黒 にんにく 効果 出る まで。 黒にんにくは効果が出るまでにどれくらいかかる?解約か継続かの判断基準は?

黒にんにくの食べ過ぎは大丈夫?黒にんにくの最適な摂取量を教えます。

黒 にんにく 効果 出る まで

黒にんにく 黒にんにくとは 通常の「にんにく」を「高温・高湿」の状態で、「3~4週間程度」かけて「熟成」させたものが「黒にんにく」。 「にんにく」には「アミノ酸 たんぱく質 」と「糖質」が含まれていますが、これらの「成分」が「メイラード反応」を起こすことによって「発酵」をするのです。 このように「熟成」された「黒にんにく」における「アミノ酸 たんぱく質 」「ポリフェノール」の「含有量」は、もともとの「にんにく」よりも増量し、「ポリフェノール」に関して言えば、「5倍 日本食品分析センター調べ 」もの数値になります。 その他、「S-アリルシステイン」という大腸の殺菌作用やコレステロールの抑制に有効な「有効成分」も大幅にUP。 もちろん、「抗酸化作用」もグンと高まります。 特に「ナトリウム」「カリウム」などの「ミネラル」が非常に豊富であるため、「神経・筋肉機能を正常に保つ」「細胞内外のミネラルバランス維持」に大きな効果が期待できると言って良いでしょう。 【黒にんにくの栄養成分表 100gあたり 】 カロリー 174kcal 水分 53. 6g 糖質 32. 9g 脂質 0. 3g たんぱく質 8. 3g 食物繊維 3. 3g ビタミンB1 0. 02mg ナトリウム 45mg カリウム 1,162. 5mg 約 灰分 1. そのため、「苦い」「まずい」ということはなく、「甘酸っぱいドライフルーツ」のような食感を楽しむことができます。 黒にんにくの臭い 口臭・体臭は大丈夫? 通常の「にんにく」を食べた翌日は「口臭」「体臭」が気になるところですが、「黒にんにく」の場合は、そのような心配が一切必要ありません。 仮に、「わずかな臭い」を感じることがあったとしても、「20~30分」が経過すれば気にならない程に落ち着きますので、外出前でも安心してお召し上がりいただけます。 黒にんにくの効果・効能 癌予防・抗癌効果[肺がん・乳がん・末期がんなどへの働きは?] 「黒にんにく」に含まれる「S-アリルシステイン」には、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をして「体内免疫機能」である「NK ナチュラルキラー 細胞」を活性化させることで、「癌 がん 細胞抑制」としての効果があることが研究によって明らかになってきています。 さらに、「S-アリルシステイン」は、経口摂取後の「15~30分程度」の「短時間」での「即効性」が期待できるというのが、大きな特徴です。 「末期ガン」の状態で症状が回復するというところまで医学的な見解があるかは、現段階で不明ですが、「黒にんにく」の「乳がん」「肺がん」「胃がん」などの「癌 がん 患者」に対する研究は日進月歩で進んでいます。 ダイエット効果 「黒にんにく」には、「交感神経」を刺激する「アドレナリン」が豊富に含まれているため、「脂肪燃焼促進」「新陳代謝活性化」の作用を高めることへとつながり、「効率」の良い「ダイエット効果」を期待することができます。 動脈硬化・高血圧予防改善効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」が豊富に含まれており、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をすることから、「動脈硬化・高血圧予防改善」への「効果効能」が期待できます。 血糖値上昇抑制・糖尿病予防改善 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」「アミノ酸」「ポリフェノール 赤ワインの18倍 」などが豊富に含まれており、「強い抗酸化力」を発揮することから「代謝向上」へとつながるため、「血糖値上昇抑制」「糖尿病予防改善」への「効果効能」が期待できます。 