マダガスカル 大統領。 マダガスカル・クーデター

アンドリー・ラジョエリナ

マダガスカル 大統領

マダガスカルとメールのやり取りをしていたら、 昨日、マダガスカルの大統領が決まりましたと教えてくれた。 2018年11月にマダガスカルを訪れていた際、 ちょうど、大統領選挙の日にあたり、 トラブルがあるかもしれないと、 二人で心配した。 幸いにも、問題はなくて心底ほっとした。 選挙日は、休日になったおかげで、 交通渋滞が起こらず、 かえってラッキーなくらいだった。 移動しながら通る町では、 選挙の際に無料で配られた今回決まった大統領の顔写真の入ったTシャツを着ている人をあちこちの町で見かけた。 この選ばれた大統領のカラーは、オレンジで、一番目立っていた。 10年位前にも一度、大統領になっていて、 顔に見覚えがあった。 大統領の顔写真が大きな看板でよく張られているし、 大統領を乗せた車両が通るからという理由で、 突如、車両通行止めにされたりとか、 この国に来たら、一般の旅行者でも、 大統領に何かしらの接点をもつことになるでしょう。 この大統領の時は、病院ができたり、道が新しくなったりと、 いいことがあったので、皆好きだという。 最近までの大統領は私腹を肥やして何もしなかった、変わらなかったと糾弾され、 国外に出たと聞いた。 なかなか大変。 自業自得ともいえるけど。 信じにくいが、この国では、権力や地位のある人が、 あからさまに悪いことをするのが一般的で、 一度、権力を握ったら、したい放題をする人もいると聞いた。 すさまじい。 どうして、それが許される法律になっているのかわからないけど、 そんな人が大統領になるから、国はちっとも良くならないとも聞いた。 以前活躍した若いアンドリー・ラジョエリナ氏が、再び大統領に決まったことは、喜ばしいことかと。 この国が、すこしでもいい方向にすすんで、 これ以上、環境や自然を壊さないですむようになることを祈っています。 偉そうに聞こえるかもしれませんが、 ストリートチルドレンや、 食べるのに困る人が増えないよう、 若い大統領が、活躍することを、日本から祈ります。

次の

【コロナ】 マダガスカル大統領 「世界を救う処方を見つけ出した。この薬草茶を感染症患者に与えれば10日以内に回復する」

マダガスカル 大統領

【AFP=時事】マダガスカルのアンドリー・ラジョエリナ(Andry Rajoelina)大統領が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬として推奨している薬草茶について、世界保健機関(WHO)は7日、治験を実施するよう各国政府に勧告した。 「コビッド・オーガニクス」と呼ばれるこの薬草茶は、抗マラリア作用が確認されているヨモギ属の植物やその他の在来種のハーブから作られている。 ラジョエリナ氏は、この薬草茶を新型コロナウイルス感染症患者に与えれば10日以内に回復すると主張し、西アフリカやその他の地域にも分配したいと考えている。 赤道ギニアとギニアビサウ、ニジェールは既に受け取っており、タンザニアなどの国々も関心を示している。 しかし、WHOはこの薬草茶に関する科学的研究は発表されておらず、その効果は検証されていないと繰り返し警告している。 WHOアフリカ地域事務局のマチディソ・モエティ(Matshidiso Moeti)局長は記者会見で、「効果を確認する試験が実施されていない製品を採用することついて、各国に警告し、助言する」と発言。 マダガスカルに対して「治験を経てから」この薬草茶を採用するよう要請した。 モエティ氏によると、アフリカ各国政府は2000年、「伝統的な治療法」について、医薬品と同じ治験を実施した上で用いると約束していたという。 「役立つものを見つけようとするニーズや衝動は理解できる」とモエティ氏は言い、「しかし、各国政府が約束した科学的プロセスを実施するよう強く奨励したい」と述べた。 ラジョエリナ氏は7日、マダガスカル東部の都市トアマシナ(Toamasina)で行われた新型コロナウイルス検査のキャンペーン運動で、この薬草茶を擁護した。 「WHOは、ヨモギ属の植物がコロナウイルスの治療につながる可能性があると示唆している」とラジョエリナ氏は述べ、薬草茶の治験を実施すると約束した。 【翻訳編集】AFPBB News.

