吉本興業 社長。 岡本昭彦(吉本興業社長)の年収や収入は?経歴や学歴も気になる!|COCO×LAB

吉本興業ホールディングス

吉本興業 社長

MCをタケトが担当した。 今回の「吉本自宅ゲーム部」は、「手洗い、うがい、笑い」を合言葉に自宅から笑いを届ける「 吉本自宅劇場」の新サービスとしてスタートされる。 吉本のゲーム好きの芸人たちが、毎週月曜〜金曜の夜、日替わりで芸人仲間・ゲーマー・アイドルなどとゲーム配信を行うもので、今回の会見に登場した芸人たちが各番組のMCを担当するという。 両社の代表挨拶として、吉本興業からは藤原寛副社長が登場。 「えーと」を連呼するなどたどたどしく喋りはじめ、挨拶の内容を忘れたのかうつむいて黙り込んでしまう場面が多発し、振り返って芸人たちの顔を無言で見つめる事態に。 ケンコバが「謝ってください!(笑)」と求めると、正面に居直った藤原副社長は「申し訳ございません」とすぐに頭を下げ、現地に参加していたスチールカメラのフラッシュが一斉に焚かれた。 その後も滑らかに話すことができずじまいだった副社長は、スーツのポケットから取り出したカンペをガン見しながら事前に用意していたコメントを読み上げ、最後にはスッキリしたような満面の笑みを浮かべながら挨拶を締めくくった。 そのアナログかつ新しい撮影形態に芸人たちからの注目が集まり、高井はMr. Childrenの桜井和寿のMCのモノマネを披露した。 ゆいPは、この自粛期間中に28キロも痩せたことを告白。 画面越しに全身を見せながら「121から93(キロ)」になったことを話すと、河本は「血圧の話?」とボケを見せていた。 さらに、芸人たちは野田クリスタルが自作したゲームに挑戦。

次の

異例5時間半で終了/吉本興業社長会見と反応まとめ

吉本興業 社長

なんばグランド花月ビル 本社所在地 〒542-0075 11-6 : 設立 事業内容 タレントマネジメント・並びにソフト・・及び演芸・演劇の制作・配給・興行 代表者• (代表取締役)• (代表取締役副社長) 資本金 1,000万円(3月31日時点) 売上高• 333億8,034万3,000円 (期) 営業利益• 15億1,849万2,000円 (2009年3月期) 純利益• 14億6,200万円 (2010年3月31日時点) 総資産• 120億2,900万円 (2010年3月31日時点) 従業員数• 305人 (2007年12月31日時点) 決算期 毎年 主要株主• 吉本興業(よしもとこうぎょう、:Yoshimoto Kogyo)は、・に本部(登記上の本店は大阪)を置くの芸能プロダクション・プロモーター・テレビ番組制作プロダクションである。 旧社名はよしもとクリエイティブ・エージェンシー。 この会社の設立に伴い、2007年10月1日付で同日時点在籍の旧・吉本興業所属タレント全員(約800人以上)が「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」へ継承・移管となった。 旧・吉本興業の持株会社制への移行に伴う同社の設立後も、テレビ番組の制作クレジットは(旧)吉本興業のままとなっており(ただし、スタッフ個人の所属としての名義は別。 また、「」の制作協力クレジットにも当社名の表記が見られる)、タレントの所属事務所名義においても同様のケースが見られる(「」のNHKすべり芸自慢コーナーの様に同社の名義が見られる場合もある)。 2016年3月1日、「」を吸収合併。 2019年6月、親会社の「(旧)吉本興業」が「吉本興業ホールディングス」に社名変更したのに伴い、「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」から「(新)吉本興業」に社名変更。 政治との関わりが強く、特に大阪維新の会との関係が深く、吉本興業の所属タレントが、選挙において大阪維新の会の候補の応援演説をすることもしばしばある。 一方、吉本興業は「住みます芸人」などが、自治体のイベント、広報紙などに登場することで、行政から多くの仕事を受注している。 所属タレント [ ].

次の

「吉本の社長は出てこない」千原せいじが嘆いた“渡部不貞”との対応の違い(2020年6月29日)|BIGLOBEニュース

吉本興業 社長

7月22日には 岡本昭彦社長が会見を開き、一連の騒動について謝罪、2人への処分撤回などを発表するに至った。 当記事では、スーツ着こなし指南本『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 』(CCCメディアハウス)の著者という立場から、この2つの謝罪会見を読み解いていきたい。 岡本社長が連発した「えっと~」に要注意 宮迫と亮の会見も、それを受けたかたちの岡本社長の会見も、おおむね服装に目立つ問題はなかった。 そして、どちらの会見も椅子での着席スタイルであり、これもいい選択だ。 過去にもさまざまな謝罪会見に触れてきたが、立ったままで体がふらふらと揺れているケースもあり、ユーチューバーの謝罪動画では普段の配信スタイルを適用してしまい「スーツ姿で絨毯の上にちょこんと正座している」というケースすらあった。 謝罪時に余計なノイズは不要であり、長机を用意し、椅子に着席するスタイルが無難だろう。 次に身のこなしの所作を見てみると、やはり舞台でもまれた宮迫と亮はうまい。 しっかり前を見据えるなど、簡単そうに見えて一般人がいきなりやろうとしても難しいことが自然にできていた。 2人にとっては皮肉だろうが、その落ち着いた様子に吉本の伝統の力を感じてしまったほどだ。 プロの芸人と比較するのは分が悪いが、岡本社長はどうだったか。 冒頭はずっと目を伏せ気味で原稿を読んでいたが、この「読む」は謝罪会見ではやってはいけない。 読むくらいなら、報道各社にファックスで送ったほうがいいだろう。 ただし、個別応答になると岡本社長も顔を上げていた。 また、岡本社長は「えっと~」が口癖のようで、会見でもちょくちょく出ていた。 謝罪会見に限らずプレゼンなどでもそうだが、特に言葉を発するときの癖は、本人はまったく気にならないが周りは気になってしまうものだ。 岡本社長に限らず、「えっと~」や「え~」が出てしまう人はとても多いので気をつけたい。 また、「要するに」と言いながら、その後がまったく要点になっていないビジネスパーソンを一度は見たことがあるだろう。 さらに、岡本社長は会見上で、吉本の所属タレントに対し「引退はさせないよ」「また報告するね」という言い方で伝えていたと説明したが、実際はこういう口調ではなかったはずだ。 本来の関西弁ではキツく聞こえてしまうため、全国に放送されることを考慮して標準語に変換したのだと推測するが、なぜか関西の人が語尾を標準語に変えようとすると、「よ」や「ね」を必要以上につけてしまい、気取っていたり子どもに話すような口調になったりしてしまうことがある。 しかし、これも失点というほどではないだろう(無理せず関西弁で話したほうがよかったと思うが)。 なお、岡本社長の会見では、前提となる進捗状況は弁護士に説明させたり、時系列を説明する資料は事前に配布したり、質疑応答にはほかの役員も同席させたりしており、これらの対応は良かったと思う。

次の