美肌効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」「ポリフェノール 赤ワインの18倍 」が豊富に含まれており、肌細胞に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をすることから、「肌トラブル改善」「美肌」への「効果効能」を期待することができます。 更年期症状予防改善・女性ホルモンバランス調整 「黒にんにく」は、「更年期症状」における原因のひとつである「エストロゲン」を適切な状態に戻し、「ホルモン分泌」を「調整」してくれる作用があることから、「更年期症状」の「予防改善」への「効果効能」が期待できます。 腎臓病予防効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」が豊富に含まれており、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をすることから、「悪玉コレステロールの酸化・動脈硬化予防」が期待できます。 これが、結果として「腎臓への負担を緩和する」という「効果」へとつながるのです。 白髪予防改善効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」が豊富に含まれており、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をして「新陳代謝・免疫機能」を高めるため、「白髪予防改善」への「効果効能」が期待できます。 黒にんにくの効果的な食べ方 食べる量|1日の摂取量は?毎日がベスト? 「黒にんにく」は、「皮」をむいた「そのまま」の状態で、「1日1~2片 多くても4片 」を食べるのが効果的です。 毎日継続することで、「美容健康」への効果を実感することができるようになります。 食べる時間 タイミング |いつ食べる?寝る前が良い? 「黒にんにく」を「食べるタイミング・時間」として、近年では「体内免疫機能」である「NK ナチュラルキラー 細胞」が低下する「睡眠前」に摂取するのが良いという説 弘前大学医学部佐々木甚一元教授による 」がありますが、その都度「体調に合わせる」ということが最も効果的です。 以下にその例を記載しますので、ぜひ参考にしてみてください。 【黒にんにくを食べるベストタイミング】• ぜひ、実践してみてください。 【黒にんにくのコクが出る美味しい食べ方】• 「黒にんにく」を細かく刻んで「チャーハン」などにおける「炒め物」の「薬味」として加える• 「黒にんにく」を細かく刻んで「ハンバーグ」「餃子」の「具材」と混ぜ合わせる• 「黒にんにく」を細かく刻んで「刺身醤油」に加える 減塩醤油でもコクのある味わいに変化する 黒にんにくの副作用|注意すべき点 食べ過ぎで下痢や胃もたれになる?おならは? 通常の「にんにく」の場合は、「アリシン」という「殺菌成分」が「腸内」の「善玉菌」を消失させてしまうため、「胃腸障害」などの症状を引き起こすことが考えられますが、「発酵済み」の「黒にんにく」では「アリシン」がほとんどなくなっているので、仮に「食べ過ぎた」としても「副作用」が生じることはほぼありません。 ただし、どんなに安全な食品であったとしても、「食べ過ぎる」ことのないように注意しましょう。 参考: 食べてはいけない人 「黒にんにく」は「自然食品」であるため、基本的には「どのような方」でもお召し上がりいただけますが、唯一「胃腸の弱い」という方に関しては、「そのままの状態」で食べるということを控えていただきたいと思います。 その最大の理由としては、「にんにく」自体がもともと「香辛料」であるため、「胃腸」への「刺激」を与えてしまう恐れがあるからです。 もし、「どうしても摂取したい」という場合は、「美味しい食べ方」でもご紹介したように「細かく刻んで料理と混ぜ合わせる」というかたちで、「毎日少しずつ食べる」という方法をおすすめします。 不妊治療中・妊活中でも安心して食べられる 「黒にんにく」は「不妊治療中・妊活中」の方でも、安心して食べることができます。 「副作用」の心配もありませんので、毎日の「美容健康づくり」にお役立てください。 黒にんにくの保存方法[開封前・開封後の賞味期限は?] 