次の

薬草茶の対コロナ効果否認はアフリカ軽視、マダガスカル大統領が非難

マダガスカル 大統領

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防・治療に何が有効なのか、人類はまだ手探り中だ。 だが、マダガスカルの大統領がもうそれを見つけたという。 この「コヴィッド・オーガニクス」をめぐる奇妙な物語にフランスメディア「ル・モンド」が迫る。 マダガスカルの大統領アンドリー・ラジョエリナが、テレビカメラの前で驚くべき実演をしたのは、4月20日のことだ。 薬草を煎じた黄金色のハーブティーをゴクゴクと飲み干しながら、ラジョエリナはこう断言した。 「これはコロナウイルスの予防にも治療にも効くドリンクです」 彼は奇妙な妄想に憑りつかれたのだと思った人も多いはずだ。 バニラ、原猿類、深刻な貧困で知られるインド洋のこの島国が、人類の半分を自宅に閉じ込めたウイルスの治療薬を、世界中の科学者より早く発見するなどありえようか? 現地でも海外でも、嘲笑と批判がわき起こった。 だが「TGV」と呼ばれるラジョエリナ大統領は動じなかった。 このあだ名は、彼の政党「Tanora malaGasy Vonona」(「準備できた若者」の意味)とその電撃的な出世に由来している。 このハーブティーは無料で軍から配布され、まもなく庶民の地区や首都の学校などに大量に普及することになる。 いったいどんな成分なのか? 公式の情報によると、中国原産のヨモギの一種「クソニンジン」や、マダガスカル固有のさまざまな植物(たとえばクスノキと同系統の「ラヴィンツァラ」など)を含んだ混合物とだけ示されている。 きっかけはフランスからの1通の手紙 40代で冷静なアンドリー・ラジョエリナは、国際舞台ではこれまでほぼ無名だった。 2009年に軍隊を使って権力を掌握し、そのせいでマダガスカルが国際社会から一時孤立したことが知られているくらいだった。 人気DJから、広告と通信企業の経営者、首都アンタナナリボの市長、軍事クーデターへの加担など次々に身を移しており、さまざまな面を持つこの男性は、権力の座をいっとき退いたあと、2018年の総選挙で舞い戻ってきた。 「1通の手紙を受け取ったのです。 3月24日のことでした。 マダガスカルにはコロナウイルスを治す……かもしれない治療薬がある、と書いてありました」 この手紙は、あるフランス人女性の歯科矯正医から送られてきたものだった。 彼女は、マラリアへの対策としてクソニンジン・ハーブティーの活用を推進する団体「メゾン・ド・クソニンジン」の創設者だった。 マダム・クソニンジン? パリ近郊オワーズ県の家庭菜園でクソニンジンを栽培していたこの50代女性が、この活動に踏み込んだのは2012年のことだ。 通常のマラリア治療を受けられない数百万人のアフリカ人には、クソニンジンがひとつの解決策になるかもしれないと彼女は確信したのだ。 彼女はパリで矯正歯科クリニックを開いており、顧客はアフリカ大陸の下層民ではなく、小洒落たパリ市民ばかりだった。 そのなかに、乾燥させた茶葉から作った煎茶を飲んでマラリアから命拾いした人々がいたのだ。 コルネ=ヴェルネは、医者、研究者、一介の信者たちと広大なネットワークを築いていった。 クソニンジン(学名:Artemisia annua)。 ここでもまたクソニンジンが言及されていたのだ。 コルネ=ヴェルネは、「メゾン・ド・クソニンジン」があるアフリカ約20ヵ国の指導者たちに手紙を送った。 最初に反応したのがアンドリー・ラジョエリナだったのだ。 手紙は、アフリカに生息するこの植物の効能について病院で厳密な臨床研究をして確かめてほしいと呼びかけるものだった。 だが、マダガスカル大統領の関心を引いたのは、別の情報だった。

次の