ビル ライアン。 ビル・ライアン

ついに人類最大の敵ロスチャイルド一族と、トランプ大統領、チームQ、インテリジェンス軍事政権の間で第三次世界大戦が勃発!

ビル ライアン

皆様こんにちわ!連日ニュースを騒がせている新型コロナウイルス(COVID-19)ですが、皆様予防や対策は出来ておりますでしょうか?マスクや消毒液の高騰で容易に手に入れられない事と思われますが、手洗いうがいを徹底してできる限り予防を徹底して頂きたいです。 さて、今回はそのコロナウイルスについてかなり衝撃的な動画を見つけましたのでご紹介したいと思います。 今回の内容はかなり衝撃的で都市伝説の域を超えているものの為、苦手な方は読むことをおすすめ致しませんが、現在の世界情勢や今後の生活を考えるうえで考えさせられる動画でしたので、出来る限り見て頂きたいです。 ビル・ライアン氏が語るアングロサクソン・ミッション まず、何より動画を見ていたくのが速いと思いますのでまずは、ビル・ライアン氏の 1時間弱の動画をご覧ください。 ビルの元に訪れた、一人のイギリス人から聞いた話について語り始めます。 (仮に Xとしましょう) Xは長年イギリス軍に勤務し、退役後は シティ・オブ・ロンドンで高い地位にいた人物で上級の 等が多く出席する会議に同席した。 2005年6月いつもの経済会議だと思い出席した会議でいつもと違う議題である事に気づき、自分がここにいるべきではないと察するも、この会議で何が話し合われるのかを聞いていたというのだ。 その会議には25~30名の上級が出席しており、その出席者の多くが著名な政治家や警察本部長、教会の代表者などであったという。 この会議で話されていた内容と言うのが、 アングロサクソン・ミッションの進捗状況についてだったという。 ・イスラエルは今すぐイランを攻撃する準備が出来ているのか。 ・中国の経済成長、軍事レベルの強化が脅威となっている。 ・金融崩壊について 2008年10月からの事(リーマンショックの事?) イスラエルのイラン攻撃で始まり、イラン又は中国に報復するような動きとなるという。 長年軍隊に所属していた Xは公けになっていないがイランが核兵器を所有していると確信を持っており、中国から内密に核を渡されていると言います。 しかしながら、支配勢力にとってイランが核兵器を持っている事については重要ではなく、むしろその核を切っ掛けに、イランか中国に報復する流れを作りたい。 などの会議内容であったという。

次の

プロジェクト・アバロン

ビル ライアン

玉蔵さんのサイトで紹介されていた動画です。 ビル・ライアンさんの「プロジェクトアバロン」 とんでもない話です。 信じるか、信じないかは、あなた次第のお話です。 信じるか、信じないかは置いときまして。 以下は私個人の意見でございます。 ローマクラブは、その昔計画しました。 「脱工業化ゼロ成長」 人々が享受している文明を捨て、また、 アフリカ諸国などの発展途上国が文明の力を求めることを拒絶して 工業化を脱すること。 発展途上国の人々は、環境汚染の改善や医療の発達により、 貧困や飢餓、人々の不毛な死からの脱却を求めています。 「脱工業化ゼロ成長」は、これらの意志を断固排除し 彼らの発展を阻みます。 CO2削減活動により、発展の抑止を促進しています。 また、先進国の成長も妨げ、 工業化を停滞させ、雇用は減少します。 世界の産業全体が縮小していきます。 一体どういうことやねん。 どうなるねん。 なるほど、この作戦で、まんまと人口は減りますね。 お見事!ローマクラブ。 今起こっていることが、なんだかビル・ライアンさんの言う アングロサクソン・ミッション計画に沿っているように 阿呆な私には見えてしまうんです。 どうしましょ?.

次の

プライベートライアン出演のキャストたちの現在!年齢や出演作は?