基本的な保存方法 「開封前」の「黒にんにく」であれば、「冷暗所 直射日光のあたらない場所 」にて「 1年間」の「保存」が可能です。 「黒にんにく」そのものに関しては、こうして「保存」している間も「ゆっくりと熟成」が進んでいくため、その分「栄養成分」「甘み」はグンとパワーアップします。 尚、「皮つき」の状態の方が「長持ち」しますので、仮に「開封」をしたとしても、「残り」に関しては、「皮」を剥かず、そのままにしておくのが良いでしょう。 一方で、「長期化」されればされるほど、多少は「乾燥する」「固くなる」などのことは起こり得ますので、その点はご了承ください。 ただし、「味の質」が落ちることはありません。 その場合は、「黒にんにく」を「新聞紙で包む」「空き瓶に入れる」「紙袋に入れる」のいずれかの「方法」を用いるようにしてください。 ただし、「夏場」の「常温保存」は「腐る」恐れがあるため、「カビ」が生えないように「冷蔵庫」に入れるようにしましょう。 このように丁寧な形で梱包されていました。 生産者の気持ちが伝わってきます。 同封の内容としましては「黒にんにく」の他に、「生産者の松尾さんからのメッセージ」「お客様の声」「黒にんにくの説明の冊子」「定期購入のお知らせ」などが同封されています。 生産者の松尾さんがどんな思いでこの黒にんにくを作られているのかが書かれています。 メッセージを抜粋すると「余計なものは加えないこと」「毎日食べてほしいからおいしいこと」とあり、本当に良いものを食べて欲しいというメッセージが伝わってきます。 黒にんにくが合計で31個(1カ月分)入っております。 1つ1つはこのように、小さな包に入っております。 この形だと、大きな袋を開封しても、個別の黒にんにくは密閉されるのでいいですよね!賞味期限はおよそ、1年3カ月程度のようです。 実際に袋から出してみると、自然のものなので、発酵具合(黒さ)や大きさにはばらつきはありますが、スーパーなどでみるにんいくの1片よりははるかに大きいいです。 そして想像していたより黒いです。 臭いはかすかにしますが、想像よりはるかに、臭いが優しめです。 !ドライフルーツくらいの臭いです。 このくらい大きいにんいくは東京のスーパーではなかなか見ません。 にんいく1つではなく、1片です。 そして、皮を実際に剥いてみると中はさらに黒いです(笑)発酵しているのがよくわかります!臭いも皮を剥いてもほとんどしません。 普通のにんにくおり遥かに臭いが抑えられています。 実際に食べてみると、これがにんいく?というくらい甘いです!にんにくというよりプルーンのような感じです。 おかし感覚でたくさん食べてしいます。 皮はこのようにとても剥きやすかったです。 最初に述べた松尾農園のこだわりのとおり、「余計なものは一切はいっていません」しそれでなおかつ「とてもおいしい」です。 そして食べて数分後にこころなしか、体があったまってきたような感じがします。 松尾農園の黒にんにく、おすすめです。 口コミ・評判 同封のパンフレットにいくつかお客様の声が乗っていたので、抜粋させてもらいます。 以前は汗などかかなかったのですが、熟成発酵黒にんにくを食べ始めてから汗をかくようになりました。 体調がよくなっている証拠だと思います。 友だちにもプレゼントすると喜ばれます。 (主婦女性) まとめ ここまで、「黒にんにくの特徴・効果効能」「副作用の有無」「効果的な食べ方」「保存方法」などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか? 「黒にんにく」は、通常の「にんにく」と比較しても「アミノ酸 たんぱく質 」「ポリフェノール」などの「含有量」が非常に豊富であるとともに、「臭い」を気にすることなく、「ドライフルーツ」のように美味しく食べることができるのが大きな特徴です。 「ダイエット」「高血圧・糖尿病予防改善」「美肌」「白髪予防改善」への「効果効能」がある他、近年では「癌抑制効果」への研究が進むなど、ますます注目されている「自然健康食品」となっていますので、ぜひ、日々の「美容健康づくり」にお役立てになってみてください。

次の

