で撮影したものも含めて、古い写真もあるので、いわゆる「今昔写真」のご紹介も。 駅の西寄りが旧玉川上水とクロスしていて、元の水路が緑道型の広場になっています。 そのため、旧玉川上水と水路を挟んで反対側の北沢五丁目の商店街を南に下ります。 この商店街も、ご多聞に漏れず、主として飲食関係を残してシャッター街化してしまっています。 比較的最近まで、漬物の製造販売のお店とか、お肉屋さんや八百屋さんも残っていたのですが… ほぼ井の頭通りに近づいたところの、道路が「グニっと曲がっている」場所。 前掲「御場繪圖」参照 ここで、道路の東(左)側から流れてきた水路が道路を渡って西(右)にそって流れを変えていました。 ここから、最後の方の写真にある京王井の頭線の築堤までは、当地に越して来た昭和30年代半は、まだ開渠のままで、その後もいわゆる蓋付暗渠に改修された状態が長く続きました。 (手前側の道路は開渠でも暗渠でもなく、ただ側溝があっただけ。 年に2回くらいは道路が川になっていました。 ちなみに、ここは、江戸時代(というより、おそらくそれ以前から)に、吉祥院という山駈修行をする「修験道」の寺院があったほどの場所なのです。 中ほど北側(左岸)の崖線(東大駒場のリサーチセンターの崖) 中ほど南側(右岸)の崖線 見る人が見ればわかる「水路跡のお約束」 が「いろいろ」と… 今回の終点、京王井の頭線の築堤近くの北側(左岸)の崖線 同じく南側(右岸)の崖線 溝が谷の築堤を走る京王井の頭線 現在、防風フェンスの工事が始まっていて、この光景は間もなく見られなくなります。 【追記】 井の頭線の築堤だけでなく、近い将来、補助26号線の工事で谷全体の光景も大きく変わります。

次の