ビル ライアン

アングロサクソン・ミッションインタビュー(全文) 前回記事ではイギリスのジャーナリスト、ビル・ライアン氏によるプレゼンテーション動画を紹介しました。 その中でライアン氏は、計画内容を知った時のショックを和らげるために動画を作成したという旨の説明をしており、動画を視聴した後にインタビューの全文を読むことで計画の全体像を把握することが重要とも語っていました。 私はライアン氏の説明に従い、インタビュー全文を読んでみました。 先に動画を見た効果があったのか、確かにショックを覚える事なく全文を読むことができました。 意味や筋道を理解しながら読むと2~3時間かかりますが、質疑応答形式でアングロサクソン・ミッションについて詳しくの説明されています。 全体像を把握するには一度は読む必要があります。 インタビュー原稿の要点 原稿全文を読むと計画の全容がよく分かるのですが、どうしても時間が取れない人のために要点のみを書いておきます。 アングロサクソンミッションとは アングロサクソン・ミッションとは、一部の特権階級が全世界の権力を掌握するために進められている計画です。 ここで登場する特権階級とは『政府を超えた権限を行使する者たち(オーバー・ガバメント)』と表現されています。 会議に出席していたメンバーは25~30人で全てイギリス人。 国際的に有名であり、フリーメイソンに所属しているという事です。 この会議に出席していたメンバーは言わば『実践部隊』と言ったところで、意思決定をする権限を持ったグループではないと語られていました。 なぜ権力を掌握したがるのか 彼らが権力を掌握したがる理由としては、彼らがおそらく把握しているであろう『地球の物理学上の事件』が関与しています。 インタビュー原稿によると、地球は11,500年周期で大規模な地殻変動が起こっており、その地殻変動の周期が近い将来やってくると彼らは信じているという事です。 その避けられない周期を生き残り、その後も現在の権力を継承するための下準備として世界の全権を彼らに集めておき、崩壊した世界秩序を再建する時に人々の支配が容易になる規模にまで人口を削減しようと計画していると言う事です。 アングロサクソン・ミッションの流れ 彼らが目論むアングロサクソン・ミッションの要となるのが『人口削減』と『民意のコントロール』です。 彼らの計画は綿密に組み立てられていますが、遂行されている物もあれば計画通りにいっていない物もあるようです。 ここでは2010年のインタビュー原稿で語られているアングロサクソン・ミッションの流れを書いておきます。 計画の足掛かりとして、まずイランを刺激して西側諸国との武力衝突へ巻き込みます。 その後、イランをライフライン(石油)とする中国を戦争に参加させます。 西側諸国の強大な軍事力で凌駕されたイランと中国は反撃の選択肢が無くなり、核を使うことになるだろうと。 イランか中国が核を使うと民意は『最初に核を使った国』として言わば悪者扱いするようになります。 これが彼らの狙いです。 彼らはその後の行動展開(民衆に対する軍事統制)を正当化するための切っ掛けを作りたがっています。 民意としては『こんな事態になってしまったから軍に頼るしかない』と軍事統制を否応なしに受け容れるしか無くなってしまいます。 インタビュー原稿では民意がこの状態まで来ると、人口削減への準備が整った形になると語られています。 この戦争はすぐに停戦しますが、その間に生物兵器が中国にばら撒かれます。 インタビュー原稿において、これは秘密裏に行われるだろうと推測されています。 ウイルスが蔓延し、多くの人が亡くなる事になります。 その後の彼らの目論見としては、中東において再び導火線に火をつける事だと。 中国を参加させて。 その規模は先の戦争とは比にならないくらい核の応酬となり、全世界を恐怖の渦に巻き込む戦争になると語られています。 ここでも中国を戦争に参加させるよう仕向ける理由としては、彼らが統一政府を作るに当たって、言う事を聞かない中国はその中に入っておらず、新たな脅威として民意に植え付ける目的があるということです。 核戦争による荒廃、ウイルスの蔓延、各インフラの停止、食糧供給の停滞など多くの要因によって、これらが普通にある生活の中で生きてきた現代の人々は生き延びる術を失い、結果人口が激減すると。 この段階で50%の人口が削減されると言います。 インタビュー後半で語られる希望 冒頭で、アングロサクソン・ミッションは、遂行されている物もあれば遂行されていない物もあると語られていると書きました。 彼らの計画は何世代にも亘って綿密に組み上げられてきたものですが、2008年に起こった金融崩壊のように上手く行った物もあれば、上手く遂行できていない物もあるのです。 インタビュー原稿の後半では、彼らの目論見を遂行させない方法があると語られています。 その方法については非常に深い内容となっており、一人ひとりが原稿を読んで心に刻み込む必要があります。 私自身の文章力の無さが原因で誤解を招いては全く意味が無いと思い、ここまで読んで頂いた読者様の意思にお任せしようと思います。 私の願いとしましては、一人になれる時間や隙間時間などを使って、区切り区切りでも良いのでインタビュー原稿全文を読み進めてみてください。 こちらは辛口の著者が語る内容となっていますが、原文と併せて読むことで計画の全体を把握するのに非常に役立ちます。 一人ひとりの力が大きな力に成ることを信じています。

次の