食べ過ぎ注意!黒にんにくの1日の摂取目安と副作用を解説

黒 にんにく 効果 出る まで

この記事の目次• 黒にんにくはいつ食べても良い? 結論から言ってしまえば 「いつでも好きな時に食べたら良い」ということになるでしょうか。 薬や漢方薬の場合は、それぞれの薬の目的によって「食前」「食中」「食後」、または「就寝前」「起床時」など、きっちりと飲む時間や回数が決められています。 しかし、黒にんにくは 「薬」ではなく、化学成分無添加の「天然発酵健康食品」です。 黒にんにくには、「血小板抑制作用(血液さらさら効果)」「強壮作用(疲労回復効果)」「抗菌作用」「抗がん作用」などの、薬も顔負けのさまざまな効果がありますから、薬のように飲むタイミングによって効果が変わってくるのではないかと懸念されるのも、もっともではないかと思います。 しかし、繰り返しになりますが、黒にんにくは薬ではなく、「健康食品」ですから、 それほど細かく食べる時間帯について意識する必要はないでしょう。 黒にんにくのおすすめの食べ方は「疲れを感じた」時? このように、薬と違って特に決まった時間に食べる必要はないのですが、疲れを感じた時にスタミナドリンクを飲むような感覚で、ぱくっとひとかけらを口に放り込むという食べ方はおすすめです。 疲れを感じたと時のスタミナドリンクといえば、「アルギニン」を主成分としているタイプのドリンクが多いことは、みなさんご承知のことだと思います。 黒にんにくには、このアルギニンがたっぷりと含まれています。 黒にんにくのアルギニンの含有量は、普通のにんにくに比べて3.5倍にもなります。 また、黒にんにくには、血液の循環を促進させ、体全体を温める効能もありますから、食べた直後にちょっとふわっと温まって元気が出るような感じがあります。 黒にんにくは、疲労回復にはうってつけの食べ物なのです。 そのため、疲労を感じた際に、スタミナドリンク変わりに黒にんにくをひとかけら口に放り込むという食べ方をする方も多いようです。 黒にんにくを寝る前に食べると抗がん効果が高まる? 黒にんにくにはさまざまな効果がありますが、とりわけが高いと言われています。 もともと、にんにくは、あらゆる食品の中でも「がんの特効薬」と呼ばれるほど、その抗がん効果に注目が集まっていました。 更に、黒にんにくには、 普通のにんにくの10倍以上とも言われる、発がんを抑制する抗酸化作用があることがわかっていますから、がん予防にさらに効果が期待できる食べ物として脚光を浴びています。 体内の抗がん作用は夜の11時を過ぎると下がる? 私たちの身体の中には「体内時計」というものがあって、この体内時計の生体リズムが発病や病気の症状の変化に関係していると言われています。 例えば、体内でがん細胞やウィルス感染を見つけて攻撃する「NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)」の働きは、夜の11時を過ぎると下がってしまい、がんやウィルスに対する免疫力が低下してしまうと言われています。 その反面、がん細胞の増殖は夜間になると活発化するため、抗がん剤を使う場合は、夜間の間に投与するのが、副作用も少なく、最も効果的なのだそうです。 これは、あくまで抗がん剤の投与の話ですが、抗がん剤と同じくNK細胞を活発化させる効果のある黒にんにくも、この理論になぞらえて、 寝る前に食べると抗がん効果が更に高まるのではないかと唱えている研究者もいます。 実際に、食べる時間帯によって、そこまで抗がん作用が如実に変わってくるのかどうかはさだかではありませんが、夕食後やお休み前に食べるという習慣を取り入れるのもいいかもしれませんね。 黒にんにくは、好きな時に、ニオイを気にせずに手軽に食べられるのが良いところ! ここまで、「疲れを感じた時」、または「寝る前」に食べるのが抗がん作用が高まるのでは?など、黒にんにくを効果的に食べる時間帯についてお話しさせてもらいました。 しかし、黒にんにくのもっとも良いところは、 「好きな時に手軽に、ぱくっと1口で食べられる」という点にあります。 あまり細かいことは気にしすぎずに、少量でいいので 毎日継続して摂りいれることが大切です。 食べる時間にはあまりこだわらずに、食べたい時に食べて、毎日続けてみることを目標にされてはいかがでしょうか。

次の

黒にんにくがおいしすぎて感動したので聞いてほしい(味・効果効能・作り方)

黒 にんにく 効果 出る まで

黒にんにく 黒にんにくとは 通常の「にんにく」を「高温・高湿」の状態で、「3~4週間程度」かけて「熟成」させたものが「黒にんにく」。 「にんにく」には「アミノ酸 たんぱく質 」と「糖質」が含まれていますが、これらの「成分」が「メイラード反応」を起こすことによって「発酵」をするのです。 このように「熟成」された「黒にんにく」における「アミノ酸 たんぱく質 」「ポリフェノール」の「含有量」は、もともとの「にんにく」よりも増量し、「ポリフェノール」に関して言えば、「5倍 日本食品分析センター調べ 」もの数値になります。 その他、「S-アリルシステイン」という大腸の殺菌作用やコレステロールの抑制に有効な「有効成分」も大幅にUP。 もちろん、「抗酸化作用」もグンと高まります。 特に「ナトリウム」「カリウム」などの「ミネラル」が非常に豊富であるため、「神経・筋肉機能を正常に保つ」「細胞内外のミネラルバランス維持」に大きな効果が期待できると言って良いでしょう。 【黒にんにくの栄養成分表 100gあたり 】 カロリー 174kcal 水分 53. 6g 糖質 32. 9g 脂質 0. 3g たんぱく質 8. 3g 食物繊維 3. 3g ビタミンB1 0. 02mg ナトリウム 45mg カリウム 1,162. 5mg 約 灰分 1. そのため、「苦い」「まずい」ということはなく、「甘酸っぱいドライフルーツ」のような食感を楽しむことができます。 黒にんにくの臭い 口臭・体臭は大丈夫? 通常の「にんにく」を食べた翌日は「口臭」「体臭」が気になるところですが、「黒にんにく」の場合は、そのような心配が一切必要ありません。 仮に、「わずかな臭い」を感じることがあったとしても、「20~30分」が経過すれば気にならない程に落ち着きますので、外出前でも安心してお召し上がりいただけます。 黒にんにくの効果・効能 癌予防・抗癌効果[肺がん・乳がん・末期がんなどへの働きは?] 「黒にんにく」に含まれる「S-アリルシステイン」には、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をして「体内免疫機能」である「NK ナチュラルキラー 細胞」を活性化させることで、「癌 がん 細胞抑制」としての効果があることが研究によって明らかになってきています。 さらに、「S-アリルシステイン」は、経口摂取後の「15~30分程度」の「短時間」での「即効性」が期待できるというのが、大きな特徴です。 「末期ガン」の状態で症状が回復するというところまで医学的な見解があるかは、現段階で不明ですが、「黒にんにく」の「乳がん」「肺がん」「胃がん」などの「癌 がん 患者」に対する研究は日進月歩で進んでいます。 ダイエット効果 「黒にんにく」には、「交感神経」を刺激する「アドレナリン」が豊富に含まれているため、「脂肪燃焼促進」「新陳代謝活性化」の作用を高めることへとつながり、「効率」の良い「ダイエット効果」を期待することができます。 動脈硬化・高血圧予防改善効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」が豊富に含まれており、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をすることから、「動脈硬化・高血圧予防改善」への「効果効能」が期待できます。 血糖値上昇抑制・糖尿病予防改善 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」「アミノ酸」「ポリフェノール 赤ワインの18倍 」などが豊富に含まれており、「強い抗酸化力」を発揮することから「代謝向上」へとつながるため、「血糖値上昇抑制」「糖尿病予防改善」への「効果効能」が期待できます。 美肌効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」「ポリフェノール 赤ワインの18倍 」が豊富に含まれており、肌細胞に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をすることから、「肌トラブル改善」「美肌」への「効果効能」を期待することができます。 更年期症状予防改善・女性ホルモンバランス調整 「黒にんにく」は、「更年期症状」における原因のひとつである「エストロゲン」を適切な状態に戻し、「ホルモン分泌」を「調整」してくれる作用があることから、「更年期症状」の「予防改善」への「効果効能」が期待できます。 腎臓病予防効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」が豊富に含まれており、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をすることから、「悪玉コレステロールの酸化・動脈硬化予防」が期待できます。 これが、結果として「腎臓への負担を緩和する」という「効果」へとつながるのです。 白髪予防改善効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」が豊富に含まれており、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をして「新陳代謝・免疫機能」を高めるため、「白髪予防改善」への「効果効能」が期待できます。 黒にんにくの効果的な食べ方 食べる量|1日の摂取量は?毎日がベスト? 「黒にんにく」は、「皮」をむいた「そのまま」の状態で、「1日1~2片 多くても4片 」を食べるのが効果的です。 毎日継続することで、「美容健康」への効果を実感することができるようになります。 食べる時間 タイミング |いつ食べる?寝る前が良い? 「黒にんにく」を「食べるタイミング・時間」として、近年では「体内免疫機能」である「NK ナチュラルキラー 細胞」が低下する「睡眠前」に摂取するのが良いという説 弘前大学医学部佐々木甚一元教授による 」がありますが、その都度「体調に合わせる」ということが最も効果的です。 以下にその例を記載しますので、ぜひ参考にしてみてください。 【黒にんにくを食べるベストタイミング】• ぜひ、実践してみてください。 【黒にんにくのコクが出る美味しい食べ方】• 「黒にんにく」を細かく刻んで「チャーハン」などにおける「炒め物」の「薬味」として加える• 「黒にんにく」を細かく刻んで「ハンバーグ」「餃子」の「具材」と混ぜ合わせる• 「黒にんにく」を細かく刻んで「刺身醤油」に加える 減塩醤油でもコクのある味わいに変化する 黒にんにくの副作用|注意すべき点 食べ過ぎで下痢や胃もたれになる?おならは? 通常の「にんにく」の場合は、「アリシン」という「殺菌成分」が「腸内」の「善玉菌」を消失させてしまうため、「胃腸障害」などの症状を引き起こすことが考えられますが、「発酵済み」の「黒にんにく」では「アリシン」がほとんどなくなっているので、仮に「食べ過ぎた」としても「副作用」が生じることはほぼありません。 ただし、どんなに安全な食品であったとしても、「食べ過ぎる」ことのないように注意しましょう。 参考: 食べてはいけない人 「黒にんにく」は「自然食品」であるため、基本的には「どのような方」でもお召し上がりいただけますが、唯一「胃腸の弱い」という方に関しては、「そのままの状態」で食べるということを控えていただきたいと思います。 その最大の理由としては、「にんにく」自体がもともと「香辛料」であるため、「胃腸」への「刺激」を与えてしまう恐れがあるからです。 もし、「どうしても摂取したい」という場合は、「美味しい食べ方」でもご紹介したように「細かく刻んで料理と混ぜ合わせる」というかたちで、「毎日少しずつ食べる」という方法をおすすめします。 不妊治療中・妊活中でも安心して食べられる 「黒にんにく」は「不妊治療中・妊活中」の方でも、安心して食べることができます。 「副作用」の心配もありませんので、毎日の「美容健康づくり」にお役立てください。 黒にんにくの保存方法[開封前・開封後の賞味期限は?] 基本的な保存方法 「開封前」の「黒にんにく」であれば、「冷暗所 直射日光のあたらない場所 」にて「 1年間」の「保存」が可能です。 「黒にんにく」そのものに関しては、こうして「保存」している間も「ゆっくりと熟成」が進んでいくため、その分「栄養成分」「甘み」はグンとパワーアップします。 尚、「皮つき」の状態の方が「長持ち」しますので、仮に「開封」をしたとしても、「残り」に関しては、「皮」を剥かず、そのままにしておくのが良いでしょう。 一方で、「長期化」されればされるほど、多少は「乾燥する」「固くなる」などのことは起こり得ますので、その点はご了承ください。 ただし、「味の質」が落ちることはありません。 その場合は、「黒にんにく」を「新聞紙で包む」「空き瓶に入れる」「紙袋に入れる」のいずれかの「方法」を用いるようにしてください。 ただし、「夏場」の「常温保存」は「腐る」恐れがあるため、「カビ」が生えないように「冷蔵庫」に入れるようにしましょう。 このように丁寧な形で梱包されていました。 生産者の気持ちが伝わってきます。 同封の内容としましては「黒にんにく」の他に、「生産者の松尾さんからのメッセージ」「お客様の声」「黒にんにくの説明の冊子」「定期購入のお知らせ」などが同封されています。 生産者の松尾さんがどんな思いでこの黒にんにくを作られているのかが書かれています。 メッセージを抜粋すると「余計なものは加えないこと」「毎日食べてほしいからおいしいこと」とあり、本当に良いものを食べて欲しいというメッセージが伝わってきます。 黒にんにくが合計で31個(1カ月分)入っております。 1つ1つはこのように、小さな包に入っております。 この形だと、大きな袋を開封しても、個別の黒にんにくは密閉されるのでいいですよね!賞味期限はおよそ、1年3カ月程度のようです。 実際に袋から出してみると、自然のものなので、発酵具合(黒さ)や大きさにはばらつきはありますが、スーパーなどでみるにんいくの1片よりははるかに大きいいです。 そして想像していたより黒いです。 臭いはかすかにしますが、想像よりはるかに、臭いが優しめです。 !ドライフルーツくらいの臭いです。 このくらい大きいにんいくは東京のスーパーではなかなか見ません。 にんいく1つではなく、1片です。 そして、皮を実際に剥いてみると中はさらに黒いです(笑)発酵しているのがよくわかります!臭いも皮を剥いてもほとんどしません。 普通のにんにくおり遥かに臭いが抑えられています。 実際に食べてみると、これがにんいく?というくらい甘いです!にんにくというよりプルーンのような感じです。 おかし感覚でたくさん食べてしいます。 皮はこのようにとても剥きやすかったです。 最初に述べた松尾農園のこだわりのとおり、「余計なものは一切はいっていません」しそれでなおかつ「とてもおいしい」です。 そして食べて数分後にこころなしか、体があったまってきたような感じがします。 松尾農園の黒にんにく、おすすめです。 口コミ・評判 同封のパンフレットにいくつかお客様の声が乗っていたので、抜粋させてもらいます。 以前は汗などかかなかったのですが、熟成発酵黒にんにくを食べ始めてから汗をかくようになりました。 体調がよくなっている証拠だと思います。 友だちにもプレゼントすると喜ばれます。 (主婦女性) まとめ ここまで、「黒にんにくの特徴・効果効能」「副作用の有無」「効果的な食べ方」「保存方法」などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか? 「黒にんにく」は、通常の「にんにく」と比較しても「アミノ酸 たんぱく質 」「ポリフェノール」などの「含有量」が非常に豊富であるとともに、「臭い」を気にすることなく、「ドライフルーツ」のように美味しく食べることができるのが大きな特徴です。 「ダイエット」「高血圧・糖尿病予防改善」「美肌」「白髪予防改善」への「効果効能」がある他、近年では「癌抑制効果」への研究が進むなど、ますます注目されている「自然健康食品」となっていますので、ぜひ、日々の「美容健康づくり」にお役立てになってみてください。

次の